IMG_20190220_000038

※写真は大船のコーナン内にある書店“文教堂”。絵コンテが公開されていました。ちなみにこの本屋さんは今もう閉店しました。

『南鎌倉女子自転車部』の巡礼記事になります。OPを見て分かるように、鎌倉の観光名所が多く描かれている作品になります。

本編では鎌倉の住宅街も描かれており、地元民ながら“そんな所も出すのか!?”と言ったシーンが多々見受けられました。


他の鎌倉を舞台としている作品では観光地や海を描きながらも、ここまで住宅街をそして細かく描いている作品は他にはありません。

地元民ながら、試されているようで楽しい気持ちで巡礼されてもらいました。

街変わっていくもの―。放映から年月が経ちもう失われてしまった聖地もいくつもあるのが残念でなりません。



南鎌倉高校女子自転車部とは…




原作・松本規之氏の漫画『南鎌倉高校女子自転車部』がTVアニメ化!


~Story~

IMG_20190218_084054

高校入学をきっかけに
長崎から鎌倉へ引っ越してきた
女の子、舞春ひろみ。

新しい土地に新しい学校、そして新しい友だち。
そんなわくわくする日常との出会いではいつも自転車といっしょ!
鎌倉を舞台に女子高生たちの
自転車に思いを込めた青春が始まる―――!!

(C)松本規之・マッグガーデン/南鎌倉高校女子自転車部製作委員会



放送情報
『南鎌倉高校女子自転車部』
テレビ神奈川 毎週火25:00~ ほか
原作:松本規之(ブレイドコミックス/マッグガーデン刊)
監督:工藤進
シリーズ構成:砂山蔵澄
キャラクターデザイン・総作画監督:大木良一
美術設定:柴田千佳子
キャスト:上田麗奈、広瀬ゆうき、藤原夏海、高森奈津美、渡部紗弓、竹内恵美子、久保ユリカ、福緒唯
(C)松本規之・マッグガーデン/南鎌倉高校女子自転車部製作委員会


美少女×部活動“自転車×アニメ”


IMG_20190218_091000


2009年に一世を風靡した“けいおん”に端を発し注目されるようになったのが、今では王道の
美少女×部活動でした。
ーけいおんの放映当時。その在りし日の自分は、まだ学生の真っ只中。まさかに、“けいおん世代”と呼ばれるアニメ作品が黄金期に育った世代です。ー

そこまで一般的なイメージとして美少女×部活動が定着されていなくけいおんから次第に注目されるようになりました。

そして“自転車×アニメ作品”もその流行に乗るように…
きっかけとなったのが、『弱虫ペダル』『ろんぐらいだぁす!』等がアニメ化された事でした。


リアルに鎌倉の風景を描いている作品

minamikamakura_key1_fixw_750_lt-1

※キービジュアルとなっているのは、“江ノ電・旧極楽寺駅の駅舎”関東の駅100選にも選出されている駅です。
描かれているように、春になると桜が大変見事に咲き誇ります。現在は新しく建て変わり利用されてないですが、今もその跡を見ることが出来ます。

  
この作品の魅力の一つとしては、
一貫として“自転車に乗って舞台となった鎌倉の街を駆け抜けたい!”と思わせる所だと思いますね!



OP:自転車に花は舞う


※ジャケットとなっている場所は“鎌倉高校前の踏み切りです。



OP主題歌の曲名は「自転車に花は舞う

ー“鎌倉の空気感”を感じる曲ー

青春とマッチした爽快でリズムカルなメロディから紡がれる歌詞は、鎌倉の風景を脳裏に思い浮かべますね!

コーナーの先を曲がると…
すぐそこには、鎌倉の海。そして、江ノ電と共に駆け出す情景がすぐによぎります。



■聖地巡礼:OP 自転車に花は舞う

【美人坂】
IMG_20190304_090020


七里ヶ浜高校の脇の坂道。地元民には“七高通り”とも呼ばれています。

アニメ作品以外にもドラマや映画といった様々なロケ地として使われている鎌倉高校前に並ぶ人気な場所の一つです。※美人坂とは文字通り振り返ると美しい海の絶景。その事が由来らしい。


【江ノ電:旧極楽寺駅の駅舎】
IMG_20190217_124241
※写真は現在のモニュメントとなった“極楽寺駅”


2019/1/29より極楽寺駅の駅舎のリニューアルに伴い、移転することになりました。
今後は象徴としてモニュメントになるみたいだ。

※ちなみに、2020年に行われるパラリンピック東京オリンピックに向けて江ノ電の各5駅(藤沢・江ノ島・極楽寺・長谷・鎌倉)は、順次リニューアルされるみたいだ。湘南江ノ島や片瀬江ノ島を含めると鎌倉一帯の聖地は悉く消失する可能性が高いですね。(ちまにモノレール駅、湘南深沢駅も回廊化計画が上がっている。)



