下町ハーレー◇リグニス東京ブログ

東京都墨田区のエボリューションハーレー専門店リグニス東京のスタッフブログです。日々の活動報告や車両情報などを発信していきます。

みなさんこんにちは、カジノです。昨日は茨城県へ納車に出かけてました。
IMG_9262
FXSTCソフテイルカスタム。大型免許をとって、初めての車両にコイツを選んでいただきました。

オーナーさん、免許取って、引越もして、待ちに待った納車日!そんな「晴れの日」なのに・・・
IMG_9263
前日から天気は崩れっぱなし。午後には回復するような予報だったので、ギリギリまでショップで待機してみましたが止む気配もなく、「いきなり濡らしてゴメンナサイ」と心でつぶやきつつ出発。

で、小雨の残る中納品を終え帰路・・・
IMG_9266
いい天気になってきたゾ!オーナーさんからも「天気が回復して乗れました」とLINEをいただき、無駄に6号線を走って太平洋に癒され(ちょっとサボリ)、無事に納品完了の水曜日でした。しっかり整備してますので安心してエボハーレーお楽しみいただけると思います。Mさん今後ともよろしくお願いします。

当店でやってるLINE@の1:1トーク機能はホント便利。ぜひご利用ください。
友だち追加
まだご登録いただいてない方は↑コチラをクリックで

さて、最近のリグニス東京トピックです。
IMG_9247
ストックバイクのヘイリテイジスプリンガー。着々とレストア作業進めてます。

もうエンジンは組みあがってまして
IMG_9246
いまはエンジン降りてスッキリした車体まわりを進めてます。スプリンガーフォークも全バラ。ここまでやるショップも少ないのではないかと思います。分解しないと絶対きれいにできないインナー側のスプリングなんかもピッカピカ。
IMG_9249
「レストア」なんて言うからには、通常の整備+αの手間をかけて進めてます。もぉ新品では手に入らない貴重なオリジナルスプリンガー。磨き倒しております。

ロードホッパーType9はエアクリーナー交換。この年式は初めて。
IMG_9256
いろいろと補機類も多い年式なので簡単にはいきません。チェリーズさん製作(やはりこのカタチは間違いない)のワンオフエキゾーストに合わせるのは・・・

S&Sのステルスにパインバレーさんオリジナルのカーボンエアクリーナーカバー。
IMG_9257
見た目ももちろんですが、パフォーマンスも高そうです。カーボンなので超軽量。最終17年モデルでここまでカスタム進めてるお客様も少ないかも。

さぁ!いよいよ週末、日曜日はリグニスRUNです。開催日も近くなって、続々と参加連絡いただいてます。今のところ15名弱ぐらい。ハーレーとロードホッパーが半々というのがリグニス東京らしいです。もっともっと増えないかな~
touring-facebook-003
僕も久しぶりに自分のダイナを引っ張り出して、ちょっと乗ってきました。
IMG_9269
12月のツーリング以来乗ってなかったりしますが、いい感じでございました。僕がトラブッちゃうとシャレになりませんので、念入りに点検調整しておきます。今回もアシスタントでスタッフ小林を連れていきます。コバはType9でいきます。「エストレアでぶっちぎれ!」って言ってるんですけど、ホッパーがいいらしいです(笑)。


今のところ天気は問題なさそう。楽しみですね~。迷ってる人も、一回来てみたら仲間も出来て楽しいですよ!!安全運転でのんびりいきますので、ぜひご参加くださいね。









「リグニス東京安心車検」のご案内
サービス案内WEB-車検
新車や当店の主力である輸入新規登録車は最初3年後、以降は2年ごとにやってくる車検。ユーザー車検も普及しご自身で車検場へ持ち込む方もいらっしゃるかと思いますが・・・

ちょっと待った!!!

