りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2012年10月

終止符

ふと、思った

この病気に“終止符”はないのか...

と...


終わりなき闘い――

なのか...


今日も1日1回、りかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
         ↑            ↑
     両方押していただけると嬉しいです
  みなさんの1票は、りかこを元気にしてくれます

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

楽譜のように

時に、心はダルセーニョ
進んだと思ったら、また戻って繰り返す

最初に戻るダ・カーポではないだけまだマシか...


  アンダンテでマイペースに進み...

  時にはアダージョで緩やかに...

  そして、たまにはアレグロ・ヴィヴァーチェで陽気に活発に...


1オクターブ高い日もあれば、1オクターブ低い日もある

人生は、そんな一小節一小節を刻んでいるよう


ならば、私なりの音楽を奏でよう

一人一人の音が違うように――


今日も1日1回、りかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
         ↑            ↑
     両方押していただけると嬉しいです
  みなさんの1票は、りかこを元気にしてくれます

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

もう少し、時間がほしい

やっぱり言えない
知っているのは、未だこのブログを見てくれている人だけだ


私の結婚は以前にも書いた通り、
決して“めでたいゴールイン”ではない


生活費も底をつき、治療のための薬すら買えなくなった
当然、次の検査も受けられない

そんな時、同居していた両親から「出て行け!!」

行くあても、お金もない私は半ば死を覚悟した

18年つきあっていた彼が“結婚”を提案してくれたが、
素直に受け入れることはできなかった

なぜなら、乳がんがわかってからずっと、
私は彼に「別れてほしい」と懇願していたのだ

私が乳がん告知を受けた時、彼とはすでに14年のつきあい

色々あって、結婚できずにいた

そして、乳がん発覚――

子供が産めなくなることを知って、彼との別れを決めた

彼を私の人生に巻き込むことはできない
彼の両親も、親戚も...

彼には健康な女性と結婚をして、子供をつくって、
家庭を築いてほしかった

病気の私に囚われてもらいたくはなかった


でも、もう身動きが取れなくなっていた

そして家を出て、籍を入れた

“打算の結婚”――

そんな思いは拭えない

がんを抱え、
独身で仕事をしながら治療をしている人たちを見ると、

「私、結婚しました」

なんて、とっても言えない

だって、結局私は一人で生きていけなかったから


「旦那さんに頼って生きてる」――

そう言われた時は、正直返す言葉がなかった

だから結婚したことは、やっぱり言えない


体験記の出版もそうだ

本が出ることによって、
世間から色眼鏡で見られたり叩かれたりする

彼にそのベクトルが向かないようにするためでもあった


「どうして結婚したこと隠してるの?」

そう責められたこともあった

彼には申し訳ないことをしている
つらい思いもさせている


でも、もう少し...

もう少し時間が経てば、心の整理つくから...


だから、もう少し、時間がほしい――


今日も1日1回、りかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
         ↑            ↑
     両方押していただけると嬉しいです
  みなさんの1票は、りかこを元気にしてくれます

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

性格上...

こんな気分の時は、まったりと過ごすのがいいのかな

でも、やらなきゃならないこと、山積...

なんでもきっちり終わらせないと気が済まない
きっと、心に“ゆとり”がないから


そんな性格が余計に自分を締め付けているのだろうな...
追い込んでしまっているのだろうな...


まぁ、この性格は...仕方がないのかなぁ...


今日も1日1回、りかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
         ↑           ↑
     両方押していただけると嬉しいです
  みなさんの1票は、りかこを元気にしてくれます

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

戻 る

遠くに聞こえる目覚ましのベル

今日も朝を迎えたようだ

それは、途轍もなく憂鬱な朝

「また一日が...一週間が始まるのか...」

嫌がる気持ちを圧し殺し、ようやくベッドから這い出る――


まるで3年前に戻ったようなこの感覚...
最近の体調の悪さが、ここへきて明確なものとなる

心と身体の調子は、胸のモヤモヤ感が鍵

ここからホットフラッシュや倦怠感、頭の重さが発生するのだ
それと同時に、イライラやうつにも似た症状が現れる


今朝はそのモヤモヤ感が大きい

何もしたくない
する気になれない

でも、やらなきゃ何も始まらない


本当はうずくまっていたい

ただじっと、この時をやり過ごしたい


苦しくて、モヤモヤした胸を掻きむしる

でもいくら掻きむしっても、取れることはない

苛立ってゆく
大声で叫びたくなる


そしてここへ来る

ブログで吐き出そうと、文字を打ち込む――


朝から空は灰色の厚い雲
部屋の中はうす暗い

そんな重い天候も、こんな気持ちに拍車をかけているのか


そして、空は泣き出した

大粒の涙を流して――


今日も1日1回、りかこへの応援のクリックお願いしますm(__)m
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
         ↑           ↑
     両方押していただけると嬉しいです
  みなさんの1票は、りかこを元気にしてくれます

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら
りかこプロフィール

★2009年5月より、医療機関開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍自費出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』FPとの対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、講演、ピンクリボン運動など啓発活動

★取得している国家資格:調理師免許(食と健康を考える乳がん患者)

メッセージはこちらへ
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
 左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
 視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
 左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
 左乳房のしこり一部切除
  (外科的生検)

★2006年11月28日(火)
 乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
 左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
 局所再発の疑いで、
 細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
 対側(右)乳がんの疑い
 (前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
 右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)
  (化学療法・放射線が効かない稀ながん細胞)
 ・非浸潤性乳管がん

 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・乳房扇状部分切除(4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤、
  4週間毎、2年間(23回)投与
 ・抗エストロゲン剤(クエン酸タモキシフェン)、
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。