March 29, 2007

温故知新、香港の光と影

先週の日曜日は香港行政長官選挙(普通選挙じゃないよ)で、
曾蔭權(ドナルド・ツァン)氏が再選。全然想定内のことなので、
「ということで」っていうくらいの気持ちでニュースを流し見する。

その3月25日朝のジャパナビは深水[土歩]特集パート2だった。

Click【楽しみながら考える「活在西九」】 (3月25日分番組HP)

shamshuipo7
唐樓ファンや、60年代香港ファン
(王家衛ファンにはたまらんですよ)、
そして、香港の社会問題に関心がある方は
番組HPから見てみてちょ。


わたしたちは社会問題には深くは(ちっとも、か?)触れてないけど。
ま、そこはジャパナビだし。

shamshuipo4
撮影は、基本的に公開時間を外して
させてもらったので、実際ここに住んでいる
人たち(おじいさんが多い)がひょっこり
出てくることも多かった。みんな良い人たちだ。


でも、

もう人生に逆転がある可能性はもうほとんど残されていない年齢
になってしまっている人たちも多い。そして、中国からの移民も多い。

shamshuipo6
ここにいるのは、
あえて好んで古いビル、唐楼に住んでいる
のとは明らかに違う層の人たちだ。
ここは唐楼なだけではなく、板間房といういわゆる
「長屋」である。


shamshuipo5
一部屋一部屋、一人一人に物語がある。

撮影中も日常生活が営まれている部屋からは
ラジオやテレビの音がずっと漏れ聞こえていた。





深水[土歩]特集1&2、下町めぐり(花牌職人と蛇職人)オンエア後
には、番組あてに香港人視聴者を中心にメールがたくさん届いた。

例えば

・こういう自分達が気がつかなかった香港を記録して行って欲しい

・知らなかった香港の歴史をもっと紹介してほしい

・早速イベントを見に行ってきました。非常に勉強になった

・今はどこも同じようなショッピングモールになっていく。
花牌職人や蛇職人はショッピングモールには入れない。
こういった香港ならではの伝統職業はこれからどうなっていくのか。

・深水[土歩]がこんなに面白いとは気がつかなかった。

・深水[土歩]が好きになった。

・よくやった!また色々な面白いものを食べてください!

・和食食べたい!

などなど。

ちなみにわたしの蛇胆一気飲みへの称賛と尊敬のメールは
300通を超えた。
いやー、見てる人がそんなに驚いた事に驚いたね。
見逃した人は番組HPのバックナンバーから3月18日のJAPANAVI
見といてください。「永遠の伝説」になる予定だから。

そんなことはさておき


現代的な生活がしたくても出来ない人たち

そこから立ち退きをさせられたら別の場所では生活が難しくなる人たち

弱いものを守ろうと頑張る人たち

みんなのために、もっともっと発展させたいと頑張る人たち


shamshuipo8

香港の光と影。





そこを知りたい人にとって

shamshuipo9
今、深水[土歩](Sham shui po)で開催されている

「活在西九/Our life in West Kowloon」

はとても有意義なイベントだと思う。



そんなとこ見ないで、単にオールド香港に触れたい人にとっても
とても魅力的なイベントだと思う。


期間延長になって無ければ4月1日で終わっちゃうらしいので、
香港に住んでいる人はぜひ今週末にでも見に行って欲しい。

注意:4月1日に行く方はJP Time TVは見てから出かけてください。
来週は新鮮な感動テーマ、「ジャパナビ!ウルルン”体験記”」だよ。



shamshuipo11
【活在西九/Our life in West Kowloon】
九龍深水[土歩]桂林街117號二樓 (MTR深水駅C2出口斜め向かい)
1/F, 115 - 117 Kweilin Street, Sham Shui Po, Kowloon.
公開時間は10時〜18時。