ということで、当店の安心車検のご案内。(画像は文章とは関係ありません、あしからず)
IMG_E8283_R
車検は検査に通ればよいというものではありません。安心、安全に乗り続けられるようにプロの目で点検、そしてプロの技術で整備、これをお勧めしております。メカニカルトラブルには必ず「兆候」があります(電装系は突然やってきますが・・・)。しっかり点検、そして必要な個所は調整などをさせていただくことで、後に起こるかもしれない重大なトラブルを未然に防ぐこともできます。安全に、かつ結果お財布にもやさしく、愛車を引き続き楽しくお乗りいただけると思います。
IMG_E8276_R
オーナーさんは調子よく走っているつもりでも、実は既にトラブルが表に出ていることも多いです。例えばホイールやステムのベアリング。徐々に具合が悪くなっていくので、意外と乗り手は「こんなものか」なんて気づかず乗られていることも多いです。しっかりリフレッシュすると押し引きだけでも違いが感じられたりしますが、プライベーターでは交換・調整ままならない部位だったり。エアクリーナー掃除したことありますか?チェーンのテンション、見てますか?ケーブル類の遊びは適正ですか?エアクリーナーが汚いぐらいは走りが悪い程度で済むかもしれませんが、チェーンやケーブルはその先に(後に?)ビッグなパーツがおりますので、症状が出たころには「アイタタタ」となること必至。軽く見てはいけません。
DSC07354_R
この辺り、ありとあらゆるところ管理しようと思うと、知識がしっかりあってマメ、かつ感度が鋭くないと正直厳しいかなと思います。その点、我々は一日中バイクのことしか考えてませんし「おぉぉ・・・」ってのもいろいろ見ていますので(笑)。おまかせください!
IMG_7498_R
当店の車検はしっかり工具をあて、点検整備を行います。基本価格は継続検査で上のバナーのとおり81,820円から(法定費用含む)となっております。カスタムされた車両などもお気軽にご相談ください。整備内容はご予算に合わせご提案いたします。
DSC07556_R
私的な私感ですが、オートバイも高級化が進み、コロコロと車両を乗り継ぐと言うよりはお気に入りの一台を奮発し一生モノとして付き合っていく、そんな傾向が強くなってきているような気がします。愛車と永く付き合うために定期的な点検とメンテナンスは基本。オイル交換やカスタム等で定期的にバイクショップへ車両を出す方などは、都度ショップスタッフの目に触れ、それが自然に点検の機会となって未然にトラブルを防げることも多いです。そんな機会の少ない方こそ、車検時ぐらいはしっかりプロに預けるのが良いと思いますよ。

微妙な曇り空で雨も降りだしそうなリグニス東京。来週日曜はツーリングなので、「雨降るなら今のうちに降っとけ」とも思いますが・・・。

さて
DSC07739_R
当店のストック車両、動画が用意出来ていない車両なんかもありましたので、この機会にリグニスのWEBページ、掲載情報をメンテナンスしました。現状、動画が撮影できるものは全部揃えましたのでぜひご確認ください。最新の情報になってます。

リグニス東京の在庫一覧はこちら

上のワイグラなんかほぼ完成してるんですが、FUELセンダーユニットという燃料計のセンサー?みたいなパーツが入荷待ちでFUELラインが繋がっておらず、整備用のFUELボトルで無理やり撮影してます。屋外で撮影した車両は風をひろっちゃってピューピューいってたりしますが、実際にエンジン始動してブルンブルンと震える車両は臨場感あると思います。

動画についてはYoutubeチャンネルにもアップしておりますのでこちらもぜひ覗いてやってくださいね。時間を見つけてストックバイクの紹介以外も、いろいろアップしていきます。
リグニス東京のYoutubeチャンネル
IMG_9231
先日入荷した99ヘリテイジスプリンガーはエンジン組み立て中。整備に関してはノウハウと言うか企業秘密の部分もあって全てはお見せ出来ませんが、こういった作業動画も充実させていく予定です。


