IMG_20140724_015457

7月23日から27日までサン・セバスチャン市でジャズフェスティバルが開催されました。
http://www.heinekenjazzaldia.com/en/

メイン会場のKursaal コンベンションセンターを中心に市内17ヶ所にステージが設置され
数多くのミュージシャン、アーティストが出演します。

IMG_20140724_013105

IMG_20140724_013558

IMG_20140724_015000

実施される112のコンサートの約70%が無料というのも嬉しいイベントです。

上に貼った3つのステージはKursaal コンベンションセンターとZurriolaビーチの間に設置されていて
普段はジャズや音楽をそれほど聴かないという層の人達も子供からお年寄りまで幅広く
散歩がてらに立ち寄ることができます。



IMG_20140724_011720

IMG_20140727_233650

ビーチに設置されたグリーン・ステージ、公演は21:30と深夜の00:30からなので夕方はまだ人影まばらです。

このステージで今年観たのは

7月23日(水) レイ・デイヴィス

IMG_20140724_020226

ブリット・ポップの父、レイ・デイヴィス御年70歳
まだまだやる気満々です。ちょっと足元がふらついた時もありましたが(苦笑)

IMG_20140724_021808

往年のザ・キンクスの名曲の数々をたっぷり聴くことができて大満足でした。

セットリスト Ray Davies Setlist at Jazzaldia Festival, San Sebastian, Spain
http://www.setlist.fm/setlist/ray-davies/2014/jazzaldia-festival-san-sebastian-spain-5bc10300.html

You Really Got Me で大いに盛り上がった後に全員がステージから去って行って、音楽も鳴り始めたので
「え?まさか終わり!あれ聴いてないのに~~」と思っていたら、再登場。

Waterloo Sunset をやっと生で聴くことができて感激しました。


7月24日(木) デロレアン、エコー&ザ・バニーメン

バスクの街サラウス出身でバルセロナを拠点に活動するダンスミュージックバンドDelorean

P7241664

軽快な音にのった人達で埋まったスリオラビーチはダンスパーティ会場に。



P7241650

10565208_813954141949395_3457939762840993780_n

P7241682

主に北米・ヨーロッパで活躍しているデロレアンですが、やっぱり地元での公演はやるほうも観るほうも
盛り上がります。


そして今年ニュー・アルバムをリリースして本格的に再始動のエコー&ザ・バニーメン

P7251691

P7251694

わざとイアンにスポットライトが当たらないようにしてるようなライティングでしたw

10485922_813954075282735_2856124602741531552_o

新曲も数曲混ぜたセットリストでしたが、Rescue, All My Colours, Lips Like Sugar, All That Jazz,
Do It Clean, Villiers Terrace, Never Stop, The Cutter, Seven Seas, Bring On the Dancing Horses
The Killing Moon, Ocean Rain などなどファンには感涙の曲の数々。

Nothing Lasts Forever からルー・リードのカバーWalk on the Wild Side への流れも素晴らしかったです。

イアンの声が出ていなかったらどうしようという心配は、6月のアーケイド・ファイア、ロンドン公演に
サプライズ出演してウィン・バトラーとThe Cutter を共演した動画を見た時に吹き飛んでいましたし
衰えていないイアンのボーカルと、鋭いキレのあるウィル・サージェントのギターを再び生で聴くことができて
とても嬉しかったです。

Ian

リバプールアクセントが強いイアンのMCはとても聞きとりにくかったんですが、長い年月を経て
再び(または初めて)バニーメンのライブを聴いている熱いファンの声援を受けてとても上機嫌で
ぼそぼそと何かつぶやいては一人でウケてくすくす笑うほどでした。



↑はVilliers Terrace ですね。





意外に男性ファン、年配の男性ファンが多かったです。バニーメンが一番活躍していた80年代前半頃に
地方都市でUKロックを聴くような女性はたぶんほとんどいなかったんでしょうね。

イアンと同世代の男性ファン達が野太い声で叫んでいる様子はサッカー試合の応援のようでした(笑)


7月25日(金)

この日はKursaal コンベンション・センターで開催されたチック・コリアとスタンリー・クラークDuet
のコンサートに行きました。

IMG_20140725_200916

この世の中にはとんでもない才能を持って生まれてくる人達がいるのだなとつくづく思わせてくれるような
チック・コリアのピアノとスタンリー・クラークのウッドベースの演奏に会場の聴衆は酔いしれました。

IMG_20140726_034912

アンコールでは、前日に自身のコンサートを終えて客席でこのコンサートを楽しんでいた
ボビー・マクファーリンがチック・コリアに呼び出されて3人で共演というなんとも豪華なセッションを
堪能することができました。

IMG_20140726_034229

今回私が観る事ができたのはジャズフェス全体の極一部です。
ちなみに今年はジャズピアニストの秋吉敏子さんがジャズフェス名誉賞を受賞されていました。

元気があれば午後の早い時間から深夜まで何時間もあちこちハシゴしながら(しかも大半が無料)
楽しめるイベントです。さて、来年は誰を観る事ができるでしょうか。


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