りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

食欲が戻った朝

今日もマイナスの朝

吐く息は白く、
道の片隅にも、
凍えた雪が残されている


そんな今朝は、
久し振りに、お腹が「グーッ」と鳴いた

ようやく少し食欲が戻った

食欲が戻った朝

食欲があると、
美味しく食べられることにも気づかされる


食べられることに...

味を感じられることに、感謝の朝――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング     にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


どれくらい生きられるかわからないのに、洋服なんて、買う気にもなれない

先日、とあることから、
ふと、
乳がん告知を受けた当初のことを思い出した


  乳がんにしては珍しいがん細胞、
  そして遠隔転移のステージⅣ

  「私、いつまで生きられるのだろう...」


  もって2年

  早ければ、1年?

  それとも半年?


  こんなに元気なのに...

  どこも痛くないのに...


  でもあと数ヶ月もすれば、
  様々な症状が出てきて――


そんな思いに苛まれていた


好きだった洋服やアクセサリーを見に行くことも
買いに行くこともできなかった

いや、“したくなかった”というのが、
正直なところだ

「あとどれくらい生きられるかわからないのに、
 新しい洋服や
 アクセサリーなんて必要ない」

そんな思いだった


「気晴らしに、買い物にでも出かけよう」

そう誘われても、
どこにも行きたくない

出かけたところで、
周りは元気な人たち
 (少なくとも、
  そのときの私にはそう見えた)

そこにあるのは、
楽しそうな話し声や笑い声...


“これから手術をしておっぱいがなくなって、
 抗がん剤をして髪の毛を失って...”

いつまで生きられるかわからない人間にとって、
普通に生活している人たちを見ることが
つらかった

そんな思いをするくらいなら、
家に閉じこもっていた方がマシだった


きらきらと輝いていた外の世界

そのときの自分とは、
まるで違う世界だっった――


そんな気持ちの、がん告知当初

こんな思いを抱えていたのは、
私だけなのかな...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング     にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


積もる。

積もった...


雪の朝



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング     にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール
『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所と注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※現在、書籍の注文は受け付けておりません。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
アクセスページ数

     ※訪問者が閲覧した記事の
       ページ数

    訪問者数

      ※ブログに訪問してくれた方の
        人数

      たくさんの仲間のブログが見られます ↓
      コメント欄について
      ★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
       これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
       非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

      ★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
       お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

      ★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

      ★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

      ★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

      ★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

      ~~~~~~~~~~~~~~


      ≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫
      LINE読者登録QRコード
      LINE読者登録QRコード
      QRコード
      QRコード
           © Rikako,2011

      このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。