JPEG_20190430_093425_891166685

探訪日:2019/4/30

先日のGWの折り高山に2泊してから初めて君の名はの探訪で飛騨古川に訪れました。

飛騨地方の一大観光拠点と言えば、有名なのは高山に白川郷だろう。二大観光拠点に挟まれている飛騨古川は、高山と違いインバウンド客を誘致する為に積極的にホテルなどを建設している訳ではなく、その静かな古い町並と生活感ある町につい心惹かれてしまいました。また機会があれば是非訪れたいです!



詩情ある古き街:飛騨古川

DSC_0369
※写真は飛騨の匠文化会館の畳部屋から眺められる景色。
飛騨古川は駅から少し歩くと美しく伝統的な、風情のある古い町並を残す町屋が軒を連ねています。
街自体はそれほど大きくなく、高山の古い町並と比べGWなのに観光客があまり多くいないので、散策するにはとても快適でした。

古い町並を歩いていると至る所に酒蔵が…
DSC_0258_1
DSC_0390
DSC_0391

街を歩いているとよく広告板を見かける
銘酒「蓬莱」
店の構えは、出格子に家紋の付いた紫暖簾、軒の杉玉など、歴史を感じさせますね!美味しい水によって生み出された旨いお酒は堪りません。


飛騨の奥座敷
DSC_0326
DSC_0330
DSC_0303_2
飛騨古川は、高山と同じく江戸時代に幕府直轄の天領として、発展した街で情緒ある白璧の土蔵が瀬田川に美しく統一性良く並んでいます。
※江戸時代と言えば地震・雷・火事・親父(一説によると大山嵐と言って台風を指す言葉らしいが…)と順番に形容されるよう恐れられていました。江戸期の地震と言うとご存知の通り天正の大地震と安政の大地震が有名ですよね。その震源地が飛騨地方でした。火災の被害も多くあったので、災害の被害を最小限にする為に作られたのかもしれませんね。

■瀬田川の色取り取りに泳ぐ鯉
DSC_0329
古い町並に川。他の観光街にもあり見慣れた景色だが、飛騨古川に流れる瀬田川の白壁が並ぶ景観は違いました。
DSC_0317
DSC_0316
DSC_0328
▲街の至る所に描かれている鯉。
DSC_0304_1
1000匹余りの色とりどりの大きい鯉が泳ぐ瀬田川。
他に色々な観光街にも訪れた私ですが、歴史を感じる古き町並みに幾多の鯉が泳ぐ川。その光景には感銘を受けてしまいました。


聖地巡礼 『君の名は』

【JR飛騨古川駅】
DSC_0235_1
三葉に逢うために飛騨地方に訪れた瀧。
舞台となっている三葉が住む町“糸守町”。

架空の町だが、岐阜県飛騨市にある古川町が一部モデルになっているみたいだ。
DSC_0239_1
駅の中には飛騨牛をモチーフにしたゆるキャラ「ひだくろちゃん」。作中にも登場しましたね!

DSC_0237_1
DSC_0241_1
DSC_0242_1
DSC_0289_1
映画の中では飛騨古川駅を上から見たシーンが登場します。
同じくアングルで撮影するには、駅構内ではなく、線路を渡る跨線橋からになります。左の線路にワイトビューひだが止まっている様子を描かれていましたね。
作中と同じく電車が止まるのは1日に1本だけです!午前9時57分~10時1分の4分間という短い時間しかないようです。※自分が訪れた日もこの写真を撮る為に大勢の📷を持った人々が訪れていました。

6d867ceb
DSC_0233_1

飛騨古川駅の隣りにある観光案内所前のタクシー乗り場
瀧が運転手に糸守町について尋ねるシーンで描かれています。タクシー会社の名前「宮川」は、映画でも同じでしたが、タクシーの色は実際には黄色ではありませんでした。



【さくら物産館】

DSC_0265_1
DSC_0266_1
DSC_0267_1
DSC_0269_1
DSC_0275_1
飛騨の工芸品、銘菓、土産品から加工品までも何でも揃う“飛騨古川さくら物産館”では、パネルの展示がしてありました。

DSC_0276_1
施設内では作中でも登場する組み紐の体験が有料で出来るみたいだ。



DSC_0338
DSC_0337

飛騨の大工による匠の技を使った展示物が数多く紹介されています。館内に進むと各種の継ぎ手や木組みの見本展示、千鳥格子などを組んでみることのできる体験コーナーもありました。※企画として、高山工業高等学校の卒業作品による展示物が公開されていました。三葉の家の精巧な造りに驚くばかりでした。


【味処:古川】
DSC_0387DSC_0388
ここは司と奥寺先輩が五平餅を食べていた場所になります。駅の近くにある人気のお食事処で、飛騨牛を使った定食メニュー等があります。食事以外にもお土産が売っていました。店内でお食事をしていたところ主題歌。「前前前世」が流れていました。

【飛騨図書館】
DSC_0341IMG_20190511_090536
DSC_2221
三葉の住む糸守町の関連史料を瀧と奥寺先輩と司が探しに行った図書館になります。
※館内を撮影するにはきちんとした許可を得てからになります。ご利用している方々の迷惑にならないよう細心の注意を払った巡礼を心掛けましょう

DSC_0347
DSC_0348
郷土史架のコーナー。
ここで糸守町の史料を…
DSC_0361
司書の方により書かれた文章。図書館館内における巡礼のマナーと訪れた際には#飛騨市図書館きたよ とSNSで是非投稿して下さいと書かれていました。

DSC_0356
DSC_0359
同じ書架には君の名はのコーナーも設置されています。君の名はに限らず浴衣姿に身を纏った女性の司書の方々による官能小説朗読ライブというユニークな企画が打ち出され定期的に行われているみたいだ。
聖地巡礼者に対する柔軟な対応のみならず、ここまで地域の活性化を促し発信する拠点となる図書館というのは珍しく感じました。

【気多若宮神社】
DSC_0408
567662e5
DSC_0399
瀧が三葉を探すために立ち寄った神社が気多若宮神社になります
※境内へ続く階段がとても似ている事からここがモデルではなかろうかと推測されています。
DSC_0402
祭られているのは、因幡の白兎でも知られる大国主神。石段を上がり境内へ進むと雰囲気は一変…立派に大きな杉の木がそびえ立っていました。
※糸守町に鎮座する神社。宮水神社のモデルは高山にある氷菓の開きましておめでとうの回で描かれている日枝神社になるらしい。

【宮川町落合のバス停】
DSC_0413
廃線となり使われなくなったバス停、落合。
富山との県境にあり、現在は待合所だけが残るだけみたいです…。ここは一致度が高かったように思えました。
DSC_0412
7307a374

※交通量が意外にも多いので撮影をする際には注意が必要です。
DSC_0416
DSC_0415
バス停内にはのイメージとして登場している場所と言う張り紙と色褪せたポスターがありました