shamshuipo10
「活在西九」開催ビルの屋上で売っている
本(確か99ドル)とDVD(確か66ドル)。
気持ちは暗く重たくなるけど勉強になるよ。



写真はDVD。
本は自宅に置いてあるので気が向いたらあとでアップします。
でも、一番いいのは自分で手にとってもらうことです。


ちなみに、唐樓はエレベーターがないことが一般的。

shamshuipo12
イベント開催ビルの
階段にもこんな貼り紙。


ユーモアは忘れない、それが香港・・・。




どんどん変わっていく香港。

shamshuipo1

立ち退きが終わったビルは
窓に「×」じるしがついて立ち入り禁止となる。
わかりやすい。




shamshuipo
昔は、ガラスが薄かったから、台風が来るとこうして
ガムテープで補強してガラスが割れないようにしていた
んだって。
香港の生活の知恵。
それが今は取り壊しの証しになってしまった。



そう言われてみれば湾仔の利東街にも窓に×印のついたビルが
立ち並んでるってことに気がついて、ちょっと寂しい気持ちになる。



shamshuipo2
関係ないけど
この唐楼は、壁から
木が生えている。




shamshuipo3

・・・深水[土歩]はすごい。




この木が生えてる唐樓は、3月18日のジャパナビで
紹介した花牌職人さんの新忠花店の近くにあるもの。
長沙湾福栄街494號あたり。
このあたりも、ほとんどの雑居ビルが立ち退きになっている。


建物などのハードに関して言えば
わたしは単に古いものへの一方的な愛着みたいなものだけで大騒ぎして
無責任に取り壊し反対とか、そこに残すべきとかいうのが好きじゃない。
(双方の背景と事情を理解した上での言動はもちろん別)
古いものと新しいものが違和感なく自然に共存できるならベストである。
壊すしかないのであれば、2月25日のジャパナビでインタビューした
石身のイベント主催者の方が言っていたように、残すべき歴史的建造物
などは一度解体して移築すればいいと思う。風景は記録するしかないけど。
個人的なノスタルジーを抜きにしたら、老朽化での事故の可能性とか、
火災時の対応とか仕方がないことも多いから、むやみに非難することは
できないと思ってる。


しかし、

もちろん、

香港の



ブルース・リーの自宅がラブホテルになっちゃったんだよ!


とかは



一体どうなってるんだ




と思う。





保護しようよ、香港。

この記事へのコメント

1. Posted by きたきつね   March 29, 2007 08:21
ああ、行きたいです「活在西九」。
本やDVDは後で買うことが出来るのでしょうか。
先日ちょっとだけ香港に行ったのですが
(しかしジャパナビは見られず。残念!)、
中環のスターフェリーピア跡を見て泣きました。
保護しようよ、香港!ほんとにそう思います。
香港人もそう思っているのだと知って、とても嬉しい。
ジャパナビは香港人にとって、とても大事な番組ですね!
りえさんは日本人の誇りです。
2. Posted by  ヾ(・ε- )いまだに畳とふとんの生活   March 29, 2007 22:17
>・今はどこも同じようなショッピングモールになっていく。

日本だけじゃなく、どこもそうなんですかねえ。
横浜にまでつくらなくてもよいぞ、ららぽーと。

ららぽーとはさておき、
ブルース・リー宅がラブホとは(ーー;)
てことは、その家の前の道が、李小龍街(路?)にすらなってないのでせうか?
3. Posted by 浪漫飛行   April 01, 2007 21:22
はじめまして!
chekkoさんの所から辿って来ました。
足跡残していきます。
では!!
4. Posted by ミニー   April 02, 2007 00:15
りえさん、お久しぶりです!!
パソコンの調子が悪くてずっと来れませんでした・・・。今もまだ直ってません。だんなが新しいのを買ってくれるって言ってるけど仕事が忙しいから暇になってから、、、ってもう6ヶ月経ってます。(笑う)早く買ってほいしいです。

