草食投資隊ふっしーのブログ

ひふみ投信のファンドマネージャー藤野英人(ふっしー)の雑談BLOGです

初共同セミナー

○ 実は初めてなんですよ。この3名での講演は。

12月27日、澤上さん@さわかみ投信 中野さん@セゾン投信と私と初コラボセミナーを岡山で開きます。

 岡山は久しぶりです。
 詳細はこれです。

○ セミナーはとても好きです。なぜならひとりで聴衆と向き合わなくてすむ気楽さと同時に相手の話を聞いて勉強できるからです。いつもセミナー会場でパネラーとして他のセミナーの話を聞いてメモった内容は「いただき」なものが多いのです。なぜならテーマが同じで、主催者がなんらかの意図を持ってこの組み合わせに意味があると思ってその場にいるパネラーですから。参考にならないわけはないんです。その話す内容等について他のパネラーがおもしろがったり、熱くなったりしなければ、そもそもよいパネルディスカッションにならないのですからね。

続きを読む

先輩からのメッセージ

○ 会社のHPに社長への直言というページがあります。かなりいろいろなご意見をいただくのですが、先日、私の先輩に当たるような人からすこしきつめのアドバイスをいただきました。

○ 良薬は口に苦し、って本当ですね。しかしありがたいことです。貴重な時間を使って、ひょっとしたら嫌がられることを言うことは指摘する方もエネルギーがいるのですよね。本当に。でも、正面から受け止めるのはなかなかにつらい。続きを読む

アメリカ大統領選挙

○ オバマさんに決まりました。民主党が8年ぶりに政権を取りましたね。

○ 日本も大統領制を検討すべきだと思います。1年半かけてライバルと戦い、ありとあらゆるスキャンダルや中傷に耐えて選ばれて、4年間の任期をもらえば、1年間で政権を投げ出すようなことが2回続けて起きるようなことがないと思います

○ まずは次のリーダーが決まった米国に祝福をしたいと思います。オバマさんが相場の神様にも愛されますように。

長い議論の始まり

○ とりあえず世界的な金融パニックは終息を迎えつつあります。ただ問題が解決をしたわけでなく、世界全体が恐怖に包まれるという集団パニック状態が落ち着いたという状態です。

 問題は解決をしていませんが、落ち着いたことは極めてよいことです。そしてこれから長い議論が始まるし、これからが本当の戦いになるでしょう。資本主義の在り方、会社の在り方、「資本」の意味であったり、会社と個人のかかわりあいやライフスタイルの在り方、「成功」とは何かの定義、あなたにとって「お金」とはというような本質的なことを揺さぶられることになると思います。

○ ほとんど多くの価値観が一致しても小さな差が気なるということが起きるかもしれません。日本人にはありがちな風景です。微差異に対する寛容(細かいことは気にするな)ということとおおまかな合意を取ることが大事ではないでしょうか。

○ オバマVSマケインの長い戦いがもうすぐ終息します。次の大統領は「テロとの戦い」から「世界の経済・金融秩序の再構築」という課題にすみやかに取り掛かる必要があります。まだまだこれからも長い戦いが続くでしょうが、パニックが終わってなによりです。今まではあまりに市場のボラティリティが大きすぎて、一喜一憂ならぬ「百喜百憂」というような有様でした。これから好材料や悪材料をひとつひとつ受け止めて市場がそれを消化していく「一喜一憂」型の市場にまずは戻ることを期待しています。

これなあに?

○ 田母神氏の論文はなかなかすごい。でも、このアパというお会社はどういう会社なのでしょうか。それから、この論文を最優秀にした審査委員たちの品質は問われないのでしょうか。

また彼の記者会見の発言で、

−−制服組トップの発言は重いが

 「このくらいのことを言えないようでは、民主主義国家とはいえない。政府見解に一言も反論できないなら、北朝鮮と同じだ」



 これはなかなかに趣き深い(笑)意見だと思いました。確かに言論の自由はあるのだと思いますが、企業において企業のビジョンやミッションやあり方について対外的に広報や上層部に確認を取らずに正反対なことを言えば、それは就業規則違反で懲罰の対象になったり、場合によればクビになることはやむを得ないと思います。また幹部クラスであればなおさらです。


続きを読む

天皇賞(秋)

