祈りの創造

太陽神の目〜三角のペリドット

39408841_2022598181134136_6046087546331463680_n

先日、講座の受講生の皆と、このネックレスの三角形は多次元へのゲートであり知の目だ、という話になった。
wikiってみたら、この形はエジプトでは天空神ホルスの両目だった。
ペリドットは太陽の石、火の石だから、ホルスの両目のうち、右目のラー(太陽神)の目になるだろう。
ラーの目は万物を見通す目と言われるのだそうだ。

その後もなんだかその話題がとても気になったので、アカシックにレコードに入って調べてみたら、アカシックの門の石の柱に、この模様が刻まれていた。

私はアカシックを読む最大の目的は、魂の計画を知ることで自分自身を知り、本質を生きることだと思っている。
そして、自分自身を知る事こそが、万物を見通すことへと繋がるゲートになるのではないか。

この意匠はそういうことを意味してるんじゃないかな、と石柱に刻まれた三角をじっと見つめていたら、石柱の前に「ヤ」「 ヌ」「 ス」 の3文字がカタカナで3Dで浮かび上がってきた。

創造(クリエイト)への伝言はいつも文字(keyword)なので、ヤヌスは私への記録だとすぐにわかった。
アカシックに入る時に、私の2019年の道筋と行動計画を確認したいと頼んだし。

現実世界に戻って調べたところ、ローマ神話にヤヌス神がいた。
どうりで、見せられたのが地中海とエーゲ海を鳥の目でぐるりと見渡した風景と、白い建物ばかりだったわけだ。

ヤヌスは出入り口と扉の守護神で、前と後ろに反対向きの2つの顔を持つのが特徴。
物事の内と外を同時に見ることができた神で、はじまりの神ともされる。

自分自身を知る事こそが、万物を見通すことへと繋がる。
そして万物を見通すには内と外を同時に見ること。

つまり、次はそのゲートとなるジュエリーを創るということなのか。


私たちはいつも、発している様でいて、発せられている。
そして、発せられて、発することになる。
この世界はほんとに∞ループしているんだな。


ss2018.8


やっと文字に出来る、これからの方針。


「経営や稼ぎ方を教えてほしい」「チャクラやヒーリングの講座をやってほしい」と言われた時に「はて?私はそれをどうやって、やってきたんだっけ??」となっていて、どうもこの2年ほど、自分のやり方を順序立てたり系統化して教える方向に頭が働かなくって来ていました。
いったいこれはどうしたものか、気力の低下か脳の衰えか。と少し不安に思っていました。

それとクリエーションに関しては、第1章での”創り終えた感”が強くありました。
YUKINEコレクションとして、地球に必要な、時代のエネルギーの具現化をして来て、仕事としての使命や役割もある段階において、やり遂げたのではと感じている。

責務の重さと、仕事で身動きがとれないのが(3日以上休めない、長期で場を空けられないとか)この10年の悩みどこだったので、事業はスリム化して私自身の動きを軽くしたい。

そんな私の環境や心境を、先日、芦屋アトリエにいらした占星術家・竹内 俊二 (竹内俊二)さんと話していたのだけど、俊二さんがその場でホロスコープを観てくれて、それが面白いくらいにハマっていました。
★竹内俊二さんのHPはこちら


覚えておきたいのでざっくりとだけど、メモを。

全体としては「改革」がテーマなのだけど、特に私はそこが強い。
働き方、稼ぎ方に改革の焦点が当たる。

私は45歳と46歳が大きな境目になっている。
45歳までの約10年間は「紆余曲折を経ながらも実業にスピリチュアルを込めていく」のがテーマで、それはまさに今までやって来たこと。

46歳以降は”やってきた話に乗る”という感じで人にお任せしていく。海外へ出ていく。
新たな知識や情報において”小難しさ”があるのが大事で、面白く感じる。(これは今関わっている幾つかの海外投資案件の事を指している。)
関わっている人たちがお金持ち。お金のある場へ行く。そこからの協力関係でこれからの人生を進めていく。その中でも特に超ポジティブな人が引っ張っていってくれる。

