夜10時から深夜2時の間は、
「肌のゴールデンタイム」といわれています。

肌が生まれ変わるのに必要な成長ホルモンの分泌が最も高くなる時間帯です。
肌は夜寝ている間に修復されていきます。

夜更かしは美容の大敵です。

睡眠不足になると肌が修復されなくなり、
ニキビも治りづらくなってしまいます。
睡眠不足そのものが大きなストレスとなってしまいます。

ニキビを治すには良質の睡眠が必要です。

夜更かして体内時計が乱れると、
成長ホルモンがスムーズに分泌されなくなってしまいます。

夜寝る前に何か食べてしまうと、寝ていても
食べ物が入ってきた消化器官は活動し続けなければいけなくなるため
眠りは浅くなり、脳を休めるための深い睡眠を
とることができなくなってしまいます。

明るい照明は刺激となり目がさえてしまいます。
部屋を薄暗くして眠りを誘いましょう。

質の良い睡眠をとるために
寝る直前はスマホやパソコンの明るい光の画面を
見ないようにしましょう。

寝る時間がバラバラだとリズムが乱れるので
毎日同じ時間に寝るということも大切です。

アロマテラピーの香りで
リラックスすることも効果的です。

寝ている間に肌を再生する細胞が作られるので
睡眠をしっかりとらないとニキビは悪化してしまいます。