最近、私の守護の存在が変わったようです。
今までと質の違うエネルギーなので、少し勝手が違うというか、ちょっとまだ戸惑う感じ。

11月12日の晩、「自分が完全に人間になったことで、これまで出来てたことが出来なくなる。」という夢を見たのです。

もう石も使えないしジュエリーも創れなくなったままで地球に残されたんだ!と思って、寂しくて怖くて、泣きながら目が冷めたのでした。

このBlogを古くから読んでくれている方はご存知だと思うのですが、地球アウェイ感バリバリだった私は、実際のここ最近は、やっと人間になれたよ!ひゃっほぅ!喜!ぐらいだったのに。


それで、そんな絶望感いっぱいで目が覚めて、あ〜これからどうしたらいいのだろうと思ってたら、「今週末に星田妙見宮に行かない?」と、いま芦屋でソウルストーン&ステージストーンコンタクティ養成講座を受けに来てくれている宇宙人仲間のジェニーさんからLINEメッセージが来ていました。

その、〔星田妙見〕という文字を見た瞬間に、新しい星から繋がりの光が私の頭に向かってバシーっと降りてくるのがわかったのです。

星田妙見宮は、北斗七星から3つに分かれて隕石が落ちたという由来の神社なのだそう。
大阪にそのような神社があることを初めて知りました。


さらに神社つながりで、この夢を見た前日、パートナーでIZANAGIデザイナーのたかちゃんが「えべっさんに呼ばれたから、明日参拝に行こう。」と言うので、西宮戎神社に行ったのです。

そうしたらタイミングよく大祓のご神事が行われておりました。
大祓の後、わたしは神前で「これまでをいったん締めとし、これからはさらに、地球のために私をお役立てください。」と祈りました。

商売繁盛の神様のえべっさんに、果たしてそのお祈りは合ってるのか?とは思ったのですが、ふいにその言葉が出てきちゃったという感じでした。

すると、参道を戻る時に
『ほな、いっぺん、にんげんに なっとってぇ〜』と関西弁のおっちゃんの声が。

んん?なにいまの?と思いましたが、すぐに
あ、わたし完全に人間になったんだ。と何かを全身で理解して安堵したような、少し寂しいような気持ちの両方がやってきました。

そしてその晩、この夢を見たのです。

能力が失くなって、これまで出来た全ての事が出来なくなったまま地球に取り残された!これからどうやって生きていくの?
とドン底の絶望的な気持ちで泣きながら目覚めて、なんならジュエリーの仕事をやめることになるのかなとか思ったくらいだったのに星田妙見宮のメッセージで繋がって、速攻でリニューアルしちゃったようです。

それでよくよく考えたら、
あの『にんげんに なっとってぇ〜』って、一晩だけのことだったんかーい!
て、えべっさんにツッコミを入れときました。


11月は講座やアポイントと人に会う予定が沢山入っているのだけど、この端境期に行く場所、会う人たちは何かしらの形で、しるしを見せてくれるみたいです。

会う人会う人がメッセンジャーになっていて、私に大事なことを教えてくれています。