首の痛みは頭痛、眼精疲労、肩の痛み, 腕の痛みまでをも引き起こします。
休養や、薬は痛みを軽減してくれますが、慢性的、重度な痛みは日常の生活や、仕事にも支
障を来たします。
首



















【首の痛みと頭痛の原因】

最も一般的な原因の一つは「悪い姿勢」です。
睡眠時の悪い姿勢
 - うつ伏せで寝ている。
 - 首の位置がとても高い、又は低い。
 - 枕が首をサポートしていない。
 - 腕に頭をのせて寝ている。
座っている時の悪い姿勢
 - 読書、机に向かっている時、頭や首を曲げて長時間同じ姿勢でいる。
 -
ベッドの上でテレビを見たり、読書をしたりする時、枕によりかかっていて、
   それが首を曲げる姿勢になっている。
 -
頭を固定せずに車や椅子に座ったまま寝てしまっている。

長時間、肩に負担がかかる重い荷物を運んでいる。
以前に首を強く打つような事故にあったことがある。
頚椎や、頚椎椎間板の変性疾患。


【痛みを取り除く方法】
睡眠時の姿勢: 首にあった枕を使用し、背中から首がまっすぐになるような位置を保つ。
座っている時の姿勢: コンピューターの前では背中から首がまっすぐになるような位置を保つ。
  コンピューターの画面は目の高さ、膝は腰の位置とほぼ同じ高さにする。また、椅子の肘掛け
  も腕をサポートしてくれます。

時々、休息を取る: もし、長距離の運転をしたり、長時間コンピューター使用を場合、頭を
  前後させたり、首を動かします。

耳と肩で電話をはさみながら電話をする姿勢は避ける。

うつぶせ寝の姿勢を避ける: この姿勢は首に負担がかかります。

重いかばんを肩にかけたり、重い荷物を運ぶことを避ける。

よくストレッチを行う: 机に向かって仕事をしている場合、時々肩をすくめたり、上下させ
たりして、肩の血行を促す。