2011年04月

キリスト者政治連盟講演会「平和への権利国連宣言をつくろう」

キリスト者政治連盟総会記念講演会

「文明とは何か~人権の視点から考える」

 

講演「平和への権利国連宣言をつくろう」前田 朗

 

5月14日(土)14:00~16:30

会場:日本基督教団西片町教会会堂

東京都文京区西片2-18-18

http://nishikatamachi.net/access.html

 

会場費:500円

 

主催:キリスト者政治連盟

電話03-3813-1085

 

『平和への権利を世界に』出版記念公開学習会

■『平和への権利を世界に』出版記念公開学習会


知っていますか?

国連が「平和への権利」を

宣言しようとしていることを


数年前からつづく国連人権理事会での議論。

実現すれば、自由権、生存権につづき

あたらしい権利が国際的に確認されます。

平和を求めるあたらしい流れ生まれています。


発信源はスペインの法律家。

9条をもち平和的生存権を明記した憲法を持つわたしたち日本の法律家・市民は

この呼びかけにどう応えていけばいいのでしょうか。

いっしょに考えてみませんか?


■話題提供

清水雅彦さん(日本体育大学・憲法学・本書執筆者)

日本国憲法の平和的生存権と「平和への権利」(仮)


□とき

2011519日(木)午後6時開始


□ところ

青山学院大学 青山キャンパス(地下鉄表参道駅徒歩5 渋谷駅東口徒歩10)

総研ビル 1018会議室

会場の総研ビルは正門を入ってすぐ右の建物になります

※資料代500

 

平和への権利国際キャンペーン・日本実行委員会

連絡先

160-0004 東京都新宿区四谷1-2伊藤ビル2F-B

日本国際法律家協会

TEL 03-3225-1020   FAX 03-3225-1025

Email leh00076@nifty.ne.jp

スペイン国際人権法協会のウェブサイト

スペイン国際人権法協会のウェブサイト

http://www.aedidh.org/?q=node/1144


2006年から、平和への権利国連宣言のための世界キャンペーンを展開してきたスペインの法律家によるNGOです。平和への権利宣言に関する基本資料はこのサイトがもっとも充実しています。基本はスペイン語ですが、英語の資料も多く掲載されています。


 

平和への権利を世界に・学習と音楽の集い(4月30日、春日井市)

                                                                                                                               

平和への権利を世界に:国連宣言実現の運動

・・・学習と音楽の集い・・・


国連で平和への権利宣言を作ろうという議論が行われていることを知っていますか。憲法9条のある日本政府が反対している上、マスメディアも報道しないため、一般にはほとんど知られていません。今回「平和への権利を世界に:国連宣言実現の動向と運動」(かもがわ出版)という本ができました。執筆者等から分かりやすく解説し、当面の国連人権理事会での活動を提起します。

当初、この運動の中心となっているスペインの活動家2人が来日する予定でしたが、東日本大震災のため来日は秋に延期されましたので、当面の運動の展開のため、この集いの開催となりました。


内容:1.世界の人権NGOとともに―国連人権理事会サイド・イベントを開催して―                            国際人権活動家 塩川頼男

2.平和への権利宣言をめざす運動―世界キャンペーンの経過と意義

東京造形大学教授 前田 朗

       3.国際刑事裁判所時代の平和生存権  青山学院大学教授 新倉 修

4.5大陸を平和憲法と平和への権利で埋め尽くそう―サンティアゴ国際NGO会議に参加して           弁護士 笹本 潤

5.音楽でリラックス

  6.第17会期国連人権理事会(530日~617)での取り組みの提案と討論

日時:4月30日() 13:0017:00

場所:JR中央線勝川駅北 ルネック7階多目的ホール

参加費:1,000

呼びかけ人:塩川頼男(487-0025春日井市出川町6-1-3B-102)

Tel/Fax 0568- 51-1469E-mail xqtnh031@ybb.ne,jp


 


 

新刊『平和への権利を世界に――国連宣言実現の動向と運動』

笹本潤・前田朗編『平和への権利を世界に――国連宣言実現の動向と運動』(かもがわ出版)


http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ha/0427.html



主な内容



Ⅰ 平和への権利宣言をつくろう

平和への権利宣言をめざす運動

――世界キャンペーンの経過と意義(前田朗)


