りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2012年07月

危険な体質

暑い...

ここのところの暑さに参り気味...

ぐっすり眠ることもできやしない


私はもともと、あまり汗をかかないタイプ

なので、熱が身体にこもる

身体が熱い...

とにかく浮腫む...

これがけっこうつらかったりする

良いことと言えば、肌がサラッ...としていることくらい


ホルモン剤の服用が終わって、5ヶ月が過ぎて、
ホットフラッシュもほとんど感じないくらい楽にはなったけど...

でも暑い...

身体が熱い...

これって、ちょっと危険な体質...?


今日もりかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
   にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
       ↑           ↑
    両方押していただけたら嬉しいです
   みなさんの1票に、元気もらっています

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

“命”という字

私の知り合いに、『余命(ヨメイ)』を、“ヨミョウ”と言う人がいる

で、ふと思った

“寿命(ジュミョウ)”と言ったり、“余命(ヨメイ)”と言ったり、
同じ“命”なのに色々な読み方するんだなぁ...と...

ほかにも“生命”とか“定命”とかあるけど...

ニホンゴって、ムズカシイ...


で、“命”って字を、改めて考えてみた

“人”の下に“一”
さらにその下に...“叩く”...???

『“命”って、そんなに怖い意味があったの...?』

なんて思っていたら、全然違ってた

“命”という字は、“口”と“令”からできてるらしい

『え...? そこで分けるの...?』

そんな疑問も拭いきれないけど...


簡単に言うと、“神からの声”らしい

『“生きなさい”って、神様からの“命令”』なんだって――


今日もりかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
       ↑             ↑
    両方押していただけたら嬉しいです
   みなさんの1票に、元気もらっています

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

「もし、私に何かあったら...」

「時間が勿体ない」――

それは、私の口癖
実は、乳がんがわかる前からのもの

いつも時間に追われているかのような、
まるで心に余裕がない生き方だ

そんな私が乳がんになって、

「あぁ、“時間が勿体ない”といつも焦っていたのは
 このことだったんだ...」

なんて、妙に納得したものだ


その後、その口癖にもう一つ加わった言葉がある

それが、
『もし、私に何かあったら...』だ


例えば、突然倒れたら...

  健康保険証...

  かかっている病院すべての診察カード...

  タモキシフェン...

  副作用が出る薬剤名を書いたメモと
  “左乳がん・腋窩リンパ節郭清”と記したメモ...

それらを一つにまとめて、いつもバッグに入れて持ち歩く

今は治療が終わったのでタモキシフェンはないけれど、
『万が一、出先で何かあったら...』のための備え

『“何か”なんて、あるはずがない』

そう思っていても、
持っていないと、なんか安心できない

ある意味、“お守り”になっているのかなぁ...


今日もりかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
       ↑             ↑
    両方押していただけたら嬉しいです
みなさんの1票は、いつもりかこの励みになっています

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

いとこの兄ちゃんの死

いとこの兄ちゃんが死んだのは、もうずっと前のこと

7歳の誕生日には、“紅雀”をつがいで送ってくれた兄ちゃん

  『“べにすずめ”という鳥です
   可愛がってください

   誕生日、おめでとう』

ちょっと角ばった字で書かれたバースデーカードが入ってた


中学生になった時は、腕時計をプレゼントしてくれた兄ちゃん

人が考えもしないようなことをして、いつも驚かせてくれた

そんなお洒落で繊細で、芸術肌の兄ちゃんは、
やっぱり芸術家のお父さんの血を引いていたんだね

そんな兄ちゃんが「亡くなった」と、ある日、突然連絡が入った

それは、私がまだ“乳がん”だということを知らない、ずっと前のこと

...自殺だった

あの兄ちゃんが自殺なんて、考えられなかった

どうやら、うつ状態だったらしかった


数年後、もう一人のいとこの兄ちゃんも死んだ

その時も、まだ私は“乳がん”に気づいていない時

先に死んだ兄ちゃんの後を追うかのように、彼もまた自殺した

うつ状態だった

当時で言うところの“ハンサム”で、
子供ながらに憧れていた兄ちゃんだった


ふたりの兄ちゃんは優しかった

私がまだ、こ~んなに小さかった頃から
「りか...」「りか...」って可愛がってくれた


「何も死ななくても...」

そういう母に、私は何も言えなかった

私は中学1年の頃から自殺願望を抱いて生きてきた人間
でも母は、「一度も“死にたい”なんて思ったことがない」ひと

その溝は、決して埋まることはない
分かり合えることはない


兄ちゃんたちがやったことは、いいことじゃないのかもしれない

でも、死の道を択ばざるを得なかった兄ちゃんたちのそのつらさは
誰にも計り知れない


もし兄ちゃんたちが生きていたら...

りかが乳がんだと兄ちゃんたちが知ったら...

どんな言葉をりかにくれただろう――


今日もりかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
       ↑             ↑
    両方押していただけたら嬉しいです
  みなさんの1票に、いつも励まされています

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

葛 藤

自分の想いをブログにぶつけたい

でも、書いてしまったら、
乳がん1年生や、告知を受けたばかりの人に衝撃を与えてしまうだろう

そして何より、外野からの冷ややかな声も聞こえてきそうな気がした


『でも、これって、私のブログだよね? 何書いたって、いいじゃん』

心の変遷を書き綴っていきたい気持ちと、
公開されているという現実――

その狭間で揺れ動くココロ...


  病気のことなんて、みんな知ってるよ
  だから私のブログくらいじゃ、みんな驚かないよ

  それより、乳がん患者の本音聴けていいんじゃない?
  キレイごと並べられるより、よっぽどいい

  「みんな同じ思いなんだ...」って、
  もしかしたら勇気もらえる人もいるかもしれないし...

  でも、これって、確実に“後ろ向き”と捉えられるよね――


この数日、そんな葛藤の中にいた

いや、正直、
ブログを書くという作業は、日々、そんな思いとの闘いでもある



ここのところ、実は、亡くなってしまった方のことを回想していた
がんサロンに何度か参加されていた、男性のがん患者さんだ

体験記を出版した時の、
新聞や地方紙に載った私の記事を大切にファイルしてくれていたのだ

『どんな思いで記事を切り抜いてくれていたんだろう...』

そう想像すると、胸が熱い


その時、彼は、確かにそこに生きていたのだ――


今日もりかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
    にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
       ↑             ↑
    両方押していただけたら嬉しいです
 みなさんの1票に、いつも元気もらっています

※遅くなってしまったけど、
  みなさんにコメントの返事させていただきました。

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら
りかこプロフィール

★2009年5月より、院内開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、ピンクリボン活動など啓発活動

★取得している国家資格:調理師免許(食と健康を考える乳がん患者)

『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所・電話番号・注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※いただいた個人情報は、書籍発送以外に使用することはありません。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除

★2006年11月28日(火)
乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
・明細胞がん(クリアセル)
 非浸潤性乳管がん
・核グレード 2
・ER 90%
・PgR 10%
・HER2 (-)

★術 式
・腋窩リンパ節郭清
・乳房扇状部分切除
 (4分の1強切除)

★治 療
・放射線23回照射
・LH-RHアゴニスト製剤投与
 4週間毎、2年間(23回)
・抗エストロゲン剤
 (クエン酸タモキシフェン)
 5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。