2019年04月23日

iDeCoは臨時収入として使え

「とりあえず投資始めたいんだけど何したらいい?」
という人には(収入のある人であれば)まずiDeCoを進めている。

しかし、始める気がないのか僕の説明が下手なのかなかなか始めるに至る人は少ないようだ。
やはり「年金」(60歳以降の話)というイメージが今すぐの必要性を薄めてしまっている気がする。

もちろん、節税としてのメリットも伝えるものの、こちらは「年収による」あたりのふわっとした感じがやはりややこしい印象を与えてしまう。

しかし、最近旅行のための資産運用について触れるサイトを発見し「なるほど」と感じた。
「年間で拠出した額にかかる所得税が全額もどってくる」よりも「毎年タダで旅行に行けるよ」のほうが明らかにメリットが伝わりやすい。

改めてiDeCoの良さを伝えよう。

iDeCoを始めると毎年、旅行に行けます。
臨時収入が毎年入ってくるiDeCoには加入したほうがいいです。

ricky_morning at 20:05|PermalinkComments(0)コラム 

2018年09月10日

「投資依存症」という病気

投資というのは人生を豊かにしてくれるものであり、
今こうしている間にも自分のお金を増やしてくれているというのは事実である。
私も、1円でも多く「貯金」ではなく「投資」にお金をおいた方がいいと思っている。

しかし、こうした事実にとらわれ過ぎて「投資依存症」になっている人を時々見かける。
つまり「投資」に少しでも多くの資金を置いておきたいあまり、自分の生活を削り、金銭的にゆとりがあるにも関わらず欲しいものや食べたいもの、趣味を我慢して投資する人である。

この人たちを私は「投資依存症」と呼んでいるが、
投資ではなく銀行の預金でも同様の「貯金依存症」という人が見られる。

改めていうが、少しでも多く投資はするべきであり
そのために無駄な出費や家計を見直すことになれば素晴らしい。

しかし、豊かな人生には「無駄な出費」も必要ではないかと思う。
つまらない飲み会で金を使ってしまったり、似合わない服を買ってしまったり、大金をはたいた旅行先で彼女と喧嘩をしてしまったり(これは違うか)
そういう間違いや「やっちまったぜー」という経験やそれを受け入れる寛容さが幸せに繋がっていると思う。

個人にとって投資はあくまで人生を豊かにする手段であり、それ自体に身を捧げる必要はない。
お金という束縛から少しでも解放されるためにそれを行なっているのであれば、
それ自身に束縛されるというのは本末転倒である。

たまには毎月積立しているお金を一旦ストップしてそのお金で大切な人にプレゼントを買ったり旅行に行って見てもいいのではと思う。







ricky_morning at 11:34|PermalinkComments(0)コラム 

2018年08月11日

マイクロソフトという株

最近はオススメの株として米株のマイクロソフトを推している。
マイクロソフトといえばオワコン的なイメージを持っている人もいるかもしれないが
めっそうもない。
とんでもなく稼ぎ出しそうな予感がする。

マイクロソフトの「office」といえば、これがないと社会がまず成り立たないだろうというくらい浸透しているのはいうまでもない。

会社のメールは「outlook」を使い、各種数字の管理はエクセルを使い、会議の資料はパワーポイント、契約書はワード、といった具合に今の地球上のビジネス上のドキュメントは基本的にマイクロソフトであり、これはちょっとやそっとじゃ変わることがないだろう。

これまでマイクロソフトはこの「MicrosoftOffice」を含むバージョンアップは任意としてきた。つまり、別に10年前のOfficeを使っていても、昔のWindowsを使っていても、たまにバカにされたりするくらいでたいして問題はなかったわけだ。

しかし2018年以降、順次サポートを終わらせていわば強制的に「更新(有料)」をさせていくビジネスモデルに転換している。

これまで最初にお金を払えば、以降無料だったWindowsやOfficeが、更新のたびに有料となることで、個人はともかく法人は対応せざるを得ない。(サポートが切れているOSを使うのはまっとうな法人であればセキュリティ上ありえない)

というわけで2020年くらいから本格的に「更新モデル」に転換するマイクロソフトは完全に今後数年の注目「稼ぎ頭」となるだろう。

ricky_morning at 18:34|PermalinkComments(0)株式