DSC_0530
 
▼概要探訪日:2017/12/10/

昨年の12月に友人と山形県銀山温泉に旅行に行った際のです。ちなみにこの翌週には、『響け!ユーフォニアム・シリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ』のモデルとなった京都・橘高校の定期的演奏会に初めて行きました。そちらも近いうちに纏めたいと思います。


DQgfMEIUQAAWtgB
©Project GN/ガーリッシュ ナンバー製作委員会

2016年10月よりTVアニメ放映された『ガーリッシュ ナンバー』8話において柴崎万葉の実家を訪ねる際に銀山温泉が出てきました。
闇夜のつらつらと降る白銀の雪の中、ガス灯や情緒ある大正浪漫の街並みに温かい温泉はたまらなく思い記事にした次第です。             

 目次

・銀山温泉とは
・銀山温泉の名物
・宿の紹介
・アクセス
・聖地巡礼
   『ガーリッシュ・ナンバー』

銀山温泉とは


                                              1521909602717      銀山温泉とは、山形県尾花沢市にある大正浪漫溢れる風情な街が並ぶ温泉街です。                                     近世初頭において、文字通り銀山の街として栄え採掘が行われていた。 だが、徐々に銀の採掘が衰退していき銀山の採掘が行われていた延沢銀山付近から温泉が噴き出したとされている。その延沢銀山に銀山温泉の名が由来する。                                                          

DSC_0410

銀山川の両岸には、大正末期から昭和初期に建てられた洋風な木造建築の旅館が軒を連ね且つ旅館の前にはガス灯が設置され、大正浪漫漂う情緒ある街並みを形成している。夜、温泉街を散策すると恰も街全体が大正や昭和の時代にタイムスリップしたかの如く彷徨える気分になれます。 

銀山温泉のが一躍有名になったのが、NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台として使われたのがきっかけです。
また、ジブリのアニメ映画「千と千尋の神隠し」の世界に似ているとも言われており、温泉街を歩くとその雰囲気を味わえます。

銀山温泉の名物

DSC_0490

※はいからさんのカリーパン、横須賀のカレーフェスタでも出店しております。

 銀山温泉の名物の一つとされているのが山形のブランド牛″尾花沢牛″。厳しい極寒の環境で育まれるので、肉質はきめ細やかで口に入れるとまろやかな味わいの霜降りとなっているみたいです。また、上質で綺麗な水と地元産のそば粉で作られた自家製手打ち蕎麦″尾花沢蕎麦″、山形県産小麦を使用している″はいからさんのカリーパン″も人気があります。

泉街でお土産と言えばやはり温泉饅頭に限りますよね。かくゆう銀山温泉も銀山饅頭と呼ばれるお饅頭があります。  それ以外には、古代米大福と呼ばれる、古より伝わる黒米の使った大福がある。甘さ控めなずんだ餡がとても美味でした。


宿の紹介

DSC_0393

私が泊まったのは銀山温泉にある松本旅館。全室が10室と少なく小さな旅館です。お風呂は源泉かけながしで木の温もりを生かしている浴槽です。ゆったりと部屋からは川のせせらぎが心地よく聞こえます。

DSC_0468
夕食は個室か部屋で選択出来ます。料理は贅沢に山形牛をふんだんに使った″山形牛の胸板焼き″がとても美味しかったです。


都内からのアクセス

DSC_0367

東京から山形新幹線で三時間半の道程
東京⇒大石田駅
東京⇒福島⇒大石田駅

東京から行くとこの二パターンがあります。どちらにせよ銀山温泉の最寄駅、大石田駅には約三時間半近くの移動時間が掛かります。ちなみに、私は福島で乗り過ごしてしまい仙台まで行ってしまいました。

DSC_0377
大石田駅から銀山温泉までは約40分程で。本数が少ない為バスは旅館に予めに予約した方が良いです。


聖地巡礼【ガーリッシュ ナンバー】
  

C545Nh_U0AEld2a
©Project GN/ガーリッシュ ナンバー製作委員会

2017年3月14日から20日と約1週間の期間限定で銀山荘において、幻のキャラクターパネルや場面を振り返るパネルの展示をやっていた事もありました。

白銀橋周辺
IMG_20180523_085819
銀山温泉の入り口である白銀橋のカット。
温泉街を一望出来る。
亀屋
IMG_20180523_085829
亀屋を下から撮ったカット。ここではお土産やお酒等が売っております。
和楽の足湯
IMG_20180523_085849
冬場なので足湯には入れなかったが次訪れる機会があれば是非入りたい。

古山閣周辺
IMG_20180523_085900
IMG_20180523_085913
柴崎万葉の実家のモデルになった″古山閣″。銀山温泉の旅館における最古の旅館とされており格式高い。館内のカットを撮る為に次の機会には泊まりたい。

やなだ屋周辺
IMG_20180523_085929

江戸屋周辺
IMG_20180523_085937
銀山温泉の奥の方。雪の中歩くとすぐずぶ濡れになるので旅館から長靴を借りて歩くと事を推奨します。


一部画像は比較研究目的で引用しております。
『ガーリッシュ ナンバー』の画像の著作権は、
©Project GN/ガーリッシュ ナンバー製作委員会 に帰属します。