芦屋ライフ

プチ夏休み、プチ波動情報


みなさまこんにちは、雪音りえです。

本社移転手続きの諸々で忙しくて
まるっと休めない日々ではありますが
隙間に夏っぽいことをちょいちょいと、挟んでます。

shisen1

久しぶりに神戸の「四川」へ、パートナー&YUKINEのおかんIZANAGIデザイナーの若生と。
今年の暑さは異常ですが、夏は辛いもので気合いれたくなりますね。
四川は人気店なので夜はだいたい並びます。たまたまシュルッと入れてよかった。

ここの大海老のマヨネーズソースはね、秘孔を突かれます。
ひでぶゥ!とか変な声出しちゃうくらい、美味しいです。
わたし海老アレルギーだけど、食べちゃう食べちゃう。

ahisen2


ashiyahama4

夜は芦屋サマーカーニバルの花火大会。

・・・へは行かずに、家の窓から眺める。
毎年、出張と重なる事が多かったので、久しぶりに観られました。

20代の頃は、東京大江戸花火大会や隅田川花火大会や秋田の大曲やと、あちらこちらへ花火を追いかけて行ったものですが、もうてんで人混みがダメになり、ここ10年ほどは遠いところから見てます。

でもやっぱり大きいのドドーンと!のを見たいから、来年はセスナかヘリから観てみたいなぁ。
上から観ても下から観ても丸いのを検証したい。いや、花火の中に入って見てみたい。
(↑一緒に打ち上げられたいって意味じゃなくって!)


ashiyahama3

夕方は芦屋浜へ涼みに散歩へ。
砂浜でアーシングして身体に溜まった電気を放電すると、コンディションがよくなります⛱️
ashiyahama2

昨日の空は、夕陽と反対側に不思議な光線が出てました。
ashiyahama

8月に入ったら夏休み取ろうっと。


プチ波動情報でいうと
7月半ばからは徐々に開放感が生まれてきています。
8月にさらに自由にリリースしていく前に、5月〜7月前半は圧縮していて、この期間は耐え忍ぶとか熟考する。やるべきことを淡々と片付ける、やり遂げるとか、地味ながらも1つ1つは濃い感じ。そんな中で合間にちょっとした楽しみとか素敵だなって思うことを入れていって、自分の感覚を観察する。そこから自分の成分が何で出来ているかわかってくるような。

やるといいこと。
運動する、筋肉を鍛える。身体のケアをする。自然(特に森や山など植物の多いところ)の中にいく。
今苦しい状況にある人は、ガーデンクォーツ、デンドリティックアゲートを持つとリラックスできて良いです。思いがけず解決策がやって来てあっという間に片付いちゃう。
やる気が起きない、貧血気味とか肉体面で弱っている人は血赤珊瑚がおすすめ。
エネルギー湧いてきます。

122310329

2018_ruse_bn2

私は明日からは1/1000personalizedで、仙台ショウルームにおります。

個人セッションはご予約済みですが
25(水) 12:30~18:00
26(木) 10:30~15:00
はフリーオープンでご予約不要なので、お好きな時間にいらしてくださいね


unspecified





文楽を観てきました

みなさまこんにちは、雪音りえです。

関西に住んでたら文楽を観ないとね!
とお誘い頂いて、山上 昌代ちゃんと
YUKINEのお客様とで
国立文楽劇場 4月公演
通し狂言『妹背山婦女庭訓』第2部へ
行ってきました。
image

なんと、お客様の計らいで
楽屋&舞台裏を人形遣いの方に
案内していただきました。
image

ずらりと並ぶ出番待ちの人形たち。
舞台裏の空気感に感動〜✨

image


せっかく人形を
持たせてもらったのに
ニャンニャン、みたいな
おかしなポーズで人形に命を
吹き込んでいる残念なわたし。


人形使い、太夫さん、三味線、
各々の役割を持つ人たちが
一緒に呼吸を合わせて行く
およそ五時間に渡る舞台は
迫力がありました。
 
物語の内容はというと、
悲しすぎて理不尽!

なんでそこで女が殺されるねん!
ひどい階級差別!
お前(男)ナニしてんねん!

