February 2005

February 27, 2005

香港の若者check、型仔型女

型仔型女(イェンジャイ・イェンノイ)」はかっこいい男子、かっこいい女子
っていう意味の”今”の広東語。
ちなみに「Cool!」は「好潮(ホウチウ)!」なんて言ったりもする。
(注意:どうもBOYS&GIRLS用語のようです。)

LVショッピングのメッカとして、世界中の「流行最先端のファッション」や「ブランド」が常にひしめきあっている香港。
だけど、ファッションについてはどうも保守的なのが一般的で、日本の真似をしているようでも、イマイチ垢抜けない若い子も多いのがちょっと残念なホンコンヤン。


でも最近、若者たちのファッションセンスはめきめき上昇中なのも事実。
自分に似合うものを理解して、自分流にアレンジする人が増えてきている。
女性といえば、ばっちりキメていてもノーメイクに靴はかかとのぺったんこな
パンプスやローファー
の女性が今も多い反面、露出度アップ、メイクもバッチリ
という女の子も増えてきているように思う。(いい悪いは、わかりませんが)


過日、所用にて赴いた若者でにぎわう九龍半島、尖沙咀。
諸事情で結果的に人間ウォッチングのような感じになったこともあって
きっかけがあれば彼ら彼女らと色々話もしてみたり、写真を撮らせてもら
ったりしてみた。
今回はそんな中で見つけた【型仔型女】たちをご紹介!
突撃、りえのファッションチェック!
続きを読む

February 24, 2005

我的生日、非常的感謝[イ尓]

生日快樂誕生日なのです。
実はこういうことを口にするのって恥ずかしいと思う性格なため、触れずにやりすごそうと思っていたのだけど、間違いなく人生で1番多くの人からおめでとうメッセージをもらっている今日。
(催促しているわけじゃありませんよ!)
今日はとてもとてもバタバタしていて、今日中にはメールもコメントにも返信できそうにないから、まずはこちらを借りてお礼を言わせてください。ありがとうありがとうありがとう!


ということで、ホンコンヤンの誕生日の過ごし方はどうかっていうと、続きを読む

February 23, 2005

日本の香港人、日本人の香港観

旺角ずっと「香港」や「中国」現地の情報を日本語で書いてきたけれど、そういえば日本に遊びに行く、もしくは住んでる香港人たちって、どんなところで中華料理を食べたりしているんだろう!
【香港昼食棲み分けルール】を書いたときのコメント欄にあった天照大神さんの「中華街以外にどっかいいお店があったら、教えてほしいです。」という一言に刺激をされて、
日本に住んだことがある香港人にリサーチしてみた。

が・・・、ごめんなさい、天照大神さん。どっちかというと「玉砕」でした。

でも、そのリサーチ結果「なるほどねー」っていう興味深い話が出てくる出てくる!
というのも・・・続きを読む

February 22, 2005

香港をいつもと違う角度から

例えばある大事なMeetingのあと。
その仕事のパートナーとコーヒーでも飲みながら事後相談しようということ
になり、なるべく人に話を聞かれないところがいいね(これが難しいんだ、
香港!
)と言いながら銅鑼湾をうろつく。

螺旋階段
おっとこれは!というなんだかセンスのいいお店らしきものを雑居ビルの2階に新発見。
・・・と思って螺旋階段を昇ってみたら、続きを読む

February 21, 2005

拝年と、口にできない言葉

すっかりお正月から遅くなってしまったけれど、やっと日曜日の夜に
公私共にお世話になっている友人の実家へ拝年(新年のご挨拶)へ。

拝年(バイリン)については、【優の良品的正月一押しは!】で触れたとおり
おかしを手土産にするのが慣わしということなので、りえとしてはやっぱり
むけてる。
散々取り上げてきた優の良品の「むけてる」
を持っていくしかない!


・・・と思って・・・続きを読む

February 19, 2005

金融都市香港、りえが講師?

ここのところ「香港裏街道」のようなトピックスばかり書いているが
実は国際金融都市である香港。世界でも有数のビジネスの街という
顔もある。(っていうかむしろこっちがウリだから!誤解しないで!

HongKong Islandさて、そんな国際金融都市香港で、世界中のそうそうたる企業が集まっているオフィス街がある香港島。
ここで先日、日本から中国進出を考えられている方たちを集めてのセミナーが行われたのだが、それになんと呼ばれちゃったんだから!講師としてだよ!
うわー、わたしってヤンエグ?(死語) どうしよう!

