りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2013年09月

“今”だから、わかること

この病気になるまでは、
当然のことながら“乳がん”という病気に関してはまるで無知

がん告知はある日突然やってくる

それからだ
病気のことをあれこれ調べ始めるのは...


私が乳がん告知を受けたのは、
治療を受けた現在の病院とは違う医療機関

「“悪性”だね。“乳がん”ということだね」

“良性”だと診断されて4年8ヶ月放置していたしこりは、
外科的生検の結果、“悪性”だった

あまりの衝撃に、医師から説明を受けている間、
私は一言も発することができなかった

意に反して流れる涙を、ただ拭うだけだった


「抗がん剤とかするんですか?」

『がん=抗がん剤』

その時の私の知識はそれくらいなもの

抗がん剤の大きな副作用は、“吐き気”というイメージ
そして、一番の不安は、女性には特につらい脱毛だ

それは、絞り出すように、私がやっと発した一言だった


「いや、それはないよ」――


その時、その医師が、
なぜ「抗がん剤治療はしない」と言い切ったのか――

乳房の切除術と同時に行われる、
腋窩リンパ節郭清の病理結果次第によっては...

いわゆる、リンパ節に転移が認められた場合、
抗がん剤は免れない

どう考えてもあの段階で
抗がん剤治療をするかしないかの判断はできないはず

今となれば、
「“抗がん剤の効かないがん細胞”だからなのか...」

と、想像もつく


すぐに現在の病院を紹介され、全身の検査を受けるも、
やはり状況は最悪

病期でいえば、最終ステージだ
治療は、抗がん剤を使った化学療法がセオリー

が、その状況では、
さすがに主治医も「抗がん剤は効かない」とは言えないだろう

それは即ち、“余命宣告”を突きつけることになる

まず提案されたのは、抗がん剤治療のファーストライン

「もし、これが効いて、腫瘍が小さくなったら――」

きっと主治医も、一か八かの選択だったのかもしれない


その当時は何もわからずに、今日まで進んできた

調べれば調べるほどに、付いてゆく知識

それと同時に、育ってゆく大きな不安...


通り過ぎた“今”だからこそ、きっと様々な想いがここにある


“再発しないこと”

今はただ、それを願うだけである――



  1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

“治療の選択肢がなくなる”ということ

私の左乳房にあった複数個のしこり

そこから見つかったのは、複数の、種類の違うがん細胞

その一つは、名前こそ出してはいないが、
乳がんにしては稀ながん細胞であることは、ここに何度も綴ってきた

そして、その症例がみつからないこと、
ほかの部位での症例では、抗がん剤が効かないことも
何度も何度も記してきた

術後の放射線照射も施したが、
実のところ、その効果も定かではない

せめてもの救いは、ホルモン治療が有効なタイプだったことだ

が、それも、どの程度の効果があるのかは、
今となっては知る由もない


“がん”という病になると、ほとんどの人が考えるであろう“再発”

私も御多分に洩れず、その中の一人だ


  ~そんなこと、今から考えてどうするんですか

    再発したときに考えましょう~


そんなコメントをいただいたことがある

もちろん、嫌がらせのコメントである

昨日のコメントもそうだが、
病状も知らないのに、簡単に発言してもらいたくはない


万が一、再発したとき――

そのとき、私に治療の選択肢はあるのだろうか...

いや、施せる治療自体、存在するのだろうか...


昨日の市民公開講座『“緩和医療”を考える』を聴講しながら、
そんな思いが強く脳裏を横切った――



  1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

市民公開講座 『“緩和医療”について考える』

今日は、私が通院している病院主催の公開講座があった

講座の内容は、

  『“緩和医療”について考える』


“がん”と告知された時、
まず脳裏を過ぎるのは“いつまで生きられるのか”ということだ

人の死亡率は100%

人は必ずいつか死ぬ

でも、“がん”と知らされると、その意味合いは変わってくる


緩和ケアの講演などを聴講すると、
いつもその現実が心に重くのしかかる

“死”を目の前にした時の、自分を想像してしまうのだ

治療をやめる勇気...

そのとき、残された短い時間の中で何を想うのか...

そんな中で、生きる意味や価値を見い出し、
希望を抱くことなどできるのだろうか...


今日の講座で何度か出てきた“生き抜く”という言葉

“後悔のない生き方をしたい”とか、
“充実した人生を送りたい”などということは
漠然と思ってはきたが...

“生き抜く”――

考えさせられる言葉だ


私らしく、最後まで生き抜いたとき、
そこには“究極の死”が待っているのだろうか――



  1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

男らしい人参

もう、こうなったらヤケクソだーーー!!

   男らしい人参

だって、ボク、人参だもの...

モザイクは要らないですよね

ちなみに画像をクリックすると、大きくなるよ



  1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

萎える。

「決心した」と言いながらも、
心の中は葛藤で埋め尽くされている

耳にしたくない情報を知ってしまうかもしれないことが、
今の一番の懸念材料でもある


「何から書けばいいのか...」と、ずっと思い悩んできた

書いては消し...書いては消し...

そんなことを、もう何度繰り返したことだろう


そんなこんなで時間を費やし、
気がつけば、嫌がらせのコメントだ

  私のがん細胞の何に期待を寄せているのか

  私の病気の何に期待をしているのか

  人の病気をなんだと思っているのか――

こんなこともあろうかと、
コメントを控えていただくようお願いをしたのに、
やはりムダだったようだ

まぁ、ここに私の真実を記したとしても、

「なーんだ、そんなこと? 期待外れ...」

などと言われるのは、火を見るより明らかである


これは、真面目な病気の話である

決しておちょくってもらいたくはない、現実なのだ――



  1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら
りかこプロフィール

★2009年5月より、院内開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、ピンクリボン活動など啓発活動

★取得している国家資格:平成6年調理師免許取得(食と健康を考える乳がん患者)

『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所・電話番号・注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※いただいた個人情報は、書籍発送以外に使用することはありません。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます ↓
Pinky Ring 黒
コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
     © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。