そして今後は具体的なノウハウなどを教えるより、考え方やスピリット、生き様といった、もっと抽象度の高い話をして行くようになる。


まさに昨年末から46歳!
ということで、講座に関しては今やってるものも、徐々に辞めるか形を変えると思います。←というのを今決めました。
急にパッションとか来たらやると思うのだけど、発信内容は未定。

俊二さんが
”YUKINEジュエリーは他の装飾品やアクセサリーとは全く違うし、雪音さんは一般的なデザイナーには当てはまらない。僕にとってはRPGをクリアしていった時に手に入るご褒美の宝みたいなもの。だからステージを上げて次に挑戦していこう、頑張ろうと思える。”
的なことを言ってくれたんだけど、それがど真ん中で嬉しかった。

俊二さんとの今日の対話のおかげで、やっと文字に上がって来ました。

じつは、今年はプロデュースジュエリーの依頼を中心にしようと考えていました。
宇宙情報によれば、まだあと幾つか創らなきゃならない意匠(形)があるので、当面はコレクションを出していくと思うんだけど、スローペースにするので、仙台、芦屋共に営業時間がごく限られた時間になると思います。

オープンする時間が短いという意味で、ますます買い難いジュエリーになりそうですが、ひとりひとりのクライアントさんの魂の目的を応援するジュエリーを提供することにエネルギーを集中したいと思っています。





ハイマジック - 革命の時


こんにちは、雪音りえです。
土日は仙台ショウルームにおりました。

大阪ー仙台(伊丹)の定期便も6年目になりました。
30594785_2012133668828157_1639554596462395392_o


期せずして、牡羊座の新月を迎えるタイミングだったよう。

「革命」の時を告げる牡羊座の新月。
そんなエネルギーの変化を感じてなのかな。
このタイミングに「Hi-Magic Dragonキャンドル&ジェムエッセンス」をお求めになられる方々が。

aea960fb38539ffdc15640ba4c8d7522

highmagicdragongem


仙台ショウルームへ来てくださったアカシックリーダーAIちゃんが、この新月のエネルギーとHigh-Magic Dragonキャンドル&ジェムエッセンスのことを書いてくれました。

*********************

「High Magicー古き良きモノと、革命が重なるー」

古き良き歴史に、新しい風をー
革命と歴史が重なって一つになる革命は、歴史がなければおこりません。
そして、歴史は常に時代と共に革命の恩恵を受けている。
古き良きモノも、そのままのカタチを全くの変化なく、手入れもされず取り残されてしまえば朽ちていきます。
小さな革命を与えられ息を吹き返し常に進化しているのです。

*********************

おぉぉぉー!そうなのね! わかるわ、わかる〜。
AIちゃんの星の動きの表現は、いつも、ドドーン!と私の中に入ってきますよ。


今年の牡羊座の新月は、いつもよりも別格なようですね。

古き善き歴史あるものに、新しい息吹を与えていく。
革命と歴史が重なって、1つになる。
それは今月や今だけのことでなく、1年以上先までのヴィジョンを見据えて。

これは、今まさに私が考えていることです。
相変わらず星は読めないのですが、星の動きとは仲良しの私であります。


私の「革命」のイメージは、このキャンドルのような、真反対のようでありながらも、似合っている赤と黒。この両極がせめぎ合いながらも、いつしかその波が一体となり、融合していく。


今日はエネルギー切り替えのために朝から、芦屋アトリエでHigh−MagicDragonのキャンドルを灯し、ジェムエッセンスで場の調整を行っています。


higmagic



ハイマジック・ドラゴンが生まれた!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
High-Magic DRAGON ご予約はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

変容していったハイマジック・キャンドル。


「色はバイオレット系とペールグリーンなんてどうかな」とキャンドルアーティスト鷹美さんから提案を頂いた時、それはエメラルドとタンザナイト、サファイアの持っている魔術のエネルギーだなと思い、それはいいね!と試作がはじまりました。
candle

