August 2006

August 25, 2006

お知らせと宿題とわたし

info
いろんなことでいっぱいいっぱいになってきている
こともあり、しばらく通常のブログの更新はお休みして、
状況を見ながら、いただいているたくさんのコメントに
少しずつお返事を書いていこうと思います。


8月2日:【水中万華鏡、香港的水中世界】あたり
からは全然お返事書いてないしね!

info1
そこで、更新を止めている間、
みなさんには宿題を出しておきます。

「あーゆーれーでぃ?」


注意:画像は何の関係もありません。
最近、スタジオ近所のガラクタ市で入手した指人形。
赤子が怖いのがポイント。♪わわわ〜♪続きを読む

August 18, 2006

真夏の香港ミステリー

日本のお盆休みWEEKも終盤だが、お盆につきものの怪談、
香港ではそんな季節にふさわしい事件がまだ続いている。

8月14日の【亜熱帯に摂氏マイナスの霊気】
で紹介した「化けて出る為」赤い服を着て女性が飛び降り自殺
をした事件。

mystery
その後、8月16日にも再び同じ場所で

再び女性が飛び降り・・・

飛び降りた階数は違ったにも関わらず、

なぜか続きを読む

August 14, 2006

亜熱帯に摂氏マイナスの霊気

***********************************************
ジャパナビ動画のクオリティをちょっと高めてくれました。
動画はこのトピックの下の方にリンクがあります。
***********************************************

室内は冷凍庫のようでありながら、
(香港も自覚している。参考:【亜熱帯香港、寒如北極!】(2005年6月29日))

「実は亜熱帯」である香港には雪は降らない。

cool9
香港人が初めて雪を見るのは
カナダだったり、日本だったり、中国だったり・・・
とにかく全て海外なのである。

(画像は番組取材で行ったスキー練習場で
スノボ特訓中。男の子みたいだー・・・)


それはたいていある程度の年齢になってからの体験なので
初めて自分の住む地には降らない白い雪を見た時の新鮮な
感動は、ちょっとうらやましいな、と思う。
寒くなるのも悪くないよね。(苦手だけど)



体の心までひんやり寒くなる・・・って言えば

「赤い服を着て自殺をすると

続きを読む

August 08, 2006

お化けのロックンロール盂蘭節

今年もやってきました、香港ハロウィン夏の陣!
heian2
こと「盂蘭節」または「盂蘭勝會」。
旧暦7月14日のお盆である。
今年は昨日8月7日がその当日だった。




去年のこの時期に書いた【燃える香港ハロウィン夏の陣】の中で

「こうして紙製のお金などを燃やすことで霊たちに

heian

「ようこそ、香港へ!
これを使ってどうぞどうぞ香港で
楽しく遊んで行ってください」



とホンコンヤンたちは食事ばかりでなくおこづかいまでも
あげているのだ。

この太っ腹!さすがは観光大国!」



heian1
と書いたが(詳細は去年の記事を参照)
遊びに来るお化けたちにおこづかいを
あげるだけではなく、香港では
続きを読む

August 04, 2006

祭典!香港オタク日本オタク

香港で毎年恒例になっている
「動漫節/香港電玩展覧」という大フェスティバルがある。
アニメ・漫画がメインとなっている動漫節は今年で8回目、
そしてゲームがメインとなる香港電玩展覧は今年で3回目
となり、同時開催されている。

今年は7月28日から8月1日までの5日間。

人気のゲームが体験もできるゲームコーナー、
アニメコーナー、そして漫画コーナーなどが一堂に会する
イベントで、

日本語で表すなら

otaku3


「オタクの祭典!」




みたいなものだが、香港でこれらの「オタク」はむしろ
「一般」の層に属しつつある。(のかもしれない)

「オタク」のイメージって続きを読む

August 02, 2006

水中万華鏡、香港的水中世界

***8月1日 予告更新 午前6:19***

ひー!!!ブログ時間が捻出できないよ!

でも【夏ばてぶっとぶ中文書き文字】で予告したとおり
7月30日オンエアからピックアップした動画を
製作裏小話や金魚の思い出話とともにここにアップしますよー。

まずは、幻想的なクラゲ万華鏡をご覧ください。

kurage
動画1:click!→【海洋公園水母萬花筒】
「ただいま〜」

写真は噂の「炒蛋水母」(広東語名)、訳しておならクラゲ。
当然、中文字幕では「放屁水母」となっていた・・・。

このクラゲに宇宙人とか神秘とか電気とかそんなありきたりなものじゃなくて
「おなら」って名付ける香港人の発想力ってすごいよ・・・。続きを読む