2005年09月

2005年09月24日

「ママちゅ〜」はそのあと

しましましまじろうしまじろうのパペットが最近のお気に入り。

プールでやる「あっぷっぷー・・・ぱっ」(水中の中をもぐらせて受け渡しする)をしまじろうを使ってやりはじめたら、もうやめられない止まらない。

子供の集中力ってすごい。もう10回もあっぷっぷーしてたら私なんかいいかげんあきるんだけど、「あっぷーぷーしゅるー」といっておいかけてくる。こっちがギブアップ。

あとは、ごはん食べるとき。ただスプーンを口に入れようとすると絶対開けないのに、しまじろうにあーん、させてそのあと「次にあーん」と言うと素直に開ける。ママ助かるわーん。困ったときのしまじろう。

おかげでだいぶ汚れたしまじろう。洗わねばと思うけど、離さないので洗えない。汚れちまったしまじろうに今日もちゅ〜するちびであった。



rietochibi at 01:08|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年09月23日

近くの穴場

ゆめアール大橋のゆめアール。南区の子供プラザ。

大橋駅の近くにあります。南区の子供だけじゃなく、誰でも行けます。お休みは水曜日。

利用は無料だけど、名札が必要。私は100円で買いました。

中は広く、危なくないちょっとしたおもちゃや遊具がある。絵本とかは少ないみたい。まだオープンして何ヶ月かしかたってないんだと思う。

ひろびろしてて、ちびは走り回って大満足だったよ。

博多区にも欲しいよねぇ。まぁ、下手に遠くにあるよりは、大橋の方が近くていいか。



rietochibi at 01:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月22日

オット曰くアンパンマン二人

とんとんあんぱんまんちびは手遊びができるようになりました。

まだ体全部を動かすダンスはしないんだけど、手を動かすだけの手遊びは好きみたい。

ただいまのお気に入りは「とんとんあんぱんまん」。「とんとんこぶじいさん」の替え歌なんだけど、アンパンマン、カレーパンマン、食パンマン、どきんちゃん、ばいきんまんがでてくる。子供にしてみればこぶじいさん、よりはわかりやすいわね。

で、写真は壱岐の帰りのフェリーの中で、ママがアンパンマン、ちびがカレーパンマンをしているところ。なぜかこの手遊びの中では一番カレーパンマンが好きなちび。ほっぺがつまみやすい?



rietochibi at 09:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月18日

壱岐牛も美味でした!

壱岐に行って来ました。

フェリーで片道2時間。潮風に吹かれつつ気分はリゾート一直線。

ラー油いる?なにはさておき目当ての「うに丼」へ。観光案内所で聞いたお店へGO。うに丼なんと3000円します。そこで、けちけちママはうにめし1500円に変更。パパと半分こすることに。

えー、ちょっと高くない?福岡で食べるのと変わらないよねぇ。壱岐まではるばるきた意味ないじゃーん。ぶーぶー文句たらしつつ、それでもうにを満喫しました。うまーい、うますぎるー。やっぱ、生うによ。生じゃないと、うには。

宿泊は国民宿舎。3時ころチェックインし、まわりを散策しようと思っても、なーんにもありません。しかたなく卓球をして時間をつぶすパパママ。

猿岩次の日はさすがに車がないとなんともならないことをさとったのでレンタカーを借りました。まずは猿岩へ。ここでお友達のココちゃんと再会。なんとココちゃんとは行きのフェリーの中でもばったり。こんなところでまた会おうとは。ついでにこのあともう一度また離れた場所で会いました。壱岐は狭い。

海水浴場にて壱岐ってね、食べる以外にあんまり見所ないところでした。いろいろドライブしたけどこれってところがなくて、最後に海水浴場の岩場でばちゃばちゃできたのがいい思い出かな。

福岡からフェリーで1〜2時間、プチ旅行気分が味わえる絶好の観光場所なのに、肝心の観光スポットがいまいちでした。海はきれいだし、静かだし、信号はないしで、いいところなのに、それが残念。もちっとなんとかしたら、観光の島としていいとこいくと思うんだけどねぇ。がんばれ、壱岐。

続きを読む

rietochibi at 23:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年09月15日

ちびの世渡り術

おまるおまるを買いました。

補助便座を先に買って練習していたんだけど、どうも様子を見るとうまくふんばれない感じ。そうだよねぇ。自分におきかえて考えると足が宙に浮いたままで腹に力を入れられないよねぇ。

というわけであとからおまるを買い与えました。まずはこちらで練習してもらおうと。これでトイレトレーニングはうまくいく、はずが・・・

これに乗せてアンパンマンを見せているあいだは静かなんだけど、アンパンマンが終わると下りたがる。そして下りてしばらくすると「うんちでた〜。」って・・・「くしゃーい」とかって鼻つまんでるし。あいそ笑い

←そして、そのあと決まってあいそ笑いをするのだ。ごめんねぇママ、洗ってねぇ。

はいはい、おふろで洗いましょうね。次こそは、うんち出る前に言ってね。



rietochibi at 11:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月14日

サイクリング大好き

ここにいますちびは最近「ところにより一時お利口」。

わからんちんのときは手が付けられないけど、言い聞かせると言うことをきくときがある。

写真はその貴重なヒトコマ。うちのマンションの駐輪場は裏手にあって、細長ーいところ。自転車を奥のほうに止めているので、ちびを連れてそこまでいくのにぐずることがあった。

で、入り口の花壇のところに座らせて「ここで待っててね」というと、うん、と座りこんでそれからおりこーうに待っててくれるようになった。たまにちらちらとこちらを伺いつつも、けっこういろいろなものを眺めながら楽しんでいる様子。

こちらからは大きなピンクのヘルメットと、ひざから下しか見えないんだけど、安心して自転車が出せるようになりました。成長してるよなぁ。



rietochibi at 16:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年09月11日

観劇感激日記

ルミエールといっしょ土曜日、キャナルシティーに劇団四季「美女と野獣」を観に行ってきました。なんと、ちびを連れて。チャレンジャー!!!

