りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2017年07月

いつになったら“普通の生活”に戻れるのだろう...

ちょっとどんよりな月曜の朝

外気はすでに秋を思わせる冷たさだ

が、

夏の火照った身体は
そう簡単には冷めてはくれない


そして、突然泣き出した灰色の空

まるで泣き止まない赤子にように、
大きな音を立てて降り続いている――


そんな1週間のはじまり

そんな7月最終の朝――



こんな空だと、心も晴れない

こんな日は、せめて青い空が見たかった...





  いつになっても、出血、出血、出血...

  ずーっと、下腹部痛、下腹部痛、下腹部痛...

  出血をすれば、
  不正脈、血圧異常、徐脈の体調不良に襲われ、
  倦怠感、ふらつきが現れ...


     トイレでも、お風呂場でも、
     もう血を見るのは嫌だ...


     テレビで流血のシーンや
     血のりを見てもゾッとし...



  いつになれば、普通の生活ができるのだろう

  いつになったら、元の生活に戻れるのだろう


    “普通の生活”ってなに?

    月日は流れてる
    “元の生活”には戻れない




  10年以上も通っている婦人科

  乳がんをやっているから
  ホルモン剤は使えないのに...

  だから、
  ホルモン剤の入っていない止血剤を
  処方してもらっているのに...

  ここのところ、毎月のように
  婦人科にかかっているのに...


  それでも時々、
  「ホルモン剤、使ってみる?」

  と、提案される、
  乳がんのことは忘れられる

  患者として悲しいことだ


  決して“効いている”とはいえない止血剤

  それでも、これに頼るしかない現実――



時々、こんな現状に辟易とする


時々、こんなふうに心が荒れる


時々、こうして叫びたくなる


どうにもならない現実に――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村


★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から



四つ葉のクローバー。“幸せ”の定義。

「四つ葉のクローバーを見つけたら、
 幸せになれるんだよ」――


子どもの頃、
友だちからそんな話を聞いた

学校帰りに
シロツメクサが咲いているサイクリングロードを歩きながら、
一生懸命に探した


一緒に探していたクラスメイトだちが、
一人...また一人...と、
四つ葉のクローバーを見つけてゆく

その中のひとりは、
2つ、3つ...と、
いくつもの四つ葉のクローバーを次々と見つけ、

さらには、
“五つ葉”、“六つ葉”なんてのも手に取って誇らしげにしていた


『なんで私だけ、見つけられないんだろう...』――


それ以降も、
私は四つ葉のクローバーを見つけたことがない



その頃の“幸せ”といえば、
漠然としすぎていた

まだ小学生の女の子が描く“幸せ”は、
“結婚をして子どもがいる家庭”というところだろうか



“幸せ”とは――

『運がよいこと。幸運、幸福』が、
“幸せ”という意味らしい


“幸せ”って、
きっと、ひとりひとりの心の中にあるもの...

なんだと思う


裕福でも
“幸せ”だと感じない人がいるかもしれない

経済的に日々の生活に余裕がなくても、
“幸せ”だと感じる人がいるかもしれない


私は...

30代のある日、左の乳房にしこりをみつけたとき、

「ああ、やっぱり私は、
 幸せにはなれないんだ...」

と、思った


30余年の人生を顧みて、

「やっぱりこれが、私の人生のシナリオなんだ...」

そう思った


「今までの分、
 これからは幸せになる」――

しこりをみつけたのは、
まさに、そんなことを考えていた矢先だった


そして、その“幸せと”は、

“結婚をして女の子を2人産んで、
 幸せな家庭をつくること”

だった

結婚の夢は潰え、
子どもも産めなくなった


が、自分のことを“不幸”だとは思わなかった

もちろん、悲しかった

どれだけ泣いたかわからないくらい悲しかった

それでも、“不幸”という感情にはならなかった

病気になったことはつらくて悲しいこと

でも、“不幸”じゃない


乳がんになって、

命の尊さを知り、
日々の生活が当たり前ではないことに気づかされ、

季節の移り変わりを敏感に感じたり、

毎日空を眺めたり、

ひとの温もりに触れたり...


それは、これまでに感じたことのない感情だった


様々な人たちに出逢い、
様々なことに出逢い、

諦めたこと以上に、
たくさんの出来事や愛情が、
周りにあふれている

それがたとえ、
病気が創りだしたものだとしても、いい


だから、今の私は“幸せ”だ

病気になる前の私より、確実に


もちろん、それは、
今、こうして生きているからこそ
言えることなのかもしれない


私の究極の夢は、最期に、

「自分らしく生きた」

と、笑顔になれること

それが、最後に私が
“幸せ”だと感じられる瞬間なのだと思う


“幸せ”には色々なカタチがある

“幸せ”は、
それぞれのココロに持っているもの

それが、きっと、“幸せの定義”なのだと思う――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村


★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から



“今日”という一日は...

風邪、暑さ、寝不足...と、
なかなかベッドから起き上がれない朝

曇天が、
重い身体をさらに重くしているのか...


ちょっと遅めの朝食を摂り、

ダラダラと支度をはじめる


こんなときでも食欲があるのが救いだ

食べられることに、今日も感謝

こう見えて、意外と夏バテ知らずなのである


  ちなみに、夏バテ予防には、
  しっかり食べることが大切らしい

  そうめんばかり食べていると
  必要な栄養が摂れず、
  余計に夏バテを起こすようなのだ


なのに、この数年、
なぜか風邪をひきやすくなっている

免疫力とバランスのいい食事は別物なのか

それとも、

“がん(乳がん)をすると、風邪をひきやすくなる”

なんてことが、あるのだろうか...


