サクッと爽快!NEWSイッキ見

世の中の動きをサクッと読み切って, これさえ見ておけばとにかく安心!”というブログを書いていきたいと思います。毎日チェックしてみてください。よろしくお願いします

    世の中の動きをサクッと読み切って、 これさえ見ておけばとにかく安心!”というブログを書いていきたいと思います。毎日チェックしてみてください。よろしくお願いします



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/14(金) 17:44:50.05 ID:CAP_USER9.net

    写真週刊誌「フライデー」の公式サイトが2018年9月14日朝、吉澤ひとみ容疑者(33)のひき逃げの瞬間の動画を公開した。吉澤容疑者が運転する車が横断歩道上の自転車をはね、そのまま走り去る様子が収められている。

    ネット上では吉澤容疑者に対する怒り声が殺到。しかし、その一方で動画には、事故現場周辺に居合わせた複数の歩行者が事故を目の当たりにしているにもかかわらず、被害者を助けに行かずにその場を立ち去っていく様子も収められている。
    このため、「なぜ助けに行かなかったのか」との声も多い。

    「自分には救助できない」というバイアス
    公開された動画をみると、事故にあった自転車の女性と男性のほかに、女子高生とみられる学生など、数人が歩道を歩いていたり、横断歩道を渡ろうとしていた。

    いずれも事故が起きた直後、被害者2人の様子を見ていたが、2人が相次いで立ちあがったのを見届けるかのように、そのまま横断歩道を渡ったり、通り過ぎる姿が映っている。
    ネットでは、2人を救助しないことに批判の声も出ているが、事故を目の当たりにしているにもかかわらず立ち去ってしまった歩行者たちについて、心理学博士の鈴木丈織氏は以下のように指摘する。

    「まず、『周りにいる誰かが助けるはずだ』という「責任の分散」(傍観者効果)が働くため、目の前の事態を認識しても駆け寄ったりなどの行動をしない人が多いです。
    それから、救助といった普段は行わない行動については、『自分にはできないに決まっている』というバイアスが働くため、やはり救助に向かわない人が多いです。
    ほかの人から見ると無責任な行動に見えますが、人間の心理からすると自然な行動です」
    また、ほかに考えられることとして、

    「事故という衝撃的な光景を目の当たりにしたため、倒れている負傷者を見て『自分も動けない』との錯覚に陥り、助けに行けなくなった可能性もあります。
    また、事故という極限状態から『自分だけで良いから助かりたい』との思いで現場から離れてしまったり、『自分が関与したことで状況が悪化してしまうのではないか?』との思いで助けに行けなくなる人もいます」
    「今回の事故では、はねられた2人が比較的すぐに起き上がっていることから、『軽傷に違いない』というバイアスもかかっていると思います。
    事態を良い方向に考えるバイアスもまた、助けに行けなくなる理由の1つです。これらのさまざまなバイアスがかかってしまうため、日ごろの訓練がないと救助というものはなかなかできないものなのです」
    とも説明する。

    心理学的な観点からすると、救助せずに立ち去ってしまった歩行者たちの行動は、意外なまでに人間の心理に従った行動だったようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15306579/
    2018年9月14日 17時15分 J-CASTニュース


    【【芸能】吉澤ひとみ容疑者ひき逃げ動画 歩行者たちはなぜ助けに行かなかったのか】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/12(水) 18:01:38.63 ID:CAP_USER9.net

    木村拓哉が新作ゲームの発表会にサプライズ登場だ。9月10日に行われた「JUDGE EYES:死神の遺言」の完成披露会に、主要キャラクターを演じた俳優陣の一人として木村が登場したもの。
    木村は元弁護士にして探偵というキャラを務めており、完成披露会にはゲームキャラと同じく黒い革ジャン姿で登壇。
    髪型もキャラ同様に毛先を跳ねさせ、サスペンスアクションの主人公にふさわしいワイルドな出で立ちを見せていた。

    そんな木村の様子はテレビやスポーツ紙はもちろん、ネットニュースでも紹介。
    最近はジャニーズ事務所の方針転換により、発表会や披露会での画像がネットにも掲載されるようになり、木村の革ジャン姿も広く伝わることになった。
    そんな木村に対してファンからは意外な反応が出ているという。芸能ライターが耳打ちする。

