aamall

2018年04月13日

RiCKLE!の客層は、

【リックルのターゲット】



ーよくある質問。

Q.このお店って、若い人が多いんですか?
Q.大学生とかがよく買いに来るお店なんですか?
Q.客層はどのへんをターゲットにしてらっしゃるんですか?

んー、その質問、困る。




772EB8F6-9E63-499D-B533-56404E448BAC




RiCKLE!の客層は、幅広い。





てか、わし、客層とか、ターゲットとか、あんまり意識したことないし。


マスマーケティングとか、ターゲットとか、ニッチ戦略とか、差別化とか、
なんか言葉にすると、もう何かが違ってしまう。違和感を感じるんだよなー。




このお店が好き。


この空間が心地いい。


そらさんに会いに来た。


リックルで過ごす時間が気持ちいい。


わくわくする。


刺激的。


発見がある。



なんでもええんですよ。



親に連れられて来たこどもが楽しそうにしてるのが、何より嬉しい。
親の買い物に付き合わされるって、こどもにとってはツマンナイ時間。

でも、リックルは楽しい。

そう感じてくれてたら嬉しい。





さきほど、開店時間前だというのに、ド派手な色の軽に乗った
おばぁちゃんがご来店。


聞いたことないけど、たぶん70歳は超えてるはず。

服装も派手で、気持ちも若い。



ヴィンテージマリメッッコの生地で作ったワンピースを、
「これもらうわ。たまには来てみんといけんねー。あー癒されたわ。」と言って
運転して帰られました。



60代も、70代もいらっしゃいます。


3歳も来ます。



ネコも来ますし、犬も散歩の途中で寄ってくれます。




あえて言うなら、

「ここに、また来たい。」

そう思ってくださる方は、すべてターゲットです。







朝から、気持ちいいスタートだ。
ありがとう、おばちゃん。

わしも、嬉しい気持ちをもらったよ。





create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水





rickle at 11:12|PermalinkComments(0) 4-1.新入荷情報 [古着] 

2018年04月07日

インスタグラムとフェイスブック、ツイッターはー





ブログとSNSの使い分けが、自分の中でなかなか距離感がつかめなくて、
最近はブログはご無沙汰でSNSに寄り気味。


ブログにはブログの良さがあって、長いこと続けてきてるし、
これからも続けたいメディアなんだけどねー。


ついつい、インスタントな方へ、ね。









Instagram



IMG_0513


よかったら、フォローしてね!

@soramotokenichi





Facebook


IMG_0514



お友達リクエストは、基本、お会いしたことのある方、
ご来店いただいたことのある方で。

メッセージを添えておねがいしますねー





Twitter は、アカウントだけあります。。。







create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水




 

rickle at 19:30|PermalinkComments(0) 5-1.News 

2018年03月29日

春の尾道におでかけしました。 そらさんの休日の過ごし方




IMG_0214





桜満開の春の尾道へおでかけしてきました。



前回訪問した時よりも、さらに小洒落たお店が増えてたような印象。

移住者が年々増え、活性化してるんでしょうね。

尾道駅の駅舎も建て替え中。

空き家バンクも機能してるよう。
「暮らす」と「働く」が近くて、「時間」の流れ方がのんびりで、
いつ行ってもいい街だなーと思います。



日帰り尾道、こんな一日でした。



*

朝イチで銀行の用事を済ませて、出発。
山陽道で一時間チョイ


向島の渡船桟橋すぐにある「ろのまえ」で開催中のボタニコ、笠置昌宏の展示。

11時に着いたら、オープンは13時からって。がーん。

まだ2時間もあるし。。



車で向島に入ってたので、じゃぁ島の反対側、
立花食堂でちょっと早いランチしようっかとなりまして。

で、ウシオショコラトルをスルーして、立花食堂へ。


IMG_0182



がーん、定休日。。。。

しゃぁない。渡船で尾道に戻りましょう。



IMG_0183


尾道と向島を繋ぐ渡船は3つ?
昔は5つの会社があったそう。

ろのまえの尾道渡船は、大人100円。自転車バイク110円。車130円(運転手込み)

車って30円なん。安っ。

IMG_0187



U2でトイレ借りて、ぐるっと街を車で一周。
ちょうど昼時。
有名ラーメン店には、超!長蛇の列が、どこのお店にも。
そんなに何時間も待ってでも、尾道ラーメン食べたいのね、観光客のみなさんは。


やっぱり、尾道は徒歩よねってことで、
パリゴのパーキングに停めて尾道をブラブラすることに。


前回行った和食「あかとら」で昼食にしよう。

てくてく。路地へ入る。
がーん、臨時休業。。。。


しゃぁない。
本通りの定食屋で、でべらの刺身、唐揚げとたまごかけごはん。
美味しゅうございました。



さ、腹ごしらえが済んだので千光寺公園へ。


歩いて登る。



桜、寺、くすの木、猫、カフェ、細道、眼下に広がる尾道水道。

IMG_4264


IMG_0188


IMG_0195



春休みでたくさんの観光客で賑わっていました。

デートしてる手をつないだ若いカップルもたくさんいました。
いいね、春だね。


IMG_4267


たっぷり、ゆっくり、時計を気にせず、気のむくままのペースで展望台まで。
山頂は展望台が新しくなるとか、ならないとか、計画がすったもんだしてるそうで。


IMG_0194



下りはロープウェイで。案外安いね。300円。


IMG_0196


144メートルのプチ登山。楽しかった。




長江で肉まん80円買い食い。


うなぎのねどこの奥の細道を抜けて、紙片へ。


IMG_4269



紙片の寺岡さんが作ったCDを買いたくて。
発売されて、早く聴きたかったけど、通販で送ってもらうのも嫌だったし、
買った人から借りるのもナンだか違う気がしてて。

どうしても、あのお店で、直接、手渡しで買いたかった。
そしたら、春になっちゃった。

たくさんお話しもしました。
居心地が良い。。。


いつまででも居られるこの空間に、後ろ髪を引かれつつも次へ。

IMG_4270


この時点で4時ごろ。
ハライソ珈琲、もう開いてるかな?


てくてくと商店街の西の端まで歩く。


IMG_0198



がーん、まだ開いてない。。。


IMG_0211



しゃぁない、ろのまえに行こう。



再び渡船で渡る。


IMG_0186


かさぎんのインスタレーション。

ほぅ!


尾道、向島はもちろん、三原、竹原、福山の方々にも、たくさん見ていただきたい。


この期間中に尾道を訪れる機会がある方は、
渡船ですぐの「ろのまえ」までぜひ。


また渡船で尾道に戻り、もうさすがに開いてるだろ?とテクテク歩いてハライソへ。

がーん、まだ開いてない。。。。
ご縁がないのか、わし。。。


IMG_0211


尾道在住のカメラマンはるなちゃんと待ち合わせ。
せっかく尾道まで来たので、ちょっとでも会いたくて。


ひとりでお土産を取りに車までてくてく。
がーん、駐車券忘れた。

歩いて戻る。


はるなちゃんと合流。
渡船の前のベンチでおしゃべり。


IMG_0213


軽く夕食を済ませて広島に向かいたいので、
おすすめのお店を教えてもらって、歩いてまた東の方へ。


イチオシの「ラーメンまたたび」、がーん、定休日。


じゃ、つぎのラーメン屋へ「一楽」。がーん、またも開いてない。。


そんじゃぁって、行ったフレンチのお店「ビズー」は、
ワインと食事のお店で、運転だから飲めないお客さまはごめんなさいって。。。

がーん、三連発。。。



ということで、尾道、よーく歩いた。
そして、ことごとく閉まってた。(笑)


そんな😨な出来事にも、ウケる!と笑い飛ばしてくれる相方に感謝。




紙片のCDを車で聴きながらあっという間に広島に到着。


すし辰に行ったら、もう8時半なのに、まだまだ待ってる人がずらっと見えたので、
諦めていつもの、金龍飯店で、中華丼と麻婆豆腐。安定の美味しさに満足。




家に帰って、CDの冊子を眺めてたら、



100篇の詩のうち、10篇が入ってるページの一番最初が、「17」だった。




” 

一 本 の 樹 と す れ 違 う こ と は

一 人 の 人 と す れ 違 う こ と と 変 わ り な い

挨 拶 を 交 わ し   私 た ち は き ち ん と す れ 違 う


"





IMG_0216





メッセージ、しかと、受け取りました。














create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水





 

rickle at 19:24|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2018年03月19日

21日(水)の春分の日は、リックル営業してまーす!


IMG_9857




リセットして、リスタートした、リボーンリックル2018。


あっという間に2ヶ月半が過ぎました。


花根商 あめつゆがごとく だったフローリングスペースがレディースエリアになり、
ロイヤルブルーのビリヤード台がフィッティングの前に出現。


「何でもない日に一輪の花を贈ろう」がコンセプトの、
男性にしか売らない花屋も、少しづつ浸透してきたかな。


コーヒーも本格的に飲めるようにもなり、ますます何屋なのか わからない のがいい感じ。

もはや、「リックルを体験する」感覚で遊びにきてくれるお客さま。

楽しみ方は人それぞれでいいんです。


でもね、やっぱり、根っこは、「 古着 / 買取 / 販売 / まったり 」なのです。



すっかり店内は春夏ものの商品が並びました。



21日(水曜日)は、春分の日で祝日ですので、営業します!


ー繰り返しお伝えします。


リックルは通常、水曜日が定休日ですが、
21日は、春分の日で祝日なので、営業しまーす!

そして、22日(木)を振り替えでお休みいただきまーす。



着なくなった洋服、使わなくなったアクセサリー、バッグ。
履かなくなった靴、スニーカー。


クローゼットの整理をするのに、いい季節です。


・メルカリで売るのも疲れたわ。


・やってみたけど、案外めんどくさくって。


楽しかったのは最初だけという方、少しづつ増えてきました。


そりゃぁ、メルカリで自分で売るよりも手取りは下がりますが、
いやいや、リックルの買取査定、こんなに出してもらえるんなら、
ぜんぶまとめて一気に買い取りもいいもんだ、と。

何しろ、気分がスッキリしますからね。



オールシーズン買取OKですから、
冬物をしまい込む前に、そのまま買取OK。

春夏ものをタンスから出してみたものの、
たぶん今年はもう着なさそうな春夏ものも買取OK。




買取、お待ちしてます!



遊びにきてね♡






create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水





rickle at 17:51|PermalinkComments(0) 4-1.新入荷情報 [古着] 

2018年02月26日

深圳手ブラ旅レポ #06 「裏テーマ:お金の正体を見つける旅は、果たして見つかったのか?」編


深圳手ブラ旅レポ #06


「裏テーマ:お金の正体を見つける旅は、果たして見つかったのか?」編



IMG_8735


今、お金の価値が揺らいでいる。

実体のない金融経済だけが膨張する世界が、資本主義社会の終焉を現実のものに近づけている。

カンの鋭い人たちはもう気づいていて、別なモノサシで次の世界を目指している。




ザッカーバーグは、ミレニアム世代の僕らは、目的(パーパス)が大事だとスピーチした。
GettyImages-688399484-625x352

     マーク・ザッカーバーグ スピ−チ ハーバード大学卒業式 日本語字幕付き



まさに、何のために。

お金のために働いているわけでは、ない。



昨年の夏の終わりから、秋にかけてのスランプで、一度は閉店を決心したリックル。

そっから、もう一度、なんのためにお店をやるのか?を問い直し、
一ヶ月かけて、ビジネスを見直した。


手放すもの、シェイプするもの、さらに進化させるもの、付け足すもの。
続けること、やめること、一時停止。

「幸せな閉店を目指して」のブログでも書いたけど、わしは、リックルというお店で、
ありがとうの交換をしたいのであって、金儲けがしたいわけではない。


このお店を使って、社会実験がしたいんだな、と気づいたのは、つい最近のこと。



それに気づけたのは、この旅での経験があったからこそだし、
年が明けてから、この一ヶ月半の間にご来店くださったお客さまとの会話の中で、
自分自身がコトバとして発し、それに呼応するお客さまのリアクションで、
ぐっとリアリティを伴ってじわっと確信に変わってきた。


もういちど、おさらい。


旅の目的は、2つでした。



1. スマホ決済を体験&体感したい。
2. モバイクで自転車に乗りたい。



これらを体験してみて、わたし自身が、何を考え、どう感じ、
これからの生活にどう影響を及ぼすのか?を、今の時点でのまとめにしてみようと思う。

たいして、推敲もせず、手が動くままにキーボードを叩いて、書きなぐる文章なので、
きっと、「わや」になるはずだけど、それでいいことにする。

だから、かなり読み手に優しくないので、先に謝っておくね。
乱文乱筆ごめんなさい。



きっと、これから先、この「まとめ」は、トンチンカンな視点だったなー
と気づくかされることになるかもしれんし、
案外、先見の明があったねー!と、後になって振り返ることになるかもしれん。



***



「深圳でスマホ決済の圧倒的な利便性にお金の価値を考えさせられた。」



中央政府が発行する「お金」なんて、たかだか100年ちょっとの歴史しかない。


1万円のお札が、1万円として価値があるのは、みんなが信じているからで、
福沢諭吉の絵が描いてあるこの紙切れを、なんでみんな信じてるんだ?となったら、どうなるの?


