りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。 「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。 視触診だけで簡単に下された診断。 そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。 “良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2017年06月

複雑な思いの、赤ちゃんの声...

2~3日前までは暖房を点けていたというのに、
今日は31.4℃

冷房がほしい気温だ


部屋の中は、今季初の30℃越え

    今季初、室内30℃超え


そして、今季初の...

      image

...ショートパンツ
 (もちろん、部屋着)

まだ暑さに慣れていない身体

汗は出ないし、
身体中に熱がこもって、
体温が38℃くらい上がっている感覚...


夜になっても
窓からは涼しい風は入って来ない

聴こえてくるのは
ご近所さんの、小さな子どもの声――


ここに越して来た当初、
周囲は赤ちゃんや、
小さな子どもがいる家庭ばかりだった

当然、そんなことは知らずに越してきた


乳がんになって、治療をして、

子どもが産めなくなってしまったことに、
まだ気持ちの整理がついていないとき

周囲から聞えてくる赤ちゃんの鳴き声や、
お腹の大きな妊婦さん、

お父さん、お母さんと手を繋いでいる、
幼い子どもの姿を目にするのが、
どれほどつらかったか...

本当に、本当に、複雑で...


窓から流れてくるくるそんな
声を聴きながら、
苦しかった当時のことを思い出し――


そして、夕刻

きれいな夕陽

夕 陽


今年前半最終日

素敵な景色に感謝...


そして、明日からの2017年後半

素敵な日々にあふれていますように――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング     にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


寝坊の朝。ちょっと体調が悪い朝。

異様な音で
夢から現に引き戻される

「...!? ヤバい、この音は...!!」


それは、
毎朝の起床20分後に鳴る、
聴き慣れた電子音

...完全に寝坊

昨夜、
携帯の目覚ましのアラームをかけ忘れたらしい

基礎体温の計測もしないまま
ベッドから飛び起きる

一気に起きあがると、
脳も身体も目覚めがおかしい


そんな今日は、ちょっと体調が悪い朝

体調の悪い朝

またしばらく、薬のお世話になる日々だ


そんなこんなをしていると、携帯に着信

ディスプレイには見知らぬ番号

  『○川県 ○沢市』

「○川? ○沢?」

親戚、知り合いを
目覚めぬ記憶から掘り起こしてみる

「いないなぁ...、たぶん...」

いたところで、
私の携帯の番号なんて知るはずもない

「間違い電話?」

一瞬、出ようか躊躇

ま、今の時代、
得体の知れないものには
出ない方が無難である


そんなこんなの、
今年前半最終のバタバタの朝


明日の後半第1日目は、
もう少しまともにはじめたいものである――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング     にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


人生そのものを変える、“がん”という病

自分ががんになるまでは、

「“がん”って、
 死ぬかもしれない大きな病気なんだなぁ...」

ぐらいにしか思っていなかった

「抗がん剤をして、
 吐き気や髪が抜けたり、大変みたいだなぁ...」

と...


が、実際にがんになってみると、
想像を遥かに超えた現実が待ち構えている


  治療や検査にかかる費用

  そして、仕事の問題

  そんな現実の裏で、
  心までもが蝕まれてゆく...


まさか乳がんで、
子どもが産めなくなるなんて
思ってもいなかった

一生、
腕が不自由になるなんて
思ってもいなかった

これほど世間との距離を
感じるようになるなんて
思ってもいなかった

こんなに孤独を感じるなんて
思ってもいなかった

いつまでも再発の不安があるなんて
思ってもいなかった


手術をした

治療もした

だから
身体が変わってしまうのは仕方がない

でも、心まで、
元気を取り戻すのには時間がかかる


失うことが多くて、

涙が流れることが多くて、

誰かの言葉に傷ついたり...


子どもを持っている、
幸せな家庭を羨んでみたり、

自分ができないことを
責めてみたり、

蔑視を感じたり、

職場で肩身の狭い思いをしたり...


まだまだそんな病気なんだな、
“がん”って――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング     にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


感謝の朝――

今日も青空

朝 ①

暖かくなりそうだ


ここのところ、体調もよく、
コーヒーが美味しくいただける

朝 ②

食欲もある

元気でいられることが、
こんなにも心地好い


病気をしてから気づく、
1日1日、1時間1時間の体調の波

それだけに、

元気なこと、
美味しく食べられることに
ありがたさを覚える


そんな感謝の朝――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング     にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


“がん”って、やっぱり難しい病

“がん”と一言で括る

が、“がん”は、様々な部位に発症する


“乳がん”という病ひとつ取っても、

  ○がん細胞の種類
  ○症状
  ○治療法
  ○使用する薬の違い
  ○副作用の違い
  ○術式

と、実に千差万別だ


私の乳がんと、
2年前に亡くなった母の甲状腺がんがわかったのは、
ほぼ同時期

私より母の方が、
2週間早くがん告知を受けていた


私はがんを結果的に4年8ヶ月放置した形になり、
母は偶然にも、早い段階で発見された


母のがん細胞は進行性

が、治療後、
“完治”と言っていいまでに、
がん細胞が身体から消えた


私の左乳房にあった3つのしこりからは、
2種類のがん細胞が見つかり、
ひとつは珍しいがん細胞

進行が遅く、
が、抗がん剤も放射線も効果のないものだった


“完治”したと思われた母は
5年後、肺に転移

その後、さらに小脳に転移し、他界

“転移性”というがんの性質は、
やはり“転移”という形となって現れたわけだ


そして私は、4年8ヶ月もの間、
がんを放置したにもかかわらず、
今、こうして生きている

  進行が遅いがん細胞だけに、
  まだまだ安心はできないのだが...

  5年近くも放置して、
  このまま終わるとも思っていない

  “稀ながん細胞”というのも、不気味だ


お互いのがんがわかったときは、
確実に、

「私の方が、(逝くのが)先だ...」

そう思ったのに、
こればかりは、わからないものである


それほど難しい、“がん”という病

仲間を失うたび、

「本当に“完治”はあるのか...」

と、思ってしまう


やっぱり簡単じゃない、
“がん”って病気は...

甘く見てはいけない


たくさんの仲間たちの死が、
それを物語っている――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング     にほんブログ村

★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール
『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所と注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※現在、書籍の注文は受け付けておりません。  ※広告掲載依頼はお断りいたします。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける    

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断  

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診        

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除      

★2006年11月28日(火)
乳がん告知            

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術          

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)  

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(昨年からしこりあり)経過観察     

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)   
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(左乳房しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)、
  非浸潤性乳管がん
 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・扇状部分切除
  (4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤投与
  4週間に1度、2年間(23回)
 ・抗エストロゲン剤
  (クエン酸タモキシフェン)
  5年服用
ブログ記事検索
アクセスページ数

     ※訪問者が閲覧した記事の
       ページ数

    訪問者数

      ※ブログに訪問してくれた方の
        人数

      たくさんの仲間のブログが見られます ↓
      Pinky Ring 黒
      コメント欄について
      ★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
       これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
       非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

      ★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
       お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

      ★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

      ~~~~~~~~~~~~~~

      ≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

      ★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

      ★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

      ★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

      ~~~~~~~~~~~~~~


      ≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫
      LINE読者登録QRコード
      LINE読者登録QRコード
      QRコード
      QRコード
           © Rikako,2011

      このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。