けれども試作がはじまってすぐに「どうも色が決まらない。」という鷹美さん。
そこからの打ち合わせの過程で、互いに朱赤の龍神が現れ出して、はじめの予定と色も石も変わっていきました。

himagiccandle


そして生まれて来たのはこれ。
対極の性質が高次元で融合されるハイマジックを起こす、朱赤(陽)と黒(陰)のキャンドル。

27336752_1782243548502935_8967977103393138658_n
石は7つの鉱物が入ったスーパーセブンを入れました。
スーパーセブンは、まさにパーフェクトで非の打ち所が無いと言えるエネルギーの石です。
次元上昇をとてつもなく強く、とてつもなく速いスピードで行います。
肉体、マインド、スピリット、すべての次元において魔から守り、抜き出で、勝っていきます。

キャンドルには金粉が乗っています。
金は次元上昇した存在としての豊かさをもたらす、まさにハイマジックを起こす魔法の粉。
ハイマジックドラゴン5

そして1月31日、265年に一度のスーパーブルー・ブラッドムーン(皆既月食)の赤い満月の日、まるでこの時を待っていたかのように、鷹美さんから私の元へと送られてきました。

名前も、これは完全にドラゴンだねということで「ハイマジック」から「ハイマジック・ドラゴン」に変わりました。


そして、ハイマジックを起こすツールはこれで完成ではなく、水の役割となるジェムエッセンスも必要。火の役割となるキャンドルと対になるのです。

ついさっき、そのハイマジック・ドラゴン ジェムエッセンスの試作品が上がってきました。
27540111_1786979984695958_3661748191248580158_n


さっそくオーラに振りかけると、ドンドンドン、、、!という鼓動の音が聴こえてきて、その響きが胸に伝わってきます。
凄まじいスピードで龍が天空へ螺旋状に駆け上がっていく姿が見える。
エネルギーが強くみなぎって、若返っていく。
生きる力。強い生命力こそが最大の魔除けになるのだと見せてくれている。

ドラゴンブラッド(龍血樹)という植物の樹液を使っており(なんて魔術的な名前!)、ブランデー色をしています。
香りは強くて華々しくて濃密。

ああもう完全に次元を変えていくのだなあ。と思いました。

さらにこのジェムエッセンスは、私たちが行くべき磁場エネルギーのある土地を教えてくれるようです。
どうやら私は香港に呼ばれてるみたい。


これは本当に凄い、というより凄まじい。
この力、強大。どう扱おうか。
いや、扱うんじゃないんだな。
もう螺旋に入ったらその渦に巻き上げられていくから、身を任せればいい。

というか、なんでこれが創られたんだろう?
その答えはきっと、このハイマジック・ドラゴンと共鳴した人たちが教えてくれるんだろうな。

なんだかまだあまり上手く言葉にできないでいますが、ぜひとも体感して欲しいです。

2月半ばの旧正月にYUKINEサイトからWEB発売スタート予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

High-Magic DRAGON ご予約はこちらから


変容中のハイマジック キャンドル


火と水のエネルギーの2018年。
2018年のメッセージはこちら

「水」のエネルギーには特別なYUKINEジェムエッセンス「High Magic」を。
そして「火」のエネルギーとあらば、これはもう、キャンドルアーティスト鷹美さんに「High Magic」キャンドルを創ってもらいたい!創れるのは鷹美さんしかいないでしょう!
そう思いまして、実は昨年から粛々と準備をはじめておりました。
candle

いまはサンプル制作で打ち合わせをしているところなのですが。
なのですが。
なぜだか最初に決めていた色合わせがビシッと来ない。
「思ったようなキャンドルの色が出ない」という鷹美さん。