日本のお金は、もう将来やばいから、信用ならねぇってなったら、
ドルやユーロ、人民元と交換するとき、交換レートがどんどん下がってしまって、
半分ぐらいになっちゃうかもしれないってことだよね。




IMG_8542

中国ではそもそも100人民元に偽札が多くて、
紙幣よりも電子マネーの方が信用が高いという皮肉な方向へ進んだ。




「硬貨」は「紙幣」になり、「電子マネー」がメインになってきている。




「通貨」とは、流通している貨幣。 流通貨幣。 流(通貨)幣。


通貨(つうか、英: currency)とは、流通貨幣の略称で、国家もしくは、
その地の統治主体によって価値が保証された、決済のための価値交換媒体。
政府は租税の算定にあたって通貨を利用する。
モノやサービスとの交換に用いられる「お金(おかね)」を、
経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ。





なので、最近世間を賑わしている「仮想通貨」は、そもそも通貨でもなんでもなくて、
「投資(投機)商品」なので、「通貨」と名付けた人が賢かったのか、馬鹿だったのか。


英語表記は、暗号通貨(crypto currency)なので、ニュアンス違うよねー。



人々が広く利用すれば、それは「通貨」となりえるわけで、
すでに「Tポイント」とか、「楽天ポイント」などは、
ローカルな(通貨)と呼んでいいんだろうか?




「仮想通貨」もほんとは「通貨」を目指してたはず?


投機対象としてマネーゲームの商品になりさがっているが、
ほんとうに目指していたのは、「通貨」なはずだけど、
なんか別の話(儲け話)になっちゃったね。


ビットコイン以降は、どれも「金融商品」か?






銀行の通帳の残高って、ノートに数字が書いてあるだけで。



例えば、そらもとが、紙切れに、

いつでも日本銀行券10000円と交換できます。

と書いて、この紙切れで、
お店で支払いをしたら、こいつ、頭おかしいんじゃね?ってなりますわな。

でも、リックルで1万円の商品と交換できます。なら、リアリティあるね。



この国で、税金は、明治に円ができる前は、
それぞれの藩が発行する金貨や銀貨、銅貨だったわけで、
その前はお米だったわけで(年貢)。


お金が広く普及する前は、みんな
何かを作ったり、したりして、何かと何かを交換してたわけで。


交換が成立するかどうかは、相互の了解があれば、オッケーであって、


Aさんにとって必要なものを、Bさんが持っていて、
Bさんが欲しいものを、Aさんが持っていたら、
ちょうど交換できるわけで、


等価交換するのに、便利な「モノサシ」がお金だったわけで。



それが、お金がお金を生むとか、増やすとか、減るとかしだすと、
お金そのものが「商品」になってしまってて。



「信用」と「交換価値」




まずい、深みにはまって、戻ってこれなくなる流れだ。

脱出しよう。話を変えます。


*


中国の深圳に行って、どこでもスマホで支払いができました。

スマホでやりとりしてたのは、人民元のデータです。


実物の紙幣やコインはありません。


単に、LINEでスタンプを送りあうようにして、
◎◎元を送金(送信)して、受け取ったら完了。

あまりにもあっけなくて、大丈夫?と心配になるぐらい簡単です。


一応、パスワードなどのセキュリティはあるものの、残高があれば、
その残高分までは使えますから、スマホを落としたり、無くしたりしたらおおごとです。


だから、深圳の人々は、仕事中でも自分のスマホをずっと持ってました。
イジってました。
スマホがないと生活ができないインフラとなっているのです。


あると便利、ないと困る、のレベルを超えて、ないと生活が成り立たないレベルです。

スマホでのあれやこれやを前提に売買やサービスができているので、
現金だと暮らしにくいったらありゃしない。


それも、若いから成立しているのか。
年寄りでも使えるスマホがあるのか、
年寄りがスマホを使えるようにならないといけない世の中になるのか。


そんな感じで、ずっとスマホをイジってるので、電車の車内でも、
平気でウィーチャットで誰かと喋ってます。
しかも、かなりの大声で。

周囲に気を配って、小声で話すとか、まったくありません。
笑うし、怒鳴るし、ケンカしてるし、深刻な話しをしてるし。

でも、隣に座ってる見知らぬ人の存在なんて、いないものとしてるかのようで。
まったく気にもとめてないのです。


カラダ(実体)は、ここにあるのに、ココロ(魂)は、ここにいなくて、
スマホと繋がっているバーチャルな世界側にいっちゃってる。

車内のほとんどがそんな感じだから、電車が運んでいる人たちは、
なんだかたんなる物体で、ピーチクパーチク音が出てるロボットみたいな。
(中国語、さっぱりわからんから余計にね)


仕事中も、マイスマホを触ってるのはオッケーなんでしょう。
ホテルマンも、スーパーマーケットの店員さんも、
みんな自分のスマホを仕事中にイジってました。


日本でも、きっと、スマホ決済の流れはくるでしょう。

便利だもん。


クレジットカードもなくなりはしないでしょうけど、
少額の決済はスマホが便利だ。

おつり、とか、割り勘、とか、消費税、とか、。

1円玉って、そういえば、最近、見かけないよねーって会話がやってくるかもね。


ETCカードも当たり前になった。

電車やバスの交通系カードもいまや普通。
スマホに搭載されるタイプにシフトチェンジしてるね。


財布の中には、いったい何枚のカードがあるんだよ?状態じゃないですか?
ぜんぶまとめて、スマホひとつで完了したら、どれだけ便利か想像してみて。




一方で、便利さの裏側に潜む、失うもの。


お年玉、電子マネーで「ピ」ってあげるようになるんだろうか。
(中国ではかなりそうなってる)

ポチ袋とか、ご祝儀袋とか、香典とか、お見舞いとか、そういう文化、なくなるんかね?



***



ローカルな物々交換を実現したいと思っている。



ITの技術を使わなくてもできること。


リックルで実践、実験、してみようと考えてること。



◎コーヒー豆を買ってきてください。


◎パーティードレスをシェアしませんか?


◎三方良しの買取サービスをスタートさせる。



なんのことやら?かもしれませんが、おいおいご案内しますね。


**


すでに、「ブツブツコーカン」生活を実践してる友達がポツポツ現れてて、
やたらその人の周りには人もモノも情報も集まっちゃって、
交換(流通)のハブのようになってて、
集まる動機が、儲けではなくて、面白そう!とか、ワクワクする!とか、
なんか楽しそう!といったココロで動いてるようで。

それを意図してやってんのか、結果そうなってんのかわかんないけど、
楽しそうである。


ブツブツ交換しましょうよ!と言われて、差し出せる「何か」を持ってます?


***




モバイクにも乗ってみた。
これは便利だと思った。

でも、モラル、美意識、思いやりが欠けている。

2年ほどで、だーーーーっとシェア争いが起こり、勝ち負けの勝負がついた模様。

行き過ぎた競争があり、揺り戻しがあり、最適に収まる。
勝ち残ったシェア獲った企業だけが支配する世界。


敗れた側の残骸が街に投棄されている無残な姿も垣間見れた。


日本で広まるのか?

シェアリングエコノミーのツラをした、ビッグデータの収集。

民主主義の国と、社会主義の国の違い。

偉い人が支配する国の人民は、
個人情報などハナから支配者の統制下にあるものだという前提で生きてる。




中国人は、ビジネスでも、親兄弟ですら、信用するなーが基本精神。

そもそも、人を信用していない。

性善説と性悪説の違いとはまた違う感覚。

日本人とは数千年かけて築き上げてきた、民族性がまったく違うのだから、
それは理解しておかないとな。
(よいわるい関係なく。好き嫌いはあってよいが。)


**



これは実際に体験することはなかったが、スマホを使ったサービスで注目してるのは、


芝麻信用(ゴマしんよう)セサミクレジット


ウィーチャットと並んでスマホ決済の2大メジャー。

アリババ(アリペイ)がやってるサービスです。


ネットで買い物がすごい勢いで広まっちゃって、物流もものすごい量になってて、
それを配達するためのロジスティックのブレイクスルーが、
「ドローン」なので。

世界で最初にドローンによる「配達」をやっちゃうのは、中国でしょうね。




何千年もの歴史があって出来上がった中国人像が、
たった数年で変わってゆく。


いい人になっていく。

信用スコアを上げるために。




05

“芝麻信用”は、その人の信用度合いをポイントで表したものです。
採点の詳細ロジックこそ明かしていませんが、
大きく分けて「学歴」「勤務先」「資産」「返済」「人脈」「行動」
(ショッピング・金融商品の利用状況や公共料金支払い状況)の、
5つの指標の組み合わせで計算していると公表しています。 




ポイントが高いと、割引サービスが受けられたり、ローンの金利が安くなったり、
さらには、就職に有利だったり、男女の交際ときに参考にしたりしてるらしく。。。

なんだかねぇ。。。




キンコン西野亮廣が、著書「革命のファンファーレ」で、


信用をお金で買うことはできないが、
信用をお金に替えることはできる。


これからは、信用経済の時代だーみたいなことを言ってたよね。


たしかに、お金よりも、信用の方が大事な世の中になっていったらいいな、と
私も同意、賛成しているんだけど、

スコア化されて、それが高い方が得をする、低いと損をする、という、

「損得勘定」で動く「信用」って、これまた本末転倒な感じでヘンテコ。


うーん、信用ってなんだ?


お金の正体を知りたくて、考えてたり、調べてたら、
どんどんドツボにハマっていく。




***


こうなったらいいな、の近未来の日本の暮らし。


原発は一刻も早く廃炉にすることを政治家が決定して、
日本人の優秀な技術力を次のエネルギーに投入すべきだと思う。

携帯電話って、電話だから、そもそもの電電公社、NTTが力を持っているけれど、
固定電話が普及しなかった国ではスマートフォン、
(すでにスマホとか、言わないし。モバイル。とか、単にフォン。だけとか)
が後発でがっと広まり、しかも安い。

日本はSIMフリーになったのようやくだし、電力会社は発電と送電を切り離さないから、
新しいエネルギーの会社が電気作っても、送れないし。

とか、まぁ、規制ががんじがらめといいましょうか、
既存の業界団体の既得権益を守ろうとするパワーが圧倒的と言いましょうか、
銀行や、金融の世界でも同じようなもんで。
(よしわるしの部分があるのは承知で言ってます)




国の方向を決めるのは、政治家で、政治家を選ぶのは選挙で、
選挙で選ばれた人がツマランから、所詮、この国の国民の意識ってその程度で。

政治に関心を持つためには、税金の使い道に関心を持つことで、
納めた年貢、あ、いや、税金の使い道をちゃんとやってくれてるかどうか?を
気にするかどうかは、税金を払ってる意識が大事なんであって、
だから、サラリーマンの源泉徴収制度は、
国民が税負担の意識&関心を薄くさせるための
政治家や官僚の戦略なのです。


これだけITの技術が発達したんだから、自分の稼ぎと、それに応じた税金の計算なんて、
やろうと思えばネットで3分でできるはずなのであって、
難しくしてるのは、制度なんで、ややこしく、わかりにくく、
専門家でないとわからないように仕向けてるのは、
その業界の既得権益を持ってる人たち。

で、
シンプルにして、誰もが自己申告で納税できるようにすれば、
たちまち、自分が納めた税金を、ちゃんと使えや!と怒り出す人が増えて、
いい使い道をしてくれるわれらの代表(代理人)を
選ぶ選挙に関心が増えて、関心が増えれば、いい候補者がでてくるのであって、
政治家なんて、やってらんねー!って割りに合わないから、なりたがらないので、
制度が変われば、いい候補者、いい政治家がでてくるはずで、
だから、源泉徴収をやめて、国民全員、自分で税金を計算して、申告して、
納税する制度にチェンジしましょう。




あぁ、また脱線してる。

もう旅のまとめブログにはほど遠い内容になってしまった。


***



中国を旅して感じたこと。



習近平主席は常々、こう述べている。

「20世紀はアメリカ軍の時代で、その主力は陸・海・空軍にあった。だが21世紀の軍事力は、従来の陸海空に『天』(宇宙空間)と『電』(サイバー空間)を加えた5軍となる。そのため、『天界』と『電界』においては、絶対にアメリカ軍に負けない強力な軍隊を作るのだ」




「明日から、ガソリンエンジンの車は作るな。電気自動車を作れ。」
「原子力発電所はやめた。石炭も燃やすな。太陽光発電を作れ。」


一帯一路構想。

海洋進出、実効支配。


やると決めたら、徹底的にやる。力づくで。
このパワー。

20141218-00000006-wordleaf-1c6a4da06bb59f4d9c89cc8a9b396d9c0

圧倒的な権力者、どこまで突き進むのか?


