サロメ

内見会レポート・サロメ編

こんにちは、ハマナカリッチモアです

そろそろ各地で夏祭りが多く行われていますね。
祭りと云うと、私にとっては天神祭なのですが、京都は祇園祭ですし、各地、それぞれの思い出深いお祭りがありますよね。

さて、本日は内見会レポートをお送りしたいと思います。

P1010686

本日ご紹介するのは、こちら、サロメ。

ん・・・?そういえば、いつかにサロメのテーマがあったような・・・?
と思われました方!ありがとうございます。

今回の秋冬ではリヒャルト・シュトラウスのヒロインたちということで、オスカー・ワイルドのオペラとしての「サロメ」をお送りしておりますが、
ベストアイズ111号、2012年の春夏号では、オスカー・ワイルドの「サロメ」の挿絵画家として有名なイギリスの画家、オーブリー・ビアズリーをフューチャーしていました。

春夏と秋冬、また、絵画とオペラ、それぞれの芸術の形態で表されるサロメ、111号をお持ちでしたら、
その差もぜひ、比べてみてください。

P1010684
今回の「サロメ」のイメージボード。

なんともオドロオドロしいですね。

P1010685

そして、ベストアイズ120号の撮影で使用した孔雀の羽もスタイリストの小河浩子さんに頂き、
内見会会場で飾っていました。

マネキンさんが着用している作品はベストアイズ120号掲載作品。
*後ろの作品は参考作品になります。テキストのご用意はございません、ご了承ください。

P1010676
オスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」は、初演後、各地で一大センセーションを巻き起こした。
エロティックで倒錯に満ちた愛のあり方を描いた、一面不思議なラブストーリーは、世紀末の風潮と相まって、
多くの観客を酔わせた。
またリヒャルト・シュトラウスによる革新的な和声とオーケストレーションは音楽家はもとよりあらゆる専門家をも魅了した。

ユダヤの王女、サロメは16歳の美少女だった。
宴の舞いの褒美に、予言者ヨハネ(ヨハナーン)の首を所望した。
血のしたたる生首を恍惚とした表情で愛撫するサロメ。
リヒャルト・シュトラウスは「汚れのない処女であるサロメには、東洋の王女としての誇りにあふれた高貴な所作が望まれる」と述べた。

サロメの世界はエキゾチックな色彩感に満ち満ち、蒼白い月の光ときらびやかな宮殿、
衣装、宝石、孔雀の羽などが映え合い、まるでギュスターブ・モローの絵画そのもの。


このセクションはリッチモア自慢のマルチカラーファンシーやグラデーションのディープな色味が主役。
セクシーでフェミニンなイメージ、
シンプルなデザインとダイナミックなフォルムをお届け。


にほんブログ村
人気ブログランキングへ

2014-15年秋冬 内見会レポート・見附編

こんにちは、ハマナカリッチモアです
長らくブログの更新が滞っており、申し訳ありませんでした。

2014-15秋冬内見会も無事、終了し、暑い中、また足元が悪い中、
ご来場いただいたお客様、誠にありがとうございました。

今回はその内見会レポートをお送りいたします。

P1010649

まずは入って一番最初の見附作品、今回もボディー4体にそれぞれのテーマのイメージ作品を
風工房の服田洋子先生にお作り頂きました。

先生曰く、「今回は地味かしら・・・?」とのことでしたが、前回のブラジルがとっても華やかで
色鮮やかだったので、そう感じるのだと思います。

そして、今回のテーマは「リヒャルト・シュトラウスのヒロイン達」
言う度、下を噛みそうになるのですが、そんなドイツ後期ロマン派音楽の巨匠、リヒャルト・シュトラウスと偉大な文学者によって創作された4人のヒロインをイメージソースに2014-2015年秋冬内見会をお送りいたします。

P1010650
美しく気高い「元帥夫人」は、その気高さばかりでなく、はっきりした
自我をもつ我慢強い女性。
宴の舞いの褒美に予言者ヨハネの首を望んだ「サロメ」の愛は、エキセントリックで情熱的。
エレクトラ・コンプレックスの語源になった、列女「エレクトラ」
霊界の王の娘であるために影がないヒロインの「皇后」。
愛する皇帝が石になってしまうのを救った勇気ある女性。

と言った4人の女主人公たちはドイツ後期ロマン派音楽の巨匠リヒャルト・シュトラウスとフーゴー・フォン・ホフマンスタールやオスカー・ワイルドなどの当時一流を謳われた文豪の面々から生まれたオペラのヒロインたち。

今季のリッチモアはこの偉大な音楽家リヒャルト・シュトラウスと文豪たちにより創作され、
美しくもドラマチックな世界に生きたヒロインたちをテーマにユニークで斬新な新商品を
フルに使ったモードな作品を提案いたします。


にほんブログ村
人気ブログランキングへ

毛糸だま No.154夏号 前編

おはようございます、ハマナカリッチモアです
GWも明けまして、お昼間と朝夕の気温差が激しくなってきましたね。
みなさまはどのようなGWをお過ごしでしたか?
新東名ができ、渋滞緩和がなされたそうですが、ガソリンも高騰していますし、車でのお出かけも少なかったのでしょうか。