「1月15日を前後にエネルギーが変わっていないかな?」
と話をしていて、そこでお互いの身の上に同時期に同じ事が起きて来ていることがわかりました。

1つは、体調を崩して喉の痛みと咳込みがあること。
もう1つは、龍神を祭る神社へ行くこと。

2018年は言葉、情報の刷新が強い年なので、情報元となる耳、喉、声に浄化の症状が現れます。
浄化から細胞が生まれ変わると、次元のレイヤーが変わります。

また旅の行き先が、鷹美さんは、富士山と繋がっている、赤龍と白龍がいる伊豆山神社へ。
偶然に私も富士山へと繋がる箱根・九頭竜神社へ。

今月、私は関東へ行く予定は無かったのですが、現在開催中の「龍開きOpen The DRAGON」2018年バージョンのDRAGON リングの瞳のエメラルドが足りなくて、急遽、買付けに行くことになり、その帰り道に九頭竜神社へ寄ることにしたのです。
dragonring_eme_bn

恐るべしシンクロ率。
そんなやり取りから、龍神の旅が終わってから色も石も決めることになりました。
私たちの内部で、エネルギーが絶賛変容中でおります。
龍神との繋がりも変わるのでしょう。


きっとこのハイマジックキャンドルとジェムエッセンスは、私たちが最初に考えていたものと別の次元になっていて、その次元の人たちに届けられるのだろうな。

私も昨年末から宇宙語コンタクトが今までに無いくらいに多くて書き留められずにいるので、今年の変容は最大だなと思っています。

今のところ、旧正月の頃に発売スタートしたいと思って進めています。

ハイマジック・キャンドル。どんなのが生まれて来るかな。
私たちもその答えをまだ知らないのです。

フェニックスからのサイン

phoenix_bn

2016年後半はエネルギー転換の
ための準備期間。
 
新たなサイクルに入る前に
エネルギーのスペースを空ける。
使い古した物を処分したり
効き目の無くなった方法を手放していく。
 
だからなのか物凄く身の回りの
エネルギーの入れ替えをしたくなって、
ここ10年位の持ち物を見直した。

ずっと気になっていた黒留袖は、
着付けの練習以外に袖を通す機会が無く
15年経ってしまって、あの頃の私の
エネルギーがそのまんま留まっている。

もう思い切って処分しようと
久しぶりに桐箱を開けてみたら、
すっかり忘れていたその柄にびっくり。

今度のYUKINEcollectionのテーマの
フェニックス(鳳凰)が飛んでいた。

死んでも蘇ることで永遠の時を
生きると言われる伝説上の鳥フェニックスは、
鳳凰とも火の鳥とも言われ、
寿命を迎えると自ら薪を積んで
燃え上がる炎に飛び込み、
若返って生まれてくるという。

次はどう生きようか?
幾度も生まれ変わる準備をしながら、
フェニックスはそんなことを
考えているのかもしれない。

フェニックスを創ったものの、
エネルギーの生まれ変わる実感が
私自身にはまだ無くていたのだけど、
着物にいるフェニックスを見たら
スイッチが入ったようで
みるみると感覚が湧いてきた。
フェニックスからのサインが訪れたようだ。

YUKINEコレクション「Phoenix」のお茶会in芦屋、
お申込みが入り始めていますのでお早めにどうぞ
5名さま限定です。

image

phoenix_bn

宇宙船の入り口のジュエリー

こんにちは、雪音りえです。

昨日ですね、阪急電車に乗ってたら
突如、ピカーっと閃いて

「あ〜、今から三角形のパワーが
めっちゃ必要なるわ!
みんな三角形でピコピコと覚醒するわ。
これは、響ともみちゃんに
創ってもらうのがいいな。
三角形のジュエリーを創ってもらうよう
相談してみよう。」

て思ったのです。

そうしたら今日。
ともみちゃんから
「10月のステージ・ストーンジュエリー
デザイン確認お願いします〜」
ってファックスが来て、
それ見てびっくり。

三角は宇宙船の入り口になる、、、って
思ってんだけど、まさにこれは
宇宙船じゃないのよ。
しかもダブルで陰陽でパワー倍増だし!

