りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

時々、“生きている価値”を見失う

健康なときでさえ、
“生きる意味”を探し、
“生きている価値”を見い出そうともがく


がんになると、

「生きているだけでありがたい」

そう感じられる

すべてのことに、感謝であふれる



が、時として、

孤独に苛まれ、
不安に駆られ、

“生きている意味”を失い、
“生きている価値”を見失う


きっとそれは、“欲”が出てきたから

「現状から一歩先に進みたい」

きっと、そんな意欲が生まれてきたから



が、時々、考えるのだ

「私が、今、ここに生きている意味は
 なんなのだろう」

と...


乳がんになり、手術をし、5年の治療を経、
その後も続く副作用に翻弄され...

我慢の10年だった

果たして私は、
きちんと“生きて”いたのだろうか


ただ我慢をしていただけで...

ただ、じっと耐えていただけで...

それで、
「私は生きていた」と言えるのだろうか...




目標があること...

希望が見えること...

誰かに必要とされること...


それは、生きていく励みにななる

勇気につながる




“人間、目標がなければ、生きる気力を失う”

というのも頷ける



私には、持てない希望――


それは、“子ども”

子どもの成長は、
きっとなによりの、“生きる力”になるのだろうな...


...と、いつも想像するのだ――



  「ただ、このまま老いてゆくのか...」

  と、最近、思うのである



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


“人生の楽しみ方”を教えてもらった。

先日のお出かけは、
3か月前にホテルを予約していた

が、“3か月前”といえば、
左乳房に新たにしこりをみつけたあとの、
検査待ちの時期


  万が一、再発だったら...

  万が一、
  検査結果が“再発”と出てしまったら...


と、考えない訳はない

まぁ、そうなれば、キャンセル

もしくは、思い出づくり――


そんな覚悟を持っての予約だった




私はもともと、
あまり休みの取れない仕事をしていた

ざっくり言うと、“サービス業”である


一般市民が楽しむ休日に仕事をし、

定時に上がることが少なければ、
お昼もきっちりと時間が取れない


盆・正月、ゴールデンウィークは、
当然のことながら休みはなし

“ハッピーマンデー”なんぞ、
祝日が増えれば増えるほど、
こっちの休みが減ってゆく

日々、職場と家の往復

“週休二日”で仕事をしている人が
羨ましかった

ボーナスがもらえる人が羨ましかった

まぁ、そんな職業を選んだのは、
紛れもなく、自分なのだが...



なので、どこへも行くことができなかった

週に1度の休日は、銀行へ行ったり、
 (休みは平日だったので、ここは便利ではあった)
洗濯、掃除...

そんなこんなで、1日が終わってゆく


...という365日



が、乳がんになり、
これまでのあくせくした生活から
離れることになる

“人間、生きるために、仕事をしていればいい”

そう思っていたが、
そうではないことに気づかされる


『人生、楽しまなきゃ勿体ない』――



人生は1度きりである

仕事でその人生を終わらせるのもいいが、
“楽しむこと”も必要なのだ

“英気を養う”とは、よく言ったものだ




乳がんになって諦めたことは多い

未来も夢も...


が、がんに教えてもらったこと、
気づかせてもらったものは、
失ったものより多いのかもしれない


『私は乳がんに、
 人生の楽しみ方を教えてもらった』


...のかもしれない――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


“何もしない”という、贅沢な時間――。

...と、いうことで、
ここから車で3時間弱の街へ――



  走っても、走ってもまっすぐな道と、
  走っても、走っても続く雪原...


2020/02/19・20 十勝 ①


  こんな景色が延々と続き...

   ちょっと飽きた...


BlogPaint


  改めて、“北海道”の広大さを知る




  まず立ち寄ったのは、ここ


BlogPaint



BlogPaint


  お洒落なお店がいくつかあり...



BlogPaint


  パン屋さんも...



  私は、このカフェで...


BlogPaint




BlogPaint


  この地域の名産である、
  “小豆”と“牛乳”を使ったぜんざいソフトと、
  コーヒーで一息...

  ぜんざいは甘くなく、
  塩味の利いた、意外な味




  そしてここには、“磐座(いわくら)”があり、
  パワースポットとしても知られているらしい


BlogPaint






  少しゆっくりしたあと、目的地のホテルへ――
 

BlogPaint


  “THE 和”という感じのホテル

  ウェルカムドリンクをいただき...




BlogPaint


  ロビーには、パン工房も




BlogPaint


  ロビーの外には足湯

  夕陽がきれいらしいが、
  残念ながら雲に遮られてしまう...





  部屋に入ると、目に飛び込んできたのは、
  だだっ広い川岸

  見渡す限りの雪原...


BlogPaint


  再び、改めて、
  北海道の広大さを思い知らされる

  こんなところで、
  スノーモービルまでできるみたいだ




  そして部屋は、檜の露天風呂つき


BlogPaint


  大浴場に行かずに済む

    きのうのブログ、
    『大浴場へは行きません。』も併せて


  好きな時に、気楽に入れる


  なんとも贅沢だ...


  氷点下14度の中の朝風呂も、
  乙なものであった

    顔がかなり寒かったが...





  夕食は、ここ


BlogPaint


  荘厳な外観


  食事は、コース料理


    『小草生月(おぐさおいつき)の献立』

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint

    しまった...

    写真、撮り忘れた...


BlogPaint


  とても美味しい料理に、
  胃袋も心も大満足...





  夜は、ここへ――


BlogPaint


  なんとも大きなオブジェもあり...

  5.4mもあるとか...



BlogPaint


  小さく見えるが、
  ひとつひとつが身長より高い

    素材は、
    “農業用の素材(ポリエチレン)”を
    使用しているらしい


  けっこう歩いた...





  翌朝――


BlogPaint


  川霧が立ち昇っていた

  冷え込みの強さがわかる景色だ




BlogPaint


  そして早朝から
  気球で空の散歩を楽しんでいる人たち...

  朝からスノーモービルも走っていた


  なんという長閑さだ...





“何もしない”という贅沢な時間...

が、中身の濃い時間でもあった


そして、
乳がんをちょっとだけ忘れた時間




あまりにも心地が好すぎて、
未だに現実逃避状態だ



そんな余韻に浸りながら、
さ、現実の世界へ戻るとするか――


  こんな旅行は、
  これが最初で最後かもな...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール

★2009年5月より、医療機関開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍自費出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』FPとの対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、講演、ピンクリボン運動など啓発活動

★取得している国家資格:調理師免許(食と健康を考える乳がん患者)

メッセージはこちらへ
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
 左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
 視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
 左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
 左乳房のしこり一部切除
  (外科的生検)

★2006年11月28日(火)
 乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
 左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
 局所再発の疑いで、
 細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
 対側(右)乳がんの疑い
 (前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
 右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)
  (化学療法・放射線が効かない稀ながん細胞)
 ・非浸潤性乳管がん

 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・乳房扇状部分切除(4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤、
  4週間毎、2年間(23回)投与
 ・抗エストロゲン剤(クエン酸タモキシフェン)、
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。