友だち追加

あと一週間とちょっとに迫ってきました今年最初のリグニスRUN
touring-ban-003
行程が固まりましたのでご案内します。参加予定の皆様はサラッと結構ですので確認よろしくお願いします。

開催日:4月22日(日) 
集合場所:中央高速道路 石川パーキングエリア(下り)
集合時間:9:00


MAP(なんとなく、こんな感じで)状況により変更あり
VOL3-MAP
石川PA下り(集合)=中央自動車道経由=相模湖東IC=R412・道志みち(途中給油)=道の駅どうし(休憩)=山中湖(食事)=山中湖IC(東富士五湖道路)=R138・県道151=道の駅ふじおやま(休憩)=R246・R255=大井松田IC=東名高速道路=中井PA上り(解散)

集合場所が高速のパーキングですし、集合場所までがそもそもツーリングって方も多いと思いますので、相模湖東出口で高速を降りたら早めに一度給油をしようと思います。大体出口から10kmぐらいでスタンドがありそうなので、皆さんご自宅からの距離でガス欠しないよう計算してみてください。

ロードホッパーなどFUELタンクの小さいモデルで心配(または無理)な方は、面倒ですが調布や国立府中で一回降りちゃうのもありかも。R20沿いはスタンドいっぱいあります。

解散は東名の中井PA(上り)を15時ぐらいで考えています。石川PAから解散の中井PAまで、みんなで一緒に走る距離は130km弱となります。

開催or中止(延期)のアナウンス
前日夕方のブログ・Facebookでご案内します。気象庁が17時の発表する天気予報でツーリングルートの降水確率30%以下で開催、40%以上で一旦延期となります。最終はショップのアナウンスにてご判断いただければと思います。

参加確定の方は事前にご一報いただけると助かります。ご質問などございましたらお気軽にカジノまで。集合場所まで、道中心配な方は一緒に行けますのでご相談くださいね。

それでは!当日の「快晴」を祈りましょう!!よろしくお願いします!!!



みなさんこんにちは、カジノです。あれよあれよという間にもぉ4月、おかげさまで忙しい日々を過ごしております。リグニス東京の前は川(運河?)が流れておりまして、そこの桜がライトアップされてとて綺麗なんですが毎年この時期は「シーズンイン」のドタバタでのんびり桜を楽しむような余裕がなかったりします。

さて、昨日ですがリグニス愛知へ出向き新しくアメリカから入荷した直輸入エボをピックアップしてきました。
IMG_9130_R
今回、第一便の入荷は三台。トラックには二台が積載のMAXなのでとりあえずこの二台をピックアップしてきました。
DSC07686_R
99年モデルのFLSTSヘリテイジ・スプリンガー

DSC07715_R
93年モデルのFXLRローライダー・カスタム

どっちも珍しいモデルですが、王道のヘリテイジスプリンガー、マニアのFXLRといった感じでしょうか。今回は速報ということで、ササッとご紹介しますね。

まず、ヘリテイジスプリンガー。
DSC07671_R
「エボリューションハーレー」というカテゴリーを超越した一台。「これに乗りたい」と憧れる人も多いプレミアムモデル。99年はエボソフテイルの最終年式です。エボのヘリテイジスプリンガーは97年に登場、99年までの三年間しか販売されていません。
IMG_9135_R
当時物のオプションと思われる、レアなワンピースシートも似合ってます。バッグも潰れナシでシャキシャキです。
IMG_9132_R
本革なので、どうしても変形しちゃう部位だけど・・・。どうっすか?これ?完璧!
DSC07676_R
ナックルヘッド時代のオマージュ的モデルですので、ぜひ「テイスト重視」で乗っていただきたい。となると絶対的に人気は「エボのヘリテイジスプリンガー」になるわけで、程度の良いモデルは全国的に引き合いがあります。
DSC07677_R
今回入荷した一台も非常に綺麗な個体。
DSC07687_R
from カリフォルニアです。