他に招聘されて、講演されていた方々はこんな感じ。
会計士の先生やファイナンス会社、不動産、証券会社ほか
現地起業家さんたちによる体験談、成功談 などなど
香港・中国を舞台にビジネスの最先端でダイナミックに活躍されている
各フィールドのエキスパートの方たちばっかり。

サインください!パワーください!運をください!ついでに仕事もください!

講師。
・・・の中で 講師りえの担当は!続きを読む

February 18, 2005

香港昼食棲み分けルール

yamcha飲茶。香港人にとっては朝食でもあり、昼食でもあり、おやつでもある、生活から切り離せないもの。
飲茶レストランでは、家族団らんや友人グループにまじって、こんな風におじさんがひとりでテーブルいっぱいに新聞を広げて読んでいる姿が多く見られる。
これぞ香港スタイル。

さて、香港のランチタイム。実は面白い規則性があることをご存知?続きを読む

February 17, 2005

放送禁止クマと禁忌の広東語

2月14日、香港におけるバレンタイン花束合戦狂想曲について書いた
【香港の中心で情人節快楽!】では
昨年「サイト版」にて、この上ないセンセーションを巻き起こし、
今なお香港でLOVEをさけび続けているクマさんを改めてご紹介した。
クマたちについては【クマたち、そしてジャッキー!?】およびサイト版
でご確認いただくとして、ともかく、現在でも数頭が香港に留まり活躍中
なのである。

英皇集団中心そしてこの【香港の中心で情人節快楽!】のコメント欄で、oneさん

>りえさん灣仔に英皇集団(利工民よこ)あるのご存知です
>か?そこのロビーに卑猥なクマちゃん(同シリーズ)が
>すんでいるので是非、公開しちゃってくだちゃい。

と「とっても気になる!」コメントを残していってくださった。

oneさんありがとうございました、さあ、ついにその卑猥なクマさん登場!続きを読む

February 16, 2005

はずせない年[米羔]、旧正月

再び旧正月に戻った話題をひとつ。
年[米羔](リンゴウ)。香港でお正月に食べられているお餅のこと。
年々ステップアップしていく、出世するという意味の「年高(リンゴウ)」
と音が一緒という縁起物でもある。
こういう縁起かつぎは日本のおせち料理も思い出す。
昆布のよろこんぶ、とか、きんとん「金団」とか。
でも「まめまめしく働けるように」の黒豆、なんて「髪菜」は「發財(もうかる)」
だぜ!というストレートな香港に住む今、改めて思うとなんとも勤勉な日本人
らしいことこの上ない(笑)。

お正月の食事については【黒髪ゆらゆら、發財好事!】でも記したとおり。

この年[米羔]、旧正月休暇の間はハワイ(<注>中国の)にいたため
食べる機会がなかったので、戻ってきてから友人宅にていただくことに!
何気にブログを読んでくださるみなさまの注目度の高かったこの年[米羔]
を今日はご紹介。

年米羔1これがわたしが食べた年[米羔]。
ケーキじゃないよ、おもちだよ。続きを読む

February 15, 2005

「許願樹」の悲劇、重たくて。

許願樹1数日前にさかのぼるが、旧暦の正月4日目にあたる2月12日、香港郊外の大埔にある「許願樹」直径50cmという太い枝が突然折れ、参拝に訪れていた人々の頭上に倒れてくるという事故があった。


まず「許願樹」とは何かというと、そのままズバリ「お願い事の樹」。
願掛けの仕方は、願い事を書くお札を買って、「身體健康(健康であります
ように」、とか、「横財就手(儲かりますように)」、「心想事成(願い事がかな
いますように)」とかとか願い事を書き込んで、オモリとなる果物を紐で結って
枝に引っかかるように投げる!

こんな感じ。続きを読む

February 14, 2005

香港の中心で情人節快楽!

