IMG_20180930_023438
【巡礼日2018/9/15・16・17】

ソラウミとは


「ソラとウミのアイダ」iOS / Android)を原作とするアクションゲームの略称でTVアニメは,2018年10月より放送されます。

Story

そこは海から魚がいなくなった世界――。実在する広島・尾道を舞台に“宇宙漁師”を目指す6人の少女たちがくり広げる“青春味”溢れるドラマが描かれています。



配信するのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントがスマホアプリをサービスするために立ち上げた新会社。『みんゴル』を配信したフォワードワークス
同社初のオリジナルタイトルのアプリゲームです。


■『刀使ノ巫女』とのコラボイベント実施!
IMG_20180929_092557

ゲーム『ソラウミ』にて、2018年4月9日(月)よりオリジナルTVアニメ『刀使ノ巫女』とのコラボレーションイベントを実施しました。『刀使ノ巫女』に登場する6人のヒロインたちが、プレイヤーと共に戦う「守護神」となって登場します。

坂と猫が映えオシャレな喫茶店のある街・尾道を舞台に

DSC_7837
DSC_7906
▲2枚目の写真は、尾道の商店街にある″大和湯″。昔銭湯だった情緒ある雰囲気をそのままに残し改装しており、現在は喫茶店になっている。

″ソラウミ″の舞台は、広島県尾道市

昭和のようなレトロな街並みや川のように細く美しく流れる″尾道水道″。数多の映画や小説の舞台となっている″坂の街″尾道は、情緒ある建物や古いお寺が軒を連られます。

行き交うフェリー等を臨む海を眺めながら坂道を歩き、路地に堂々と佇む猫…… 時がゆったりと流れるような錯覚を覚え、風情ある景色に暫し魅了されてしまいますね。


○細い路地に入るとオシャレで素敵なカフェの目白押し!

DSC_8081

勾配が厳しい坂を上ると頂上には、″千光寺″というお寺がある。そこまでの道中は″山手地区″と呼ばれる狭いエリアにぎっしりと住宅が並び、まるで迷路のような入り組んだ細い道に路地が張り巡らされています。

敢えて迷いこんでカフェ巡りするのも楽しそうですね。

DSC_8112
DSC_8114
▲山手地区から外れるが、尾道の商店街に出てすぐ脇にある″キツネ雨″。大正ロマン漂う喫茶店で店員さんもハイカラな着物を着てお出迎え。お昼の時間に開店と同時に行きましたがすぐ人で溢れ返りました。

DSC_8083
▲山手地区にある″Cafe Bonheur″ 。朝から尾道水道を眺めながらの炊き出し珈琲と手作りの檸檬ケーキは絶品で贅沢な一時でした。店員さんに″鎌倉から来ました″とお話しした所、会話にとても花が咲いてしまいました…また行きます!

DSC_7828
DSC_7831
DSC_7832
▲同じく山手地区にある築60年と風情な佇まいである古民家カフェ″昇福亭″。急勾配な階段を汗を流し涼むのに一息しました。はっさく大福が有名らしく、今回は食べなかったので次に行った際には…。


風情のある古い町並みが並ぶ尾道ですが、昨今、高齢化の影響から跡取りが居なく空き家が目立つようになったそうです。

住人を失った家は、手入れをされなくなり瞬く間に傷み老朽化しています。海が近いのでより老朽化は早いでしょう。そういった築何十年と歴史ある空き家を再利用してカフェ等を運営する″尾道古民家再生プロジェクト″が始動されているみたいです。

DSC_7863
みはらし亭のカフェ。このカフェは″尾道古民家再生プロジェクト″の一環で運営されており、ゲストハウスとしても利用されているようだ。鎌倉でも高齢化で跡取りが居なくなり、こういった歴史のある古民家が元々、駐車場が少ない事も相まって取り壊されているが…


○尾道のグルメ
DSC_7914

尾道のグルメと言えば…真っ先に思い出すのが″尾道ラーメン″でしょうか。商店街にも所狭しと至る場所にノボリがありました。実は今回、私は食べていません……。

尾道水道の海の幸や前回、宮島・呉・江田島を行き″お好み焼き″を食べられなかったのでそのリベンジを果たしたく、そちらを優先してしまいました。

尾道焼き
DSC_7921
DSC_7922

尾道にも前回探訪した呉と同様にお好み焼のお店がたくさんありました。しかし、″尾道焼き″は地域独特に育った食文化で″砂じり″や″イカ天″入っておりコショウが程よく効きクセになる美味しさでした。

