りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2012年11月

訪れる

シャワーの蛇口をひねる

勢いよく飛び出す温水
「ジャー」という音を立てながら、床を叩きつける


モクモクと上がる白い湯気

それは見る見る浴室内に広がってゆく

「あぁ、今日は冷え込んでいる」――


この白い視界は、幻想的で好きな世界だ


今年も寒い季節がやってきた――


  今日も1日1回、りかこへ応援のクリックお願いします
        ↓                ↓
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    みなさんの1票に、いつも元気もらっています

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒
こちら

どこまで続く、副作用

私の家のカレンダーは、早くも最後の一枚になった
昨日、11月分を外したのだ

今年もあと一ヶ月――

闘い続けた副作用も、来年はなくなることを信じよう


ここ数日、最近には珍しく、ちょっと重めの副作用が現れた
まるで、治療中に戻ったような感覚だ

昨夜眠れなかったのも、きっとそのせいなのだろう


『どこまでこの身体と、この心と、つき合っていけばいいのか』――

元気な時は隠れている不安
でも時折、それはあぶり出される


これからも、きっと、ずっと、

揺れながら、

寄り道しながら、

生きていくのだろうな...


  今日も1日1回、りかこへ応援のクリックお願いします
        ↓                ↓
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    みなさんの1票に、いつも元気もらっています

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒
こちら

運命の日――

今日は私の人生を大きく変えた重要な日

そう...乳がん告知を受けた日だ

4年8ヶ月放置していなければ、
この運命の日も、
これから先の人生も、
何もかもが違っていたのだろう――


あの日はどんよりと曇っていた

今日のように快晴であったなら、
少しは何かが変わっていたのだろうか

それとも、
青く晴れ渡った空を、
照りつける太陽を、
恨めしく眺めただろうか

同じなのは、前日に雪が降ったことだけ

その日は手が凍えるほど寒く、風が強い日だった


  家に着くまで、涙を止めなければ...

  混乱した頭の中の整理もしたい...

  人目も避けたい――


歩いて家まで帰る間、様々な思いが頭の中を交錯していた

そして、ただただ、涙があふれた


私の身体に容赦なく吹き付ける冷たい風

「もっと強く...もっと強く...」

風に強く叩きつけられることで、この現実を紛らわそうとした

凍えた頬に涙が流れ落ちても、もはやその温もりさえ感じない――


そう...すべてはこの日から始まったのだ

あれから、もう6度目の冬――


  今日も1日1回、りかこへ応援のクリックお願いします
        ↓                ↓
 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 乳がん
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    みなさんの1票に、いつも元気もらっています
★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

腑に落ちない

昨日の吹雪が嘘のように、今日は朝から快晴――

どこまでも広がる青い空の中で、
まるで自己主張しているかのように、太陽が光輝く

台風一過の一時の晴天でもあり、
今夕からまた訪れる嵐の前の静けさでもあり...


そんな暖かな日差しに包(くる)まれながら思う

どうしても腑に落ちない
考えても考えても、納得いかないのである


年に一度の画像検査

もうしないとほぼ決めた


なぜなら...

『再発は、画像検査で早くにみつけても
 自覚症状が出てからでも、治療成績は変わらない』――

そう言われているからだ

アメリカでは被曝の影響を懸念し、行われていない
日本でも、実施していない医療機関は多いと思う

でも、本当にそうなのだろうか...

“遠隔転移”を考えた場合、
身体中にがん細胞がはびこっているであろうことは、容易に想像できる

「“完治”は無理だとしても、
 少しでも早く治療した方がいいのではないか...」

そう、素人判断で思ってしまう

もちろんQOLの維持を考えれば、
早いうちからの治療が有効ではあるだろう


そんなことが脳裏から立ち去ってくれない

やっぱり“再発”は意識する
検査しないことも、頭の隅っこでは不安に思ってる


たくさんの私が心の中に存在(い)る――


  今日も1日1回、りかこへ応援のクリックお願いします
        ↓                ↓
 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 乳がん
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    みなさんの1票に、いつも元気もらっています
★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら

闘い、続く

今日は朝から体調が優れない

そんな身体を嘲笑うかのように、
ストーブの温もりは容赦なく私に襲いかかる

気温と比例も反比例もしない体感温度
寒気と暑さが忙しなく訪れる

喉と胸のモヤモヤも、頭がボーっとするのも、
いつも仲良くやってくる厄介な奴ら

もう、自らの意思ではどうにもならない

ただ耐える

こうなると、やはり心の状態も良くはない


こんなに酷い感覚は久し振りだ
まるで、まだ薬を服用しているかのよう

追い打ちをかけるように、左胸が重苦しく痛む

「“骨の痛み”ってこんな感じなのだろうか...」

頭に浮かぶ言葉は“再発”――

否、これは、術後の痛み
きっと、何年経っても疼く、あれ...


今日は吹雪き

そんな寒風吹き荒ぶ中、
歩いて買い物に行った自分を褒めてあげよう――


  いつも自分に厳しい私...(いや、本当は甘い)
  たまには心にご褒美あげなきゃね

 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 乳がん
        ↑                ↑
  今日も1日1回、りかこへ応援のクリックお願いします
    みなさんの1票に、いつも元気もらっています

★『りかこの乳がん体験記』を初回から読破される方は⇒こちら
りかこプロフィール
『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所と注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※現在、書籍の注文は受け付けておりません。  ※広告掲載依頼はお断りいたします。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
アクセスページ数

     ※訪問者が閲覧した記事の
       ページ数

    訪問者数

      ※ブログに訪問してくれた方の
        人数

      たくさんの仲間のブログが見られます ↓
      Pinky Ring 黒
      コメント欄について
      ★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
       これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
       非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

      ★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
       お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

      ★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

      ★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

      ★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

      ★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

      ~~~~~~~~~~~~~~


      ≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫
      LINE読者登録QRコード
      LINE読者登録QRコード
      QRコード
      QRコード
           © Rikako,2011

      このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。