Valentine's day今日は情人節(バレンタインデー)。
今年の香港はお正月が遅かった上に土日とつながって5連休となったため正月休み明けがいきなりバレンタインデーで、なんだかピンと来ない。
街もバレンタインデーモードというよりまだまだお正月飾り全開だし、お正月休業中のお店もまだ多いし・・・。

と言っても、そもそも個人的にはわたしは別にどうでもいいのだけれど。
(日本を離れたことで義理チョコ云々からも解放されたし。)


Valentine's day1サイト版の【香港風物詩 年間暦】コーナーでもご紹介しているように香港のバレンタインデーは、男性から女性へ花束を贈る日。
男性から女性にバラの花束・・・というのは西洋のバレンタインデーの習慣がそのまま入ってきたものと思われるけれど(なぜか女性から男性にチョコレートを渡し、愛を告白する日となった日本の習慣っていうのも特異ですよね)、


それだけで終わらないのがホンコンヤン!
そうこなくっちゃ、ホンコンヤン!
続きを読む

February 13, 2005

亜龍湾ではQUITEします!

海南島、三亜(サンヤ)きっての高級リゾートエリア亜龍湾(ヤーロンワン)。
シェラトンやマリオットなどの西欧系ホテルも立ち並んでいる。
だいたいのホテルにはプライベートビーチがあり、中国語が話せなくても
たぶんこの「隔離された空間」の中では、とりあえず、中国らしからぬ
リゾート気分を味わえる、と思う(でも、その空間の中は、物価が暴力的
に高い
ですけど。)。

fairway
そんな亜龍湾に、リゾートムードいっぱいの素敵なゴルフ場がある。ここはなかなか有名なコースで、遊びに来ている香港人、西洋人、韓国人、日本人などの姿もよく見かける。

海南島はゴルフ場も有名で、ゴルフパックのようなツアーもあるらしく
ゴルフが好きな香港人なら遊びに来たことがあるという人も結構多い。
が、一般的には、どうも香港人にこの島が人気があるとは思えない
中国本土内から海南島までは、「国内線」になるため、なんと1年で1番
ハイシーズンの今でも、たとえば香港のお隣広東省の深せん空港〜海南島
の航空チケット代は800元、9500円くらい(普段なら600元くらい)だという。
それに引き換え、国際線扱いになる香港からはこの時期は2,000ドル強も
かかってしまう(30,000円弱)。なんと3倍!
ただでさえ中国に関心のない香港人。そりゃあ、みんな休暇には東南アジア
(香港からなら飛行機で3時間程度でどこにでも行けるし、安いツアーも多い)
のもっと洗練されたリゾート地に行くっていうのにも同意せざるを得ない。
でも、飛行機で1時間のリゾート海南島、旅行慣れした人が多い香港人。
もっと香港から気軽に行けるような金額設定にしてくれればお互いのため
になりそうなのに・・・
、とも思う。もったいない!
ちなみに、「中国人は大晦日と元旦は地元で家族と過ごすのが普通だから
年明け2日から観光地では観光客が増えるよ」の言葉どおり、増えています。

さて、亜龍湾のゴルフ場に話を戻す。コースはかなり難しくて上級者には
楽しい、中級者以下にはつらいが綺麗なゴルフコースなのだが。
しかし、詰めが甘いところがやっぱり中国! そうじゃなくっちゃ、中国!続きを読む

February 12, 2005

旧正月、爆竹と警笛と花火

firecracker旧暦の 正月祝う 中国で 真っ赤に染まる 爆竹の跡・・・。
毎朝毎朝、爆竹奇襲攻撃で目覚める旧正月の中国、海南島。時計と違って、「あちゃ〜っ!いつの間にか止めちゃってたー」ということがなかったことを思えば・・・「ありがとう、中国。」・・・。


ところで、この「爆竹」って続きを読む

February 10, 2005

椰子の木、お買い得情報

palm1椰子の木が原生している海南島。
リゾート風に整備(&隔離)されたエリアだけじゃなく、「そのまんま」の村の景観も野性味あふれる椰子の木が鬱蒼と林立していて南国ムード満点。


この椰子の木の値段を地元の人に何気なく聞いてみた。
聞いてビックリ!

さてHow much!!多少銭(どうしぁおちぇん)?幾銭o牙(ゲイチンアー)? 

奥様!椰子の木1本、今なら・・・!!続きを読む

February 09, 2005

新年好!中国人との接し方講座

香港の皆様、恭喜發財!中国の皆様、新年好!
日本、そして他の国の皆様、季節外れのお正月おめでとう!