イチジクの揚げ出し
DSC_7913
尾道産のいちじくの年間の出荷量は、県内で一位になる程。蓬莱柿と言う種類で山波や高須でしか栽培されないものらしいです。″甘く香ばしくそれでいてカリッと″とても美味しかったです。

ソラとウミのアイダ  聖地巡礼


○さくら茶屋

IMG_20180930_000551
DSC_7893
DSC_7897

空町春が月見団子を予約しに行った″さくら茶屋″。尾道の駅前・商店街の入り口にあります。
店内や外の看板には、アプリゲームで注文しているシーンのが貼ってありました。せっかくなので、春ちゃんが注文していたのを食べましたが意外と量がありました…。

ソラウミのラッピングバス
DSC_8089
DSC_8088
偶然、尾道を散策中にラッピングバスを見掛け撮りました。車体にはメインキャラが描かれており車内はポスターが張り巡らしてあるらしい。


新尾道駅お土産コーナー

DSC_7935
2018_09_30 0_50 Office Lens
IMG_20180916_173133

尾道から大三島に行く為新尾道にレンタカーを借りに行くと駅のお土産屋に偶然にもソラウミ×尾道のはっさくマドレーヌ″がコラボしていた。

二箱買うとソラウミの紙袋と缶バッチが付いてくるらしく買ったが、ポストカードが付いてきた。まだ、缶バッチは放映前なのでもしかしたら、完成していなかったのかもしれない。

尾道walkerによるマップ付きの特集
IMG_20180930_004127
2018_09_30 0_43 Office Lens
新尾道駅や尾道のフェリー乗り場等にも至る場所にソラウミを特集した尾道walkerが置いてありました。

尾道の魅力がこの1冊に詰まっており、″見どころマップ″には絶景からグルメスポット・アプリゲームで出てきた場所が紹介されています。ゲームはプレイしてないが、マップを見る限りゲームの尾道の町の忠実でかなり再現度高いように思えます。アニメでは何処まで忠実に再現されているか大変楽しみですね!


PV 第一弾 巡り

千光寺公園頂上展望台
IMG_20180930_015321
生憎の天気でしたが、瀬戸内の連山を始めとして、尾道水道を眺められる景色は絶景のひと言。

大三島・多々羅大橋
IMG_20180930_003238
大三島の道の駅・しまなみ公園から見たカット。実は『D.C.ダカーポ』の聖地巡礼中に偶然撮ったもので確認したらぴったりだった。大三島に関しての事は、詳しく別の記事で記述する予定です。

天寧寺三重塔付近
IMG_20180915_144452
この細い道を行くと″猫の細道″と呼ばれる道がある。山手地区辺りの情報ある街並み、雰囲気とは一変して不思議なジブリのような空間を醸し出しています。


PV第二弾 巡り

旧島居邸
IMG_20180930_020901
千光寺に行く階段の途中に一軒の風格のある洋館が建っています。どうやら、明治期の豪商・島居(しまずい)氏が所有していた邸宅みたいです。

ロープウェイ乗り場の案内看板
IMG_20180930_021159
商店街にあるロープウェイのりばの案内看板。今回は3、4往復位しましたがロープウェイには乗らずに歩いて頂上まで行きました。ロープウェイ山頂駅付近には、パネルがあるらしい。


共楽園の公園
IMG_20180930_021216
通称、″猫公園″と言われる共楽園は、猫の聖地と呼ばれ猫と桜が一緒に撮れるスポットで有名らしいです。千光寺公園はさくらの名所100選に選ばれています。

○鼓岩
IMG_20180930_021813
尾道には、数多くの磐座(いわくら)が点在しており鼓岩も千光寺周辺にあるうちの一つですね。この磐座は、ポンポン岩と言われており、春ちゃんが叩くように叩くと中が空洞になっているので、音が響きます。

尾道商店街の脇にある小道
IMG_20180930_021959

この道は、『D.C.ダカーポ』でうたまるが散歩していた場所と同じですね。ダカーポのと比べると違いがよく分かります。


この記事では「ソラとウミのアイダ」の作品画像を比較研究目的のために引用しております。画像の著作権は全て(C)ForwardWorks Corporation/ソラウミ製作委員会にあります。