という私の魂の叫びが
リフレインしてました・笑
image

責任の無いモノ作り 〜ディクパージュ編〜



仕事の外でもモノ作りが好き!
好き好き大好き!
でも仕事じゃないときは
責任の無いのがいいの・笑

と言うわけで、
私の趣味と実益を兼ねた
【責任の無いモノ作り】第3弾は、
神戸元町の大好きなインテリアショップ
「リサブレア」さんにて山根日佐子先生の
「gold&silver箔のディクパージュの豆皿」
のワークショップに参加しました。
 


素敵な図柄が沢山あって迷ったけど
蝶々と野菜と鳥とで"命あるもの"シリーズに。
 
近年のYUKINE collectionでも
PEACOCK(孔雀)、バタフライ、蛇、
ドラゴンなど具象のシリーズが多いのだけど、
生き物のエネルギーとフォルムに
惹かれるんだよね


ディクパージュとは、フランス語で"切り抜き"。
図柄を切り絵のようにカッターで
切り抜いてガラス皿の裏側に貼り
その上に箔を貼った後、
ニスを数回重ねていきます。

デザイナー魂が顔を出し
描かれてない蝶々の柄まで
切り出して、首肩凝り凝り。

完成品は芦屋アトリエにいらした
お客さま用菓子皿になるため
強引に登場します・笑

リサブレアさんには
YUKINE仙台ショウルームの
インテリアの一部改装もご相談中なのです。
めっちゃセンスの良いリサブレアさん、 
どんな風になるか、楽しみすぎて気絶しそう。

deco
 

壮大な魂の計画を読み解くクリスタル

昨日は芦屋アトリエにて
「クリスタルアカシックコンタクティ養成講座」
修了生のためのブラッシュアップ講座。

生年月日と名前をゲートにして
アカシックレコードにアクセスし
緻密な情報をダウンロードする
スキルアップをしました。

「2016年からこの人生の終わりまでの
私の魂の計画は?」

という、
時間が長すぎて壮大すぎる質問(笑)で
私のアカシックレコードを
修了生の良枝さんに観てもらったのだけど、、、、

ざっくり言うと、

おつかれさま!本当に今まで
よく仕事をやり切りました!
今はすこし身体のために休みましょう。
そうすると望んでいる形での
エネルギーレベルの刷新が行われます。
本当の計画はこれからです。
仲間やファミリーと喜びと供に繁栄します。
不安に支配されないで信頼して。
 
という模様。納得だわ〜。

『〜意識の地図〜クリスタルコンタクティ1日講座』
を受けている方、
この配置をぜひ読んでみて〜^^

 R0051409


現在・・・カーネリアン
過去・・・イエロールチルクォーツ
未来・・・クリアクォーツ
潜在意識・・・ヘマタイト
健在意識・・・ロードナイト
協力者・・・チャロアイト
お金・・・翡翠
宇宙の計画・・・モスアゲート
結果・・・オレンジカルサイト
注意点・・・アメシスト
解決策・・・ラピスラズリ

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『〜意識の地図〜クリスタルコンタクティ1日講座』

年末のご褒美。天と地と人と

みなさまこんにちは、雪音りえです。

2週間ぶりのBlogの更新で
そんなに書いてなかったんだ!と
びっくり浦島太郎です。(つд⊂)ゴシゴシ

ということで、今日の記事は長いです。


今月は今年最後の仙台出張のあと
大阪YUKINE COLLECTION、
個人セッションや【unity】
プログラミングのご依頼、
仙台ショウルーム、芦屋アトリエの
ご予約も多く頂戴していて
みっちりムチムチの充実した年末となりました。
デザイナー響ともみも書いているけれど、
私も仕事納めできるのか?
いや、出来ない。
(倒置法で表してみました。)
▼仙台ショウルームの様子は響ともみのBlogから
「本日仕事納め。2015年もありがとうございました。」


芦屋アトリエでは、昨日が
2015年最後のお客様でした。

岩手からお友達のピアニストの
齋藤卓子さんがご主人の博さんと一緒に
芦屋に遊びにいらっしゃったので、
それに伴って、以前から
卓子さんにお繋ぎしたかった、
バイオリニストの峠ひろみちゃんと
坂井祐美子ちゃんにお越しいただいて
お茶会をしました

