ニキビの原因は皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まり
アクネ菌が繁殖することが原因ですが、
それには食事が影響していることも考えられます。

ケーキやチョコレート、スナック菓子などは脂肪分が多く含まれています。
糖分や脂肪分は血液をドロドロにして血流を悪化させるので、
肌に悪く、ニキビができてしまいます。

糖分を分解する時に、体内で大量のビタミンB群が消費されてしまいます。

余分な糖質は脂肪として体内に蓄積され、
皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まりやすくなり、
ニキビや吹き出物となります。

暴飲暴食や偏った食生活、酒、タバコなどは
胃腸の働きを低下させてしまいます。

胃腸が弱ってしまうと強い皮脂が皮脂腺から出るため
ニキビができやすくなってしまいます。

ヨーグルトの乳酸菌(善玉菌)は、腸内のビフィズス菌を増やし、
悪玉菌をやっつけて、腸内環境を改善してくれます。
ヨーグルトにはニキビに有効なビタミンB2が含まれています。

ニキビ肌に必要な栄養素はビタミンB群です。
中でも特に効果的なのはビタミンB2とビタミンB6です。
肌の生まれ変わりや、皮膚に栄養を与える役割をしています。

ビタミンB2は脂質を効率よく燃焼させ、
ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑えてくれます。

ビタミンB6は肌細胞にアミノ酸をあたえて
ホルモンの分泌を調節する働きがあります。

それと、美肌効果といえばやはりビタミンCで、肌には欠かせない重要な成分です。
皮脂の分泌を抑えます。
ニキビの炎症を抑える効果もあります
肌の生まれ変わりに役立つため、ニキビ跡にも効果的です。

ビタミンAは傷ついた皮膚を修復する作用があり、
アクネ菌と戦う必要な栄養素といえます。

これらの栄養素は野菜ジュースやスムージー、サプリメントでとることもできます。

お酒はかなりの糖分を含んでいるので
飲み過ぎるとニキビにも悪影響があります。
またお酒はビタミンB群を消費します。

甘いものはなるべく食べ過ぎないようにし
規則正しい食生活をして、胃腸を良好に保つことが肌にとって大切です。
日本の食文化である和食中心がおすすめです。