**



あぁ、このまとめブログ、もう収拾つかねぇ。


これ書いてる最中に、ネットサーチしててみつけたイギリスの海外ドラマ。




o0480020813783080284


ブラックミラー

もうすぐ手が届くかもしれない、といったようなテクノロジーが発達した近未来を舞台に、急速に進化する技術が新たな弊害を生み出す人間の業を描く、風刺的な内容をテーマにしたSF作品。


観てみたい。


シーズン3 第1話「ランク社会」


これが、特に観て観たい。


SNSの評価が、そのまま実生活での”ランク”に直結する世界。

”リア充”になれるかどうかは、他人の評価(星1つから星5つを送り合う)で決定されてしまう。
人生の豊かさを追い求める主人公の女性レイシーは、たくさんの星を送られて、本当の豊かさを見つけることができるのでしょうか?
他人の評価や人気度が数値化されて見れるSNSの特徴を、極端に強調したとても興味深い設定の近未来世界が舞台です。




***




あぁ、2月が終わります。


旅ブログをこれ以上ひっぱってもしょうがないので、終わりにしましょう。


まとまりゃぁしません。

もうこれでいいことにします。


そらさんの脳内というか、ブログをこうやって下書きして、
推敲して、書いてるんだねーという途中をさらけ出してみました、ってことで。





海外手ぶらで一人旅、おすすめです。


旅に出ると、否応無しに、自分と向き合うことになります。


深圳でスマホの便利さを痛感し、香港でスマホなしの野生のカンを取り戻した。


旅、しましょう。








create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水




rickle at 17:00|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2018年02月19日

深圳手ぶら旅レポ #05 〜中国から国境を越えて香港へ〜「100万ドルの夜景と九龍で迎えたバースデーの夜」



老街から、国境を越えて香港へ。



IMG_8669


IMG_8672
人民元を香港ドルに両替。
ウィーチャットペイのおかげで、人民元ほとんど使わず。余った分は両替。



IMG_8674

イミグレーション(出入国審査)。
香港の人は、別ゲートからさっさと通過します。

審査官に日本語で、「あしたおたんじょうびですね、おめでとうございます」と言われて
びっくり&嬉しかった。

予期せぬ小さなサプライズって、ほんと嬉しい。


無事、国境を越えて、香港に入りました。
羅湖から電車を乗り継いで、中環、香港へ向かいます。



IMG_8675


IMG_8677


IMG_8679


IMG_8681


IMG_8682


深圳から香港に入ると、だんだん人々の雰囲気が変わりました。

香港の中心部へ向かって、各駅で乗り降りする乗客が、だんだんオシャレになってゆく。

深圳では、男は刈り上げ、女はひっつめだったのに、
髪型もオシャレになり、お化粧も上手になり、
上質な洋服を着ている人、綺麗でお洒落な人率が急上昇。

最後らへんは、わし、薄汚れた旅人のようで、浮くほどに。



IMG_8683



IMG_8684


IMG_8686


IMG_8688


IMG_8689


IMG_8691


IMG_8692


IMG_8693


IMG_8695


大都会、香港。

ケタ違いのスケール感。




IMG_8696


IMG_8697


香港島から、渡し船に乗って本土へ。



IMG_8698


IMG_8699



IMG_8701


IMG_8702


IMG_8703



IMG_8704


IMG_8705


IMG_8706


IMG_8707


夜景がきれいだったー。




IMG_8708




IMG_8709




IMG_8711



IMG_8712


IMG_8713



IMG_8714


九龍行きのバスを発見。
よし、乗ろう。



IMG_8715


2階へ。

IMG_8716


IMG_8717


一番前の席を陣取る。

すごく近いはずなのに、どんどん寂れた方向へバスは進む。
どうやら、郊外をぐるりと巡ってから九龍駅に向かう路線だったよう。

ぼんやりと、観光地ではない普通の街を眺め、人々の暮らしを垣間見る。
一人旅ならではの思いがけない寄り道(40分)も、またいとをかし。



IMG_8719


IMG_8720


これぞ、香港な風景。



IMG_8721



IMG_8722



IMG_8723


雑踏に国籍を越えたあらゆるエネルギーが充満してる。
いろんな食べ物の匂いが入り混じってむせ返るほどの活気。

いかにも観光客相手のメインストリートの店を選ばず、
路地へ潜入してみる。




IMG_8727


IMG_8724


地元の人しか来ないような店で、晩飯。


IMG_8725

鶏唐揚檸檬、青菜炒、麦酒。115HK$ (レート14円)

深圳の食べ物、物価があまりにも安かったので、香港が高く感じる。

そして、3〜4人でシェアして食べる一品料理だったみたい。
めっちゃ量、多すぎた!



「微信OK?」「NO.NO-」

そうか、香港はまだ、現金の方が主流か。
台湾もまだスマホ決済はそんなに普及してないって言ってたな。


これでうっかり、現金を使い果たし、
スマホの充電もめでたく落ちそうになり、
香港のコンセントは3本足なので、充電もできず、さて。


こっから、明日の朝、7時40分のフライトまで、どう過ごそうか。


あるのは、クレジットカードと小銭だけ。

ホテルを探して朝まで寝るのが一番安全で手っ取り早いが、
あえて、ヤバイ体験ができそうな道を選んでみる。

スマホの充電はもうしない。
スマホに頼らないで、勘と度胸でどこへ行くか、何するかを決めてみよう。



24時間営業のマクドナルド発見。
地下に降りる。


クレジットカードが使えそうだ。
コーヒーを一杯。


IMG_8729


ソファ席には、香港のホームレスたちが薄い毛布やタオルをかけて寝てた。

普通の客はまばらで、ほとんどのソファはホームレスの寝床と化している。
ざっと、10人以上はいたな。


気づけばいつの間にか日付は変わってて、49歳のバースデーを迎えてた。


香港の九龍城にある24時間営業のマクドナルドでホームレスと迎えた誕生日。
これは一生の記念になったね。


旅の振り返りをメモしたり、考え事をしたり、うとうとしたりしながら過ごす。

朝までホームレスさん達と一緒に寝て過ごすのもなんなんで(笑)外に出る。




営業を終えた夜店、屋台を片付けている人たち。

ゴミ収集車が、飲食店から出たゴミ袋を回収している。

繁華街の賑やかな雑踏から、夜の怪しいネオン街へと見え方が変わってる。

酔っ払い、飲み屋のネエちゃん、千鳥足。

若者たちのふざけあう大声。

マッサージ店のネオンが、疲れたカラダを休めていきなよ、と誘う。

酒とゲロ、残飯とションベンとが入り混じった街が閉じていく匂い。



空港行きの高速鉄道、始発は朝6時。

それまで、九龍駅のターミナルで夜明けを待とう。


時間はたっぷりある。

歩いて駅に向かう。



リッツカールトンホテルとハイブランドのショップなどが建ち並ぶターミナルビル。

ショップや照明のメンテナンス、掃除をしてる作業員だけが夜を徹して働いている。



光と影。

表と裏。

明暗。

闇。



あえて、逆境を選んでたふしのある香港滞在だったからこそ、
ふだん見えないところを覗き見できたような気がする。


駅のゲートが開くまで、しばしスターバックスコーヒーのソファで横になる。


深圳でも、香港でも、スタバに救われたなぁ。
ありがとう、スタバ。




IMG_8730





九龍駅発、香港国際空港行きの始発。AM 5:55 。


空港行き専用の高速鉄道、素晴らしい。

空港のターミナルビルのど真ん中に、直接乗り入れちゃう。
早い。便利。いやぁ、さすがっす。



AM 6:15着


さて、こっからが、けっこうドタバタだった。


搭乗する広島行きの飛行機、出発は7時40分。


せめて30分前にはゲートに行っておきたい。


香港エキスプレス航空のチェックインカウンター。
行列。

20分ちょっと並んでようやくチェックイン完了。


AM 6:55 。

よし、これで飛行機には乗れるね、と、この時点ではひと安心してた。

係の人から手渡された出発ゲートの地図では、歩いて30分かかるとメモ書きが。

ん?空港のターミナルの中で、どんだけやねん?と半信半疑。


IMG_9121



とりあえず歩く。


空港、でかい。

朝から世界中に飛び立つ人たちで、ごったがえしている。

いろんな国、民族の人々。


空港って、楽しいなー。


歩く。


ぜんぜんたどり着かない。


「201-230」のサインを辿って歩く。


動く歩道が整備されてて、ずんずん進むんだけど、まだ着かない。


エレベーターで降りる。
え??電車に乗るの???

どこまで行くのよ。



最後らへんは、ちょっと小走りで、
ようやく最果てのゲート219に着いたのは、


AM 7:23

他の乗客の搭乗はもう終わってて、待ってましたよ!的な。




さすが、格安航空。
でも、安いから許す。

だって、往復で17000円って、ねぇ。許せるよね、遠くても。








IMG_8731




最後の1%の充電で撮った朝日。

撮ったら落ちた。




離陸。


帰りは3時間。
え?もう着いたの?