○ 人生で初めて競馬場に行き、初めて馬券を買い、初めて当選しました。

○ いつも東京証券取引所でお世話になっている高橋伸子様がJRAの経営委員をされており、特別のお計らいで府中の競馬場の「経営委員会室」で特別観戦をすることができました。

経営委員会室


「経営委員会室」は皇族専用ルームと理事会室の間にあり、写真はちょうど経営委員会室の半分くらい。同フロアの貴賓室の前に馬券売り場がありちょっとリッチな気持ちになることができます。

続きを読む

ひふみ投信ひと月

○ ひふみ投信設定をしてひとつきが経とうとしています。2008年10月は激動の相場でした。間違いなく経済史に残る歴史的な一ヶ月でした。そのような荒波の中のスタートを切れたことにむしろ私は喜びを感じています。なぜなら、激動期の方が資産運用会社として腕の振るいようがあるからです。

○ 10月末の基準価格が10,070円だったようです。10月1日の日経平均指数が11、259.86円、本日の日経平均指数が8、576,98円。株式市場が24%下がる中でほぼフラットでした。

○ ファンドマネージャーの立田博司に「ラッキーだね」と言ったら「実力だよ♪」とさらりと言われました。やるなあ。

11月のひふみアカデミー・サロンのお知らせ

11月のひふみ投信のひふみサロン、ひふみアカデミーのお知らせです

詳しくはこれ

レオス・キャピタルワークス(代表取締役社長:藤野英人/所在地:東京都千代田区)は、11月のセミナーを次の日程で開催いたします。


■ひふみサロン(ためてふやすはじめの一歩)
これから、資産形成をお考えのお客様、経済の基礎知識や投資信託などの金融商品の情報や知識を身につけたいとお考えのお客様向けセミナー

場所  :当社会議室(東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅徒歩4分)
      http://www.rheos.jp/about/overview/access.html
人数  :15名(先着順とさせていただきます) 
参加費 :無料

11月12日(水)15:30 - 17:00 
11月18日(火)19:00 - 20:30



■ひふみアカデミー(もっと詳しく知りたい)
投資信託の運用について、経済や株式相場について詳しく知りたいお客様向けセミナー

場所  :当社会議室(東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅徒歩4分)
      http://www.rheos.jp/about/overview/access.html
人数  :15名(先着順とさせていただきます) 
参加費 :無料

11月10日(月)19:00 - 20:30
11月27日(木)15:00 - 16:30


*******************************************************************************
それぞれのセミナーのお申込み方法 こちら

当社ホームページからお申込みください。  
*******************************************************************************

価格の発見と価格発見機構の再構築

○ 世界の金融市場が高度に発達しすぎたために今回の金融崩壊が起きたのか、それとも未成熟だったのか・・・どちらを支持するかによって今回の見え方はまったく変わってきます。

○ ダムが決壊して、洪水が勢いよく街をかけめぐるときに、その洪水そのものを防ごうとしても津波におしながされてしまいます。なぜならば巨大な量の津波にさらに加速度がついているときに正面から戦おうとしてもなかなかうまくいかないから。

○ 池田信夫さんがハイエクの「発見過程としての競争」について論じていますが、私も共感するのは「価格発見過程の未整備」が今回の問題と喝破されています。要は金融システムの高度化ではなく、未整備が原因であると。

○ ならば洪水そのものを止めに行くのではなく、水源を止める、という観点であれば、CDS市場の整備こそが重要だというのはとても納得がいきます。詳しくは池田さんの最近のBLOGに詳しく書いてあります。

○ 今、迫っている洪水を止めるための緊急避難的な堤防造り、すでに洪水に飲み込まれた町の復興、そして今まだ猛威をふるっている洪水を止めるための水源を断つこと(断つというよりは、安定的に流れるようにする、というメタファーのほうが正しいと思いますが)を同時にしていく必要があるでしょう。

一喜一憂しないこと

○ 昨日、NYが大暴騰しました。史上2番目の上昇幅だということです。

○ 上昇することそのものはいいのですが、市場が下落をして悲観をしすぎる必要がないように、上昇したからって安心しすぎるのも早すぎます。

私達は株式が上昇しようともおごらず慢心せず、一方で下落しても悲観せず自暴自棄にもならず、たんたんとよい企業を発掘し、割安で投資をし、割高になったら売却をするということを繰り返していくだけですね。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