サーファー、津波警報無視 全国で1100人確認

南米チリの大地震による津波が心配された2月28日、全国各地の海岸では、海上保安庁や警察などの避難指示にもかかわらず、波乗りを続ける人がいた。海に出ていたサーファーらは海保が確認しただけで全国で約1100人。津波はサーフィンに適した大波とは形や威力が違い、極めて危険だ。無謀な行為に、サーフィン愛好者からも非難の声があがる。

 千葉県館山市の平砂浦(へいさうら)海岸。当日の午後、上空を哨戒飛行していた第3管区海上保安本部のヘリコプターが、波乗りをしているサーファー約30人を確認した。拡声機で避難を呼びかけると、何人かは陸に上がったが、約1時間後に戻ったところ、サーファーは約50人に増えていた。拡声機で呼びかけても、反応はほとんどなかったという。

 館山市布良では、午後2時16分に20センチの津波の第1波を観測。気象庁は「津波は後の方が大きい可能性がある」として、引き続き高所への避難を呼びかけていた。

 ヘリはぎりぎりまで海面に近づき、潜水士2人が飛び込んだ。泳いでサーファーに近づき懸命に説得したが、波の音に打ち消されて声は届きにくかったという。

 陸上からは、地元の消防団員162人が消防車で海岸付近を巡回して避難を呼びかけた。千葉県警館山署も、サーファーの多かった平砂浦と同県南房総市の和田浦海岸に警察官を派遣して、午後2時ごろに、いったんほぼ全員を陸に呼び戻した。しかし、警官の姿が見えなくなると再び海に出るサーファーが相次ぎ、暗くなるまでいたちごっこが続いたという。館山市では午後5時52分に80センチの最大波を観測した。

 地元のサーフィン愛好家で会社員の宇田川公正さん(45)は「首都圏のサーファーは、時間と金をかけて来たのだから少しでも長く波乗りをしたいと、危険を無視して海に出がちだ」と話した。

 年間約6万人のサーファーが訪れる北海道厚真(あつま)町の浜厚真海岸にも、28日早朝から見物人も含めて100人ほどが訪れていた。

 苫小牧海上保安署は午前9時30分から正午すぎにかけ、浜辺からと海上からの二手に分かれ、避難を呼びかけた。警報を知らなかった人や、子ども連れの多くは素直に聞き入れたが、「ビッグウエーブに乗ってみたい」と無視するサーファーも少なくなかったという。浜厚真海岸から約2キロの苫小牧東港では午後4時45分に約30センチの津波を観測している。

 海上保安庁によると、神奈川県や福島県、愛知県、三重県、和歌山県、徳島県、沖縄県の海岸でも、海に出たサーファーが確認された。呼びかけに応じないケースも目立ったという。海保では「台風の際にも多くのサーファーが浜に集まる傾向がある。指示には必ず従って」と訴える。

 日本サーフィン連盟は、「津波はサーフィンに適した波とは質も力も全く異なるもので、非常に危険」と指摘。「海の危険性を学ばないまま、道具だけ買って何となく始めるサーファーが出てきている」として、ルールやマナー順守を呼びかけていく方針だ。


朝日新聞




これで、また・・
常識知らず、マナー知らずのサーファーのために、一般に「サーファー」と呼ばれる連中のレベルが下がって見られることになってしまったと思う。
ただでさえも、サーファーのイメージは、不良とか軽いとか・・
良いイメージはあまりないのが現状だ。
しかも、先般は・・酒井法子の旦那(自称プロサーファー)の一件があって、サーファーに対するイメージが格段に下がっているわけで・・
更に、こういうときのルール違反的な行動が、ますますサーファーの人格に対する見方を低くさせることになる。
でも、まさか全国で1100人もの非常識サーファーがいたとは、想像もつかなかった。
この国にどのくらいのサーフィン愛好者がいるのか分からないが・・
1100人と言えば、そんなに少ない数字ではないはずだ。

つまりは、波に対する知識や、恐れや、いろんな常識に欠けるサーファーがいかに多いか・・ということに尽きるだろう。

正しい知識も持たず、ただの道楽としてのサーフィン、格好だけの波乗りをしているという連中がいかに多いか・・という証明にもなっているようだ。
またまた、サーフィンが「馬鹿がするスポーツ」と呼ばれやすくなってしまいそうだ。

正直、個人的にも・・そういうイメージを持ち続けている。
というのも、記事にあるように、台風の時のサーファーの無謀な行動にも表れているのだ。

なんだか・・「馬鹿は死ななきゃ直らない」という言葉が頭をよぎる。
本当に、死ななきゃ直らないのか?

何とか、死ぬまでに、気づいて欲しいものである。