ひぃぃー(゜ロ゜)
ともみちゃん、恐るべし。

皆さま、10月の
ステージ・ストーンジュエリー
宇宙船を呼び出しちゃいますよ。
楽しみにしててくださいね。

image

神性と繋がるジュエリー



「ずっと欲しかったの。」
「もう何年も眺めていたの。」

波動転換の9月を前にして
この数日間にジュエリーを迎えた方たちが
口を揃えるようにして言っていたこと。

それぞれが選んだジュエリーは
みんなパワーが違って
役目もそれぞれなのだけれど
私はもう、いよいよ、私の本質で生きるんです。

もう誤魔化しているのとか
遠慮している自分は
微塵も必要ないんですっていう
人生のステージなんだ、いうところが同じでした。

それは、自分の神性と繋がること。 
それぞれの神性を表現するもの。 

私はそこに寄り添っていく
祈りの創造をしていくことが
やっぱりとても好きで、心が震えるんだな。


rieyukine

神殿ブレスレット

アンバーba1
アンバーのネックレス、ピアス
ドラゴンリングLady'sタンザナイト PG
DRAGON RING

 IMGP1339_web

UROBOROS〜陰陽両極の旅〜そして、フェニックスへ。

フェニックス
みなさんこんにちは、雪音りえです。

こちらは今年の秋・10月に発表予定の
YUKINEcollectionのネックレスの
デザイン画。
 
ちょっと変更するけれど、先日
原型がほぼ仕上がって来ました。

テーマ、なにかわかっちゃうかな(^o^)
次回のテーマは、フェニックスです。


フェニックス(不死鳥)は
一度自ら火の中に飛び込んで
生まれ変わる、という
そのダイナミックな変容のエネルギー
にふさわしいように両羽を広げたがっていて
モチーフが今までで最高の
ゴージャスさになりました。
 
これはどなたが着けるのだろう?
とドキドキ。

他にリングも創ります。
今回は全て一点ものになりそう。
 
パワフルで唯一無二の存在だから
同じものを創れないのだろう、と
デザインを描きながら導かれ、
納得しています。


最近、よく質問されるのが、
「いつYUKINEコレクションのテーマを決めるのか?」
「作品製作に取りかかるのか?」
ということです。

宇宙の波動をあらわす
YUKINEコレクションのテーマは
わたしは3〜4年先のインスピレーションがあって
いま現在は2020年のコレクションまで
ほぼ決定しています。
 
そこから実際に製作にかかるのは
発表の半年前位から。
 
たとえば今回5月の「ウロボロス 」の
コレクション展のスタートすると同時に、
10月のコレクションの準備をはじめる、
という感じです。
 
アーティストやデザイナーは
旅や出かけた先など外的刺激から
インスパイアされて作品になる、
ということがあると思うのですが
わたしの場合は逆で
創ったときはその意味を
あまりよく解っておらず、
発表しながら理解していきます。
 
そしてその後、
次のコレクションまでの間に
エネルギーを辿るための旅がやってくる
という段階がきます。

しかも旅先を決めると
メッセンジャーとなる人が
随所で表れてコレクションのジュエリーの
役割や意味が腑に落ちてくる。

 
そんなわけで、
今週末の沖縄は、ウロボロスの旅へ。

陰陽両極の旅で自分を融合し、
祈りの創造を捧げてきます。

あぁ何があるのか。
わからないから怖い怖い・笑 
でも楽しみな通過儀礼なのです。

uroboros-ba

 

決意表明の儀式

image


素晴らしい石が
その素晴らしさを
愛でてくれる人たちの元へと
届けられることの喜ばしさよ。

「あなたを選んだ人が
最大限に美しくパワーを発揮するように
ぴったりの衣装を着せるからね。」

ジュエリーになる前の
ルース(裸石)たちを撮って
こうやって目に焼き付けるのは
決意表明の儀式みたいなもの。

図面描きが詰まっていて
ちょっと焦ってもいるのだけど、
こうやってたくさん、何年も
デザインをし続けているっていうのは
なんてありがたいことなんだろうか、と思う。

FB_IMG_1527199486508

永遠の流れを辿る あなただけの
魂に響くジュエリー


本質に還る[ソウル・ストーン]
次の自分になる[ステージ・ストーン]

follow me
記事検索
月毎に読む