ニキビには、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ(吹き出物) 」の2種類があります。

原因やできる場所も違えば、その対処法も異なります。



思春期ニキビとは?

10代に多く見られる「思春期ニキビ」は、成長期における皮脂の過剰分泌が原因です。
毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすくなります。
ホルモンバランスが安定してくる20代前後になると、思春期ニキビは自然に治っていきます。


大人ニキビとは?

思春期を過ぎ、大人になってからできるニキビが「大人ニキビ」です。
「吹き出物」と呼ぶこともあります。その原因は、多くの場合、
不規則な食生活、寝不足、飲酒や喫煙、ストレス、間違ったスキンケア、ホルモンバランスの乱れなど、
さまざまな要素が重なっています。これらの要因によって、
肌のターンオーバー
(肌代謝)のリズムが乱れ、
古くなった角質が溜まり、毛穴が詰まりやすくなって、ニキビをまねくと考えられています。

大人ニキビは治りにくく、同じところに繰り返しできやすいのも特徴です。