今朝ジャパナビ見ましたよ〜!!漁師さんとってもやさしそうでしたね。
来週からイースターホリデーですね。うちの子も5日から15日までお休みです・・・。休み長すぎです。
りえさんはもちろんお仕事ですよね!!がんばってくださいね。パソコンが壊れてるので中々来れないと思いますがジャパナビ絶対に見ますからね!!来週も楽しみです!!!
5. Posted by 紫衣   April 02, 2007 12:36
深水ボウの古い建物も、水上住宅も、良かったです!中々覗けないところだから、紹介していただくと嬉しいです。
アルミの郵便箱好きで、どこで手に入るのだろうとずっと思っていたので、早速深水ボウに行きましたが、日曜は商店はほとんどお休みでした。りえさんはどうやって使っていらっしゃるかしら。
6. Posted by 周太太   April 03, 2007 12:06
唐楼の見学なんて滅多に出来ないことなのに、間に合わなくて残念!
次回の訪港でせめて外観だけでも見てきますわ。

で、深水[土歩]のイメージと言えばずっと黄金大厦と中古ビデオ屋(何時の話や!)だったんですが、最近ビーズ屋さんが入りました。ほんと安いんですよね〜。

7. Posted by りえ   April 03, 2007 23:01
きたきつねさん
本やDVDはどうでしょうね!イベントが終わっても、どこかで
入手できるかもしれません。もしわかったら必ず連絡しますね。
きたきつねさんのように関心をもたれる方には是非読んでもらいたいです。
中環は去年の大きな出来事の1つだったと思います。
そして大きく目立ったスターフェリーピアのことだけじゃなく、それを
きっかけとして、保護すべきものとか大事にすべきものとか香港の
誇れる文化とか、他のことも見て欲しい、というのがこういったイベントを
主催される方々がよく言われることで、わたしもそうだな、と思っています。
誇りだなんてもったいないお言葉を。
埃にならないように気をつけます。
はたかないで!
8. Posted by りえ   April 03, 2007 23:03
ヾ(・ε- )いまだに畳とふとんの生活さん
横浜にららぽーと、わたしもビックリしました。
そんなに欲しいか、ららぽーと。
両親が早速遊びに行ったらしいですが、見るところがなくて
つまらなかったそうです。何を期待して行ったのかいまいち不明です。
仕方ないので映画を見て帰ってきたそうです。

>その家の前の道が、李小龍街(路?)にすらなってないのでせうか
なってないのですよ。
どうも、香港はブルース・リーという存在の外国人に対する商業価値を
上手く使えてない気がします。何もラブホテルになっちゃわなくても・・・
哀しい気分でジョークってなもんです。
9. Posted by りえ   April 03, 2007 23:04
浪漫飛行さん
「chekkoさんルート」がつかめていません・・・。ごめんなさい!
でも、足跡ありがとうございます。浪漫の旅、お気をつけて。
ボン・ボヤージュ!
10. Posted by りえ   April 03, 2007 23:08
ミニーさん
うわー!お久しぶりです。コメント嬉しいです!
どうされたかな〜って思ったりしていました。
番組は見てくださっているのですね、ありがとうございます!!
今は番組HPで動画も見られるようになっているので、ぜひ活用して
いただきたいです。ああ、パソコン!イースターに期待!(今度は仕事じゃ
なくてお子さんの相手で忙しいか。。。)
漁師さん、いい人でした。なんだか本当に立ち去るのが寂しかったですよ。
と思ってたら、あの後、村の他の場所でロケやってたら、あの漁師さんが
ひょっこり見学に来て、しばらくウロウロして目があったらニコニコして、
そしてしばらくしたら、ふらりと舟でまたおうちへ戻っていきました。
温かい気持ちになりました。ウルルンです。
11. Posted by りえ   April 03, 2007 23:10
紫衣さん
深水[土歩]の住宅はあの時代のまま生活が止まっている人たち、
というもう一つの社会問題の訴求もテーマにはあるのですが、単純に
見学に行くだけでも非常に意味のあるものだとわたしは思いました。
また別の機会があれば是非!
漁師さんの水上住宅は本当にノンアポで現地で突撃だったのですが
(到着したとき、漁師さんはお昼寝中でした)快く受け入れてくれて
番組にとっては、すごくいい撮影が出来たと思っています。
そして、わたしにとってはすごくいい経験になりました。感動に出会いました。

