いつもの公園でワンズ連れての散歩中

ニオイ嗅ぎタイムで、茂みの下をクンクンしていた我が家のワンズの前に
突然現れたジャックテリア系ミックス犬


ノーリードでした


驚きと恐怖でパニックになったワンズ達が吠え出し、コレクションの
タイミングを逃しました

その場を移動しようと
数歩踏み出しましたが、その犬は
ジャンプしながらついてきて、



一気にケンカ没発



私は3匹連れてるし、こんな時のロザリーは完全にキレているので、無敵

誰であろうとも、スペースなくなったり、身体に少しでも触れられれば
牙をむけ仕留めようとするから、ケンやイチローの側には置けません



昨日は、ガシャ缶やスプレーを持っていなくて
犬たちを驚かせて気をそらす、なんて無理


ハーネスしていたから、ロザリーを隙を見て一気に吊り上げ、
ケンに絡みついた、ノーリド犬の横腹を突いたら、手を噛まれました

当然ですよね



一瞬にして腕に痺れが走りました


破傷風が心配だったので、始めの2〜3クラスを休んで病院に行こうと
思ったのですが、全員には連絡取れず....
私が来なければ、子供たちは不安でパニックになると思い、


「掃除屋」と呼ばれる吸収力の一番強いグリーンイライトを使って、
出かける時間ギリギリまでクレイでパックし、クレイ一式持って仕事に…


クレイは、消毒・抗炎作用があるので、身体に入ったかもしれない
雑菌を追い出すので、こんな時はピッタリです

そして、鎮痛作用もあるので痛みが鎮まります
IMG_6923
image
クレイが、血や体液と共に身体の中の異物をどんどん吸い上げてます
IMG_6944
パック2回目を外したところ

充分腫れてはいますが、帰宅した時は、もうどうなるの〜??と
心配なくらい腫れていました

パックを外すと同時に、とろ〜んと粘性のある血液が出てきます
IMG_6956
レッスン中も、ずうっとクレイパック
IMG_6971
仕事から戻り、しばらくパックが出来ずにいたら、痛みと痺れ
背中には、こわばりが… こ、こ、こ、こわい〜

破傷風??  一抹の不安

慌ててパックして、facebookにノーリードへの怒りの投稿したら、
Dominick先生から、直ぐに「リンパ節」にもパックした方がいいと
アドバイスをもらい、腋高リンパに一晩中パック

こんな姿で失礼しますm(__)m
image
翌朝は、ここまで回復しました
まだ少しの腫れと痛みはありますが、24時間前に起こったことが
嘘のよう



一応、病院に行って来ましたが、お医者さんも驚いて
「どうしてこんなに早く治せたの?」と聞かれました

image

緊急時や、病院に直ぐに行けない時などクレイがあるとホントに助かります
火傷や、虫刺されなどにも使えますよ

もちろん、犬にも!! 
我が家では、ワンズのアレルギー疾患は、クレイと食餌で治しました



今回使用したクレイは、こちらで販売しています
ペーストの作り方もリンクしておきますね
    ↓    ↓


アロマフランス

グリーンイライトペーストの作り方





今まで、ノーリードの事故に2回遭いました


自由に散歩させた方が犬が喜ぶ!!なんて考えは間違いです

毎日きちんと、質の高い散歩をさせ、走らせてあげたければ

ロングリードで、一緒に遊んであげればいいんですよ

この方が、ずうっと絆も深まりますし、犬の満足度も高いです


まして公共の場で、日頃のツケを払うようにノーリードにさせるなんて
絶対やってはいけないことです



犬の一生は、飼い主の意識の在り方で変わります!!


心身ともに、わが仔を健康に保つことが飼い主の責任です


今回のことだって、自分の犬のことを予測出来たから、
最低限のダメージで防げたこともあります


と、同時に、うちの犬が反撃してダメージを与えた場合のことや、
すでに2回遭った事故に対して、自分のパックが持っているエネルギーや
私の犬たちに対する影響力も深く考えさせられました


犬が分からない!と思ったら、学べばいいだけですよ


私が行き場なく、もう本当に犬との生活が苦しくなり始めた時に
助け出してくれた人


ブログ読むだけでも、とても勉強になります

   ↓↓

spirit wings