4

卓子さんは仙台で10年ほど前に出会い、
ひろみちゃんは大阪で7年ほど前に出会い、
その後、私たちが芦屋に来て、
ひろみちゃんからのご縁で
出会った祐美子さん。

いつか会わせたいな〜。
さらに大好きな皆のデュオやトリオが
実現したらなんて素敵だろう〜

と、妄想を抱いていたのです、、、。
そしてその妄想は、たかちゃん
同じだったようです。

でも楽器や場所がないし、
順序もあるし、
私たちの勝手な妄想だしと、
口には出さずにおりました。

しかしそれがなんと、
昨日、突然に
叶ってしまったのですー

▼その奇跡的な経緯と1日の事はたかちゃんのBlogから。
「引き寄せの強さと大人の歳末」



その日の午前中に、たかちゃんが
芦屋アトリエのお隣のWさんのお家へ
お届けものに行ったところ、
奥さまから、唐突に

「わこうさんのお友達に、バイオリンを弾く人がいるでしょ。
うちの2階に眺めの良い部屋があるんだけど、そこで演奏を聞けたら最高だなぁ、なんて思ってたのよ。」

さらに、
「10年くらい使ってないけどピアノもあるのよ。」


Wさんは、テレパシー力があるのかしら!
お家に音楽室があるってどういうこと!
しかもどうしてそのことを今!
と連続びっくりマークです。

宇宙の采配、すごすぎる。
みんなの引き寄せ力、すごすぎる。


しかしながら
卓子さんとひろみちゃんは
この日が初対面。
お互いの音を聞いたことがなく、
作曲家も曲目も膨大な数のクラシックで
何がすぐに演奏出来るのかも
わからないしな中で
そんな事って可能なのかな?

と、ドキドキしていたのですが、
「いいですよ、やりましょうか!」と
快く言ってくださって
急遽、ミニコンサートをすることに。


えええ〜〜。
妄想していたことが、
いま、目の前で起ころうとしている!!

と心の中で絶叫していました。

しかし落ち着け、わたし。
演奏する方は大変なんだから
私が浮かれすぎてはいけない。

しかしやはり嬉しすぎる

R0000726

30_3

演奏曲は、クラシックに造詣の深い
卓子さんのご主人の博さんからの
アイデアをもらいながら選曲。

楽譜はネットから著作権フリーのものを
ダウンロード。

ヴァイオリンを持って来ていなかった
祐美子ちゃんは、
「ピアノの譜めくりをしましょう!」と。
これは楽譜が読める人でないと
出来ないので、ベストサポートでした。

たかちゃんはマネージャーっぷりを
発揮した後はカメラと映像のセッティング。

30_5

それぞれが、
その場で出来ることを活かして、
あっという間に
場を創りあげていく様を見ていたら
同時進行しているパラレルワールドが
現れてきました。




こちら、初見(楽譜を初めて見る)
でのリハーサル無しの
本番演奏なのですよ。

感動して胸がいっぱいで
ウルっと来ちゃった。
プロの凄さを見た!
出来事も、演奏も本当によかったな。

 
「こういうのって本当に
ご縁とタイミングなんですよね。
幾ら、やろうやろうって言ってても
やれるものでもなくって。」
 
と卓子さん。


そう。縁とタイミング。

この世界で物事が動き、
運命が動く時は
3つの要素が揃った時なのです。

3つの要素とは「天」「地」「人」

天は、時(タイミング)のこと。
地は、準備のこと。
人は、縁のこと。

この3つのどれかが欠けても
物事は動かず、成されない。

今回のことは、それぞれが
準備をずっとしていて、
そこに縁とタイミングが揃った、
ということなんだな。

誰かか、何かひとつでも無かったら
叶わないことでした。


そしてその日は、あるサインを
くれていた石がありました。

それは「琥珀(アンバー)」
amber

amber

この日、ひろみちゃんは
先日購入された
アンバーロータスのネックレス
着けてらっしゃって、
祐美子ちゃんは、完成した
アンバーロータスのネックレスを
お受け取りになる日でした。
そして卓子さんは、
アンバーのルースを見にいらっしゃる
という目的もあったのでした。

アンバーと共鳴する時は、
過去世の記憶や呼び覚まされ、
縁が繋がれる時。

過去で体験した恐怖も不安も癒されて、
太古の昔に使っていた知識や能力を
総ざらいで思い出して
現世に繋げ、役立てる。

昨日私は、長い時の中での
必然的なめぐり合わせの瞬間を
観ることが出来ました。


宇宙の計らいは常に
最高最善のタイミングで起きていますね。

今年の最後になって
大きな大きなご褒美を頂けたようです。

みなさん本当にありがとう!!
 