深水[土歩]界隈は問屋さんが多いので、確かに日曜日が休みっていう
ところも多いかも・・・。ポストは欲しかったのでロケ後にマジで自腹購入。
80ドルでした。香港人たちには「出た、またこんなもの買ってる!」って
顔されたので、紫衣さんが同じ思いを持っていてくださって嬉しいです。
お店の場所、わかりましたか?店と店の隙間みたいなところにあるので(笑)
見落とさないように気をつけて!夕方は18時ごろには閉めちゃうようです。
使い道はいつか掲載します。現在、まだ「完成していない」のです。ふっふっふ。
12. Posted by りえ   April 03, 2007 23:15
周太太さん
今回開放していた場所は唐楼であるだけでなく、板間房といういわゆる長屋
なんです。各部屋をさらに8つくらいに仕切ってあって風呂・トイレ・炊事場共同。
人情味あるよね、なんて無責任なことをいえないような問題が現代のこういった
場所には色々あるんですけど、そんなこと抜きにして、無責任なことを言えば
レトロでカワイイ雰囲気がいっぱいありました。(番組内でもカーウァイカーウァイ
って騒いでますけど)共同炊事場の灯油の香りには時代も感じられました。
またこういう機会があれば足を運んでみてください!!!
最近深水[土歩]はこういったイベントをよくやっていますよ。何か情報があれば
次は間に合うようにお知らせします。ぜひ「ちょっと香港まで」のついでにどうぞ。
>次回の訪港でせめて外観だけでも見てきますわ。
残念!ビルとビルにはさまれてるので「雑居ビル」の入り口しか見えないかも(笑)
でもこのあたりには味のある老舗がいっぱいあります。普段、ただ通り過ぎている
ところでも、ちょっと足を止めてみると面白い発見がたくさんあるエリアです。
>深水[土歩]のイメージと言えばずっと黄金大厦と中古ビデオ屋
実はわたしもです。唐樓と、黄金大廈と、オタク通り(鴨寮街)の街だと思って
ました。深水[土歩]見直しキャンペーン、個人的にも実施中です。
13. Posted by ころた   April 04, 2007 07:39
活在西九
期間延長はないのですかね。
今年もGWに香港を訪れる予定なのですが・・・。

深水[土歩]大好きな街の1つです。
利東街もそんな街の1つ。
これは決して香港だけではなく
開発と伝統
便利と不便
その共存共栄は難しい問題ですよね。

香港の方のコメント

「今はどこも同じようなショッピングモールになっていく。花牌職人や蛇職人はショッピングモールには入れない。こういった香港ならではの伝統職業はこれからどうなっていくのか。」

ホントにその通りですよね。
我が家の近くにも大きなSCができ、
街の商店街はチェーン店ばかりになり。
個人商店はなくなっていくばかりです。

また、今度
必ず、深水[土歩]へ行ってみます。

今後のイベント情報
よろしくお願いします。




14. Posted by lenghautsz   April 06, 2007 14:11
かれこれ10年以上前に、ボランティアをしていた香港朋友のお供で板間房にお住まいのご老人を訪ねたことがあります。そのときのショックは言い表せないですね。正直、日本で社会問題となっていたホームレスの方達のほうが人間らしい生活が出来ているのじゃないかとさえ思いました。かといって、そういった国や歴史の産物がなくなっていくのも後ろ髪引かれますし。経済発展と真の豊かさはいつも正比例はしていかないのは確かなんだろうと・・そうなると文化を育むのは何なのだろうと・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