あっという間に広島空港に着陸しちゃった感じ。



手ぶらなので、広島でのイミグレもさっさと終わり、
リムジンバスに乗り、中筋駅で降りて、ランチはこちら。

IMG_8732

すし辰で祝い寿司。


帰って、異国の匂いを風呂で洗い流し、ひと眠り。

夜はディナーへ。


 IMG_8733



世界はこんなにも、近くなっていたのね。


深圳手ぶら旅のレポ、最後は、感じたこと、まとめ的なブログを書きたいと思ってます。


もう一本だけ、おつきあいください。



create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水





rickle at 17:01|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2018年02月15日

深圳手ぶら旅レポ #04 「深圳的渋谷原宿年轻人的街ー老街ー」編


IMG_8637



次に向かった街は、老街(らおちー)。


深圳は、今や1300万人都市であり、中国全土から仕事を求めて、
一攫千金を夢見て、若者が働く場所を探しに集まり続け、膨張している都市なのです。

たったこの10年で、横浜の人口分が増えちゃった感覚って、イメージできないわ。
しかも、若者ばかり。
この深圳の平均年齢は、36歳ぐらいだと言われています。

年寄りがあまりいない。
だから、活気が漲ってます。
そして、まだまだ膨らみ続けている。。



日本の高度経済成長時代の東京も、そんな感じだったのかなぁ。





前置きはさておき。





油画村を出て、駅に向かって歩いてる途中で、ウォルマート発見。


IMG_8623



わし、旅先の見知らぬ土地で、
普通のスーパーマーケットをウォッチングするのが大好きなんです。

そこに集まる客、働いている人、並んでいる食材、売り方、商品。。。


まさに「スーパーマーケット・ファンタジー」。

いやはや、深圳のスーパーマーケットもカルチャーショックの連続でしたよ。



IMG_8617


IMG_8606


IMG_8616

IMG_8607


ちょうど、中国では、旧正月、春節を迎える準備で、街がウキウキしてる空気感でした。
飾り付けも、品揃えも、春節向けだったのでしょうね。





IMG_8613


IMG_8614


IMG_8615





精肉コーナー

IMG_8609


IMG_8608


IMG_8605





鮮魚コーナー

IMG_8612


IMG_8610
ドジョウ、ウナギ、スッポン、カエル。。。


IMG_8620


IMG_8621



IMG_8619


IMG_8967



IMG_8622

お年玉袋を買いました。「紅包」というそうです。

うっかり寄り道が長くなりました。
スーパーマーケットウォッチング、楽し♪♪


らおちーへ移動しよう。



IMG_8625

IMG_8626


IMG_8627

IMG_8629



大芬の駅。

電車に乗るときは、すべての駅で手荷物検査がありました。
警察の数もすごいです。
車内でも見回りしてますし。

それが深圳の日常的風景。
だれも気にしてない様子。


*


そうそう、わし、電車の中でも街中でも、
地元の人々に、えらいじろじろ見られてました。

振り返って二度見する人も何人も。

なんで、そんなに見るんだろ?と考えてたら、気づきました。

深圳の男性は、基本カリアゲで髪が短い。
ロン毛なんてほぼ見かけなかった。
ましてや、パーマをかけている女性すら少ない。
ほぼ、ひっつめでしたから。

ネイルとか、マッサージの店はめっちゃたくさんあったのに、
いわゆる美容院、ヘアーサロンがまだないのね、きっと。

だから、ロン毛でパーマで、不精ヒゲの日本人、目立ってたんでしょうね。
と、自分なりの理由を発見しました。


IMG_8639



*


着きました、老街。





IMG_8638


IMG_8664



若者で賑わってます。

パルコみたいなファッションビルに入ってみたら、
スライとかマウジーとか、日本のファッションブランドの店もあったりして。



IMG_8635


IMG_8666


IMG_8634


IMG_8636


抹茶は中国でも人気のようでした。
「日式」は、「日本のー」って意味で、よく見かけました。


IMG_8633


各階のエスカレーター踊り場付近に置いてあった、ひとりカラオケボックス。
一曲とか、10分だけとか。
あれだけ置いてるってことは、人気なんでしょうねー。


IMG_8650


うろうろ。


IMG_8651


歩きながら食べる食べ物がいっぱい売ってるところ。


IMG_8654

若い女子が群がってるぞ。


IMG_8652


ん???



IMG_8653


わお。



中国に暮らしてる友達にWeChat聞いてみたら、



 
IMG_9079

IMG_9080



だって。


まぁね、日本人だって、タコやナマコ、鯨だって食べるし、
食文化の違いは民族の違いだわね。


IMG_8647

IMG_8646

中国でビリヤードは、「桌球」。
台湾では漢語の「撞球」。
日本で漢字で書くときは、撞球の方ですね。



IMG_8660



IMG_8655


あのブランドとあのブランドのコラボアイテムも!


IMG_8656

笑!



IMG_8658


IMG_8659


ウィーチャットペイ(微信)での支払いも、もう手慣れたもんです。

一度、この便利さを体験したら、もう後戻りはできないねー。




IMG_8668


IMG_8667



香港へ向かう前に、スマホの充電が少なくなってたので、
スタバにお世話になりました。
さすが、世界のスタバです。


しばし、今までの旅のキヲクをメモしたりして振り返り。


*


さて、香港へ向かいましょうか。


地下鉄の駅は、最初のパルコみたいなビルの地下につながってたので、
そこまで戻って、チャイニーズギャルがたくさん写真を撮ってたスポットで、
わしも自撮りしてみました(爆笑)


IMG_8637



インスタ映えしてますかね?


IMG_8965



次回は、深圳手ぶら旅レポ #05

〜中国から国境を越えて香港へ〜

「100万ドルの夜景と九龍で迎えたバースデーの夜」

ーをお届けしたいと思います。








create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水



rickle at 15:16|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2018年02月10日

深圳手ぶら旅レポ #03 「ゴッホのひまわりも、モナリザも、ダリも。世界の名画が300円?大芬油画村 (深圳) 潜入レポ」編







深圳手ぶら旅レポ #03


「ゴッホのひまわりも、モナリザも、ダリもモネも。

      世界の名画が300円? 大芬油画村 (深圳)  潜入レポ」編







ここも、今回の深圳手ぶら旅で楽しみにしてた目的地のひとつでした。


事前リサーチによるとーー


・村人1万人が全員絵描き?
・世界の複製画の7割が大量生産されている村?


ゴッホのひまわりも、モネの睡蓮も、山積みで売られてて、
しかも、1枚数百円?だと?


もう、行く前からワクワクが止まらない!








 IMG_8590





泊まったホテルは、実は、この村の近く。
翌日、朝からここを訪問する予定だったからね。


歩いて村へ。


百度地図でナビしながらてくてく。


ほっほー、これはなるほど、カオスな世界だ。

他の深圳の街並みとは、明らかに違う空気感が漂っている。





IMG_8578



 IMG_8579


IMG_8580




画廊、額縁、マットだけを切ってる工房、画材、筆、絵の具屋、キャンバス屋、
枠だけ作ってる工房、道端で絵を描いている画工、ギャラリー、アトリエ、
もう、絵にまつわる職業の人だけが集まっている街なんだって。






IMG_8586



IMG_8588




 

このエリアの広さは、そうだねぇ、
本通り〜並木通り〜電車通り〜平和大通りの内側ぐらいの感覚かな。


IMG_8543


ここに、とある人物が、絵描きの村をつくろうとした時には、
ほんとにのどかな農村だったらしく、だから「村」と名前がついてるけど、
今の実態は「街区」です。


深圳の街が、どんどんと都市化され、ビルが建ち、地下鉄が走り、
高速道路が整備されてゆく中で、古い町並みと路地が残るレトロなエリアと言えるでしょう。


低層のビルが密集してて、入り組んでて、ごちゃっとしてて、混沌としてる。

すっげぇおもろい。路地とか最高におもろい。



 IMG_8587


IMG_8600


保育園、カフェ、食堂、本屋。

IMG_8583


IMG_8584


 IMG_8601


本屋も、絵に関する本ばかり。

本屋のお母さんと、こどもが喧嘩してる。くそおもろい。



IMG_8594


何言ってるか、ぜんぜんわかんないけど、

「おかーちゃんのバカー!やだやだ!ぜったい!」
「なんでゆうこときかんのんね!あんたはもう!いいかげんにしなさい!」

って、言ってる、ぜったい。なぜかわかる(笑)

世界中どこでも、親子ゲンカは愛情の証ですね。


*


そうだった。せっかくなので、何か絵を買いたいと探してたんだった。
 



 IMG_8590


路上で絵を買いている青年に、声をかけた。

複製画ではなくて、オリジナルな、独創的な小さい絵を探している。ない?って聞いてみた。
(もちろんスマホの翻訳で)


「ついてこい」と、5Fの倉庫に連れて上がってもらった。

IMG_8592


いや、悪くないけど、デカイし(笑)

彼のところでは、気に入るのは見つからず。


*

また、歩く。
路地も入る。
小さなアトリエも、のぞいてみる。
ほんまに、ぜんぶが絵の街。

絵描き本人が、自分のアトリエを持って、自分の作品で勝負している人もいれば、
山積みの風景画を大量に安売りしている画商とか、
いわゆる、世界の名画の複製画ばかりを扱う画廊、
中国風の水墨画や、書、花鳥風月系、肖像画専門店、、、。


こんだけ集まってたら、そりゃ、すごいわ。




IMG_8585


IMG_8577


 

 


ふと、マリリンモンローの絵が目にとまった。


入ってみる。

 

同じ絵が6色ある。


フレームいらない。パネルでいい。


いくら?

40元だと。


シロク24。


200でどう?


いや、220で勘弁してくれ。


OK。

IMG_8595

 

微信OK?


OK!!


220元をこの絵描きのアカウントに送金。

めっちゃ簡単!

なんだこれは!簡単すぎる。便利すぎる。



梱包してもらう。

IMG_8596

 

ビニールかけて、透明テープでぐるぐる。

持ち手を作って、はい、って。

え、これだけ?
日本まで持って帰るんだよ? 


袋とかなし?



じゃぁって、マジックで、「油画」って書いてくれた(笑)

これで、税関も完璧だと(笑)

雨でも大丈夫と、自信もってこれでどうぞって。

おもろい。



*



食堂で昼飯。

地元の人しか来ないような食堂に入る。

IMG_8604


IMG_8602


ほんまに、やっすいなー。


IMG_8603

牛肉炒飯。

くそ美味い。
 

13元。(1元=14円)182円。

スープおかわり自由。

 

相席。

みな、絵描きっぽい。

海外からの観光客はあまりみかけなかったな。




ここは、両替した人民元があまりそうだったので、現金で。

でも、ガラスにアリペイも微信もステッカーが貼ってあったのできっと使えた。




*


もうすこし歩いてたら、ミロ、ダリ、ユトリロ、ゴッホのコピーの絵描きの工房が。

IMG_8597

 


あちこちで見かけたけど、やっぱり実物を見ると、
ぜんぜんだめで、
上手な描き手と、下手くそな描き手との落差ったら。

所詮、複製画はだめだなーと思ってたところ、

この人、けっこうよさそうな感じがしたので、入ってみた。


 シートの山から、小さめで、よさげなタッチの絵を探す。。。。

 



ミロと、オリジナル?を交渉。

110を100にしてもらった。


 IMG_8598


こっちも、シートをくるっと丸めて、マステでピってして、ハイって。

雨だし、もうちょい何とかしてよ、というと、
ビニールに入れて、テープで止めてハイって。笑笑笑!
もうええわ!こんなもんだろ。






カフェに入る。

エスプレッソ、20元。

 IMG_8599


油画が30元なのに!高いね。

すっぱいコーヒーだった。

トイレ借りた。





大芬油画村、満喫させてもらいました。

ここはほんまにカオスだわ。


めっちゃ楽しかった。



次に向かうのは、深圳の渋谷原宿と言われる若者の街、老街(らおちー)。


さて、どんな街なんだろ。





 


****







Wikkipedia 大芬村









create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水




rickle at 17:45|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2018年02月09日

深圳手ぶら旅レポ #02 「勉強不足でごめんなさい。中国のホテルはデポジット制が当たり前。」編

IMG_8554





無事、モバイクに乗ってホテルに辿り着いたものの、
チェックインの際に、さっそく中国の洗礼を受けました。




東方半山酒店(インターナショナル半山ホテル)
なかなかデカいホテルです。

事前に日本でネット予約していました。



IMG_8524


カウンターの中には、若い男性ホテルマン。
どうやら、英語ができないみたい。
ましてや、日本語が通じるわけもない。

わし、大学で第二外国語は中国語を履修してたけど、数字しか数えられない。(←麻雀)
中国語、さっぱりわかんない。


でも、なんとかなるもんよ、きっと。



IMG_8551



「チェックイン、プリーズ」と伝えると、パスポートを出せという。


パスポートを出して、予約の名前を確認。


次に、クレジットカードを出せという。


クレジットカードを渡す。


「600人民元です。」


は?



予約してるだろ?

予約の時は、268元だったぞ?!と、筆談とジェスチャーでアピール。

 
 


スマホアプリ、日本語⇆中国語の翻訳ソフトを駆使して、コミュニケーションする。


何かの間違いじゃね?
ボラれてる、わし?

なんで、268が、600になるんじゃ?

サインしないよ、絶対。

 


IMG_8525


「何が問題なんだ?」
「何が言いたいんだ?600元っつたら600なんだよ」
と逆ギレぎみに、この若い兄チャンに「チッ」とか舌打ちとかされるし。

 


けっこう長い時間、そうね、20分?ぐらい、わからんもん同士がやりとりしてたら、
ようやく他の女性スタッフの助け舟で、
どうやら、デポジット制度ということらしく、
チェックアウトの時に返却されるらしい。

 

 
 


IMG_8526



※参考までに
中国のホテルでは事前に決済していてもデポジットを取られます。



なんだそれ?知らんかったわ。

事前に調べて、知ってればよかったけど、ごめんよ。
わしが悪かった。でも、もうちょい上手く伝えてくれよとも思った。
 


 


それにしても、中国語はわかんねー!

