aamall

November 27, 2006

06-07 vs Chelsea(OT)

この、何て言うんでしょうね。
言葉に出来ない気持ちの昂ぶりは。

まさに『Pride of Kings』

負けられない一戦です。



ホームで迎えた大一番。
今シーズン最大の山場と言っても過言ではないチェルシー戦。

何とか勝ち点差3を保ったまま、この大一番に臨めたユナイテッド。
勝てば勝ち点差6、引き分けだとそのまま、負けると首位に並ばれるという、何とも言えない緊張感の中で行われたこのゲーム。

両チーム共に、今シーズンを象徴するようなメンバーを揃え、選手達それぞれの胸には熱い想いがある事でしょう。

まずゲームを支配するのはホームのユナイテッド。
スコールズとキャリックが中盤で激しくプレスをかけ、チェルシーを自由にしません。

先制点は、キャリックがインターセプトしたボールから。
ギグス、ルーニーと繋いで、最後はサアがリッキー&テリーのCBコンビにマークされながらも、冷静にコントロールしてシュート。

CLでのPK失敗を払拭させてくれるナイスシュートで、ユナイテッドが先制。

しかし、このまま終らないのがチェルシー。
昨シーズンもそうですけど、ハーフタイムで立て直してくるのが上手いチームなんですよね、チェルシーは。

後半開始早々からロッベンを投入し、シンプルに中央へクロスを入れる戦術は、単純だけど、かなり強烈。

ドログバという素晴らしいポストプレーヤーが落としたボールを、ランパードがミドルというパターンは、分かっていても中々とめられないと言うか。

ドログバとランパードは、敵ながらさすがと思わせる選手ですね。

しかし、さらに素晴らしかったのは、キャプテンのテリー。

まさに身を投げ出すような守備でユナイテッドのチャンスを潰していきます。

そんな中、コーナーキックからリッキーに決められて、あっさり同点。
サッカーの試合としては、ここからがすごく面白い展開だったんですけど、ユナイテッドファンとしては、祈るような時間帯でした。
まー、チェルシーファンにとっても同じような思いだったでしょうけどね。

そんなこんなで、結局1-1のドローで試合終了。

ホームだったので、勝ちたかった試合ではありますが、チャンスを決められないことと、選手層の薄さ、特にアタッカーの薄さが顕著に表れた試合だったと思います。

ロナウドのドリブルはキレてましたし、スコールズとキャリックのプレスも素晴らしかった。
しかし、攻撃のリズムを変えてきたチェルシーに対し、ウチはリズムを変えられませんでした。

正直、3位以下を大きく引き離していますので、このままチェルシーとの一騎打ちが続きそうな今シーズンのプレミアですが、年末にかけてのハードスケジュールをどう乗り切るか、そして怪我人が出ないこと、更には冬に効果的な補強ができるかどうか。
この辺りがリーグ制覇への大きなポイントになりそうです。

次回チェルシーと対戦するときは、まさに優勝を賭けた戦いになるはずですから、取りこぼしの無いように、確実にポイントを重ねていってもらいたいですね。

しかし、先制した試合だったからか、ガッカリ感が否めないグレーなモーニングでした。

United 1 Chelsea 1

United
29' Saha

Chelsea
69' Carvalho


 



ridez_champ at 15:13│Comments(8)TrackBack(3)赤い悪魔 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 負けませんでしたが...  [ だるにーの脳ミソ ]   November 27, 2006 13:14
マンUtd 1??1 チェルシー マ: サハ(29) チ: カバーリョ(69) 前半チェルシーを圧倒し先制して折り返しましたが結局CKから同点に戻されてしまいました...。 お互いここまでのベストイレブンでの対決。 ギグスが左から中央に入りスコールズ、キャリッ...
2. 激しい試合は ドローに終わる(11/26のチェルシー戦)  [ smithyな毎日 ]   November 27, 2006 20:56
ホーム OTでの 2位チェルシーを迎え撃っての試合は 非常に激しい 中身の濃い試合でした。0-0 のドロー、引き分けは残念ですが、しかし  首位を無事 キープしました。 まず 0分、主審のハワード・ウエッブさんは ロンを倒したバラックに即 ファウルをとりまし...
3. 天下分け目の大一番  [ TRICK ROLL UNITED ]   November 28, 2006 09:44
ぜ、前半だけなら・・・ ...