この1年を振り返ると、
2015年は相変わらず出張も多く、
私にとって実務的に多忙な年でした。

昨年までの20周年で一山を超えて
燃え尽きてエネルギー不足でいながら、
YUKINEの発展のための
地道な改善と調整をしていました。

早く進めたかったのですが
状況を動かすことが出来なかったので
制約のある中で現状維持を
しなければならず、
変化や新たな展開が
起動力となる私には
とても窮屈な今年の前半でした。
 
「天・地・人」が揃うまで待とう、
と自分を納得させつつ
準備(地)をしていたら
後半になって縁(人)が表れ出し、
タイミング(天)が揃って動き出す、
という景色が一気に
目の前に拡がりだしました。

まだ発表できないのですが、
詳細のお知らせはこちらのBlogでも
来年、徐々にいたしますね。

私にとっては少し遅れてやって来た
2015年の波動・バタフライエフェクト
思わぬところへの着地。

そして2016年は、天地人が揃って
各々が、各々の場所で
一気に走り出していくのでしょう。



たいへん長くなりましたが、
これを持ちまして1年のご挨拶と
させて頂きたいとおもいます

みなさまには、2015年も
YUKINEをご愛顧いただき
本当にありがとうございました。

2016年、みなさまが自らの
本質で輝く飛躍の年となりますよう、
心よりお祈りしております。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ






 

責任の無い物作り〜クリスマスリース編

冬支度。
芦屋アトリエの玄関に飾るリースは
いつもは買うのだけれど、
今回は作りに行ってきた。

薩摩杉(屋久杉)と
ヒバの香りに包まれながら
無心で3時間、手を動かす。

以前にプロの職人の友人と、
ガラス工芸の体験製作に
遊びに行ったとき、友人が

「責任の無い物つくりって楽しい〜!!」

って叫んでいて、その台詞も
あまりにも嬉しそうな表情も
おかしくって笑ってしまったけど、
本当にそうだなあ、と私も思った。

下手でもいいし、
上手く出来たならばもっといい。
なんて楽しいんだろう。
手を動かしているうちに、
いつの間にかストレス発散。
結果の責任からは
はじめから解放されている。

だからみんな教室とか
講座とか行くんだな〜
なんて、納得したりして。

それからは私も時折その
"責任の無い物作り" の時間を
あえて取るようになった。

その時間は私に
物作りに夢中になれること、
はじまりはそこからだという
ことを再確認させてくれる。


何を作るか選択するときに
デザインの訓練になるか
仕事に役立つかとか
一石二鳥かどうかってことは
常に忘れないんだけど・笑

image



今日の芦屋アトリエと猫


みなさまこんにちは、雪音りえです。

YUKINEコレクション期間
本日の芦屋アトリエでは
「クリスタルエレメント講座」と
「スマッジングファン講座」の二本立てでした。 
連続講座の「クリスタルエレメント講座」は、
1回目の今日はルビー、ロードクロサイトなど、
火のエレメントのクリスタルをリーディング。

ルビーからは
”勝利するために肉体の気を充実させましょう”
というメッセージを、
ロードクロサイトからは
”愛は先に自分から与えることで帰ってくる”
”お金は使って循環する”
というメッセージをもらったそうです

石ってこんなに面白いんだ〜!
と皆さん楽しそうで、私も嬉しい

「クリスタルエレメント講座」と
「スマッジングファン講座」は
再参加のお問い合わせをよく頂くので
近々、再参加料金をWEBサイトにもUPしますね


さてさて。
芦屋アトリエには3匹の猫がいます。
(猫たちのことは、また別記事にて紹介しますね

ふだんアトリエには入れてもらえない猫たち。

猫アレルギーの方もいるので、
通常、アトリエには出入り禁止にしているのです。

でもけっこう猫好きの方が多くいらっしゃって
講座やセッションに集中できなくなるので
そういう意味もあって出入り禁止なのです・笑

講座が終わったあとは、
皆さんがご希望の場合は自由にしていて
猫たちの気分次第で
アトリエに入ってきて
皆さんにかまってもらってます。

 koto&seikosan

写真は今日の参加者の聖子さんと
新顔の古都(こと)ちゃん。♀5ヶ月↓

聖子さんはおうちで犬を飼っているそうで、
犬も猫も大好きなのだそう。
キラキラした笑顔が動物への愛を物語っていますね

春風に乗って来たDRAGON

Dragon men

今日のお客さまは、結婚20周年にと
DRAGON RING のMensタイプを
ペアでオーダーされました。

ご近所にお住まいの
美男美女で、とても雰囲気のあるご夫婦。
芦屋アトリエに来られた今日が、
偶然にも結婚記念日だったそうです。

しつこい位このBlogに書いてますけど(笑)

ご夫婦でDRAGON RINGってカッコイイ〜! 