で、わしの英語も通じねー!

ホテルですら、これ。


さて、この先、どうなるやら。




そんなこんなで、ようやくチェックイン完了。

もうハラ減ってたので、部屋に入らないで、飯にいく。



裏の路地に入ってみる。
 



IMG_8528

あ、まだやってるっぽい。


どう見ても、地元の人しか行かなそうな食堂?


これこれ、一人旅の醍醐味でしょ。
 


おっちゃんとおばちゃん。

他に客はもういない。

もう店、終わりにしようかな、っぽい。

 IMG_8529


何か出来るか?と、ジェスチャーでわし。
 

指差して、コレしかないよ、いい?みたいな仕草。


OK。しばし待つ。
 


きました。米粉の焼きそばとバドワイザー。
17元だったかな。


1人民元=14円


IMG_8530
※この時点でスマホの充電は1%。

 

安い!

で、美味い!いや、かなり旨い!ほんまに。


いや、すごいな。
ちょっと、物足りないな。

向かいの店にも入ってみよう。



鍋に肉の串が入ってる。

テイクアウトかな?


見て、これと、これをくださいって伝える。
 

OK、辛いのいるか?

イエス。


じゃ、中で待ってろ。


ほ?テイクアウトじゃないのね。


ビニールをかけたどんぶりに辛いスープと肉だんごが入ってる。

 

はっはー、なるほど、冷蔵庫の野菜とか、
具材を自由に選んで自分の好みの具のスープを作るのね!がってん!


IMG_8531
 
※ここで充電落ちた。

 


白菜とパクチーと、おすすめのうずら卵も追加。


いやぁ、美味い!辛い!旨い!汗が出る!


女性ふたりの店員がおもしろがって笑う笑う。


こちらは13元だったかな。


このふたつのお店は微信は使わず。(充電落ちたし)
 

でもきっと、後で考えたら、きっとここでも使えたんだろうな。



ホテルに戻る途中で、便利店(コンビニ)でおしることバドワイザーと水を買う。

 

IMG_8532




部屋に入る。


おお、けっこう広い。きれい。

 


IMG_8534


風呂はシャワー。なぜかガラス張り。

で、ベッドはダブルで、円形。

そこはかとなくラブホっぽい。



IMG_8535


IMG_8537



テレビでは、中国中央電視台のプロパガンダな映像が延々流れてる。

いや、これが、おもしろかった。
まさにこれぞ中国!って感じ。


IMG_8538
 


wikkiより
中国中央電視台(ちゅうごくちゅうおうでんしだい、簡体字: 中国中央电视台、拼音: Zhōngguo zhōngyāng dianshitai)は、中華人民共和国の国営放送のテレビ局。「 メディア」というよりも中国共産党のための宣伝機関である。「央視 (ヤンシィー)」の略称でも呼ばれる。


 

映像のクオリティが高いのよ。

きれいだし、音楽もいいし、古典的なのから、
新しい感じ、ドキュメンタリー的なもの、さまざま。
 


歴史、料理、文化、歌、テクノロジー、宇宙開発、
人々の暮らし、農村の良さ、動物、自然、国の近代化、
ITの発展、都市の暮らしなど、まぁ、いろいろ。





ぜんざい、くっそまずい。一口でおぇ。

シャワーして寝る。

IMG_8539


****
 



31日。朝。

雨。



IMG_8545



チェックアウト。

昨夜の若いホテルマンはいない。


女の子ふたり。

おしゃべりしてる。スマホいじってる。


 

IMG_8553

明るくて楽しそうな二人。



「チェックアウトプリーズ。」


デポジット、ちゃんと帰ってきた。

ほっとした。

 

「ミールクーポンいる?」


おう。朝食ついてたのね。ありがと。
 



日本から来たって伝えたら、スマホのゲームを見せて、

これ何?って聞いてきた。


したら、日本のスマホゲームで、「特定取引に関する表示」で、

それが何を書いているのか、わかんないから教えてほしいって。
 


だから、これは、このゲームを作っている会社の自己紹介で、
いいゲームだから、楽しく遊んでね!って書いてあるんだよ、と伝えた。


したら、めっちゃ喜んで、ありがとー!って。

一緒に写真撮ってほしいと言われて、パシャり。


 B0644797-5821-407F-A36D-E7792A37943E-255-00000086157C56B4_tmp


で、ウィーチャットで友達になって、写真を交換した。

バス停も教えてもらった。


仕事してる? www





朝ごはん。


IMG_8556

ビュッフェスタイル。
見慣れない料理も並ぶ。


IMG_8563

 
 IMG_8564


お粥、旨い。

ビーフン、旨い。


あんまん、まずい。なんと昨夜のおしるこの味。

餃子、カピカピ。
 

麺、その場で作ってくれた。

スタッフ、たいぎそう。
あくびするし、おしゃべりするし、でもそれが普通みたい。

 

ソーセージ、苦手。

パン、見るからにまずそう。

ちまき、ぼちぼち。


働く中国人はたいぎそう。つまらなそう。
スマホいじってる。私語、あたりまえ。おしゃべりしまくり。
 

まぁでも、朝からいろいろ食べれてよかった。
コーヒーも飲めたし。(薄いけど)





 

雨がよく降ってる。
フロントに戻って、傘を買う。80元?高いな。
使い捨てのビニール傘はないの? ない。
 

でも、必要だし、彼女らとお友達になったし、いいか。



ここで初めて、微信を使ってみる。




旅の目的のひとつ。
「スマホ決済を体験する」初めてのチャンスがやってきた。



おお!使えた!!!!!

はじめてのウィーチャットペイ!

嬉しい!


簡単だー!


いともカンタンに、あっさりと支払い完了。

なんと、あっけない。
便利すぎてこれでいいの?と拍子抜けなくらい。




傘、持ってきた。

でか!え、でかっ!ゴルフ用サイズ。


今さらいらねぇって言えねぇ。



結局この傘は、この日の夕方には雨は上がり、

ずっと邪魔な荷物になるのだか、それでもなんとか日本まで持ち帰ることになる。



*


後日談。


広島に帰ってきたわしは、友達になった中国の女の子とチャット。

IMG_8934


こっちは、日本語を中国語に訳したメッセをコピペ。
むこうは、その逆なので、ちょっと日本語がおかしい(笑)


IMG_8935


いつかほんまに来たら、素敵だね。
その時には、喜んで広島を案内するよ。




IMG_8936



あなたに少しザンザン州ザンザン州



意味不明!!!(爆笑)






次回はーーー

#03 「ゴッホのひまわりも、モナリザも、ダリも。世界の名画が300円?大芬油画村 (深圳) 潜入レポ」

お楽しみに!




create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水








rickle at 19:47|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2018年02月08日

深圳手ぶら旅レポ #01「中国で自転車に乗りたい。モバイクを使ってみた。」編




深圳手ぶら旅レポ #01 

「中国で自転車に乗りたい。モバイクを使ってみた。」編


IMG_8576



旅の目的は、2つ。


1. スマホ決済を体験&体感したい。
2. モバイクで自転車に乗りたい。


でした。


一人旅ならではの体験をたくさんしてきたので、
お伝えしたいことが山盛りなのですが、
ボチボチブログにアップしていきますね。


*

mobike体験して




旅の事前準備で、iPhoneにモバイクのアプリはインストール済み。

一泊目のホテルの近くの地下鉄の駅を降りたら、あっけなく自転車発見。


IMG_8522


おお!なんとも普通にある。


早速、アプリを立ち上げ、QRコードをスキャン。

「カシャ!」

おお!あっけなく鍵は開き、自転車を漕ぎだす。


初めての中国。
初めての深圳、初めての夜の街を、自転車で風切る爽快感。

スーツケース持ってきてたらできないこと。
手ブラでよかった。


中国ではグーグルマップは使えないって噂だったので、
事前に「百度地図」という中国版の地図アプリをインストールしてた。

マップを開いて、ホテルを目指してチャリンコ漕ぐ。


IMG_8543



徒歩とも、タクシーとも違う自転車というツールでの移動。

車、看板、人、建物、見知らぬ風景がそこにある。

それだけで楽しい!


ホテルまであと200メートルほどで、上り坂になったので、
モバイクを乗り捨て。

鍵をかける。


「カシャ」

アプリを確認したら、もうチェックは終わってて、
ライド履歴の欄に、




IMG_8546


・走ってきたルートが地図上に表示され
・距離
・時間
・CO2排出削減量
・消費カロリー
・料金

が表示されている。


IMG_8547
7分。


1キロ弱。


17円。


安い。

そして、これは便利。




翌日、深圳の街をあちこち行ってみてわかったんだけど、
ほんと、どこにでもある。


モバイクと同じようなサービスをしている会社が4社ぐらいあって、
色が違う自転車が、各社、競うように置いてあるから、
まぁ、こんなにいらんだろ?と思うぐらい、ある。

探すこともなく、乗りたい時に、さっと乗って、どこにでも乗り捨てて。



これは、スマホとアプリとシェアリングエコノミーを
上手くミックスして実現したサービスだな、とつくづく感じた。


IMG_8589


一方で、いろんな会社が参入して、自転車の台数が増えすぎて、
駅の近くなどに必要以上の数が放置されてるような状況もあって、
見た目も美しくない感じも出てきてたので、きっと困った問題も出てきてるんでしょう。






**




日本でも昨年、札幌にモバイクが進出したし、
(今は冬休みだって。雪だから。)


4月からは、福岡中心市街地でもモバイクが?


モバイクジャパン


まだ使い勝手はよくないようです。
どこでも乗り捨てではなく、限られたポートに返却する必要があるし。

でも、LINEと手を組んだから、一気に国内でもシェアを取るかもね。






merchari02-w1280


対抗馬としては、あのメルカリが、「メルチャリ」という同様のサービスを
2018年から、日本国内主要都市で展開していくそうな。

Merchari


メルカリはスマートなやり方で進出してくるでしょうねー。
期待してます。




一方、




C5aKy9hUoAAWT9Z



広島では、

2012年に社会実験で2年間やった
ひろしまコミュニティサイクル のりんさいくる
社会実験の結果(広島市ホームページ)

を経て、

2015年から名前を変えて再スタートした、
広島市観光レンタサイクル ぴーすくる
(NTTドコモが主体となって全国展開している)

が現行サービスを提供しているが、ま、まったく別物ね。

ぴーすくる


きっと採算は取れてなくて、赤字だと思う。
運営にはかなりの額の補助金(税金)が投入されているのではないだろうか。
(憶測です、違ってたら指摘してください)


ドコモ系のレンタサイクル、東京ではかなり数を増やしてて、見かけるようになったとか。
ソフトバンクも参入しているし、群雄割拠な戦国時代に入ってきてる感あり。





カーシェアもじわっと普及してきてます。


時代は所有から、共有へ。


そこらへんに、リックルの近未来像のヒントが見え隠れしてるような。





create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水



rickle at 18:39|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2018年02月02日

我回来了,广岛。


ただいま、広島。


深圳手ブラ旅から帰ってきました。


今日から、また、リックルであなたのご来店をお待ちしてます。


コーヒーでも飲みがながら、旅のみやげ話でも聞いてやってください。






IMG_8737

中国では、もうすぐ、旧正月。春節を迎えます。




create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水



rickle at 13:14|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2018年01月25日

旅してきます。 深圳へ





いろんなことをリセットするためにも、一人旅をしよう。

昨年末にそう決めて、20年以上ぶりのパスポート申請。

今わしが一番行ってみたい国や街を考えてたら、ここに行き着いた。





20160524141100




中華人民共和国 深圳(シンセン)

香港との国境の街。




わずか30年足らずで、人口が30万人から1400万人に増加するなど、
人類の歴史上比類のないスピードで発展した深セン。

世界の工場として知られたこの場所は、今も中国全土から若者が集まり、
65歳以上の高齢者は2%しかいない。

爆発的な発展が続く都市・深センの真の姿を、この目で見てみたい。





広東省 深圳市が今、脚光を浴びている。
未来感あふれる新たなサービスが続々と導入され、
気鋭のベンチャー企業が次々と登場するイノベーション・シティ。
停滞感漂う日本とは異なる世界が存在するという。
 

深圳の何がそんなに「すごい」のか。
人類史上最速で成長する都市「深圳」。
スマホでのキャッシュレス決済やシェアサイクルが普通の暮らしに浸透し、
走っているバスはすべてEV。街中にドローンがブンブン飛んでいるらしい。


最新の深圳のネタはコチラをご参考に。

人類史上最速で成長する都市「深セン」で何が起きているのか

高須正和 チームラボMake部




IMG_8394


IMG_8392



1月30日、火曜日、13:45 広島空港発。
17:00 香港国際空港着。
そのまま高速船で深圳へ

1月31日、水曜日は朝から深圳の街を徘徊。
夕方には、香港へ移動して、夜の香港を楽しむ。

2月1日、木曜日、7:40発 11:55 広島着。

という、たった2泊3日の旅。
しかも、最終日は帰るだけ(笑)
この日程の航空券、LLCで往復17,800円って。安いね。
ちょっと、そこまで、いってくるわ。

そんな感覚で、世界最速で変化し続けている都市、深圳の空気を垣間見てきます。
きっと、ほとんど、なにも深い部分は見えないと思うけど、
空気感ぐらいは体感できるでしょ。

パスポートとiPhoneだけポケットに入れて、手ブラで行ってきます。

1月30日(火)、31日(水)、2月1日(木)の3日間、
Rickle!はお休みをいただきます。ご了承ください。




IMG_7778

お土産話し、旅レポをお楽しみに。





create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水





rickle at 17:08|PermalinkComments(0) 5-1.News | 5-5.休日の過ごし方

2018年01月19日

POOL17. 2017.01.17. START ❽



POOL17  2017.01.17. START.



