りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

少しだけ遅く起きた朝は――

少しだけ寝坊な朝


朝 ①


いつものオレンジ色の空は

すでに青みを増している



そして今朝は、久し振りに暖かな朝でもある


プラスの気温はやっぱり楽だ


窓の結露も、今朝はない




さ、なんだか雲行きが怪しくなってきたが...


 朝 ②


そろそろ動き出すとしよう――


  みなさんにとって“今日”という日が、
  素敵な一日でありますように...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


身体を動かすことは、心も元気になれる ~つらい治療を乗り切るために~

“日常生活を送るための体力アップに...”

と、買ったのは今年9月のこと


鍛えグッズ


あれから2ヶ月

ぼちぼち続けているのだが...


なんだか、これをはじめてから、
体調がいいような気がするのだ

「もっと早くに、何かやっていれば...」

そう思いつつ、

が、ウォーキングをしようにも、

  ○昼は人目が気になるから夜にしたいけれど、
   夜は暗くて怖い

  ○雨の日はできない

  ○夏は暑すぎる

  ○冬は道路が凍って滑るから危ない

  ○そもそも、
   ウォーキングの準備をするまでが面倒

  ○それより、まず、
   ウォーキングシューズを持っていない


などと言い訳を並べ立て、何年経ったことか...



治療中、副作用がつらくて、
運動をする気持ちにもなれなくて、

でも、

『気分転換のためにも、軽い運動をしましょう』

と、
がんの治療を乗り切るための生活の中に
取り入れるといいことのひとつとして上げられている


  ちなみに、気分転換の方法としては、

   ○音楽を聴く
   ○映画を観る
   ○ヨガやスポーツをする
   ○ゆっくり入浴をする
   ○アロマ

  などがある


が、実際に副作用で具合が悪いと、
動く気持ちにもなれない

何もする気になれない


それでも、たまに、
嫌がる心と身体に鞭打つように化粧をして、
ちょっとだけお洒落をしてお出かけをすると、

少し、元気が出たような気がした

気持ちが明るくなったような気がした

心が軽くなったような気がした


“身体を動かすこと”

って、体力や筋力だけではなく、
心にも力を与えてくれることを
改めて実感...


もちろん、
本当に体調の悪いときはできないけれど、
少し体調がいいときに好きなことをするのは、
つらい治療を少しでも楽に乗り切るために
必要なことなのかもしれない――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


≪私の記録 91≫ 腋窩リンパ節郭清を受けた腕の状態

    2007年4月9日(月)

昨日はボウリングをして心地好く疲れた

がん告知を受けてから初めて、
目覚ましが鳴るまでぐっすり眠った


実は、ボウリングは、乳がん手術後、
初めてではない

3月11日に、一度投げている

ちょっと早すぎたと自分でも思う

でも待っていられなかった

左腕の回復を待っていたら、
いつできるようになるのかわからない

「無理をしてでも投げなければ・・・」と、思った


が、実際、左腕は引き攣れたまま、
伸びずに痛かった

無理に引っ張られると、
腕の内側の何本かある筋みたいなものが、

「ブチッ!!」

と、音を立てて切れるような、
くっついている筋肉から剥がれるような、
そんな現象が起こる

これが結構痛い


でも、

「ブチッ!!」と、切れたような、
剥がれたような感じのあと、
少し腕が伸びるような気がする


この“引き攣れ感”

始まりは、二の腕の内側からだった

今はひじの内側から手首へと、
その感覚は下りてきている

そのうちに指の方へ移行して、
抜けてくれることを期待したい

  (実際に半年ほどで抜けていった)



私が二十歳の頃から気になっていた数字がある

「もしかしたら、その年齢で死ぬのかも・・・」

と、ずっと心の中で思っていた

その数字の年齢になるまであと3日

今の感じでは、死ぬような状況にはない

「この数字は、
 死を意味していたのではなかったのか・・・」

もしかしたら、
乳がんがわかる年齢(数字)だったのだろうか――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール
『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所と注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※現在、書籍の注文は受け付けておりません。  ※広告掲載依頼はお断りいたします。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
アクセスページ数

     ※訪問者が閲覧した記事の
       ページ数

    訪問者数

      ※ブログに訪問してくれた方の
        人数

      たくさんの仲間のブログが見られます ↓
      Pinky Ring 黒
      コメント欄について
      ★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
       これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
       非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

      ★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
       お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

      ★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

      ★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

      ★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

      ★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

      ~~~~~~~~~~~~~~


      ≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫
      LINE読者登録QRコード
      LINE読者登録QRコード
      QRコード
      QRコード
           © Rikako,2011

      このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。