machan の「ひとこと言うでぇ〜」

日常の感じたままを書いてます。気軽にコメントしていただければ嬉しく思います。

マネーゲームが横行する世界って変だね (11/12-1)


円が対ドルで89円だという。円がずいぶん高くなったものだ。国自身の経済状態は最悪で、雇用も無

く、いつ上向いて景気が良くなるのかいう状態なのに、円が買われて円相場が高くなっている。

原因は、米国の赤字が過去最高の額に達して米国経済の先行き不安からドルが売られ、結果的に

円高となっているのだが、日本自身も多量の国債発行で大きな借金を抱えて破産寸前である。こんな

国でも米国よりましかと思われて円が買われる。変な世の中だ。


経済の実態よりも、コンピューターの前で座ってる為替トレーダーろいう専門家が叩くキー操作一つで

円が上がったり、下がったりする。短期的な為替の変動は、これら為替投資家のドルや円の売買で変

動するのだが、いわゆるマネーゲームみたいなものである。株と似たようなもので、ほんとに実力が

あっても変な情報を流されて、株価暴落というようなこともある。


世界は今や情報社会で、入手情報によって経済が変動する世の中である。情報がある特定の人間に

よって操作され、相場や円がコントロールされる可能性もある。ある映画でもあったが、気候によって

コーヒー豆の価格が上高下することを利用し、ある地域の気候を科学兵器を使って変動させ、価格の

上昇を画策して、先物取引で大金を手にしたというような内容だったが、やろうと思えば不可能なこと

ではない。


地道な経済活動をしないで、情報や取引操作でお金を動かす人がいる。そして、これらの人が世界を

の経済を狂わせてしまう。バブルもその一つである。よくよく考えれば分かるのに、バブルをバブルと

思わないで乗せられて損をした人、逆にそれで儲けた人、まさに異常な世界だった。アメリカ経済が

破綻しかけたのも、あのプライムローンという変な仕掛けのお陰である。


昔は物を買ってお金を支払うという経済だったのが、今は物が存在しなくても、コンピューター上で物

の売り買いが出来る。便利になった分、危険も伴うのである。 

まるでゲームをするかのように、金を儲けるのに必死になる輩が世界中にいる。市民や国民を犠牲

にしてまで金を得たいのだろうか。

やっぱりお金は、汗を流して働いた代価として受け取るべきだと思う。

 

今日は何の日? (11/11-1)


私の投稿記事の表題の後ろにある数字、なんと今日は1が5も並ぶ珍しい日です。

そういうこともあって、なんとなく今日は何の日? と、いうことで調べてみたら、まぁ、あるわ、あるわ、

まさかこんなにあるとは思いませんでした。まず昼のTVの料理番組で「鮭の日」、なぜか? 鮭という

漢字を見れば分かるでしょう。


その他に、あまり知られていないものも挙げると、

世界平和記念日、介護の日、公共建築の日、配線器具の日、電池の日、ジュエリーデー(宝石の日)、

麺の日、ピーナッツの日、チーズの日、サッカーの日、靴下の日、ペアーズデー、恋人達の日、折り

紙の日、鏡の日、西陣の日、下駄の日、ポッキー&プリッツの日、もやしの日、煙突の日、箸の日、

きりたんぽの日、磁気の日(磁石の日)、カリントウの日、長野県きのこの日、コピーライターの日、

おそろいの日、などがあります。その他、月間や週間の何とか週間とう行事も沢山ありますね。


そして今日が誕生日の人は、有名な人では、乃木希典、沢村貞子、鳩山威一郎(総理の父)、

沢村貞子、小森和子、養老孟司、吉幾三、田中美佐子、ダンプ松本、デミー・ムーア、マギー審司、

レオナルド・ディカプリオなどがいます。


忌日の人は、川上音二郎(定奴の夫、オッペケペー節)、渋沢栄一、松旭斎天勝、2代目林家染丸、

淀川長治、杉浦忠、ヤ−セル・アラファト、ピータードラッカーなどがいます。

 
誕生日や、忌日、歴史上の日を除いて、なんとか日というのも知らない人が殆どではないでしょうか。

「鮭の日」だって、言われてなるほどと思うくらいで、こんな日をいちいち覚えていないのが普通。

毎日がいろんな記念日だと、記念日の意味がありませんなぁ〜。


一体誰や! こんな記念日考えたん。ちなみに明日は「豆腐の日」やて。そんな知らんわ〜。



 

また名優が亡くなった (11/10-1)


