りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

医療過誤

“医療過誤”か...

何気なく点けていたテレビから
流れてきた言葉――


私の場合、
“がんを見落とされた”というのは、
やっぱり医療過誤に当たるのだろうな...

“誤診”という言葉は使いたくない
だから使わないでいた

それは私自身、
“誤診”であると認めたくなかったからなのか...

それとも、
“医者も見抜けないこともある”という思いが
あったからなのか...

しかも、私のがんは珍しいもの

見落としても仕方がなかったのか――


それでも、
「定期的にみていきましょう」という
フォローもなかった

「そのままにしてていいよ」は、
医師としてどうなのだろう

そう言われれば、患者は医者の言葉を信じる


結局、4年8ヶ月後、
乳がんであることがわかる訳だ

医師を訴えることも頭を過ぎった

が、
医者と争っても勝ち目はないのは知っていた

そして、その時点での余命は、2年

残された時間を、
自分らしく、
有意義に、
大切に過ごしたかった

争ってる時間は、私にはなかった


そりゃあ、悔しくてたまらない

あの時、“がん”とわかっていたら、
きっと違った人生を送っていた

諦めなければならないことも、
もっと少なかったかもしれない


“命を救うはずの医者によって、
 命を縮められた”――


そして、あれから9年

最近になって、ようやく憤りが薄れたきた

いや、今、こうして元気に生きているから
そう思えるのだろう

もっと病気が進行していたら、
気持ちはきっと、違うものになっていた


私がこんな思いを抱いていることも、
あの医師は知らずにいるのだろうな...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

がん経験者には厳しい医療保険の加入

最近テレビで、

『がんの治療終了から5年経てば、がん保険に入れる』

というCMを目にする


3年前になる

以前入っていた保険が満期を迎えるため、
新たに加入する医療保険を検討していた

5年のホルモン治療終了から、
1年が経とうとしていた頃だった


国内の商品を2つ当たってみた

1つめは、保険満了後、
同じ保険会社で新たに加入し直すこと

「乳がんの手術から5年以上経って
 治療も終わっているけど...。
 このようなケースは、私たちも経験がないんで...。
 ま、とりあえず、やってみましょう」

審査の結果は、すぐに出た

「乳がんの数ヶ月前に受けた、
 子宮筋腫の手術からは5年が経過しているので、
 こちらは問題はないんですが...」

『...ってことは、
 やっぱり乳がんが引っかかったか...』

「やはり、
 “乳がんの治療終了から1年”ということで、
 加入はできないとのことで...」

『手術から6年経ってもダメか...。
 治療が終わってもダメなのか...』

なんだか、
“普通の人間”として扱われていない気がした


2つめの保険会社では、

「厳しいと思いますが、やるだけやってみましょう」

と、いうことで、
医師の診断を受けるまでに至った

採尿、採血、血圧測定など規定の検査をし、
最後に医師との面談があった

医師は、私が乳がんを経験したことを知ると、
表情が変わった

問診では、

乳がん手術の数ヶ月前に受けた、
子宮筋腫の摘出手術のこと、

そして、
乳がんの手術と治療、検査のことを
かなり詳しく聞かれた

『あぁ、ダメだなぁ、きっと...』

その場から逃げたい気持ちだった

『きっと保険には入れないだろうから、もういいよ』

そう言って帰りたかった


そして数日後、
『加入できない』との報告を受ける
 (結果が出るまで、かなりの日数がかかった)

保険会社の人には、

「申し訳ない。力になってあげられなかった」

と、謝られたが...

仕方がない
これが“現実”ってものだ


“がん保険”じゃなくていいのに...

“医療保険”でいいのに、
それすら入れないなんて...


『さて、どうしよう...』

医療保険に加入していなければ、
何かあった時、補填ができない

保険満了の期日が過ぎ、
丸3ヶ月、未加入のまま月日が流れた

『得てしてこんな時に限って、
 怪我をするとか、何かあったりするんだよなぁ。
 気をつけて生活しなきゃ...』


『やっぱり外資系しかないか...』

その外資系の保険会社は、
“5つの条件をクリアしていれば、加入できる”

というものだった

もちろん、医師の診断も要らない

...ということで、簡単に審査を通過


知り合いのファイナンシャルプランナーさんは言う

「“お守りのために保険に入る”という人がいる」

確かに、私も、
何度か聞いたことのあるフレーズだ

「でも、“保険”は“お守り”じゃない。
 保険に入ったからといって、
 病気にならない訳ではない。 
 保険は、“何かあった時のための準備”」

であると...


『日本人の2人に1人が“がん”になる時代』

保険も時代に合わせて
多様化していくのだろう――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

≪私の記録 67≫ 退院翌日 1 ~タモキシフェン開始~

    2007年1月24日(水)

昨日の朝の回診時、
お腹に打たれたデポ注射

そして今日からはタモキシフェンの服用

いよいよホルモン治療だ


タモキシフェンの錠剤が入れられたパッケージは、
10錠ワンシートとなっている
 (5錠ずつ、2列)

1日1錠の服用なので、これで10日分

アルミニウムのフィルムパッケージが、
なんとも仰々しい

しかも大きく膨らんで、

『どれだけ大きな薬が入っているのだろう』

と、思わせる

主治医からもらったタモキシフェンの小冊子で
薬の形状はわかってはいたものの、
実物を見るのは当然のことながら、はじめてだ


朝食後、いよいよタモキシフェンとご対面

『これを、これから5年間、
 毎日飲み続けるのか...』

“どんな副作用が待っているのか...”

と、思うと、不安だった

“この一粒が、私の身体を変えてゆくんだ...”

そう思うと怖かった

が、やるしかない


通常の薬のパッケージは、私の街では
“プラスチックごみ”として分別する

が、この薬のパッケージは“アルミ”

『“プラごみ”ではないな...。
 “燃やさないごみ”になるのかな』

たったこれだけの違いで、この薬の...
この病気の大きさを感じさせられる


そして、最大の問題は、“飲み忘れ”だ

5年間、毎日飲み続けなければならない

『どうしたら忘れないだろう...』

“ひとつずつ切り離して、カレンダーに貼る”

とか...

“ひとつずつ、油性ペンで日付けを書く”

とか...


『うーん...』


カレンダーに貼るのは面倒か...

日付けを書くのも、どこに書けばいいか...

誰かに見られても、ちょっと恥ずかしいかな...


『とりあえず、日付けを書いてみよう』


油性ペンで1個1個書いてゆくも、
けっこう手間のかかる作業だ

しかも見づらい、わかりづらい

“じゃあ、10個綴りなのを、ひとつひとつ、
 鋏で切り離してみる”

とか...

でも、ばらばらになって、もっとわかりづらくなる

『そうだ!!
 シートを縦に切って、5日分ずつにしよう。
 で、輪ゴムで止めて、
 飲む時は、
 ひとつずつ日付けごとに切っていけばいい』


うん、とりあえず、この方法で

あとで、もう少し効率のいい方法を考えよう



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら
りかこプロフィール
『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所と注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
ブログ記事検索
アクセスページ数

     ※訪問者が閲覧した記事の
       ページ数

    訪問者数

      ※ブログに訪問してくれた方の
        人数

      たくさんの仲間のブログが見られます ↓
      コメント欄について
      ★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
       これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
       非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

      ★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
       お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

      ★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。


       ≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫
      QRコード
      QRコード
           © Rikako, 2011