Ⅱ スペインからの呼びかけ

平和への権利宣言・世界キャンペーン(スペイン国際人権法協会)


Ⅲ 平和的生存権を掲げて

憲法前文の平和主義にも注目しよう

     ――平和的生存権の学説と判例(清水雅彦)

市民が勝ち取った平和的生存権

――自衛隊イラク派兵差止訴訟名古屋高裁判決(川口創)

5大陸を平和憲法で埋め尽くそう

――「平和への権利」サンティアゴ会議に参加して(笹本潤)

国際刑事裁判時代の平和的生存権(新倉修)

世界の人権NGOとともに

――国連人権理事会サイド・イベントを開催して(塩川頼男)

個人でできることから始めよう

――ピースゾーンと平和的生存権(前田朗)


Ⅳ 資料

サンティアゴ・デ・コンポステラ宣言(常本美春・塩川頼男訳)



編著者プロフィル


笹本 潤(ささもと・じゅん)

1962年東京生れ。弁護士。日本国際法律家協会事務局長。日本の憲法9条を世界に広めるためのグローバル9条キャンペーンを展開中。「9条世界会議」の呼びかけ人の一人でもある。著書に『世界の平和憲法 新たな挑戦』(大月書店)、編書に『5大陸20人が語り尽くす憲法9条』(かもがわ出版)『9条は生かせる』(日本評論社)。


前田 朗(まえだ・あきら)  

1955年札幌生れ。自衛隊は憲法違反であると判断した1973年の長沼訴訟札幌地裁判決に出会って以後、平和と人権を学び、運動にも取り組み始める。1994年から国連人権機関に参加してロビー活動を行なう。東京造形大学教授。日本民主法律家協会理事。主著に『軍隊のない国家』(日本評論社)『人道に対する罪』(青木書店)『平和力養成講座』(現代人文社)など。


川口 創(かわぐち・はじめ)

1972年埼玉県生れ。弁護士。現在名古屋第一法律事務所所属。2004年提訴の自衛隊イラク派兵差止訴訟(名古屋訴訟)弁護団事務局長として、多くの市民、学者、弁護士とともに訴訟の取り組み、2008年4月17日の名古屋高裁違憲判決を導く。『自衛隊のイラク派兵差止訴訟判決文を読む』(角川書店)など。

 

塩川頼男(しおかわ・よりお)
1933年長野県松本市生れ。1952年長野県立松本工業高等学校機械科卒業、同年中部電力株式会社入社、1995年同社定年退職。1975~97年中部電力人権侵害・思想差別撤廃訴訟原告90人のうちの1人。1992~97年ジュネーブの国連人権機関で訴訟を訴え、訴訟解決後も継続して国連人権委員会、人権理事会などで活動。日本国際法律家協会理事。主著に『国連人権活動の戦略と戦術・・・こうすれば日本はもっと良くなる(第二稿)(私家版)


清水雅彦(しみず・まさひこ)

1966年尼崎市生まれ。大学院生の時の1991年に、「湾岸戦争」への加担の違憲性を問う市民平和訴訟の原告になり、以後もカンボジアPKO違憲訴訟、ゴラン高原PKF違憲訴訟、テロ特措法違憲訴訟に参加する。日本体育大学准教授(憲法学)。主著に『戦争する国へ 有事法制のシナリオ』(共著、旬報社)、『治安政策としての「安全・安心まちづくり」』(単著、社会評論社)、『平和と憲法の現在』(共編著、西田書店)など。


常本美春(つねもと・みはる)

ジュネーブ大学院国際研究所修士課程終了。現在、一橋大学大学院法学研究科博士課程在籍


新倉 修(にいくら・おさむ)

1949年東京生まれ。青山学院大学教授、弁護士。国際民主法律家協会(IADL)事務局長・日本国際法律家協会会長。国際刑事裁判所日本ネットワーク共同代表としてICC加入促進運動に関わり、核兵器の違法性をめぐる世界法廷運動にも日本の民間意見書起草に関与し、アフガニスタン国際民衆戦犯法廷で裁判長を務めた。『9条は生かせる』(日本評論社)、『憲法と現実政治』(水曜社)、『9条世界会議』(大月書店)、『国際刑事裁判所の扉をあける』(現代人文社)にも寄稿。 




 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

プロフィール

right_to_peace

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