さ、気づけば、もう7月も終わり

そろそろ8月のカレンダーに替えるとするか――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村


★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から



夏のホットフラッシュのお供 ~扇 子~

治療中、お世話になった扇子


扇 子


5年間のホルモン治療中、
とにかくホットフラッシュがひどかった

夏は特にどっしりと濃厚な、
独特な暑さが襲ってきた


そこで思いついたのが“扇子”だった

今は100円ショップで
たくさんお洒落な柄のものが売っている


...が、買ったはいいが、
実はしばらくの間、使えずにいた

それは、人前で使うことの抵抗感

まずは、“あおぐ”という行為だ


中学の頃、厳しい国語教師がいた

私が子どもの頃は、
まだ学校に冷房なんかなかった時代

いや、学校だけではなく、
街のお店にも、どこにもなかった

“北海道”という土地柄なのだろうか


その教師は、授業中、暑さのため、
下敷きでパタパタあおいでいる生徒に向かって
こう言った

「先生が暑いのにこうして授業をしている。
 だからお前たちもあおぐのをやめろ。
 あおぐのは、聞く態度じゃない」

と...

それから“あおぐ”という行為が、
相手に対して
“失礼に当たること”だと思うようになった


そして、人前であおげない理由がもうひとつ

それは、
“ホットフラッシュ”という現象

周囲から
“更年期”と思われるのが嫌だったのだ

「暑いの? 更年期?」

そう言われやしないかと、
内心、恐れていた


そんな私が扇子デビューをしたのは、
がんサロンだった

『ここなら、きっと、
 病気のつらさを誰もがわかっている。
 もちろん、副作用のことも。
 “更年期じゃないの?”なんて、
 心ない言葉を投げかける人はいない』――


が、それでもやはり、
はじめの頃は恥ずかしさが抜けず、
なかなか使うことができなかった

テーブルの下に忍び込ませて、
目立たないように、
小さくパタパタあおいでいた

そのうち、

「ホットフラッシュがひどくて...」

と、自ら副作用のつらさを吐露できるようになり、
顔の前で思いきりあおいだ

そこにあるのは、“共感”という安心感


「私なんか汗かきだから、夏場はダラダラだよ~」


サロン参加者の、そんな話を聞きながら――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村


★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から



「がんが消える」とか、「がんが治る」とか...

またもや、
エビデンスの確立されていないがん治療を施し、
逮捕者が出たらしい


「この施術をすれば、がんが消える」

とか、

「これを飲めば、がんが治る」

とか、

得体の知れない民間療法の類は
山ほどある


  その療法が正しいのなら、
  がんで苦しんでいる人はいない

  その療法でがんが消えるのなら、
  がんで亡くなる人はもっと減っている

  そんなに簡単なことでがんが治るのなら、
  とっくに特効薬が出ている

  そして、その療法が、
  すでに世界中に広まっているはず

  そんなに簡単なことで済むのなら、
  日夜、がん治療の研究をしている人たちは、
  なんなのか...


それほど“がん”という病は
誰もが関心を持ち、

誰もが恐れている病なのだろう

「手立てがない」と言われた患者にとっては、
藁にも縋りたい思いだ


が、

“それを逆手に取っている”というのが現状


「がんが治る」

「がんが消える」

と謳えば、
苦しんでいるがん患者は救いを求めるのも事実だ


今や、“日本人の3人に2人ががんになる”――

そんな時代

身近な病であるのは間違いがない

そして、時には命をも脅かす

そんな弱みにつけ込んだ“商売”なんて
あってはならない



以前、海外で、
“末期がん”と、自らネットで発信した女性がいた

多くの同情の声があがり、
多額の寄付金が集められたようだが...


結局、“末期がん”というのは、真っ赤な嘘

世界中のがん患者の怒りを買ったのは
記憶に新しいところだ


“がん”という病が
歪曲した“ビジネス”となってしまうのなら、
あまりにも哀しすぎる――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村


★しこり発見から治療までの経緯は⇒
こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から



りかこプロフィール

★2009年5月より、院内開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、ピンクリボン活動など啓発活動

★取得している国家資格:調理師免許(食と健康を考える乳がん患者)

『4分の3の乳房(ちぶさ)』購入希望の方は・・・

お名前・メールアドレス、本文に住所・電話番号・注文冊数をご記入の上送信してください。折り返し、メールで詳細をお送りします。  ※いただいた個人情報は、書籍発送以外に使用することはありません。

名前
メール
本文
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
左乳房のしこり切除

★2006年11月28日(火)
乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
局所再発の疑いで、
細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
対側(右)乳がんの疑い
(前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
・明細胞がん(クリアセル)、非浸潤性乳管がん
 (化学療法・放射線の効かない稀ながん細胞)
・核グレード 2
・ER 90%
・PgR 10%
・HER2 (-)

★術 式
・腋窩リンパ節郭清
・乳房扇状部分切除
 (4分の1強切除)

★治 療
・放射線23回照射
・LH-RHアゴニスト製剤投与
 4週間毎、2年間(23回)
・抗エストロゲン剤
 (クエン酸タモキシフェン)
 5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。