2012年02月22日

*ご案内*

このブログは期間限定ブログです。

通常ブログは

リジッター企画ブログ「ヒマツブシハキツブシ」
http://ameblo.jp/legiter-9
をご覧ください。


第三攻撃
「火付け屋」の記事は次の記事からです。


リジッター企画


rigider_legiter at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月01日

終わったねー。かーふね

公園でコンビニかき氷を食べてます。

遠くのちびっ子がチラチラ見てる気がするけど氣にしません。

後でそっと睨み付けてやります。
…嘘です。大人だから我慢します。

さてさて、川船史上初の舞台が終わりました。

本当に勉強になった二ヵ月でした。
長いような短いような感じですが
終わってみればやっぱり楽しい事は
楽じゃねーなぁって感じです。

短いですが、キャストさん、スタッフさん、
観に来てくれた方の全てに感謝を捧げつつ
俺の火付け屋これにてお仕舞い!

皆様、いずれまたドコかで!

かーふね。



rigider_legiter at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 川船敏伸 

2010年06月30日

鎮火しました。真嶋一歌です。

1e91784e.jpg
3ea39c78.jpg
d763ac61.jpg
d851aea4.jpg
d90f0979.jpg
ごきげんいかがですか?

アト役の真嶋一歌です。

リジッター企画『火付け屋』にご来場いただいた皆々様、
力を貸してくださった皆々様、
本当にありがとうございました

この場を借りて御礼申し上げます。


楽しいこと、期待と未知と未来ばかりの稽古から始まり、
それぞれが課題やスランプに否が応でも悩まされ、
泥まみれ、汗塗れになった稽古場には様々なドラマが詰まっていました。

どんなものを創る時でも楽しさばかりということは滅多になく、衝突や摩擦の繰り返しが作品を磨き上げていくものだと思います。

相手の懐に飛び込んでいくことはとても難しいことだけど、経験も年齢も違う各々が少しずつでも相手に歩み寄ることが出来たから、今回の『火付け屋』はあったんだと思います。

私個人としては、久しぶりに2ヶ月間みっちりと稽古をして、役者としての仕事に打ち込むことが出来て幸せでした。

アトは猫なので劇中では肉体を駆使した動きが多かったため、体力落ち目の25歳の私にとってはすごく大変な役でしたが(笑)からだというものを今まで以上に強く意識し、表現するきっかけとなりました。

芝居やお笑い、ダンスや歌や自衛隊など(笑)各々が経験してきたフィールドの違いに触れて、それぞれが新しいスキルを磨くことが出来たとも思っています。

やっぱり芝居が一番楽しい。

うまくまとめられないのですが。

この、決して易しくはない作品を愛してくれた皆様には格別の感謝と喜びを感じます。

「真っ赤な火を付けることと、
真っ赤な嘘を吐くことは、
同じ罪の色で出来ている。

俺達は似た者同士の罪人だ。

この意味が分かるか?」


『火付け屋』これにて終幕。

ありがとうございました



真嶋一歌個人blog
http://ameblo.jp/majimaichika/


rigider_legiter at 16:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 真嶋一歌