ナンバープレートも記念にどうぞ。
IMG_E9149_R
洗車前の撮影ですが艶々してますね~。スモークウインカーはノーマルへ戻しますね。ウインカーに限らず、整備や国内の規制適合のため仕様は予告なく変更いたします。ご了承ください。

この車両は、エンジンオーバーホールを施して販売します。一生モノとして愛してやってください。
DSC07691_R
ということで・・・

現在はこんな感じに。
IMG_9165
エンジン降りました。
IMG_9166
エンジンも綺麗ですよ。明日から本格的に作業開始の予定。

さてさて、FXLRは~
IMG_9151_R
一旦ショールームに並べるので、まずは洗車。はるばる太平洋を渡ってきたとは思えない綺麗さで、水をかけるのはちょっとためらう・・・
IMG_9157_R
久しぶりにマジ磨きしました。最近はコバヤシがメカニックになっちゃったんで「コバ磨いとけ!」が出来ないので、自分でやるしかない。昔取った杵柄でピッカピカ!もうちょっとしたら工場に入ってバラバラになるんですが、「新車か?」って感動をお客様にも味わっていただきたく頑張りました。

90th記念カラー。シリアルナンバー126/800台。
IMG_9159_R
スペシャルモデルの証、エンブレムが渋いです。色使いが時代を感じさせる。赤じゃないですよ、朱色っすシュイロ。シルバーとダークグレーに鮮やかな朱色のライン。ダサカッコイイじゃないですか!!

シリアルナンバーはハンドルマウントのインジケーター部にアリ。分かります?インジケーターランプも渋いでしょ?
DSC07706_R
このFXLR、スゴイのはオリジナルの状態をキープしていること。

FXLRの特徴でもある専用ハンドル。この形状、かなり凝ってます。
DSC07704_R
引き幅大きくナロー気味なハンドルで、絶妙なポジションです。

シートもおせじ抜きに新品みたい。
DSC07699_R
このレザーの余ってるフニャフニャ感。これがオリジナル。ダサカッコよさの極み。レザーの質も同じエボでも高年式モデルのそれとは全然違う。いいなぁこの旧車感。

FXLRのタンクは分割じゃないんですが、こんなレザーのトリム?(通称:よだれかけ)もオリジナル。こんなに綺麗に普通残ってないです。当然新品なんて手に入らない。タンクがセンターでプレス(溶接)されてるのでそれをこのトリムで隠してます。
DSC07707_R
手入れ具合がモロに出るのが「革」。先に触れたヘリテイジスプリンガーのバッグなど、ハーレーは本革を使っている部位も多く、ここが綺麗にキープされているのはかなり価値が高い。相当保管の環境が良かったんでしょうね。さすが直輸入エボ。

マフラーも純正がついてます。この時代は純正でもいい音しますよ。
DSC07697_R
ヒートガードもしっかりしてるのでこれだけでも価値ありかも。
DSC07717_R
フロント21インチのFXRは度々ご紹介しているFXR2なんかと同じスタイル。真横からみるとハンドルのプルバック具合がよく分かりますね。

ショベル時代から続く伝統のFXR。エボのローライダーはFXDLが始まりじゃないゼ!と言いたい

IMG_E9161_R
この車両も後世に残したいレア車なのでオーバーホールして販売を予定しています。走行4000マイル台なんだけど、純正パーツでパリッと仕上げられるうちにやってしまいましょう!

個人的に感動モノの二台ですが、とくにFXLRなんかこのミラクルさ加減、分かる人は同業者だけなんだろうなぁ(笑)。週末はリグニス東京で、ぜひこのレア車を愛でていただきたい。

週末はご来店いただければ作業風景含めじっくり車両を見ていただけるよう、工場の方も配慮しますのでぜひお気軽にご来店ください。整備中につき販売価格はASKですが、予定価格はご案内できますよ。ご来店、お問い合わせ、お待ちしております!!!














↑このページのトップヘ