79f9e6bf

【巡礼日2018/8/18・8/19】

一晩で徳島・大歩危駅(『境界の彼方』)と愛媛の道後温泉と四国を横断した勇者部一行は、その足で観音寺の若松屋別館に戻り束の間の睡眠をした。
翌日、早朝に目が覚めた私は観音寺を早朝ランニングしながら『結城友奈は勇者である』の巡礼をした。その後、勇者部一行は観音寺周辺の巡礼をして、仁尾サンビーチへと赴いた…
仁尾サンビーチ周辺と言えば、ゆゆゆとわすゆの水着回で出てきた所。もう十年前の作品になりますが、ここで私は長年の念願であった『瀬戸の花嫁』の巡礼をするが出来ました。

【瀬戸の花嫁とは
_AC_SY400_
(C)木村太彦/スクウェアエニックス/瀬戸内魚類協同組合
木村太彦氏による漫画を原作とした作品で、スクウェア・エニックスにより2002年から2010年まで連載され、2007年7月から9月までアニメ放映されました。

IMG_20180821_083704

瀬戸内人魚の名折れじゃきん!!
任侠と書いて人魚と読むきん!

瀬戸とあるように、作中では瀬戸内。″西讃地方″が舞台として描かれています。主人公・満潮永澄の祖母の実家は三豊市がモチーフにされている。(原作ではJR観音寺駅やTVアニメ版では三豊コミニュティバスのバス亭や仁尾サンビーチ・七宝稲荷神社が登場している。)

観音寺のアニメというと、ゆゆゆ・~結城友奈は勇者である~が代表的であるが、個人的には『瀬戸の花嫁』が印象深く元祖・観音寺のアニメだと思っている。
※ゆゆゆでお馴染みの岸監督と上江州氏のコンビは『瀬戸の花嫁』でも組まれていた。

ギャグあり笑いあり涙ありホモ要素あり任侠ありとギャグアニメの最高峰の作品と言っても過言ではないかと思っています。


~ストーリー(公式サイトより)
story
(C)木村太彦/スクウェアエニックス/瀬戸内魚類協同組合



仁尾サンビーチ
091024_001
DSC_7283DSC_7285
作中では、三尾ビーチとして1話に登場した仁尾サンビーチですが現在では閉鎖されており立ち入り禁止となっていた。ここで海水浴をしていた主人公・満潮永澄は足がつって溺れ瀬戸燦に助けられる事になります。
IMG_20180821_091420
※ゆゆゆやわすゆでは、″讃州サンビーチ″として水着回に度々登場しました。

曽保谷の浦 バス亭14fbcbaa
DSC_7314
右を見れば海。左を見れば山があり道が狭いのが瀬戸内だ。言っていたが確かに鎌倉よりも山と海が近くすぐ目の前だ。

仁尾サンビーチの近く最寄りのバス亭・曽保谷の浦だが見つからず…代わりに七宝稲荷神社近くのバス亭・室本北口のを撮りました。

永澄が″1時間に一本しかなく夕方には一本もない。″と言っていたが、それ以上に少ない。″平成21年に改正″とあるように、サンビーチに訪れる海水浴客の減少に伴い変更してしまったのかもしれない。

七宝稲荷神社
DSC_7290
DSC_7301
DSC_7312

2話~指輪物語~燦と永澄が縁日デートしていた場所が七宝稲荷神社になります。

七宝稲荷神社は、室本漁港を見下ろす稲積山の麓に鎮座する神社で、遠目には、伊吹島が綺麗に見えました。境内には、稲荷の鳥居が建ち並んでいたがあまり手入れされていないのか、所々倒れていたりした。

2話~指輪物語~
あらすじ
10102002_1_2
人魚の女の子・瀬戸燦と夫婦となることとなった満潮永澄だったが、どうすればお互いを知って行く事が出来るか分からず戸惑うばかり。そんな永澄を見かねた祖母が、デートにでも誘って色々と話をしてくればいいと助言を送る。 祖母のアドバイスを受けた永澄は、燦を夏祭りへとデートに誘うのだが、そこには、燦の結婚を快く思わない父・豪三郎による瀬戸内組を挙げたデート妨害工作が待ち受けているのだった…。
IMG_20180822_082254
IMG_20180819_094047IMG_20180821_125327
縁日デートに出掛ける二人だが…極道の嬢である燦の組長たる父親・豪三郎は二人の婚約を快く思わず瀬戸内組を挙げて妨害工作を行う。

個人的には永澄が屋台でチョコバナナを買う際に拳銃にバナナを付けチョコバナナに見せ掛けて売る件は面白い。
原作・漫画だと″チャカバナナじゃねぇか!!″と言っているがTVアニメ版だと″拳銃(チャカ)バナナじゃねぇか!!″と変わっている。ギャグセンス溢れる改変だと常々思う。

23話
IMG_20180822_082315
IMG_20180822_082340

10年前の回想で記憶を無くす前の政さんと豪三郎が会話しているシーンで出てきました。
″あいつは、この刀を置いてどっかに行っちまったっちー。探さないでっちー🐤って言ってたっちー″ww
ここの豪三郎面白いですね。


▼観音寺駅
IMG_20180819_071937
3話
瀬戸内人魚の任侠を貫き通す為、埼玉の永澄家に住む事を決意した燦。永澄一家と共に旅立ったのが観音寺駅です。作中では″観恩寺駅″として出てきました。


※比較研究を目的として引用しています。
『瀬戸の花嫁』の画像の著作権は木村太彦/スクウェアエニックス・瀬戸内魚類協同組合に帰属します