IMG_8221



プール17 スタートしました。



IMG_7818


能美島の実家でずっと埃をかぶってた、古いビリヤード台を運び込みました。

解体、積み込み、輸送、運び込み、組み立て、水平、羅紗張り、設置完了まで。

IMG_7820

IMG_8121


IMG_8120

IMG_8135

IMG_8148


IMG_8155


日本玉台の大坪さん親子にたいへんお世話になりました。

このご縁を繋いでくださったのは、プールカフェNICOの二反田さん。

大柿町出身の能美島の同郷です。

ありがとうございました。



IMG_0909





ロイヤルブルーのプール。


お客さまと楽しみたい。


お客さま同士で楽しんでもらいたい。
 

知らない人とでも仲良くなれるきっかけになる。


思い通りにボールがポケットに入ったときの快感。


ずっと昔から。


いつかやりたかったこと。


ビリヤード台を置くこと。


念願が叶いました。


遊びにいらしてください。




IMG_8050



10分/100円








create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水


 

rickle at 20:16|PermalinkComments(0) 4-2.お店のこと(もっと知って欲しい) 

2018年01月08日

R。↗︎  新年あけましておめでとうございました。




IMG_7802


あけましておめでとうございます。

2018年がスタートしました。

年末に投稿したブログ「幸せな閉店を目指して」に、
たいへん多くの反響をいただいております。

勇気が出ました。
やる気スイッチ、入りました。


このお店、まだ存在するだけの価値があるかもしれません。



IMG_7877


IMG_7803


IMG_7899



元旦に書き初めしました。


R は、リックルのRでもあり、
リスタート、リセットでもあり、リバース、リボーンでもあります。


。は、一区切り。ピリオド。句読点。一旦ここまで。


↗︎は、そこから、新しいスタート、はじまり、再出発、の意味を。



どうやら、これまでの延長線上にある仕事や、お店のあり方ではなく、
まったく新しいあり方を模索する一年になりそうです。

リアルな店舗が、これから、どうあるべきなのか?


わしにしかできないこと、わしだからできること、わしなりのやりかたで、
それに共感してくださるお客さまとともに、創り上げてゆきたい。




*


あらためてお知らせします。



※ 定休日が変わります。


毎週、火曜日、水曜日が定休日となります。

 

水曜日は、いままでどおり、わしのオフです。
 

火曜日は、お店を閉めて、そらさんフリーで外に出かけて活動します。動きます。


出張買取、企画の打ち合わせ、逢いたい人に会う、行きたい場所に行く。

自ら動いて、出会って、ご縁をつないで、何か楽しいこと、生み出したい。


何か一緒におもしろいこと、やりましょう。


*



花根商 あめつゆがごとく も大きく変わります。
 

2014年9月にオープンして以来、3年4ヶ月。
古着屋の中にある花屋として、
気軽に一輪の花をお買い求めいただける感じを目指してやってきました。


botanico 笠置昌宏
mari dry 児玉真理子
RiCKLE! 空本健一

それぞれの個性を生かした、1+1+1=3α となるように。

それぞれの自分のブランドがあり、一人立ちしている人間が、
ここでしか表現できない何かができないか?とやってきたユニット名が
あめつゆがごとくだと私は考えていました。

認知度が上がり、花の仕事が増えてきて、注文が増えれば増えるほど、

リックルに影響を及ぼす状況になりました。
これは嬉しい誤算でした。

一人でやってる店ですから、買取と、
レジと接客と、花束の注文が重なったりしたら、もうお手上げです。


生花は、いきものですから、最優先でいつも手入れしていないといけません。
扱うボリュームが増えれば、それだけ、手がかかります。


古着の売り場の手入れがおろそかになりました。
ブログを書くペースが落ちました。
すべての原因が花ではありませんが、一因であることは確かです。
 

もともと、花で利益を出そうなんてさらさら考えてなくて、
お店の魅力をアップさせるためにやってきたこと。
それが、逆の方向に出てしまったのでは本末転倒です。
 

なので、そもそも、花屋をやろうと思ったきっかけである、
「なんでもない日に、男性から女性に一輪の花を贈ること」に特化したやり方になります。
 

基本、一種の花だけしか置きません。
売り切れ御免です。

花束のご注文は、無期限休止です。

花束を創らせてもらうことは、わたしにとってもクリエイティブな時間で、
幸せな時間だっただけに、オーダーをお断りすることは寂しいのですが、仕方ない。
イベント的に、ドーンと花束を創らせてもらえる日ができたらな、とも考えています。
今後は花束のご用命は、ボタニコ笠置氏を紹介しますので、お問い合わせください。


まりさんのリースなどは、継続して販売します。
ワークショップも不定期でやりたいと思ってます。

これまでの「あめつゆがごとく」を気にってくださっててお客さま、ありがとうございました。
スタイルは変わりますが、ま、どんな感じになってゆくのか、見に来てくださいませ。


*



今日は成人式ですね。


自分の成人式の時に「おめでとうございます」と言われて
なんとなく「ありがとうございます」と答えていたけれど、
よく考えると、成人式ってなにがめでたいんだろう?

大人になったってこと?
酒やたばこが堂々とやれるってこと?


日本における成人式がイベント化してることに違和感を覚えます。

私は、

これからは、ひとりの人間として、社会で自立して、
自分のちからで生き抜いてゆくための儀礼を厳粛に執り行い、
自由と責任をひしひしと痛感するような
イニシエーションの意味合いをもたせてほしいな、と思います。



20年間育ててこられた親御さん、おめでとうございます。
子育て、ひと区切りですね。
成人したら、保護者ではなくなります。
保護しなくても生きていけるような自立した人に育ちましたか?




もうすぐ2周半を迎えようかというおっさんから、ハタチの君へ。


「人生、金儲けより、人儲けだぞ。」



IMG_7921





初売りから、昨日までの3日間で、たくさんの愛を受け取りました。

このお店には、まちがいなく、単なる売買を超えたエネルギーの交換があります。

そう、実感した2018年のスタート。





恒例の「大人の書き初め大会」も、たくさん描いていただいてます。

SNSでの投稿は、

ハッシュタグ  #rickle!   #大人の書き初め大会  でおねがいします。




では、本日も初演で、あなたのご来店をお待ちしてます。

ありがとうございます。





create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  定休日:火・水



 

rickle at 11:12|PermalinkComments(0) 4-2.お店のこと(もっと知って欲しい) 

2017年12月30日

幸せな閉店を目指して。2017年ありがとう。

《 幸せな閉店を目指して 》

 

祇園のザ・ラーメンが12月26日をもって閉店した。

銀山門前通り、道路拡張工事のため。移転もない。
もうおっちゃん悔いはないんだろう。
一人でやってるから行列ができちゃう。
でも愛に溢れている。
インスタ映えするチャーシューのビジュアル。
無愛想な頑固オヤジの見た目とはウラハラな優しい味。
ザラーメンは、ザラーメン以外の何物でもなかった。


 

十日市のレストラン紫苑も今年閉店したご縁の深いお店のひとつ。
マスターと奥さんには、私は大学卒業してすぐから、ずっとお世話になってた。
修道大学の同窓ということもあり、毎月異業種交流会をそこでやらせてもらった。
跡地はあっという間にセブンイレブンになり、いつの間にか街の風景となった。
ここにタバコの自販機と、熱帯魚が泳ぐ水槽があった
レトロなレストランがあったことなど微塵も感じない。
 


閉店のニュースが流れると、どっとお客が押し寄せる。
その様子はSNSで拡散され、行列は行列を呼ぶ。
今の時代を反映した閉店のお祭り騒ぎ。

 

第一劇場は、結果的に閉館するする詐欺だった(笑)
最高じゃん。


閉店にはさまざまな理由がある。

高齢のため。
老朽化のため。
後継者がいないため。
体調不良。
 

惜しまれつつの閉店には、幸せな閉店のドラマがある。
 

でも、世の大半の閉店理由は、売上減少により経営を継続することが困難になった場合だ。
お店は、お客が来ないことにはつづけることができない。

ほとんどの閉店は、あれ?いつの間になくなったの?
ここ何があったっけ?とキヲクにも残らない。


 

*

 

今年の11月末ごろ、リックルもそろそろ幸せな閉店を迎えたいと考えた。

真剣に、あと1年で閉店しようと心に決めた。


今は、もういちど、やってやる!という気持ちになっているのでご安心を。
でも、ほんの一ヶ月前は、もう、ドン底の気分だった。

やる気スイッチがどこにいったのかわかんなかった。
久々の危機的スランプに陥ってた。


その頃の心理状況で思考してた、
「もうダメだー」という方向になってた原因を、
「メルカリにはかなわない」と、勝手に思い込んでた。

  

古着をお客さまから買取させていただいて、
次に大切にしてくれるお客さまへブリッジするのがリックルの役目だった。

その役目は、メルカリの出現によって終わった、と思った。

 
 

16年前、「洋服を売る」こと自体が珍しかった。
8年前、「どこのお店に売るか?」が選べるようになった。
5年前、「家にいながら売る」宅配買取が便利になった。
3年前、「自分で売る」ができるようになった。
今年、「メルカリで売る」はプラットフォームとなった。

 

「リックルに売る」は、多くの人々にとって選択肢の一番ではなくなった。
 

もちろん、いまでも、わざわざリックルを選んで
買取にもってきてくださるお客さまはたくさんいらっしゃる。

でも、数字は嘘をつかない。
買取はピーク時に比べて、半分ぐらいに減っている。 



毎日、毎日、店頭に立ち続けていれば、肌感覚でわかる。
たぶん、この先、そもそも「買う」とか「売る」の概念が変わる。


 

二次流通マーケットで価値がゼロの使い捨て新品はゴミ箱へ。
大量生産大量消費大量廃棄のSPA業態もヤバイ。


 

シェエアリングエコノミー、紙幣や貨幣の価値、信用、低下。


為替レートがなくなり、世界はひとつになり、価値の交換が成り立つ世界がやってくる。

 

わたしは、もう何年も前から、世の中は物々交換で成り立っている、といい続けてきた。


「お金」と「商品」をトレードしているのではなく、
「ありがとう」と「ありがとう」を交換するために「お金」というツールを使ってただけ。

 

*


AIとロボットに人々の仕事はとって変わられ、単純作業の仕事は人間の仕事ではなくなる。
 

あと10年もすれば、そういえば昔、
そんな職業あったよね?と言われる仕事がもっともっと消えてゆく。


 

もしかして、ベーシックインカムが導入されて、
別に仕事をしなくても、最低限の生活はできるようになると、
仕事=お金を稼ぐという概念すら吹っ飛ぶ。

 

もう、生活のために、我慢して、仕事して、生活費を稼ぐことは必要なくなる。
 

そうなったら、毎日、何するの?
 

