りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2014年08月

「“乳がん”なんて、切ってしまえばいいんだろ?」

未だに許せない一言がある

それは、

「“乳がん”なんて、
 (おっぱいを)切ってしまえばいいんだろ?」

...という言葉である

  ※北海道弁なので、正確には
    「切ってしまえばいいんだべ?」――である


それは、私が乳がん告知を受けた夜のこと――

その日、私は、
同居していた両親に乳がんであることを告げるべく
その機会をうかがっていた

そして、意を決して告白した直後、
父が放った一言なのだ

「なに言ってるの!!
 乳がんなんて、命に関わる病気なんだよ!!」

すかさず母が言い返したが...

“おっぱいを切るだけ”って...

あまりにも......


乳がん告知の4年8ヶ月前、
左の乳房にしこりをみつけたことを、
私は誰にも話していなかった

その時、受診していたことも、両親は知らない

4年8ヶ月後の外科的生検のとき
過去の経緯を初めて母に話したのだ

だから父は、
外来で簡単に済ませた外科的生検と同じように、
乳がんも2~3日の入院で
簡単に終わるものと思っていたのかもしれない

が、“がん”という病を考えたとき...

そして、女性が乳房を失うという衝撃を思えば、
そのような無神経な発言には至らないはず


心配をするなら、せめて、
「おっぱいを切るだけじゃ治らないのか?」

ぐらいの配慮は欲しいものである――



  1日1回、応援のクリックお願いします
        日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

たくさんの死に触れて――

今年はいつになく、たくさんの死に触れた

それも、比較的若い人たちの死

みな、病気で亡くなった人たちだ


殊に、死因が“がん”ともなれば、

心穏やかではいられない


通夜、葬儀に参列するのは、

本当につらかった


もうこんな思いはしたくない


これからも、こんなことが起きないでほしい――



  1日1回、応援のクリックお願いします
        日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

命のブレスレット

  朝、カーテンを開けると、
  雲ひとつない清々しい青空が広がっている

  空は高く、すっかり秋の色だ

  開け放った窓からは、ひんやりとした風

  寝起きの火照った身体に、
  心地好くまとわりつく――



もう二度と更新されないであろうブログの彼女

実は、昨年の私の誕生日に、
手作りのブレスレットを贈ってくれた

体調が思わしくない中、
顔も知らない私のために素材を選び、

つらい身体で
ひとつひとつ繋いでくれた命のブレスレット――


これを身につけるたび、彼女を想ってきた

これを見るたび、
「きっと彼女は元気にしている」と信じてきた

そこには、知らない方がいい現実と、
真実を知りたい思いがぶつかり合う


  いつか、
  「北海道に行って、
   りかこさんとランチがしたい」と言っていたね

  その願い、まだ叶えられていないよ――



  1日1回、応援のクリックお願いします
        日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

もう二度と、更新されることのないブログ

あれから8ヶ月――

彼女のブログはもう二度と、
新しいページが開かれることはないのだろう


彼女もまた乳がんと闘っていた一人

優しいコトバで綴る彼女のブログが、
私は好きだった

柔らかな写真も、温かな彼女そのものだった


そんな彼女のブログが、
ある日突然、更新されなくなった

現実を知るのが怖くて、
彼女にメールさえ送れない

送ったところで返事が来るかどうかもわからない


いや、これが彼女の優しさ

何も言わない彼女の気遣い――


2014年6月1日のブログの最後に、
私はこう綴っている


  『彼女はきっと元気にしている』

  そう信じて――


それからまもなく4ヶ月

私の想いは変わった

それが現実だとしたら、
今度こそ、私はそれを受け入れようと思う


  たぶん、きっと、
  もう二度と更新されることのない彼女のブログ

  それでも、お気に入りから消すことはないだろう

  そして、これまで通り、
  私は毎日彼女に会いに行く――



  1日1回、応援のクリックお願いします
        日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

ブログを書くことが、“報せ”でもある

最近、会ってない人がいる

連絡さえ取っていない

「みんなどうしているかなぁ...」


こうしてブログをやっていると、

「元気だよ。ちゃんと元気に生きてるよ」

という報せにもなる


疎遠になってしまっている人たちも、

きっとこのブログを見て安心してくれているのだろう


病気のことでたくさん心配をかけた人たち...

そして、たくさん励ましてくれたみんな――



  1日1回、応援のクリックお願いします
        日々の励みになります
 乳がん人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
  ↑ 両方押していただけると嬉しいです ↑

★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら
りかこプロフィール

★2009年5月より、院内開催『がんサロン』にてエッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、ピンクリボン活動など啓発活動

『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所・電話番号・注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※いただいた個人情報は、書籍発送以外に使用することはありません。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
たくさんの仲間のブログが見られます ↓
Pinky Ring 黒
コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
     © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。