    「最近は身辺警護人や検事など堅い役の多い木村ですが、今回はワイルドな探偵とあってイケメンぶりを遺憾なく発揮しています。
    しかしネットニュースに掲載された写真を見たファンからは『キムタクも老けたなあ‥‥』と残念な感想が漏れ伝わっていました。
    芸能界を代表するイケメンキャラだった木村も11月には46歳になり、もはやアラフィフに突入する年代。
    年齢相応に老けるのは当然ですが、今回の画像では目の下に大きなクマのようなシワが目立っています。
    目元のシワは最も加齢を感じさせやすいパーツで、さすがの木村も寄る年波には抗えないようです」

    ただ木村は8月20日にも映画「検察側の罪人」の納涼試写会に出席し、共演の二宮和也と一緒に取材に応じていた。
    その時には「老けた」という声はほとんど聞かれなかったのだが、なぜ今回は加齢が目立ってしまったのだろうか。

    「試写会を報じたネット画像はほとんどが記念撮影で、きっちりと決め顔を作っていました。
    二宮と談笑する場面のカットも、遠くから望遠レンズで撮影していたのかシワが目立たなかったのです。
    それに対して今回のゲーム完成披露会では、マイクを手にコメントしている姿が多数掲載。
    そこでは下からあおる角度で撮影されたカットが多く、照明の関係もあって目元のシワが強調されてしまったようですね」(前出・芸能ライター)

    テレビや新聞では下からあおるように撮影することはほとんどない。
    今回はどうやらネットメディアならではの撮影角度が木村の加齢ぶりを浮き彫りにしてしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1519594/
    2018.09.11 18:15 アサジョ


    (出典 portal.st-img.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 japan.cnet.com)


    (出典 www.famitsu.com)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 contents.gunosy.com)


    前スレ                       2018/09/11(火) 18:49
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536705276/


    【【芸能】木村拓哉の革ジャン姿に「めっちゃ老けてる!」と残念な声 ★5】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/12(水) 22:12:27.54 ID:CAP_USER9.net

    最近は、アイドルの“ベッド写真”に驚く人も少ないだろうが、『フラッシュ』(9月25日号)の《火遊びベッド写真》という、ちょっとレトロなタイトルが、目を引いた。

    “大人の火遊び”なんて言葉は、最近、目にすることが少なくなったが、辞書によれば、「無分別な、その場限りの情事」のことを指す。

    同誌は、関ジャニ∞の大倉忠義の、“火遊び”を報じている。

    この手の“ベッド写真”はよくあるといえば、よくある話で、今回のお相手は、名古屋の飲食店に勤めるA子さん。

    7月下旬、仕事で名古屋を訪れていた大倉は、A子さんが勤務するクラブに飲みにいくと、席に着いた彼女を「すっごい俺が好きなタイプ」と、口説いてきたという。

    そして、いわゆる“アフター”で彼女を誘い出し、別のお店で飲んでホテルにお持ち帰り。ここまではよくある話だが、問題はそのあとだ。

    A子さんの知人が、彼女から聞いたところによれば、

    「大倉くんは無言で抱き寄せて、下だけ脱がせて、いきなり……」

    そして、すぐ寝てしまったという。

    翌朝、起きても彼は、A子さんとしばらく目をあわせようともせず、声をかけても生返事ばかり、さっさと帰ってほしいという感じだったそう。 

    これが事実なら、あちらこちらから「最低!」という声が聞こえてきそうだ。

    「この手の記事は、たいてい知人や友人が本人から聞いた体裁で書かれていますが、写真の出所はだいたい一夜を共にした女性です。
    女性は勤務先も、連絡先も知られているので、あとで責められても、知らなかった、知人が勝手にやったと弁解できますからね」(週刊誌記者)

    しかし、こうした“ベッド写真”が流出する一番大きな原因は、タレントの“遊び方”にもあると言えるだろう。

    「女性が面白半分で、あるいは謝礼欲しさで写真を週刊誌に持ち込む場合もありますが、たいていはタレントに対する“怒り”があるからです。

    恨みつらみですね。女性だって遊びであることはわかっているでしょう。それでも不愉快な気持ちにさせられれば、誰だって怒りますよ」(前出・週刊誌記者)

    大倉は、アイドルといっても、もう30歳を越えている大人。一夜限りの相手だとしても、女性の気持ちを考え、もう少しスマートな遊び方ができないものだろうか。

    最近の男性アイドルタレントの場合、“ベッド写真”が出たからといって、痛くもかゆくもないだろうが、こんなことを続けていれば“火遊び”の火が、大火につながることだってある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00013300-jprime-ent
    /12(水) 22:00配信


    【【芸能】大倉忠義の『ベッド写真』流出に芸能ジャーナリスト「もっと女性を大切にしないと」】の続きを読む

    このページのトップヘ