劇団四季ミュージカルの中では私が一番好きな美女と野獣。ぜひちびにもみせたかったのよ〜!

前から6番目、しかも通路側といういい席を確保できたための挑戦でした。もし泣き出して収集つかなくなったら後方にある幼児席に駆け込もうと準備してた。いざ始まると・・・

またちびのお利口ちゃんなこと(←親バカ)。暗くてちょっと怖い場面こそ抱きついてきたけど、けっこう黙って舞台を観ていました。私の大好きなシーンの「Be our guest」ではついつい黙っていられなくて私も歌いながらちびをゆすっていたけど(←親がバカ)本人もなんかぶつぶつ言いながらけっこう楽しそうにしていたよ。

よかった〜。また連れて行けそうだ。将来は宝塚に入れてもいいなぁ(実はヅカファンでもある)。

 

続きを読む

rietochibi at 01:06|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2005年09月08日

そんなこといったって

しぼんだプール台風、うちは必要そうなものは前日に買い込んでいたため、一日中家にいて、快適な一日でした。それに、幸運なことに福岡はたいしたことなかったしね。

なんであれごときでJRがとまるかなぁ。

で、前日の準備にはベランダに出していたちびのプールの片付けもありました。これ、空気いれるのも大変だったけど、複雑な形をしているので片付けるのも大変。下手に空気を抜くと変な形になっちゃうので気を使いながら空気をポンプで抜いていると、ちびが片付けに怒ってストライキ。

どいてよぉ。まだすることあるんだからぁ。



rietochibi at 18:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月07日

千里の道も一歩から

天然酵母パン天然酵母パンを焼きました。

前もって酵母を作ったのだけど、いまいちの膨らみ。ちゃんとできるかなぁと心配だったけど、強行突破してみました。

1次発酵は無事2倍以上に膨れて、しめしめと二次発酵。これがよくふくらまない。3時間ほど待ったけど、1.5倍くらいにしか膨れなくて、待ちきれない私は結局焼いちゃいました。

で、結果が↑。まずくはないが、うまくもない。ちびはよく食べてくれたけどね。

30分焼いたのだけど、やっぱり堅いのが難。前ほどカチカチではなかったけど、イーストで焼くのよりは堅いかなぁ。今度はもうちょっと低温で焼いてみようかなぁ。

前にうちの近くの店においていた天然酵母パンの「即興詩人」、これ私大好きでお気に入りだったのだけど、今年の4月から取り扱わなくなっちゃって買えなくなったの。すごく残念で、だからなんとかあの味を出したいと思ったのだけど。

天然酵母クッキー今日は試行錯誤しつつクッキーを焼いてみた。

うーん、いまいち。あの味には道のり長し。



rietochibi at 16:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年09月05日

七○報告でーす

七○チャイルド先日、ウワサの七○チャイルド、英語クラスの体験に行ってきました。

場所は天神ショッパーズの近く。体験はちび一人。先生は若い男の先生。すぐ「始めまーす」ということで、それから30分、息もつかせぬ英語の洪水。立って踊ったりカードゲームしたり、ほんとまぁ、見てるこっちが息切れしそうな感じでした。写真はフラッシュカード。1秒に2枚ほど見せてそのあいだもしゃべるしゃべる。カードをきる手のほうがじゃまになって肝心の絵がよく見えなくてもとにかくフラッシュフラッシュ。ちびは最初から最後まで、泣きもせず、笑いもせず、立ちもせず、しゃべりもせず、ただ呆然と先生の動きを見ていました。

そのあと、先生たちとおしゃべりをしました。七○としては、理解しなくてもいい、とにかく右脳を活性化させるために早口で言葉を多く聞かせる、のを身上としてる。だから子供に飽きさせないよう、手を変え品を変え30分があっというまに終わるよう工夫しているようでした。

私はね、「わからなくてもいい」っていうのはちょっといやだな。もうちびはこちらの言っていることはほどんとわかってる。それで、いろいろなことを知りたくてうずうずしてる。そういう子供に対しては、疑問が出るのをじっくり待ったうえで、子供のほうからなにか行動を起こせばそれに対してゆっくりとわかるように話す、いわば日本語でマザーリングするような形が英語を学ぶにあたっても効果的だと思うんだけど。単語は、本人がその気になれば簡単に見に付くと思ってるし、まず本人が熱中できるようななにかがあるべきではないかなと思います。

にしても、「こんなに集中するなんて、すごいおりこうですねぇ!」なんておだてられると、つい「そう?」なんてその気になっちゃう私は、ただのバカでしょう。



rietochibi at 14:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
Recent Comments