りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2013年12月

“最 後”

2013年も、あと2時間で終わりだ

今日は、今年の“最後”の日――


“最後”という言葉の響きはなんだか切ない

『これでおしまい』――

そう思うと、ちょっぴり哀しい...


でも、新しい道への第一歩でもある

“最後”はきっと、“希望”につながっているのかもしれない――



  今年一年、お世話になりました

  今日の出逢いを、明日につなげていけたら...


  みなさん、よいお年をお迎えください



 1日1回、応援のクリックお願いします
      日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ 
 ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

保険満了日

本日、10年満期の保険の満了を迎えた

この日で医療保険の保証がなくなる――

...ということで、焦っていた医療保険の加入


今年、4月の誕生日が来る前に(保険料が上がる前に)と、
昨年末から入れる保険を探していたが、
国内の商品では、やはり加入はできなかった

医師の診断を受けている時点で、
なんとなく、ダメな感じは受けてはいた

「まぁ、仕方がないか...」

と思いながらも、
心に押し寄せる、なんとも説明のできない複雑な想い――

その後、誕生日直前に、滑り込むように、
外資系の医療保険に加入できた訳だが、
もしあの時、入ることができていなかったら、
きっとこの安堵感はなかっただろう


それにしても、今日は手続きに時間がかかり過ぎた

いや、事情が入り組んでいたために、
様々な届けを提出していなかったのが原因なのだが...


年末の忙しい時に、
こんなに慌ただしいことはするべきではないと実感...

でも、これで、気にかけていたことがひとつ終わって、
すっきりした気分で新しい年を迎えられるかな――



 1日1回、応援のクリックお願いします
      日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ 
 ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

“ホルモン療法”について考えてみる

“ホルモン”とは――
  医学的には、“生理活性物質”という
  ギリシャ語が語源で、“刺激するもの”という意味らしい

男性の前立腺がんや
乳がんに大いに関係する“ホルモン”であるが、
まさに男性(女性)ホルモンががん細胞を“刺激”して
進行を手助けしてしまうのだ

ホルモン療法は、そのホルモンを働かないようにすることで、
がんの進行を止めるというもの

方法は、大きく分けて2つ

 ①精巣や卵巣から性ホルモンを分泌させないように、
   脳から出る命令を止める

 ②偽のホルモンを投与して、
   本物のホルモンが働けないようにする

私の受けた、
LH-RHアゴニスト製剤(①)と抗エストロゲン剤(②)がこれにあたる訳だ


こうして考えてみると、ホルモンが関係しているがんでは、
十分な有効性があるのは理解できる

が、なんとなく、ただ漠然とではあるが、
抗がん剤(化学療法)から比べると、
効果が薄いような気がしてしまうのだ

いや、単なる“イメージ”なのだが...


抗エストロゲン剤の最後の一粒を飲み終える日は、
複雑な気持ちだった

「これで毎日の服薬から解放される」
という安堵の思いと、

「本当に今日で終わっていいのかな。大丈夫なのかな...」
という不安である


「5年間、つらい副作用に耐えてきたんだから、
 ちゃんと効いてよね」――


治療が終わると、すべてが終わったような錯覚に陥る

病気が治ったような気さえする


「これで終わった」と手放しでは喜べない病気だけど...


「もう治りましたよ」

なんて言われる時代が来ることを願って――



 1日1回、応援のクリックお願いします
      日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ 
 ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

吹雪のあとは...

朝の吹雪は一転
お昼前から青空が広がってきた

「よし、今日は美容室に行ってこよう」

...という訳で、午後から行動開始


道路は除雪されていたけれど、かなり降ったらしい

  2013年12月28日 吹雪のあと

途中、雪を棄てに行くトラック2台に会い...

  2013年12月28日 除排雪車

「こんなにも降ったのだ」と、改めて実感させられる


ヘアサロンの先生には、もう何十年もお世話になっている

優しい先生とスタッフたちに癒され、
いつも楽しいひとときを過ごさせてもらっている

そして12月は、毎年粗品をいただけるのだ

  2013年12月28日 ヘアサロン粗品

今年はハンドクリーム(写真 向かって左)と、ミニタバスコ(写真 中央)

ミニチュア好きの私にはたまらない可愛さである

ちなみに、
大きさの比較ができるように、通常サイズのタバスコも置いてみた


『1年間、ありがとう』の、この心遣いがまた嬉しいものである


さて、今年もあと3日――



 1日1回、応援のクリックお願いします
      日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ 
 ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

吹雪の朝――

朝、カーテンを開けると、窓に雪がへばりついていた

一晩中、雪と風が吹き荒れていたらしい

   2013年12月28日 吹雪の朝

屋根には降り積もった雪がせり出し、つららが垂れ下がっている


今日の外出はムリかなぁ...



 1日1回、応援のクリックお願いします
      日々の励みになります 
 乳がん人気ブログランキングへ 
 ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら
りかこプロフィール

★2009年5月より、院内開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、ピンクリボン活動など啓発活動

★取得している国家資格:平成6年調理師免許取得(食と健康を考える乳がん患者)

『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所・電話番号・注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※いただいた個人情報は、書籍発送以外に使用することはありません。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます ↓
Pinky Ring 黒
コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
     © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。