2017年05月16日

サムソリッド(サムプラグ)を入れる理由

 こんにちは。りっくです

 寒いです。未だストーブが必要な気温・・・ でも、3日後くらいには、また30℃くらいになるそうで・・・ 激しすぎ・・・。


 さて、前回、予定していた『サムソリッド』。
 “サムプラグ”と言ったりもしますね。

 これですね ↓
サムソリッド
   どうしても、口を開けているように見えるのは、
   私だけでしょうか・・・。

 この画像では“赤”を使っていますが、青や黄色など様々な色があり、ボールの色に合わせたりしてお洒落に彩られています。
 形はもともと円柱形。親指の穴をドリルし、サムソリッドを埋め込み(ハンマーで打ちつけてはめ込みます)、その後、自分の親指の太さに合わせて再びドリルします。


 この“サムソリッド”なるもの。そもそも何のために入れるのでしょうか。

 『ボールの色に合わせてお洒落にするため』

 ・・・ではありませんね。


 ボールは今日まで、様々な変遷を辿ってきました。
  (以前、『ボールの歴史』について記述したことがあります)

 プラスチック、ウレタン、そして現在のハイパフォーマンスを生んだリアクティブウレタンの登場(今から20年ほど前)は画期的なものでした。

 その“リアクティブ”。ボールの表面を触ってわかるように、指にペタペタとくっつく感じがすると思います。プラスチックボールは、そのペタペタ感はありません。

 ボールに指穴を開けたとき、このペタペタとする表面素材が皮膚に当たります。

     ボールの断面図
   サムソリッド
     矢印の部分が親指に当たる

 すると、親指の抜けが悪くなってしまうんです。
 みなさんも経験していると思いますが、“親指の抜け”って、とっても大切ですよね。毎回、いかに同じタイミングで抜くか・・・。
 その“ペタペタ感”を防止するためために、すべすべとしたサムソリッドが使われるようになったのです。

 もちろん、ボールによって表面素材の感覚が違ったり、中のザラザラ感(上図の赤い部分)に当たる感覚を一定に保つ働きもあります。


 私は手がすべすべしているタイプ。あまり汗もかきません。
 なので、私の手にはサムソリッドが滑り過ぎて、インサートテープでなんとかしていたのですが(親指やサムホールに息を吹きかて湿らせたり、ハンドコンディショナーを使ったり・・・)、いつもお世話になっているプロボウラーでありドリラーの方に、サムソリッドを入れない提案をしていただきました。
 ・・・で、前回の記事のようになっています。


 これが、『サムソリッドを入れる理由』です。

 自らの経験から言えることは、

 「何がなんでも入れなければならない」

 ということではなさそうですね。


 ・・・ということで、サムソリッドに疑問を抱いていた方は、すっきりしていただけたでしょうか。


 それでは今日はここまでです。

 またお会いしましょうね~


   Let's Enjoy Bowling!!

   1日1回の応援クリックお願いします
        励みになります。
     両方押していただけると嬉しいです。
        ↓                ↓
 
   ボウリングランキング        にほんブログ村

☆ボウリングの基礎知識はこちらから ⇒ 『はじめに・・・』



rikako_mat_pink_m_m at 15:20│Comments(7)TrackBack(0)グッズ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひげ坊主   2017年05月17日 06:37
サムソリッドを入れる理由、スッキリしました(^-^)
まだ、ボウリングを始めて1年半なので、わからないこと多くて、りっくさんのページで勉強させてもらってます。
読み始めた頃は、人差し指の重要さがわからなかったのですが、最近になり人差し指を意識して、さらに横回転が良くかかるようになりました、以前はフックがかからないと、オイルが伸びたと決めつけ、スタンスを変えてボロボロになること多かったのですが、人差し指を意識してから、安定してきました。
これからも宜しくお願いします。
2. Posted by ボールころ太郎   2017年05月17日 21:56
サム以外の中指、薬指に入れてあるものも、必要なのでしょうか?
私は、最初に某ボウリング場で手に入れた、どの穴に何も入っていないキャンペーンボールの穴の感触が好きで、今でも使っています。
他のボールはすべてプラグ(で合ってますか?)入りですが、入っている方が指の抜けが悪いような気がしてきた今日この頃です…。
穴に何も入れないと、指の汗や油?を吸収しやすいので、それを防ぐためにも入れた方がいいと言われましたが、
指のテーピングで防げないのかなぁと、素人考えで悶々としてました。
あと、親指と人差し指だけ入れて投げる投球ってあるのでしょうか??
今回は変な質問でごめんなさい。
きっと、経験の長い方々からしたら、何言ってんだこいつはと思われてるかも知れませんが、恥を承知で質問しました…😌
3. Posted by 悠さん   2017年05月18日 12:08
実は自分もサムソリッドは入れていません。
これには深い理由があるわけでなく、最初に作ったボールにプロが入れてくれて無くて(要るかどうか聞かれなかった)、その流れでずっと作ってないのです。
ソリッドの方がよく滑ると聞いたので、汗かきの自分にはそれでいいかなと思ってます。

