りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2016年12月

“2016年12月31日”という日は、なんだか切なく...

“2016年12月31日”――

1日しかない“今日”という日


そして今日は、2016年、最後の日でもある


そんな今日の朝は...

  大晦日の朝

いつになく、静寂を纏ったように、
緩やかに時が流れている


ようやく新しいカレンダーに替え...

      来年のカレンダー

今年はぎりぎりまで替えずにいたカレンダー

いつもは大晦日の4~5日前には替えているが、
曜日の関係*で、そのままにしていたのだ

  ※12月31日が土曜日、
    1月1日が日曜日で、
    カレンダーが見やすかった




  なんだか、切なくて、

  哀しくて、

  涙がぽろぽろ落ちてくる


  最近ようやく薄らいできた母のことも、

  また、思い出すようになり、


  「ひとは、こうして死んでゆくんだ...」


  と、自分に重ねてみたり...



今年が終る――

何にしても、“終わる”のは淋しいものである
 (たまには嬉しいこともあるけどね)

あすからは、また新しい年

きっと、楽しいことがたくさん待っている――



しばらく会っていない父はどうしているだろうか

明日、顔を出してこようか...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


この体調のまま、年を越すことになり...

すでに2日前に、
各医療機関は今年の診療を終え...

結局、
このまま正月を迎えることになってしまった

年が明けたら、
すぐに受診しなければ...


検査を受けるとなると、
早くて1週間後か...

けっこう、キツいかも...


もう少し早くに
対応しておけばよかったのだが、
婦人科の出血の方にかかってしまった


こんな重い気持ちでお正月を過ごすのは、

乳がん告知を受け、
すべての検査を終えて
手術待ちをしていた10年前と同じだ


そんな夕刻――

夕 陽

目の前に広がっていたのは、
きれいな夕空...

こんなに美しい夕焼けは、
今年最後かな――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


なんだか疲れた...

続く婦人科の出血

胃と背中の痛み、
胸の痛み、腰の張り

加えて、
乳がんによる様々な不安や不調

  色々あるよね、
  ここには書けないことが...

そこに持ってきての、師走の忙しさ...


そんなこんなで、ここのところ、
なんだか疲れてしまった


痛みがあるだけで、エネルギーを使う

心も身体も休まれない

体重も落ちる...ってものだ

まぁ、食欲があるだけ、救われている


さ、人生、もうひと踏ん張り――


いや、

ふた踏ん張り、
みっつ踏ん張り、よっつ踏ん張り、必要か...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


朝が明ける――

いつもと同じ朝が明ける


朝 ①


何事もなかったかのように


朝 ②


みんなは、

なにを感じ、

なにを想って、

この空を見上げているのだろう――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


乳がんになった私が、誰かのためにできること――

「がんサロンができてなかったら...、
 参加していなかったら、
 今頃、私、何をやっていただろう...」――


体験記の出版も、

このブログも、

もしかしたらやっていなかったかもしれない


“がんでつらい思いをしている人に
 寄り添っていく”という思いも、

温かな心も、

優しい気持ちも、

きっと、未発達のままだったと思う


たぶん...

きっと...

すべては、“がんサロン”が
はじまりだったのだろうな...


お蔭で
乳がん漬けの人生になってしまったけれど...

それも自分が択んだ道だ


『“乳がん”という病気をしてしまったのなら、
 その経験を、誰かのために使おう』


乳がんになった私が、
誰かのためにできること――


これまでも、
そして、これからも、ずっと、変わらず...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール

★2009年5月より、医療機関開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍自費出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』FPとの対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、講演、ピンクリボン運動など啓発活動

★取得している国家資格:調理師免許(食と健康を考える乳がん患者)

メッセージはこちらへ
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
 左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
 視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
 左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
 左乳房のしこり一部切除
  (外科的生検)

★2006年11月28日(火)
 乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
 左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
 局所再発の疑いで、
 細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
 対側(右)乳がんの疑い
 (前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
 右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)
  (化学療法・放射線が効かない稀ながん細胞)
 ・非浸潤性乳管がん

 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・乳房扇状部分切除(4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤、
  4週間毎、2年間(23回)投与
 ・抗エストロゲン剤(クエン酸タモキシフェン)、
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。