新年・happy new year


2019年・元旦
明けましておめでとう
ございます。

さて、我が家の恒例、
世界の偉人筆跡カレンダー、
今年は何と
ショパンです

音楽家としては
かなり興味深い。

さて・・こんな感じです。

image






image






毎月掲載される
ショパンに関する
スケッチなども
なかなか面白い

ちなみに、
2019年は、ショパンの
没後170周年です。
(南無南無)

ショパンといえば・・
1月6日(日)
恒例の林先生門下コンサートにて
(武蔵野公会堂・パープルホール
13時開演)
私、ショパン・プレリュード Op.28を
演奏します。
久しぶりに、
皆さんにお会いできる事を
楽しみに 

2019年
皆さまにとって
良いお年になりますように







 

銀河鉄道



秋晴れの爽やかな日々が
続くこの頃です。

先日は、
コンサートのため
岩手町の
石神の丘美術館へ。


盛岡から
IGRいわて銀河鉄道に
乗っていざ出発・・

少しずつ
余計な建物は
少なくなり・・
あっという間に
車中から
見える景色は
日本の原風景。

これはまさに
銀河鉄道だ。

石神の丘からは、
姫神山、岩手山が
望める。

ちょうど
秋祭りもあり、
太鼓の音も鳴り響く。

風の匂い、水のせせらぎ、
自然の清々しさを
あらためて
感じる。


さて・・・
そんな中、私、
おかげ様で
気持ちよく
演奏できたような
気がするのですが。

やはり
自然は偉大です。













お盆&ご案内


8月、やはり
猛暑の日々が
続きます・・

お盆休みですが、
そういえば、
昔、祖母が
せいろで
蒸かしたお赤飯は、
絶品だったな・・などと
お墓参りを済ました後、
ふと思いだしつつ。

今日は、山口県の
迷子の男児が見つかったとか・・
見つけたのは
ボランティアの方、
安堵と共に
大変感心 しました。

さて、
私ごとですが、
先日
「街もりおか」
月刊誌・8月号に
寄稿いたしました。

今年は、
創刊50周年
という事です。
なかなか趣があります。

どうぞご覧くださいませ。


8月街「もりおか」






もりおか寄稿文



岩手町・石神の丘美術館での
リサイタルの詳細チラシも
どうぞご覧ください。

10月7日(日)
石神の丘美術館 18時開演

プログラム

バッハ=Rikako MATSUI編曲
シチリアーナ・パストラーレ

ベートーヴェン
ピアノソナタ Op.31-2 No.17 
~テンペスト~

チャイコフスキー
ドゥムカ ~ロシアの田舎の情景~

グラナドス
演奏会用アレグロ

ショパン
24のプレリュード Op.28より


石神チラシ
















お知らせ


コンサートのお知らせです。

7月7日(タナバタ
桐朋会演奏会
岩手県民会館 中ホール
18時開演

私は、
バッハ:
シチリアーナ
リスト:
スペイン狂詩曲を
演奏します。

バッハ:シチリアーナは
ヴィヴァルディの調和の霊感Op.3の
チェロ・ヴァイオリンの
合奏協奏曲を
オルガン用にバッハが編曲
したもの・・
とても小品ですが、
美しい作品。
今回は、
ピアノ(少々アレンジ)で・・。

詳細は、
チラシをご覧くださいませ。

IMG_20180430_0001







記憶


2月も下旬、
春まだ浅い
この頃。
ようやく
日差しが
明るく
なりつつ
感じますが・・


さて先日、
何年か振りに
ニコライ・ルガンスキーの
リサイタルを
聴いた。

冒頭の
シューマンの
子供の情景、
最初の一音を
聴いて・・・

やっぱり
聴きたかった
この音、この音楽、
留学時代に
良く聴いていた
ルガンスキーの
コンサート・・
そんな記憶と共に
スッと
心に響く。

つくづく
子供の情景は
大人のための作品と
感じる。

ショパンの
バルカローレ、
バラード4番
そして
ラフマニノフの
プレリュード。

以前に
聴いた時より
また更に
音楽の幅が
広がり
素晴らしかった。

ラフマニノフは
これを聴いたら
他は・・・
という事に、
私にとっては
なりうるくらい。
エンゲラー先生の
ショパンの
ノクターンも
その類だった事を
思いだす。


ところで、
ノクターンと言えば、
カズオ・イシグロの
夜想曲集、
とても面白かった

音楽と夕暮れを
めぐる
5つの短編の
物語で、
音楽に携わる者に
とっては、
非常に
興味をそそる
テーマだった。

イシグロさんは、
作品が翻訳され
世界中で読まれる
可能性を意識して
書くようになった
最初の世代・・
との事、

そのせいか、
どの作品も
テーマが深く
ビジョンに
普遍性があるように
感じる。

また翻訳された
日本語の
美しさ、繊細さも
際立っていて、
情景が浮かぶようだ。

演奏する事と翻訳、
もちろん
全てでは無いが、
ある意味
重なる部分が
あると言っても
良いと思う。

ルガンスキーの
ラフマニノフ、
17年を経て
アルモニア・ムンディ
からの
最新盤CDは嬉しいし、
決して、
ハイ・ペースではない
イシグロの新刊も
待ち遠しい
この頃。





























クロアゲハ


9月に入り、
久しぶりに
じっくり
庭を見回すと・・・

何と
豪華な蝶が・・

IMG_0634








IMG_0618








IMG_0616








IMG_0640








イングリッシュガーデン風の
傑作の庭に
(少なくとも私はそう感じる!)
咲くハナトラノオを
この黒アゲハは
お気に入りらしい。

かなりの
ベストショットが
撮れた!!

最近、
スズメバチの巣が
出来たり・・
(さすがに
強制退場して
いただきました)
アオダイショウの子供
が出現したり・・
雑草もたくさんで・・
ザ・衝撃続きで
ある
お庭でありますが、
自然のままに
共存している
様子が
心地よく感じます。


整理整頓苦手
だからかな・・

このご時世
ふと
思いました。









色々ツラツラと


炎暑の日々が
続いております。

先日、
盛岡二高の
120周年記念演奏会
出演しました。

リハーサルで
楽屋に行きましたら、
発見。

IMG_0564

美術部制作の
120周年記念
タオルハンカチです。

可愛すぎるので、
遠慮なく、
夏服、冬服、応援団袴偏の
全種類をいただきました。
(可愛すぎて使えません

先輩、後輩とも久しぶりに
お会いできて
和気あいあい。
伝統って良いなと
思いました。

9日の
岩手県桐朋会主催の
野平先生公開レッスン&
マスタークラス、
充実していました。

幸運なことに
私、レッスン受けさせて
いただいたのですが、
目から鱗が落ち・・・
演奏に携わる者として
大変視野が広がりました。

詳細などは、
岩手県桐朋会ブログも
iwateken-tohokai.blog.jp
ご覧くださいませ。



8月6日
岩手県立美術館主催
ミュージアムコンサートの
ご案内です。

企画展では、
川端康成・東山魁夷
コレクション展が
開催されているようです。

IMG_20170717_0001


















公開レッスン&マスタークラス



岩手県桐朋会主催
野平一郎先生
公開レッスン&レクチャーの
お知らせです。

私も
野平先生の作品
響きの歩み  と
バッハの
半音階的幻想曲とフーガ
BWV.903
レッスン受講いたします。


レクチャーは、
ベートーヴェンの
ピアノソナタについて
です。

聴講料:2000円(予約不要)

楽しみな企画です


IMG_20170418_0001














岩手日報に新聞掲載
されました。


IMG_20170704_0001




プロフィール

rikako_m

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