三亜香港からたった1時間強、飛行機を降りた瞬間、むわっとしたむせかえるような熱気、熱帯の夏の空気に包まれた。(あと1.2ヶ月もしたら、香港にもまたこんな夏が戻ってくるんだなあ・・・)
鬱蒼としたジャングルを切り開いて作ったような中国唯一と言っても過言ではないリゾート地、海南島、三亜。

人の好意には喜んで甘える!が信条のわたし。
実は今回は、ある友人の所有する現地のリゾートマンションにご招待である。
すっげー!!! ちょっと見て!続きを読む

February 08, 2005

I am ready for 旧正月!

旧正月前に自らを旧正月の紅色に染めている今日この頃の
rie
りえ で〜す。
いい歳して、頭悪そうな写真ですみません。
お正月ってことで!


さて、香港の旧正月といえば、舞うのは目に鮮やかな赤い獅子。

恭喜發財1

獅子舞人形を買っちゃった!

よく見ると、口の中に顔が・・・

ちょっと怖い。

さらにスイッチを入れると・・・
(電動なのだ!)続きを読む

February 07, 2005

黒髪ゆらゆら、發財好事!

【髪菜(ファーツァイ)】という広東料理に使われる高級食材がある。
名前の通り、髪の毛みたいな黒くて細〜い藻のようなもの。
これが街角で売られている姿。じゃーん。

髪菜かなりグロテスク。
アデランスに持ち込んだら高くうれそう・・・
この干からびた状態でのさわり心地は「安いカツラ」!!!
うーん。
そして、これを料理に使うと、ズバリ、水面にただよう
「溺死体の髪の毛」
みたいになります。

ホントだって!初めて見たときびっくりしたんだから!
ダウンタウンのまっちゃんは食べたことがあるのかなあ・・・
(【頭頭(トウズ)】というシュールすぎる衝撃作品を知っていますか?)
・・・と思いながら口にした初体験時、わたしは思った。

「おお、この食感は・・・」続きを読む

February 06, 2005

花と人の波、旺角「花墟道」

先日【正月準備、花市、そして1年】で、香港最大の花市が開かれている
香港島のヴィクトリアパークについては、チラリと紹介したばかり。
ここは広大な公園の敷地いっぱいに花屋さんと同じくらい食べ物や
雑貨の露店もたくさん立ち並び、派手なお祭りのような雰囲気でにぎやか。

今日は、九龍側、旺角〜太子にあるお花屋さんが立ち並んでいるストリート
flowermarket「花墟道(Flower Market Rd.・・・そのまんまだ!)」。
ここではまさに今、旧正月花戦争の真っ最中!
商品が花だけのアメ横か、活きのいい花たちで
活気あふれる築地市場みたい。(これでわかる?)

そんな花墟道を実況中継をしながら、旧正月の花々についてもご紹介!!続きを読む

February 05, 2005

【喜馬拉亞星】ヨーガの境地

Singh観てまいりました、2005年香港旧正月映画
【喜馬拉亞星】
注目度は1月26日に【香港旧正月映画と金紫荊奨】を書いたときにちょっとポスターをネタにしただけでこの賑わいだ!が証明済み。


それにしてもこの映画。。。もうとにかく「間違っている」だらけを
映画にしてしまった
と言っても過言ではない。だって!!!
(以下、長いです)続きを読む

February 04, 2005

正月準備、花市、そして1年

redflowerこの写真は、旧正月にかけて毎年香港に現れる枯れ木に咲くフシギな「紅い花」。
日常的に香港で目にする原色の南国の花とはちょっと違った「中国」らしい紅色と枯れ木のコントラストが美しく、香港で見かける花々の中で1番気に入っている。
この時期にしか見られないというのもなんだかいい。


flower market


flower market1





flower market2

旧正月準備もそろそろ大詰め、ヴィクトリアパークの花市(フラワーマーケット)も開いた。


ここは香港最大の花市で、毎年すごい賑わい。
ニュースで中継されることも多い。お正月にちなんだ縁起のよい意味を
持つ花々を売る露天が並び、そしていろいろな屋台もたくさん出ていて
大きなお祭りのようなもの。
旧正月についてはサイト版【香港風物詩 年間暦】コーナーにも掲載
しているが、サイトの花市の写真はちょうど去年の旧正月前に撮ったもの。
あれからもう1年・・・。


【今日の旧正月講座】は(いつからはじめたんだ、そんなもの!というツッコミ
はナシで!)続きを読む