さて、先日発売された毛糸だまNo.154夏号のご紹介をしたいと思います。
pic_cover

表紙は風工房先生のエコアンダリアの暖簾です。
カラフルでかわいらしい暖簾でリビングもパッと華やぎそうですね。

今回のテーマはクンストレース。
岡本啓子先生のソワ・ド・ボウサロメ使いの黒とシルバーが美しいチュニック丈のワンピース。
クンスト(中心からの模様)がシルクの黒をより引き立てております。
普段のお出かけからパーティーシーンまで幅広く着ていただける作品です。
また、そのワンピースにとってもマッチする真紅の底から編まれたコットンメモワールのバッグはワンピースにも見劣りしない豪華さ。
合わせて持つとよりオシャレです。

また、風工房先生による特集のテーマは「クルーズライン」
夏を控え、涼しげでマリンテイストあふれる作品の提案をしてくださっています。
ラグランのマリンボーダーカーディガンはスビンゴールド<テープ>でとじはぎの少ない作品になっております。
また、七分袖なので肌の露出が苦手な方もさらっと羽織っていただけます。

メイフェアのパーカーは裏メリヤスとケーブルが効いたシンプルな作品なので様々な水着の上やリゾートルックにも合わせていただけるパーカーになっております。
そのパーカーにアクセントを加えるスビンゴールドテープ<プリント>のこま編みビキニがショートピッチのグラデーションをより引き立たせて真夏の視線を釘づけにすることと思います。



人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Rich More Channel 第4回目放送日

こんばんは、ハマナカリッチモアです
あたたかくなり、桜も見ごろを迎えていますが、不安定な天気が続きますね。
桜が満開で薄桃色に染まりとても美しい風景がそこかしこで見られますね。

さて、明日の4/13(金)18:00~
Amuuse TV Rich More Channel 第4回目の放送日となっております。
お馴染みMTM課長による2012年春夏の新商品のご紹介です。

動画撮影、配信はまだまだ不慣れなことが多く、わかりにくい点などあるかと存じますが、なにとぞ暖かい目でご覧いただければと思います。
また、何かご意見やご要望などございましたら、メールやコメントをいただければ嬉しく存じます。
必ずしも反映される限りはございませんができるだけ、みなさまのご興味をそそるような動画作りをいたしてまいりたいと思っております。

http://www.ustream.tv/channel/amuuse-tv

UstreamのURLは上記になります。
生放送が終わりますとyou tubeにて配信させていただいております。

どうぞ、お時間ありましたら、ご覧いただければと思います。
今回ご紹介させていただきますお糸は
綿麻絣友禅サロメシルクコットン<ファイン>の以上4商品です。


また、MTM課長によるRichmore公式twitterもどうぞよろしくお願いいたします。
http://twitter.com/#!/Richmore_hama
動画よかったよ!と思われた方はぜひ、あたたかいフォローをお願いいたします。
みなさまのフォローお待ちしております。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

amuuseTV Rich More channel第2回目

こんばんは、ハマナカリッチモアです
春に向けて天候の移り替わりが激しくなっておりますね。
今年は特に雨が多い気がします。
今朝は桃が咲いているのを見て、春だなぁと思いました。
これからどんどん春に向かっていろんな花が咲くのでしょうね。
京都も春は行楽シーズンでにぎわいますので、これからまた活気付くようになるんでしょうか。

さて、季節も春に向かっていることですし、リッチモアの春夏糸の魅力もどんどんお届けしなくてはいけませんね!
本日(3/23金)は2回目となるamuuseTV Rich More channelの放送日です。
18:00~の放送予定ですので、お時間ありましたら、ぜひご覧くださいね♪

http://www.ustream.tv/channel/amuuse-tv

http://www.ustream.tv/recorded/21298921

放送に合わせ、あむゆーずでベストアイズコレクション111号のブックレビューも行っております。
ぜひこちらもご覧ください。
ベストアイズコレクション111号のブックレビュー1/4
ベストアイズコレクション111号のブックレビュー2/4
ベストアイズコレクション111号のブックレビュー3/4

また、ベストアイズコレクションのご購入方法は書店には申し訳ございませんがお取扱いがございません。
お取扱店と致しましてはリッチモア毛糸取扱店様または大型手芸店様などになります。
お近くのお取扱い店様につきましては、あむゆーずのお店検索をぜひご利用ください。

また、弊社から直接ご注文もしていただけます。
1冊からのご注文も可能ですし、年間購読も行っております。

●春夏号(1月)●秋号(8月)●冬号(10月)各号10日頃発刊。

定期購読料金は2,940円(年間)です。

定期購読のお申し込み、バックナンバーのお問い合わせは、
iweb@hamanaka.co.jp または
075-463-5151までお問い合わせ下さい。お振込み用紙をお送りいたします。
お振込は郵便局またはコンビニでしていただけます。


MTM課長によるリッチモア公式ツイッター
もよろしくお願いいたします。
みなさまのフォローお待ちしております☆

先日、ブレスレットメーカーチュチュをご紹介しましたが、完成させてみました。
120323u 001

使用したのはサロメの1番色、2番色とジュエリーシルクの新色の8番色です。

120323u 003

サロメはテープヤーンでラメ入りですのでキラキラ光って小物でも可愛い表情を見せてくれますよ。
また、ジュエリーシルクもぽつぽつと浮き出るブルーのビーズが春夏らしい涼しさをプラスしてくれます

ぜひ、リッチモア糸でもブレスレット作ってみてくださいね


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

リッチモア

記事検索
Twitter プロフィール
ハマナカ㈱リッチモア公式ツイッターです。みなさまの暖かいフォローお待ちしております。
instagram
QRコード
QRコード
最新コメント
タグクラウド