12日の日経で、任天堂Wiiが据え置き型ゲーム機の累計販売台数で世界首位に立った事が報道されました。
任天堂Wiiと同時期となる2006年11月に販売されたソニーのPS3と比較すると、任天堂Wiiの販売台数はPS3の約2.5倍となった模様。体感型という新機能が人気を呼び、日米欧で販売台数を伸ばしております。

★弊社ではHP上で任天堂(7974)の無料レポートを提供中。2006年10月23日に24,420円で推奨→2007年9月13日終値52,200円と大幅上昇中です。また任天堂に続く大化け候補銘柄として、日本碍子(5333)の無料レポートも公開しております。(任天堂の無料レポートの中にも追加しております)日本碍子も9月13日終値3,300円と大幅上昇中となっており、今後も環境関連の代表格として注目されます。
下記リンクからもご覧頂けますので、是非ご参考下さい。

目標株価10万円任天堂無料レポート(PDF30ページ)

日本碍子(5333)無料大化け候補銘柄第3弾レポート(PDF7ページ)


会員サイト内では「中長期の大化け候補銘柄」「初心者シミュレーション」「IPO全銘柄の投資判断」「市況解説と短期注目銘柄」、これらすべてのコンテンツを利用でき、月額わずか3,000円で提供中!


弊社ホームページはこちら
株初心者のガイド役〜株式市場センター〜



昨日の株式市況と本日の投資情報戦略
13日の日経平均株価は前日比23円高の15,821円、TOPIXは前日比5ポイント安の1,522ポイント。東証1部の売買代金は概算で2兆2,357億円、売買高は15億6,210万株。騰落銘柄数は、値上がり539銘柄、値下がり1,067銘柄、変わらず111銘柄。NY市場は、前日比133ドル高の13,424ドルで取引を終えています。為替相場は114円80銭近辺で推移しています。

昨日のNY市場は、好材料が続出となり大きく上昇しました。新規失業保険申請件数は4,000人増と増加したものの、事前の市場予想(6,000人増)ほど悪化しなかったことや、カントリーワイドが120億ドルの資金調達能力を確保したこと、シティグループがGMの投資判断を買い推奨にしたこと、マクドナルドの増配など。これらが好感され、NY市場は朝方から全面高となり、上記に挙げたカントリーワイドやGM、マクドナルドが大幅上昇し、終日堅調な展開となりました。そして、CMEは15,980円(前日大証終値比180円高)となっています。

これらを受けた本日の東京市場は、買い先行でのスタートとなりそうです。本日は、先物オプションのSQですが、事前予想通り影響が限定的なものであれば、米国株高や為替相場の円安進行を好感した買いが優勢になると思われます。また、WTI原油先物が80ドル台に乗せて取引を終えていることから、引き続き資源関連株への買いも期待でき、相場の下支えとなりそうです。ただ、東京市場は週末3連休となることや、週明けの18日には米国でFOMCが予定されていることから、積極的に上値を追う動きは限定されると思われます。そのため、本日の東京市場は、無難にSQを通過した後も押し目買いが入り、しっかりとした値動きになるものの、徐々に様子見気分は強くなると思われます。

13日の東京市場は、前日後場に売られた反動や、CMEにサヤ寄せする形で先物に買いが入り反発して始まりました。ただ、その後は翌日にSQ、来週にFOMCを控えていることから、上値を買い進む動きは見られず、徐々に上げ幅を縮小させました。結局、日経平均は小幅上昇にとどまりましたが、前日の終値は一度も割らずに取引を終えています。個別では、原油先物高から新日本石油(5001)や昭和シェル石油(5002)、国際石油開発帝国HD(1605)などの石油関連株が続伸となったほか、伊藤忠商事(8001)や丸紅(8002)、三井物産(8031)などの商社株も買われました。一方で、みずほFG(8411)や三菱UFJ HD(8306)、三井住友FG(8316)などの大手銀行株は続落となっています。また、ソニー(6758)やシャープ(6753)、東芝(6502)などの主力ハイテク株の一角も軟調な展開になっています。

13日の新興市場は、ヘラクレス指数が反落、JASDAQ平均・マザーズ指数は続落となり、3指数揃って4日連続で年初来安値更新となっています。主力株では、楽天(4755)やSBIイートレード証券(8701)、インテリジェンス(4757)などが小幅ながら反発しましたが、ミクシィ(2121)やDeNA(2432)は反落、ACCESS(4813)やインデックスHD(4835)などは続落となっています。また、直近公開銘柄は、フルスピード(2159)やアイル(3854)が前日の大幅安から一転してストップ高、マネーパートナーズ(8732)やディアライフ(3245)が続伸となっています。一方で、チャイナボーチー(1412)やNPC(6255)、インフォテリア(3853)などは売られています。

中長期戦略
来週18日に開催されるFOMCで、FF金利0.5%の引き下げが市場では有力視されています。また、来週から米大手証券の決算や住宅市場に関連する指標の発表も相次ぐため、これらの動向を確認しながら相場も徐々に安定感を増していけるかが注目されます。一方、国内では政局混乱や設備投資の低迷、円高進行など日本固有の問題から、世界各国の株式市場に対して出遅れが目立っています。今後も、国内外におけるこれらの問題が徐々に収まっていけば、日本の株式市場も下値を切り上げる展開に移行できるのではないかと思われます。8月の相場急落後に、弊社がメインシナリオとして提示した流れに落ち着いてきそうです。弊社では、引き続き相場を見極めながら、銘柄を精査して推奨していきたいと考えております。                                


弊社ホームページはこちら
株初心者のガイド役〜株式市場センター〜

日々の株式市況と本日の投資戦略を毎日配信しています。
株式市場センターが送る 株式市況・投資情報センター(無料メルマガ)はこちら

IPO全銘柄の投資判断はこちら
IPO株式市場センター