りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2016年11月

乳がんになって、どれほどの涙を流しただろう...

乳がんになってから、
どれほどの涙を流しただろう...

「一生分、泣いた」

そう思えるほど、
たくさんの涙を流した


“涙が枯れるほど――”

なんて言うけれど、
涙は枯れることを知らない

悲しめば悲しむだけ、
いくらでも湧き出てくる


そんな最近は、
めっきり泣かなくなってしまった

ひとには、

「泣いていいんだよ」

「泣いた方がいいんだよ」

なんて言ってはいるものの、
殊、自分のことになると、
泣くことから目を逸らしてしまっている


『乳がんで泣くのは、もう卒業』――

と、どこかで
気持ちに蓋をしている自分がいる

前を歩いている乳がん経験者として、
どこか強がっている自分がいたりもする

虚しさも、切なさも、淋しさも、
感じないふりをして...

本当は、途轍もなく、
人恋しくなるときがあるのに


  「泣くと目が腫れるから、できれば泣きたくない」
  って、ずっと思ってた

  でも、“目が腫れる”のは、ティッシュなどで
  拭うかららしい

  腫れを防ぐには、“涙を流しっぱなしにする”


  そういえば、乳がん治療中、
  毎晩お風呂場で泣いてたとき、
  涙、流しっぱなしだった

  最後にシャワーで流すだけ

  結局、
  涙の温かさなのかシャワーの温かさなのか、
  わからずに泣いてた


泣くと、ストレスも一緒に流れていく

心が洗われる

だから、たまには泣くことは大切


でも泣くのは、やっぱり、

「自分が弱いから」だと、思ってしまう

「大人だから我慢しなきゃ」と、思ってしまう


最近は、敢えて泣く、
“涙活”なんてのもあったね...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

凍える朝。ひとときの癒し。

暖かな陽射しが流れる部屋


芳しく漂うコーヒーの香り――


最低気温の朝


日常の喧騒から逃れられるひとときだ



窓の外は凍てつく空


-16.3℃は、今季最低、

11月の観測史上初の寒さらしい



さて、冷めたコーヒーを飲み干したら、

今日も現実の世界へ飛び込むとしよう――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

患者が病院を選んだ理由

厚生労働省、
『平成26年度受療行動調査』によると、

「外来患者が病院を受診する際、
 病院を選んだ理由がある」

と回答した割合は、91.3%だった

ちなみに、下記はその詳細



  ≪年齢階級別
      外来患者が病院を選んだ理由≫


   ※男 性
     女 性

                                0~   15~  40~  65~  75歳 
                   全年齢  14歳  39歳  64歳  74歳  以上  不詳

 医師によ      37.6     32.5    30.3   34.7   40.3   41.7   34.2
 る紹介         35.0     34.3    34.0   34.9   36.5   34.5   28.4  


 家族・友      16.7      19.1    20.5   16.3   15.5   16.3   19.8
 人・知人     20.4      18.5    21.9   19.2   20.2   21.3     9.1
 からの勧
 め

 交通の便     26.2     22.1   26.8    28.0   25.2   26.3   25.0
 がよい         28.1     21.5   25.9    26.7   28.4   31.4   29.6


 医師や看     14.5     17.9     7.2    10.8   15.0    19.3   15.5
 護師が親     16.4     20.3   10.3    12.4   17.0    21.6   13.0
 切

 専門性が     24.7     22.3    15.7   23.3   27.7    26.9   15.8
 高い医療     23.9     21.4    21.5   25.0   26.1    22.5   17.0
 を提供して
 いる

 建物がき       7.7       7.9      6.3     7.9    7.8     7.9    5.1
 れい・設備     8.1       8.1    10.6     8.9     6.6     7.4      5.7
 が整ってい
 る

 その他       12.8        20.3    22.7    16.0     9.8     7.3   12.3
                   13.2        18.2    19.4    16.9   10.2     8.5   16.5

   ※複数回答 (%)



私だったらどうだろう...


まず、

“がんを告知されて、
 がん治療ができる病院を紹介してもらった”

ことが挙げられる


“選んだ理由”

というよりも、

“この病院しかなかった”

というのが実情だろうか


私が住んでいる地域は、選ぶだけの病院はない

殊に、私のように車がなければ
 (特に地方は車社会)
“行きたい病院”どころか、
通院することさえ一苦労である

そういう意味では今の病院は、
通院には便利な場所にあるので救われている

そして、
がん治療ができる病院が近くにあるだけ、
本当に、本当に恵まれている

「“乳腺外科”がない」なんて、
そんな贅沢は言っていられない


この広い北海道、
片道2時間かけて通院されている方も多い

泊りがけで検査を受けにへ行く患者さんも
少なくない

以前から
都市部と地方の医療格差が問題になっているが、
その差は縮まるどころか、
広がっているような気がするのだ


お金持ちが
高度な医療を受けられる時代になったことも含め、

『“本当の、患者のための医療”って
 何なのだろう...』

と、いつも考えさせられるのである――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

静かに――

昨夜から再び降りだした雪は、

朝になっても続いていた


朝


太陽のない、薄暗い朝

暗がりに、雪の白さだけが映えている



いつになく、静かな朝だ


雪はすべての雑音をかき消してくれる



ただ深々と、ひたすらに降り積もる雪――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

最後の一枚

今日、11月のカレンダーをはずした

12枚綴りだったカレンダー

少しだけくたびれた、
たった一枚が壁に残されている


昨年も終わろうとしている頃、
壁に吊るした今年のカレンダー

ひと月ずつめくりながら、

「この時季は何をしているだろう...」

「この季節は、
 どんなふうに過ごしているだろう...」

そんなことを想ってみた

12月では、

「1年後か...。
 12月なんて、まだまだ先のことだな...」

と、遠い未来のように感じたっけ...


一日一日、ひと月ひと月、過ごしてきた時間

1分、1秒を大切に過ごしてきたつもりでも、
経ってしまうとその充実感に疑問を抱く


こんなに生きられるとは思っていなかった、
10年前の今日

「あと2回しか、
 お正月は迎えられないかもしれない」

そんな“覚悟の日”だった

これが、“奇跡”というのだろうか


正午を過ぎて雪が降り出した

“あの日”と同じ、薄灰色の空――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら
りかこプロフィール
『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所と注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※現在、書籍の注文は受け付けておりません。  ※広告掲載依頼はお断りいたします。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
アクセスページ数

     ※訪問者が閲覧した記事の
       ページ数

    訪問者数

      ※ブログに訪問してくれた方の
        人数

      たくさんの仲間のブログが見られます ↓
      Pinky Ring 黒
      コメント欄について
      ★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
       これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
       非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

      ★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
       お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

      ★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

      ★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

      ★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

      ★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

      ~~~~~~~~~~~~~~


      ≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫
      LINE読者登録QRコード
      LINE読者登録QRコード
      QRコード
      QRコード
           © Rikako,2011

      このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。