令和2年6月27日(土) 【旧 五月七日 大安】夏至・乃東枯(なつかれくさかるる)

四照花《やまぼうし》の一木《ひとき》覆ひて白き花満ちしとき母逝き給ふ
  ~上皇后美智子(昭和63年)

200626_四照花の一木覆ひて白き花.jpg
Photo:ヤマボウシ

 「四照花」はヤマボウシの中国名。ミズキ科の落葉高木で6月から7月ごろに白い花を咲かせます。山法師とは比叡山延暦寺の僧兵のことを言います。花の形が白い頭巾姿の僧兵に似ていることから日本ではこの名になったとか。美智子様の御歌にある「母」は昭和63年5月28日に亡くなった正田富美子さんの事。ヤマボウシの花が咲き誇っていたのですね。翌年1月には昭和天皇が崩御され、美智子妃殿下は皇后となられます。

花を包む苞と言われても 山法師風に翻りひるがえる白
  ~石本照子 『山法師』

 石本照子さんは京都府在住の歌人。『山法師』は「塔」短歌会の全国大会でお会いしたときに戴いた同氏の第3歌集です。

  にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ にほんブログ村
d ^_^;  よろしければ 1Day 1Click を↑