りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

がんの痛み

“がん”と“痛み”は、
切っても切り離せない関係――


“がんの痛み”とはよく耳にするが、
大きく3つに分けられている

  ○がん自体の痛み
     腫瘍による痛みで、
     ズキズキ痛んだり、痺れが起きたりする

  ○がんに関連した痛み
     寝たきりによる床ずれや筋肉痛

  ○がん治療による痛み
     手術による痛み、
     化学療法による痺れ、口内炎など、
     放射線治療による喉や皮膚の痛み


...と、これは、以前聴講した講義で知ったこと


が、実は、“心の痛み”も“がんの痛み”らしい

私が乳がんの手術を受けて、
2年が過ぎた頃だっただろうか

まだまだ“暗闇の中”の真っ最中だった

私は看護師さんに聞いたことがある

「“がんの痛み”ってなんですか?」と...

どこからどこまで、
何から何までを“痛み”として捉えていいのか、
漠然としていたからだ

看護師さんは

  ○腫瘍の痛み
  ○手術による痛み

を、教えてくれた

さすがに私も“腫瘍の痛み”はわかっていた

「骨に転移をして腰が痛い」などということは
聞いたことがあったからだ

が、“手術の痛み”も“がんの痛み”に入るとは
思っていなかった

「え? 手術の痛みもですか?
 じゃあ、私が切除したところが痛いのも、
 “がんの痛み”って言ってもいいんですか?」

私は驚いて聞き返した

「そうだよ。それは“がんの痛み”だよ。
 あと、“がんになって悲しい”とか、
 落ち込んだりする“心の痛み”も、“がんの痛み”」――


なんだか安心したような気持ちになった

『手術の痛みも、心の痛みも、
 “がんの痛み”って言っていいんだ...』

身体の痛みも心の痛みも、自分を誤魔化していた

我慢していた

ひとに知れたら、
「私は弱い人間だと思われる、言われる」

そう思っていたのだ


先日、2~3時間ほど、
重いバッグを術側である左の肩に掛けていた

リンパ浮腫の恐れがあるため、
あまり好ましくない行為ではあるが、
昔からずーっと左に掛けていたので、
なかなか右に矯正することができない

2~3時間も掛けていると、
さすがに乳房の切除部分から、
リンパ節郭清をしたわきの下にかけて、
重くズキズキと痛み出した

その痛みが、3日経った今でも続いている

そんなこんなで
“がんの痛み”という言葉を思いだしたのだ


「この痛みも、
 “がんの痛み”と言ってもいいのだろうか...」

と――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

おみやげ、いっぱい

昨日、おみやげをいただいた

ハワイに行った方からのおみやげだ

ハワイのおみやげ

まさに、私が大好きそうなポップコーン

ヤバいくらい濃厚な、アメリカンな味がしそうだ


その隣にあるのは、な、なんと...

GO...GODIVA!?

「一生食べることはないだろう」と思っていたが...

「ん? ハワイみやげでGODIVA?」

ま、食べられるならなんでもいいか


そして、まめぱん――

おみやげ ~びえいのまめぱん~

千歳空港でしか買えない、“びえいのまめぱん”

“美瑛”で作っているのに、
なぜ“千歳空港限定”なのかが謎である

実はこれ、なかなか手に入らないものらしい


豆の形のパンに、様々な種類の豆が、
「これでもか...」というくらい乗っている

中にも豆が詰まっている

手に持つと、どっしり、ずっしり...

豆好きにはたまらないが、嫌いな人には、

「嫌がらせか?」

と、思えるほどの豆の量

私は豆自体は大好きなのだが、
実は豆パンはあまり好きではない

理由は、甘すぎるから

砂糖の甘すぎる甘さがダメなのだ

なので、

かぼちゃは好きだけど、
かぼちゃ餡は苦手とか、

ケーキも甘すぎるものはちょっと...

という具合である

もちろん、甘さ控えめであれば大好きだ


が、この“まめぱん”は甘さ控えめ

ひとつひとつの豆の味がしっかり感じられる

餡のようにやわらかく炊いていないので、
歯ごたえもしっかり

これは美味かった...


さて、GODIVAは
あとでゆっくりといただくことにしよう――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

毎日、「乳がん」、「乳がん」で...

テレビでは、連日、“乳がん”の話題

“乳がん”という言葉を聞かない日は
ほとんどないくらいだ


歌舞伎俳優の奥様で
元キャスターの方の乳がん報道

彼女がブログをはじめてから、
記事が更新されるたび、
テレビで取り上げられる

正直、

「またか...」

という気持ちになる


理由は2つ

1つは、

“毎回毎回、わざわざ放送しなくていいよ”

という思い

ブログは誰でも見られる

見たい人が見ればいいし、
見たくない人は見なくていい

だから、

「敢えて、そこまでテレビで取り上げなくても...」

と、思ったりするのだ

テレビは点けている以上、
無造作に耳に入ってきてしまうもの

「そっとしておいてあげたら?」

と、思うこともあったりで...


そしてもう1つは、
“乳がん”という言葉ばかり耳にし過ぎて、
ちょっと疲れてきたから

まぁ、テレビも、
「それが仕事だから」と言ってしまえばそれまでだ

報道することは、大きな反響・影響がある

意味があるものだとは思うのだが...



時々、“乳がん”という言葉から、

“乳がん”という現実から、
逃れたいときがある

今はちょっとそんな気分――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら
りかこプロフィール
『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所と注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
アクセスページ数

     ※訪問者が閲覧した記事の
       ページ数

    訪問者数

      ※ブログに訪問してくれた方の
        人数

      たくさんの仲間のブログが見られます ↓
      コメント欄について
      ★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
       これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
       非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

      ★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
       お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

      ★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。


       ≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫
      QRコード
      QRコード
           © Rikako, 2011