そらもとけんいち、来年の2月で49歳。
 

何歳まで生きるのか誰にもわからないけど、
死ぬまではきっと生きるので、生きてる間ぐらいはやりたいことをやりながら、
日々是好日な暮らしがしたい。

 

やりたくないことを、我慢しながら続けるのはまっぴらゴメンなのだ。


 

そう立ち止まって考えたときに、ナニがやりたいのか?
私は何者なのか?
私の存在価値はなんなのか?
 

持てる才能を最大限に発揮させるには、何をしたらいいのだろう?

 

「はじめる」は勢いでできる。
「つづける」はたいへん。
「やめる」が一番むつかしい。

 

関わってくれた仲間や取引先、協力してくれた人たち、応援してくれたお客さま。

仁義を尽くして、美しく終えたい。
自らの手でピリオドを打ちたい。

身も心もボロボロになるまでしがみついて、お金もなくなって、逃げるように閉店とか、やだ。

だから1年間かけて、お客さまと一緒に、幸せな閉店を作り上げてみたいと考えた。

 

そのことをスタッフや近しい人に相談したり、お客さまに話したら、

えー!

嘘でしょ!?

このお店がなくなるのはもったいない。

いやだ。

辞めないで。

閉店して、次、何かしたことあるの?

どうやって生活していくの?

この空間がなくなるなんて考えられない。

なんとかならないの?



と、まぁ、みなさん、それはしょうがないね、とは言ってくれなくて(笑)
 

それだけこのお店が愛されている証拠だと涙が出るほど嬉しいのではありますが。
 

だからといって、このお店を続けることだけが目的化しては、
何のために?がわからなくなります。


 

情熱・拘り・感謝の心で三方良しの価値を創造する。

 

やりたくないやり方で、続けることができたとしても、わたし自身が楽しくない。

自分の気持ちに正直に生きたい。

誰のためでもなく、自分のために。

自由のために。

覚悟をもって、自らに、由る。


 

2013年春、キヲクの空箱を作りました。

2014年春、銀山門前通りと名前がつき、地域の活動を興しました。

2014年秋、あめつゆがごとくを始めました。
 

2015年から、2017年の3年間は、
3つのお仕事と、地域の活動をマルチにやってきました。


 


ここらで、リセット&シフトチェンジが必要だったのでしょう。


先日、谷尻誠さんTHINKのゲスト小山薫堂さんに、スランプ脱出するには?と質問しました。

「人は最良の選択をしているもんです。」
「スランプだと認識してるってことは、向きあってるってこと。大丈夫です。」と。

 

8月最後の土曜日に開催したトモスフェス2017が終わって、
秋からずっと気持ちが上がらず、ずっと悶々としてました。

 

長いスランプでした。

 

今年も残すところあと2週間ってタイミングで、ようやく脱出しました。
先行きが明るくなったわけではないけれど、気持ちがしゃんとしたことはでかい。


そっから、どうやって、これまでの流れをお伝えしようか?とずっと考えてた。

ブログに下書きをしては消し、何度も何度も書き直し。。


私の気持ちを、うまく伝えることが成功しているかどうか、
とても不安ではありますが、もう年末、タイムリミットです。


なので、今、書けるベストでお伝えしているつもりです。



IMG_7784

 
 

*



 

2018年から定休日が変わります。

毎週、火曜日、水曜日が定休日となります。

 

水曜日は、いままでどおり、わしのオフです。
 

火曜日は、お店を閉めて、そらさんフリーで外に出かけて活動します。動きます。


出張買取、企画の打ち合わせ、逢いたい人に会う、行きたい場所に行く。

自ら動いて、出会って、ご縁をつないで、何か楽しいこと、生み出したい。

あのお店の空間で、できることはまだまだありそうな気がするんです。
ぜひ、そらもとを呼びつけてください。


 

*

 

花根商 あめつゆがごとく も大きく変わります。
 

2014年9月にオープンして以来、3年4ヶ月。
 

古着屋の中にある花屋として、
気軽に一輪の花をお買い求めいただける感じを目指してやってきました。

 

botanico 笠置昌宏
mari dry 児玉真理子
RiCKLE! 空本健一

それぞれの個性を生かした、1+1+1=3α となるように。

 

それぞれの自分のブランドがあり、一人立ちしている人間が、
ここでしか表現できない何かができないか?とやってきたユニット名が
あめつゆがごとくだと私は考えていました。


 

認知度が上がり、花の仕事が増えてきて、注文が増えれば増えるほど、
リックルに影響を及ぼす状況になりました。

 

一人でやってる店ですから、

日曜日に、買取と、レジと接客と、花束の注文が重なったりしたら、もうお手上げです。

 

生花は、いきものですから、最優先でいつも手入れしていないといけません。
扱うボリュームが増えれば、それだけ、手がかかります。

 

古着の売り場の手入れがおろそかになりました。
ブログを書くペースが落ちました。
すべての原因が花ではありませんが、一因であることは確かです。
 

もともと、花で利益を出そうなんてさらさら考えてなくて、
お店の魅力をアップさせるためにやってきたこと。

 

それが、逆の方向に出てしまったのでは本末転倒です。


 

なので、そもそも、花屋をやろうと思ったきっかけである、

「なんでもない日に、男性から女性に一輪の花を贈ること」に特化したやり方になります。
 

基本、一種の花だけしか置きません。
売り切れ御免です。


 

花束のご注文は、無期限休止です。


花束を創らせてもらうことは、わたしにとってもクリエイティブな時間で、
幸せな時間だっただけに、オーダーをお断りすることは寂しいのですが、仕方ない。

 

イベント的に、ドーンと花束を創らせてもらえる日ができたらな、とも考えています。


今後は花束のご用命は、ボタニコ笠置氏を紹介しますので、お問い合わせください。


 

まりさんのリースなどは、継続して販売します。
ワークショップも不定期でやりたいと思ってます。

 
これまでの「あめつゆがごとく」を気にってくださっててお客さま、ありがとうございました。
スタイルは変わりますが、ま、どんな感じになってゆくのか、見に来てくださいませ。


*


 

幸いにも、人生は折り返し地点を過ぎているだろうから、
今までのやり方の延長戦でなんとか逃げ切りできるかもしれないけれど、
今の20代、これから社会に出る学生さん、こどもたちは、
新しい時代の新しい常識の世界で生きてゆかねばなりません。


スマホが物心ついた時からある世の中で育った子たちは、
それが当たり前なのだから、いらぬ心配なんでしょうけどね。

 

さて、どんな未来が待ち受けているんでしょうね?

大人たちが教えてやれること、見せてやれる背中って何なんでしょうね?


 

いつの世も、「近頃の若いもんは」と年配者は年下を嘆きます。

それこそ紀元前から。

 

でも、よく考えれば(いや考えなくても)人類は進化してきてますよね?

圧倒的に若い人たちが、新しい時代をアップデートしてるのです。

時代にアジャストして、生物としての、優秀な種の保存、生存競争に勝ち残ってきてるのです。

 

わしは、古い考え方、古いやり方だと自覚しつつ、
あえてネットに軸足を移さないで、リアルな店舗で表現できる何かを、
確信犯的に、もがきつづけてみたいと、今は考えています。




うまくいかなかったら、さらりと別なことやります。
何しても、どうやってでも、生きていく自信はあるので。


 

一度は、閉店を覚悟したリックル。


もう、未練はありません。


自分のやりたいこと、やってて楽しいことを、いっぱい考えて、
この空間で表現してみたいと思います。



一緒に楽しいこと、やりましょう。


いつの日か、幸せな閉店を迎えるその日まで。




2017年、ありがとう。

では、みなさま、よいお年を。




IMG_2465



2017年12月30日

株式会社ループディセット
代表取締役 空本健一



create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  水曜定休


 



rickle at 19:31|PermalinkComments(1) 4-2.お店のこと(もっと知って欲しい) 

2017年12月18日

2017 → 2018


IMG_7167



来年以降のアレコレがなかなか決まらず、
このブログでお知らせできずにいます。




とり急ぎ、年末年始の営業とお休みだけでもお知らせしておきます。




2017年12月26日(火) 2017年の最終営業日です。


2018年01月05日(金) 2018年、初売りです。




恒例の大人の書き初め大会でスタートします。




2017年もあと2週間を切りました。



今年中に、も一度、逢いにいらしてください。






create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  水曜定休


 

rickle at 15:11|PermalinkComments(0) 5-1.News 

2017年11月23日

六甲ミーツアート2017に、滑り込みセーフ。《そらさんの休日の過ごし方》






IMG_6667

 




・プランA
火曜日の夜、閉店後に出発して、夜走りしようか。
そして朝からたっぷり遊んで早めに広島に向かおうか。


・プランB
それとも、水曜日の朝早くに出発して、その夜どこかに泊まろうか。
んでもって、翌朝、そっから出勤しようか。




選択したのは、プランB。
行き先は「六甲ミーツアート2017」





IMG_6571




朝、6時出発。4時間のドライブ。
途中、三木SAのスタバにも立ち寄りつつ、
朝10時、六甲ケーブルカーの駅に到着。


IMG_6575
創業85年の歴史ある建物。


明和電機の作品がおもしろかった。


IMG_6616


六甲山の紅葉がとてもきれいでした。



天覧台からの眺望。

IMG_6595



左手には、大阪のビル群。

正面には、大阪湾、遠くに関空。右手には遠く和歌山の山並み、稜線まで。

標高およそ900メートルからのすばらしい景色。

下界とは気温が5度は違うそうな。

どうりで寒い。

夜景、きれいなんだろうなー。




*




六甲ミーツアート2017


広島市立大学卒 基町アパート在住 久保寛子さんの作品は、
今年の大賞受賞作。


IMG_6592



IMG_8720


これが一番、見たかった。

セトゲーの巨大な足と顔も印象深い、久保寛子作品。

今後の彼女の表現が楽しみ。



*

 

植物園では新種のキノコも発見。



IMG_6588


IMG_6585


脳内もくもく。

映像作品も、脳内もくもく系で、印象深く残りました。



*


ランチ。


IMG_6593


丁寧なお仕事で、美味しゅうございました。
ご馳走さまでした。



*
 




あべちゃん、なんかついてるよ。



 IMG_6604


一緒に。

IMG_6668



オリヅルタワーも手がけた建築士 三分一博志氏の建築もよかった。
へー!そんなしかけがあったのか!と。


IMG_8765



*

六甲山のエリアに点在する会場を巡ります。




オルゴール館会場にあったステンドグラスの花畑。

IMG_6610


カンツリーハウス会場では、作品よりもこの岩がよかった。


IMG_6605


すごい磁場だった。ムンムン出てた。




*



開発好明さんの、白いカフェ。

白いカフェで、白いホット甘酒を、白いウィッグをつけていただきました。

ここはインスタ映えするスポットですねぇ。

みなさん、写真撮りまくりでした。



IMG_8830




*


すべての会場を回って、まだ少し晩ごはんまで時間があったので、
山の上から見た六甲アイランドにも渡ってみた。

神戸にある30年以上前に作られた人工島。ポーアイとロクアイ。
フラットでストレートで人間が作った美しい街。

ここで生まれ育った子供たちは、ここが故郷になるんだな。


白と赤の大きなキリンが埠頭に並んでた。

ガントリークレーン。
IMG_6621


ガンダムのコロニーを想起しちゃった。




*


IMG_8852


相方の従兄弟のバーで一杯ひっかけてから。

「BAR es」

晩ごはんは、おすすめの斜め前の串揚げ屋さんへ。

「串ぐし」

カウンター10席だけの小さなお店。
IMG_6623
明石たこと赤カブの合えたの。


出てくるお料理が、まぁ何を食べても、絶品、旨かった。


串揚げも美味しかったが、それよりも、一品料理が絶品料理でした。
ごちそうさまでした!



*



メリケンパークに立ち寄り、プラントハンター西畠清順がてがけた
世界一高いクリスマスツリーを見る。


IMG_6630


で、でかい。。樹齢150年。
富山県氷見市山中から運んできたそう。

これ、根っこごと掘り起こして、植えてるのです。
いろいろと物議をかもしてるようですがね。
(木がかわいそうとか、人間のエゴだとか)




*



スタバができてた。

IMG_6632


いいロケーションにつくるよね。
その場所に合ったお店を作るね。

ついに、宮島にもできたね、スタバ。

すごい会社だね、スタバ。



*



神戸から一路、西へ。帰れるところまで帰る。
行き着いた土地は岡山。


IMG_6633


翌朝、ホテルの朝食をとり、緑道を散歩。

8時に出発して10時すぎにお店に到着。

本日も初演でオープンしました。






※六甲ミーツアート2017は、11月23日で終了しました。
 滑り込み、セーフ!