この記事へのコメント

1. Posted by だるにー   November 27, 2006 13:21
チェルシーの後半開始のメンバーチェンジには天晴れでしたね。
RSBを外してウインガーを投入し試合の流れをがらっと変えられるんですからね。

うちで言えばネビルを外して朴を入れるような戦術ですがファーギーは絶対そのような事はしないですよね。

ギグスがCHに入る4−3−3気味なフォーメーションはルーニーとサハの間が間延びしてしまって個人的には賛成じゃないんですがギグスのハムストリングと発展途上のキャリックを考えると仕方がないんですかね。

1月ファーギーはどのような補強をするのか待つしかないようですね。
2. Posted by ridez_champ   November 27, 2006 15:11
>だるにーさん

本来なら、朴とかが豊富な運動量でリズムを変えてくれるんでしょうけどね〜。

正直、この試合ではサアのパスミスが目立ちました。
速攻に移る第一歩の所ですから、もったいないミスですよね。

ファギーは冬の補強を考えてるんですかね〜?
結局誰も獲らないまま終りそうな気もするんですけど・・・。
3. Posted by ユリ   November 27, 2006 20:59
前半 勝てる! と思っただけに がっかりですが

それでも 首位をキープです。

このまま 取りこぼしのないようにしてくれれば

案外 いけるのではないでしょうか、

PKをはずした サーのゴールが 嬉しいです。
4. Posted by ユナイテッド   November 27, 2006 21:33
こんばんは!!お久しぶりです^^
 自分もやっぱり先制点決めた試合は、しっかり勝ってもらいたかったですね><でも痛み分けでも1位は変わらないので、この勢いでがんばりましょう^^
5. Posted by ridez_champ   November 28, 2006 09:42
>ユリさん

後半失点するまでが、物凄く長く感じましたよ・・・。

簡単に逃げ切れるとは思ってませんでしたけど、勝てると思える前半でしたからね〜。

仰る通り、年末にかけてのハードスケジュールで取りこぼさない事が大事だと思うんですけど、やっぱり層の薄さが気になります。

冬の移籍市場では動きがあるんでしょうかね〜?
6. Posted by ridez_champ   November 28, 2006 09:44
>ユナイテッドさん

これから再び快進撃を見せてもらいたいですね。

守備も攻撃も悪くはなかったので、悲観的になる必要は無いですね。

ただ、ロナウドの怪我が心配ですが・・・。
7. Posted by jenio10   November 28, 2006 21:52
どうもこんばんわです。
前半を見終わったときには勝てると確信していたんですが、そこはやはりチェルシーでしたし、さすがモウリーニョでしたね。
ロッベンの使い方には賛否ありますが、あれはあれではまるんですから妙な気持ちになります(笑)。

これから厳しい日程ですから、ここをしっかり乗り切って欲しいですね。ベンフィカもガッツリと叩いて欲しいですしね。期待をしています。
8. Posted by ridez_champ   November 29, 2006 09:10
>jenio10さん

どもです。

チェルシーはやっぱり昨シーズン同様の4−3−3が良いみたいですね。

シェバを活かすには2トップが良いんでしょうけど、まだフィットしきれていない感じが否めませんしね。

シェバやバラックがフィットしてきたら、それはそれで怖いんですけどね・・・。

とにかく今シーズンこそは!という気持ちがユナイテッドには強いと思いますので、後は取りこぼしに気をつけてもらいたいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