ネットでニュースを読んでいたら、森重久弥さんが亡くなったという記事が目に飛び込んできた。

急なニュースでびっくりした。読めば、今日の午前8時16分頃老衰のため亡くなったということである。

映画でも活躍されたが、舞台でも活躍され、名作となった「屋根の上のヴァイオリン弾き」のテヴィエ役

は有名である。私も大阪の舞台でこのミュージカルを見たが、これでミュージカルを好きになった思い

出が懐かしい。900回でこのテヴィエ役から降り、後に西田敏行に代わったが、その後どうなっている

かよく知らないが、森重さんの当たり役であった。


また、森重さんのあの独特の節回しで歌う、森繁節も今から思うと懐かしく思う一つだ。若かりし頃に

流行った「知床旅情」は、この歌でいっぺんに知床ファンを増やしたものである。加藤登紀子の知床

旅情とはまた違う雰囲気があった。


TVのホームドラマ「七人の孫」や「だいこんの花」などでも活躍された。TVドラマでのお爺さん役も、

森重さんらしい、面白くて優しい雰囲気のあるいいドラマだった。


96歳の天寿をまっとうされた、昭和の名優の一人であった。

森重久弥さんのご冥福をお祈りいたします (合掌)


 

こんな変なジャーナリストもいるんだ! (11/9-3)


今夜、ビートたけしの「TVタックル」を見ていたら、山際澄夫というジャーナリストが出演していた。前に

見たときから変な奴と思っていたら、やはり今日も変な奴だった。産経新聞にいて、政治部の首相官

邸キャップや外務省キャップなどを歴任していたらしいが、そのわりには無茶苦茶なコメントする奴だ

と思った。


他の出演者とも話が合わず、一人浮いていて、常識があまりにもなさ過ぎるような発言を繰り返してい

る。これがジャーナリストとして雑誌に論文を発表したり、書籍を出しているのだから不思議である。

こんな奴のいうことを真に受ける人がいるのだろうか。


私もいろいろな人の意見を聞いてきたが、この人、いやこんな奴は今まで見たことがないと思うほど

無茶苦茶な意見を言う。見てるのが馬鹿らしくなってきて、途中で他の番組へ切り替えようと思った

くらいである。

前回でも人の意見を聞かず、人から反対意見を言われると、興奮して自分の意見を押し通そう必死

になって弁解するさまはまったく大人げなかった。きっと、冷静に発言することの出来ない奴なのだろ

う。大きな顔をして、よくもTVにジャーナリストなどといって出演したものだ。普通の人間なら恥ずかし

くて出演など出来ないくらいだ。


まぁ、世の中広いからいろんな人間がいるものである。久しぶりに変な奴を見た、というお話でした。


 

相変わらずお節介なマスコミ (11/9-2)


覚せい剤取締法違反に問われた酒井法子被告(38)が懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡

された。さっそく午後のTVのワイドショーではこれを取り上げて、酒井被告の今後の生活を勝手に予

想している。収入はどうだ、芸能界復帰はあるのか、介護の道に進むのか、離婚はいつかなど、実に

お節介な話だと思う。


本人が、今後の身の振り方を考えている時に、周りのマスコミがあれよこれよと、勝手な記事を書い

ている。離婚のXデーは12月11日などと、決め付けている。新聞を売らんがための記事を書いてい

るのが目に見えるだけ、余計にマスコミの馬鹿さ加減が情けない。


執行猶予付きの判決が出たというだけに事実があるだけだ。これから先どうなるか誰にも分からない

のに、勝手に解釈を膨らませて記事にする。そしてワイドショーで面白く取り上げる。こんな下らん話

を取り上げる暇があるのなら、もっと他にすることがあるだろう。視聴者が、この種の話にはもううんざ

りしているのが分からないのだろうかね。


平和というか、他に頭が回らないのか、マスコミ人間の頭が悪いのか分からんが、もういい加減にして

欲しいものだ。あるスポーツ紙は、裁判の傍聴席を求め、編集長を除く編集者全員を日比谷公園に並

ばせたという。なんでも判決を聞く酒井被告の表情や言葉を知りたかったという。いやはや、ここまで

やるとわね。あきれ果てたもんだよ、まったく。


私の予想では、酒井法子は介護へは行かず、きっと芸能界へ復帰するだろうね。ずっと、華々しい芸

能界で育って来た人間が、介護で排泄の世話まで出来るはずがないと思う。しかし、介護の道へほん

とに進んだら大いに見直すがね。そんなに甘いもんじゃおまへんで〜。


私のプロフィール
今日の言葉
私の俳句 or 川柳
相田みつを の        「ことばの応援歌」
最新コメント
アルバム
アースマラソン
アースマラソン応援バナー
あし@
  • ライブドアブログ