見たもの、食べたもの、行ったところ。

感じたこと、思ったこと、考えたこと。

伝えたいこと、モヤッとオブラードに包んだままで。






create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  水曜定休




rickle at 19:41|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2017年11月03日

YAMA- BAR Top of Mt.Takeda 2016.11.03.





ちょうど1年前の今日だったな。


また企画しなくちゃ。




 





YAMA-BAR 2016.11.03.



Top of Mt.Takeda.
Hiroshima Asa-minami-ku
elevation.410.9m
N34° 27'21.65"
E132° 26'54.7"

2016.11.03.

*
*

-BAR- BROOKLYN / Mitsunori Yamada

-FOOD- 城沖屋 / Hideki Josai

-武田山整備・ガイド- NPO法人 里山環境保全みどり会

-COORDINATE- LEQUEL / Hideo Yamashita Tetsuro Ishikawa

-POEM- Yoichiro "YoYo" Watanabe

-CANDLE- 5:9 gradi luci / Chiemi Sara

-FILM- DIRECTOR / Kazuto Makise
CHINEMATOGRAPH / Toru "KAMEX" Kametani
PHOTO / Tatsuya "Dragon" Tabii
DRONE / Daiki "Mr.Drone" Furumoto

-PRODUCE- RiCKLE! & あめつゆがごとく / Kenichi Soramoto



A FILM BY K&M FILM




 

rickle at 10:00|PermalinkComments(1) 8-1.銀山門前通りのこと 

2017年10月26日

世界を旅する植物たちと、2年に一度の彫刻展を宇部で。《そらさんの休日の過ごし方》






IMG_5276





広島から車で2時間。
山口は宇部、ときわ公園まで車を走らせてきました。



先月、秋吉台、秋芳洞に行ったばかりなのに、また山口。
山口にご縁が続いています。


目的は、

1. 旧日下医院のアクトルーム石亀くんに会いたい
2. 櫻井彩とご飯を食べる
3. プラントハンター西畠清順監修の世界を旅する植物たちを見たい
4. この植物館でやってるチームラボも見たい
5. 宇部ビエンナーレの屋外彫刻もついでに見たい


さ、出発。


山陽道を西へ。
途中、下松SAでラーメンとカツ丼で腹ごしらえも済ませて。
山口南ICから山口宇部道路を南下して、ちょうど2時間で到着です。


ときわ公園。


大きな湖のほとりを公園にして、
遊園地や、動物園、植物園、などを整備しているエリアです。


まずは、ペリカンがお出迎え。
カッタくんがいたところです。
カッタくんはもういないけど、ハイイロペリカンは想像してたよりデカかった。

神社にもお参りして、公園に屋外展示している宇部ビエンナーレを。
27回目を数える歴史ある、2年に一度の彫刻展です。

29ヶ国から277点の応募。
入選作40点の模型と、18点の屋外彫刻。


模型も楽しかった。


IMG_5205


公募展はまず、小さな模型を製作して応募。
入選&実物製作になると、100万円の賞金で製作するのだそう。


IMG_5203

コレ、実際に製作して欲しかったな!


IMG_5204


これは、材料費だけでも100万円かかりそうねーというものも。


IMG_5202


IMG_5199


秋の公園の清々しい空気の中、楽しい屋外展示に、ほのぼの。


IMG_5265


IMG_7132


IMG_5190


IMG_5192



パブリックアートがこうやって普通の暮らしの中にあるっていいですね。



IMG_5266


展覧会終了後、上位受賞作品はまちなかや公園・学校等に移設され、
市内では常時200点の歴代出品作品を鑑賞することがでるんですって。

いいですねー、こういうの。



*


ときわ公園内にある、ときわミュージアム「世界を旅する植物館」で、
プラントハンター西畠清順が監修した世界を旅する植物館に。



IMG_5274


圧巻でした。


IMG_5221


IMG_5216



花のイロ、カタチ。
こんなの見たことない花がたくさん見ることができました。

いい匂いがするやつ。
腐ったような匂いを放つやつ。

種の保存のために進化した生き残る術。






IMG_5209

IMG_5211


雷神が咲いていました。


IMG_5219


IMG_5218

いいことありそう♡


樹齢1000年越えのオリーブ。

IMG_5222
江田島で進めているオリーブの島。
1000年後は、こんな木になるのか。





動物園も、遊園地もあるので、家族連れでもカップルでも、
好き!な楽しみ方がいろいろ選べて、とてもいいなと思いました。



チームラボの展示は、夜7時から10時まで。
まだ4時台だったし、徳山での待ち合わせもあるので、あきらめて次へ。




*



宇部で美味しいパン屋さん情報と、カフェ情報を教えてもらってたので、
パン屋さんへ。


BENCH
IMG_5239


かわいいお店でした。

IMG_5236


二階では、イートインもできるスペースが。
スープとパンと、カフェラテやジュースなどで。


IMG_5235



IMG_5255


店主の女性とお話ししてたら、
偶然にも、花陰でやったトウヤマタケオ&高橋ピエールのライブに来てたそうで!

先日伺った、ドライフラワーの花一さんが
めちゃ近い&お友達ってことだったので、ついでにご挨拶に。

何かと繋がりまくるね。
こないだは留守だったお向かいの家具屋さんにも。



*



宇部から徳山へ移動。

IMG_5261

小一時間ぐらいかかります。まぁまぁ、遠い。





周南にある、旧日下医院のアクトルームが今月いっぱいでお店を閉める。

リックル&あめつゆがごとくで取り扱いの櫻井彩とのご縁をいただいたお店だったので、
最後にご挨拶もしたくて。

でも、アクトルームは、現在土日のみ営業。。
石亀くんには会えずでした。
ご縁をありがとうよ!苺農家になってもよろしくね!




徳山で待ち合わせて、ガラス作家 櫻井彩と晩ごはん。@カエルストア。



IMG_5227


美味しいお料理たちでした。
トークは尽きませんが、また♡



IMG_5225


徳山からだと、家まで90分。
夜9時に出て、10時半ごろ帰宅しました。





ええね、山口。




■ 登場したお店やイベントのリンク先


ときわ公園


世界を旅する植物館


チームラボの展示「世界を旅する植物に住まう生き物たち」


第27回 UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)


旧日下医院


アクトルーム


Sakurai Aya Glass works


ベンチ(宇部のパン屋さん) 


カエルストア(徳山のダイニングカフェ)






create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  水曜定休

 


rickle at 17:30|PermalinkComments(0) 5-5.休日の過ごし方 

2017年10月24日

古着買取新入荷情報 THOM BROWNE/Martin Margiela/COMME des GARCONS/

急に寒くなって、お客さまが「ニット」を探してご来店されます。

気温と売れる物との関係性がおもしろい。

今、着たいのよ!という物がよく動きます。

お店にとっては寒くなるのも、悪くない。


ニット、アウター、コート、ストックからもフルラインナップで店頭に並びました。

圧巻の品揃えになってると思います。

本格的な冬を迎える前に、今年の新しいわたしになる一着を見つけにいらしてください。



IMG_5181




トムブラウン/ニットとマフラーのセット



マルタンマルジェラ/ジャーマントレーナー


コムデギャルソン コムデギャルソン/シルクのワンピース


マルニ/織柄トップス


ドリスヴァンノッテン/


ニューバランス/1400 USA ネイビースエード


ヴィズヴィム/デッキシューズ


キャピタル/もこもこフリース


ラルフローレン/セーター


アイジュンヤワタナベコムデギャルソン





オールドマンズテーラー/ウールベスト


コムデギャルソン×ドクターマーチン/ストラップシューズ


パランコ/サイドゴアブーツ


トュジュー/パンツ


アメリカ古着/ミッキー、スヌーピー、キャラ物のスゥエットが5点


ヒステリックグラマー/刺繍入りのシャツ


サンシー/チェックのプルオーバー

セネリエ/オーバーオール

セネリエ/パンツ

アンデコレイテッドマン/軽い羽織りのブルゾン

キクスドキュメント/白シャツ




ハンスオスター/長財布


ハンスオスター/小銭入れ財布


インストゥルメント/イギリス製の腕時計



トリッカーズ/グランマママドーター別注コンビウィングチップ


Katz/スエードバレエシューズ


ZDA/スニーカー


ブッテロ/スエードスニーカー


ヴィヴィアンウエストウッド/フェイクレイヤードハイゲージニット(イタリア製)



アナトミカ/ロングスリーブ厚手サーマル


W ATE R /  カットソー


altea/ セーター×2点


ラッドミュージシャン/2016SS ロングフーデッドカーディガン

ラッドミュージシャン/2016SSノーカラーロングジャケット



マチュハ/ウールフェルトハット


ブルーナボイン/カシミアセーター


クレッターワークス/リュックサック


オールデン/スゥエードのローファー


コムデギャルソン/シャツ


ジュンヤワタナベコムデギャルソン/ニットジャケット

ジュンヤワタナベコムデギャルソン/解体再構築ペイズリーシャツ


ジュンヤワタナベコムデギャルソン/グレーのジャケット

コムデギャルソンオムプリュス/グレンチェックダッフル風ジャケット


ブラックコムデギャルソン/ストライプレイヤードジャケット

カラー/ニットTシャツ


オールデン/スゥエードのウィングチップ(sold)


コムデギャルソンオム/サイドゴアブーツ(sold)
 

キャピタル/コート(sold) 


プレイコムデギャルソン/Tシャツ


ニシカ/半袖シャツ



ニシカ/ガンジーネックボーダーカットソー


メゾンマルジェラ/パンツ


ジョンローレンスサリバン/ブルゾン(sold) 


カミエラ/ロングジャケット


コンバース/チャックテイラー


グローバーオール/ダッフルコート


ローク/タッセルローファー


ティーボ/セーター

ケリートラディショナル/ケーブルニット


ジェームスシャルロット/カーディガン



・・・and more!!!



写真は後日、追加でご紹介する、かも。。





*






選挙、終わりましたね。



選挙の投票日、「投票に行ったよ!」という人は、
8%OFFのサービスをさせていただきました。


消費税の使い道を問う選挙だという大義名分でしたからね。


なので、ご来店のお客さまに、選挙行った?と全員に聞きました。

30人以上のご来店がありましたが、「行ってない」人は二人だけでした。

まだ行ってないけど、夕方行くよという人もいました。

なので、リックル調べでは、投票率は90%を超えていました。

素晴らしいことだと感じました。

投票に行くことで、政治に関心を持つことになります。

政治は生活、暮らし、そのものです。


たとえ、自分が投票した候補者が当選しなくても、
その一票は未来につながります。


だから、毎回、投票にだけは行こうよ、と呼びかけています。









IMG_3812


カープ、後がなくなりました。

ベイスターズの気魄、勝利への執念、すごいです。

カープはどこか、勝てるだろ、とタカをくくってたところがあったのかも。

勝負はやってみんとわからんもんです。


今晩は、カープらしい勝利を願って応援しましょう!




Rickle!では、ただいま
絶賛セ・リーグ二連覇ありがとう!買取20%UPキャンペーン中!

CSが終了するまでの期間限定です。


連日ごっつい査定金額になってます。
2割はデカイ。

この機会にぜひ。


そして、日本一になったら、、、やりますけん!




IMG_4397

あめつゆがごとく では、火曜日と木曜日の夕方5時から閉店8時までタイムセール!

男性から女性に、なんでもない日に花を贈ろうキャンペーン実施中。

20%OFFで男性に限り、花を買って女性に贈りましょう。




create a stage everyday.

古着 / 買取 / 販売 / まったり / 花屋

used select shop RiCKLE!
花根商 あめつゆがごとく

広島市安佐南区山本3-8-6  銀山門前通り
TEL:082-850-0822  
OPEN;11:00-20:00  水曜定休

 


 

rickle at 17:18|PermalinkComments(0) 4-1.新入荷情報 [古着]