親指の裏には、GIYの店で買った、ふすまや障子の滑りをよくするために貼る硬いテープを貼ってます。これはよく滑るのでサムをキツキツにしてもスポッと抜けます。それに頑丈で一度貼れば破れたりすることもないので、ものぐさな自分には便利です。ただ、硬くて厚みもあるので、重ね張りは出来ないし、サムが晴れてきつい時には困りますが。

ノームデュークなどは、フィンガーグリップも入れてないそうですね。
4. Posted by りっく   2017年05月18日 15:19
>ひげ坊主さん

こんにちは。

私も後半、曲がらなくなってしまった時があって、
レーン(オイル)のせいにしてました。
でも、自分の投げ方が悪くなっていたことに気づき、
その後は悪い癖が出ないように気をつけていたら、
今では安定して投げられるようになりました。

自分では気をつけている“つもり”でも、知らず知らずのうちに
変な癖がついてしまったり、
悪いところが出てしまったりしますね。
だから“終わり”がないです。
ずーっと鍛錬です。
5. Posted by りっく   2017年05月18日 15:37
>ボールころ太郎さん

こんにちは。

中指と薬指に入れているものは、ゴム製のものがほとんどで(シリコン製のものもあります)、
“フィンガーグリップ(通称:グリップ)”というものです。

目的としてはボールの“ノリ(乗り)”をよくするもの。
ボールにいい回転をかけるためには、
まず親指を抜いてからフィンガー2本でボールを運ぶからです。
 (自然に投げると、通常、親指が先に抜けるようになっています)

ボールころ太郎さんが感じている、“指の抜けが悪い”というのは、
ゴム製のブリップが指に吸い付く感覚があるからだと思います。

ボウリングは、
「こうしなきゃダメ」とか、
「こうしなきゃならない」というものではないと私は思っています。
 (もちろん、基本は無視できませんが)
ご自身が投げるのですから、
ご自身のフィーリングのいい指穴でいいと思いますよ。
サムプラグ同様、フィンガーグリップを入れていない人もいます。
いろいろ試されて、ころ太郎さんが納得のいくまで
やってみるといいと思います。

親指と人差し指だけで投げる投法は、今のところ、私は聞いたことはありません。
想像してみましたが・・・。
ボールを支える(持つ)の、大変そうですね。
一般的な筋力の人なら、10ゲームも20ゲームも投げられないかも。
指や手首にも相当の負担がかかりそうですね。

6. Posted by りっく   2017年05月18日 15:55
>悠さん さん

なるほど・・・。

私ははじめてのマイボールは、フィンガーが素掘りでした。
超ド初心者だったので、甘く見られてたのかも・・・。
周りのみんなと違うことに疑問を持ち、
当時センターにプロが何名か在籍していたので聞いてみたことがあります。
すると、素掘りであることに驚き、
グリップを入れてもらった記憶があります。

ノームデューク、そうだったかも・・・。
フィンガーで優しくボールを先に運びますよね。
以前、一緒に写真を撮ってもらったことがありましたが、
すごく日本が好きなんですよね~。
・・・って、余談でした・・・。

サムテープは、みなさん色々独自に工夫していらっしゃいますよね。
昔、それこそDIY用の紙製の厚手のテープを使ってみたことがありますが、
当然のことながら紙製なので長持ちせず、
張替えが大変ですぐにやめてしまいました。

親指はほんと、慎重にる部分なので苦労が絶えませんよね。
汗かきでも、私のように汗をかかなくてすべすべでも、
ゲーム中、太くなったり細くなったり激しい人でも、
みんなそれぞれに悩みがあって。
親指を制するものはゲームを制する?
言い過ぎかな?
でも実際、親指がしっくり来ないと打てません。

7. Posted by こだま   2017年05月23日 00:56
1 場違い申し訳ございません。
乳ガンのほうなブログにてご質問やご意見等ありますので
コメント欄をあけていただけませんか?
以前必要でしたらあけますとおっしゃられていましたので
失礼ながらこちらに連絡させていただきました。
よろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索