original-1

【巡礼日2019/3/16】
\にゃんぱす/
中二病に続き先日和歌山を探訪した際の記事になります。次はのんのんびよりですね。
のんのんびよりは、自分が好きな作品の一つで和歌山は予てより秘かに探訪をしてみたいと思っていました。
今回探訪したのは、天野の里と呼ばれる高野山の麓の近くにある場所になります。元々は女人禁制だった高野山の表街道にある町として栄え多くの女人哀話の史跡も数多くありました。
せっかくなので、簡単にではありますが天野の里の紹介もしていきたいと思います。

世界遺産の里・天野とは…

DSC_0920_1

和歌山県の北東部にあるかつらぎ町の南部にあり、国道24号を車でひたすら走らせる事約数十分の距離にあります。
標高約450mの高野山の麓に位置する天野の里には、その中心的な存在として丹生都比売神社が鎮座しています。

■丹生都比売神社にうつひめじんじゃ)

DSC_0931_1
入って始めに目に飛び込んだのが立派に反りたつ朱色の太鼓橋。鎌倉の鶴岡八幡宮にある太鼓橋とは規模も大きさも全く違いました。
よく写真等で見る住吉大社の太鼓橋に似ている印象を持ちました。この太鼓橋は、淀殿によって寄進された伝承があるとか…
DSC_0932_1

丹生都比売神社の歴史は古く、日本書紀にも「天野の祝」と記述がある程。およそ1700年以上も前からあると伝えられています。
全国に約180社ある丹生都比売神を祀る神社の総本社。「天野大社」「天野四所明神」とも呼ばれているらしいです。


■天の里~長閑なかくれ里~
DSC_0917_1
四季折々を通じてのどかな田園風景が広がる天の里。にほんの里100選にも選ばれ、日本の原風景である豊かな自然が広がっています。
DSC_0910_1
▲一角には田園風景に馴染まない真新しい建物が…
山荘・天の里という1日6組限定で泊まれるリゾートホテルらしいです。大河ドラマ「真田丸」で、真田昌幸・幸村親子が隠居生活をした九度山が近くにあり観光客を誘致する為に作られたのだろうか…。

また、天の里は環境庁から「ふるさといきものの里100選」として認定さているらしいです。
初夏になるとゲンジボタルが美しく乱舞する姿が見れるとか…。それ程まで豊かな自然が残る場所なんですね!
鎌倉でもゲンジボタルが飛び交い姿は確認出来ますがその数は少ないです。

是非一度その目で見てみたいものですね!

聖地巡礼

【天野の里】
IMG_20190321_115124
2話冒頭。蛍が自己紹介しているシーン。
ここの再限度は高かったです。
IMG_20190328_123724
※自分が訪れたい際には飛び出し注意の看板は無くなってました。
IMG_20190328_123511
大念仏一結衆 宝篋印塔。
応永二十三年(1416)建立されたものらしい。
IMG_20190321_115333
丹生都比売神社の入り口付近

【天の里:集落】
IMG_20190321_111007
もしかして田舎住んでるのん?(れんげ)
IMG_20190328_230215
IMG_20190328_230549
IMG_20190328_230145
IMG_20190321_111444
IMG_20190321_111617

天の里の集落に広がるは情感溢れる日本の原風景たる田舎、のんのんびよりの世界そのものでした。

BGMの陽だまり道を聴きながら、長閑な田舎に過ごして暫し都会の喧騒を忘れて心を癒してみたいものですね!

この記事では比較研究目的として画像を引用しております。著作権は©2015 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合に帰属します。