日本株成功ナビ(2016年版100万円コース)の現状と見通し〜ライジングブル投資顧問

●資産を守る時期と攻める時期


株式投資では、どうしても資金を増やしやすい時期と、資金が減ってしまう時期が出てきます。


当然、資金を増やしやすい時期は攻めていき、一気に増やす必要があります。逆に資金が減ってしまう時期には、出来るだけ守りの姿勢で、現金化や安全策を取って、資金を大切にして、減らさないように守ることが重要になってきます。


弊社の成功ナビでは、継続的な活用が前提になっていますから、攻めの時期も守りの時期もどうしても出てきます。


この一年でみると、今は守りの時期です。


実際に、日経平均やマザーズ指数、2020年版30万円コースの直近1年の推移を比較すると、


【2020年版30万円コース】

2021/5/13:52万円

2021/11/12:61万円

2022/5/12:65万円

騰落率:25.0%


【日経平均株価】

2021/5/13:27,448円

2021/11/12:29,609円

2022/5/12:25,748円

騰落率:-6.1%


【マザーズ指数】

2021/5/13:1065

2021/11/12:1137

2022/5/12:620

騰落率:-41.7%


日経平均は27,000円台から25,000円台へ、マザーズ指数に至っては1065ポイントから620ポイントへ暴落しています。


この間、2020年版30万円コースでは、損失を最小限に抑えながら、新光電工(6967)や丸紅(8002)、TOWA(6315)などで着実に利益を積み上げてきました。


特に直近は、資金を大切に守りながら進んでいます。


【続きは会員サイトで公開しております!】

◎3ヶ月9,000円(税込)〜の会員サービスを是非、ご活用ください。
お申込みはこちら