ご主人がピンクサファイアのドラゴンで
奥さまがイエローサファイアにカスタマイズ。

ピンクサファイアは
自分の描く理想の状態を引き寄せる。

イエローサファイアは
経済面や社交面を華やかに。
仲間と分かち合うエネルギー。

アンティーク仕上げのDRAGON RINGに
それぞれにピンクサファイア、
イエローサファイアの明るさが
乗せられて
なんだかDRAGONが春の風を連れてきたみたい。

宝石の意味を聞いて
だから気になったのか〜!
と納得されて

"ジュエリーは見せるためのものでなく
自分の神性と繋がるものだから”

とジュエリーの本質を
おっしゃっていて、
すごく嬉しくなっちゃいました。
 

DRAGON RING ドラゴン リングはこちら

芦屋川商店街散策

ashiyagawa
東京から戻った荷物を
解く気力が無かったので
気分転換に芦屋川商店街へ散歩。

何十年も続く小さな古いお店が
幾つかあって 
昭和ノスタルジーを感じる
この商店街が気に入って
ここに暮らす事に決めた。


高級感や上昇志向とは違う
素朴で品のある
丁寧さと質の良さがあって
なんだかほっとする。

お肉やさんでじゃがいものコロッケを
カフェでヌワラエリアを買って来た。

大切な友人作の器に盛って
少しの間、ゆったりした時間を。


 ashiyagawa2

原点回帰の海、私の瀬戸内海。


みんなで

昨日はYUKINEが日頃、関西でお世話になっている
お取引先やクライアントさんなどの面々と
芦屋アトリエから車で10分くらいのところにある
芦屋浜でバーベキュー(以下、BBQ)

パン
芦屋のベッカライビオブロートのパン、
メツゲライ
芦屋・神戸六甲道のメツゲライクスダのソーセージ、ハム
baum
実予ちゃんセレクトの神戸のマルタンマルタンのバウムクーヘン
などなど、地元の名店で揃えたBBQ。

どれもほんとにおススメなので、
リンクしときますので、ぜひ食べてみてください

おっはーカッペリーニ
おっはー

そして今回のメイン料理、おっはー特製
トマトとモッツァレラチーズの冷製カッペリーニ。
これが食べたかった
カッペリーニの向こうに写っているのがおっはー。
おっはー、カフェやって欲しいわ〜〜


みなさんのチョイスが素晴らしくて
最初から最後まで美味しくって最高でした。


そして食事の後は、しゃぼん玉して子供みたいに遊んだりして。
masayochan


wako
 













syabon

私のはなんかね、湿気で毛がぼっさぁ〜ってなってて
シャボン玉なのにちっともメルヘンさがなくてね、
ヒッピーかシャーマンが波動砲を飛ばしてるみたいですけどもね

ashiyahama

潮風にあたって1日過ごしていたら
心身ともにクリアで軽くなって
最高の休日になりました。

そう言えば20年くらい前、
ぎゅうぎゅう詰めの山の手線に乗って仕事に行く途中、
突然、がまんできなくなって、反対方向の電車に乗って
海に行ったんだっけなぁ。
なんて事をふと思い出しました。

その時に同じ事を思って
一緒に海に行った友人とは今も親友。

あの辺りから、自分の人生を
環境や時代の理由に預けずに生きよう。
中心軸をずらさないで生きよう
って決めた気がする。

海は記憶を蘇らせる場所。 
魂の洗濯場所。
私にとっての原点回帰の場所のようです。

小さな子供だった頃、7~8歳くらいかな。
テレビで瀬戸内海の映像を見た時に
一度も行ったことがないのに
「ここは私の故郷だ。私の知っている海だ。」
とそう思いました。

あそこが故郷なのに
どうしていま自分は瀬戸内に居ないのだろう?
とそう感じる理由もわからず、悲しくなったり。
 
今、瀬戸内海を窓から見られる場所に居て、
魂の原点に還っているような、
そんな気がするのです。

 

Rie_profile2020_2

永遠の流れを辿る あなただけの
魂に響くジュエリー


本質に還る[ソウル・ストーン]
次の自分になる[ステージ・ストーン]

follow me
記事検索
月毎に読む