【高徳院:鎌倉大仏】
IMG_20190217_210534

長谷にある鎌倉の大仏。今はすっかり塀で辺り一帯を囲われているが、子供の頃は外から見えたり…現在では、多くの観光客。日中は主に外国人観光客で溢れています。


【七里ヶ浜高校(南鎌倉高校)】
IMG_20190217_110501

南鎌倉高校以外にも様々な作品の学校のモデルとされている“七里ヶ浜高校”。

鎌倉舞台の作品の多くは、キラキラと光輝く綺麗な海とマッチする青春群像劇を描いています。
校舎から目の前がすぐ海!そして最寄駅は、憧れる方が多いであろう“江ノ電”を通学の手段としている。
なので、多くの青春群像劇を題材とした作品のモデルとして使われることが多いです。



【江ノ島展望タワーからの遠望】
IMG_20190217_210814

展望タワーのテラスからは、一面360°に渡り絶景の海を見渡せる事が出来ます。天気が良い日には、房総半島・伊豆大島や富士山が遠目に見えますね。


【七里ヶ浜2号踏み切り】
IMG_20190216_204322
※天気が良い日、後日回収します



【江ノ電:鎌倉駅の駅舎】
IMG_20190219_081022
江ノ島電鉄の駅“鎌倉駅”。数多の作品でも描かれてきましたね!
休日になるとたくさんの観光客で一杯に…大型連休になると西口ロータリーまでその列が(混雑の為にすぐに遅延するのは日常茶飯事です。)



【鎌倉文学館(バラ園からの遠望)
IMG_20190217_211432
※写真は2018年のバラ祭りに撮った際の

鎌倉三大洋館の一つ“鎌倉文学館”。
加賀百万石で名を知られる、前田侯爵家の別邸として建てられました。※詳しくは、鎌倉文学館×TARITARIの記事に記述されています。


【鎌倉オルゴール堂】
IMG_20190217_143403

長谷寺の道中にある“鎌倉オルゴール堂”。
鎌倉唯一のオルゴール専門店で様々なオルゴールが並べられています。

【佐助稲荷神社】
IMG_20190217_160241

京都の伏見稲荷大社を彷彿させるように、多くの鳥居が並んでいます。
鎌倉のパワースポットとしても知られ、多くの方がそのご利益を得るために参拝されます。


【長谷寺】
IMG_20190217_211646

関東有数の名刹として知られ“長谷観音”とも親しみを込められ呼ばれています。
境内に行くと四季に折々に合わせ楽しめる為に多くの種類の花が植えれています。特に有名なのが紫陽花と紅葉です。紫陽花を見るには整理券を配られ朝一に行っても並ぶ程です。

【御霊神社】
IMG_20190217_141901

鳥居のすぐそばに江ノ電が走るそのロケーションからドラマや映画といった様々な作品の舞台とされてきました。
鎌倉七福神の一角としても知られ、祀られている梶原権五郎影政からちなみ地元の間では“権五郎様”と呼ばれ親しまれています。

【銭洗弁天宇賀福神社】
IMG_20190217_161154
その名の通りその霊水で洗うと何倍ものお金が返ってくることで有名な“銭洗弁天”。
ご利益にあずかろうとこの日もたくさんの参拝客が訪れていました。洞窟を潜った先には、弁天と宇賀福が祀られる本宮があります。


【鶴岡八幡宮(舞殿と本殿の遠望)
IMG_20190219_083232
※舞殿と本殿。かの有名なエピソードである静御前が義経を思い舞を披露した場所として有名ですよね。


鎌倉といえば八幡宮から由比の海から一直線に伸びる八幡宮までの参道、若宮大路

鎌倉の大動脈をなすその路の脇には“小町通り”等様々な観光街が目白押しとなっています。京の都、朱雀大路を模して頼朝公が作られたと伝えられています。

二の鳥居から三の鳥居まで至る“段葛”は桜の名所としも知られ、シーズンも通し多くの観光客が訪れに来ます。



【喫茶ミンカ(舞春ひろみ宅)
IMG_20190216_204651
※後日回収予定


【江ノ電:稲村ヶ崎~七里ヶ浜区間】

IMG_20190217_120125

この区間は、富士山と江ノ電が一緒に撮れる絶好のスポットとしても各所にわたり紹介されていますね!

冬時期になると海と江ノ電と富士山が綺麗に撮れます。

※比較研究を目的として引用しています。
(C)松本規之・マッグガーデン/南鎌倉高校女子自転車部製作委員会
画像の著作権はにすべて帰属します。