りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2018年03月

いかに、“早く”みつけるか――

がんサロンで多く話題に上るのが、

  ○検査のこと
  ○再発の不安
  ○家族のこと
  ○仕事のこと


たまに、

  ○がんになった芸能人のこと
  ○テレビや新聞で見た最新治療のこと
  ○医師や看護師さんのこと


...などだろうか



そんな中でも、
誰もが口を揃えるのが、“早期発見”


「やっぱり、早くに見つけないとね~」

「きちんと検査はしないとね~」


がんを経験している人たちだけに、

『早期発見がいかに大切か』

を、痛いほどわかっているのだ

  私自身も、
  見落とし、
  そして放置という経緯を踏んでいるだけに、
  早期発見の大切さは身を以て感じている



が、婦人科や、胃や、腸や...

それぞれに時間をかけて、
検査費用をかけて、
つらい検査をなければならないのが現状


「“血液でがん発見”はどうしたんだろう」

「“尿でがん発見”は、
 いつになったら実用化されるの?」

「“唾液でがん発見”は...?」


と、

遅々として進んでいないように感じてしまう、
簡易ながん検診に、
疑問を持ったり、
希望を抱いたり...


「もっと簡単にがんが見つかれば、
 もっと検診率も上がるし、
 もっとがんで亡くなる人も、減るのにね」――



  “がんの完治”には医療の進歩も欠かせない

  が、
  何より、私たち、ひとりひとりの意識が必要だ

  そのためには、
  やはりがん検診が重要なのだろう



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


“わがまま”でいい。

以前、こんな方に会ったことがある


その方は、

がんがわかったときには、
すでに多臓器に転移、播種あり

いわゆる、“ステージ4”

「このままでは、余命6ヶ月」――

医師に、そう言われたそうだ


仕事に追われ、
日々の忙しさにかまけ、
体調が悪くても
病院に行かなかったことを後悔していた

悔やんでも、
過ぎた時間を取り戻すことができないことにも、
また、後悔をにじませていた


そして、

「わがままになることにしたの」

と、ペロッと舌を出して、
その方は笑顔でそう言った



「それでいい」と思った

わがままでいい

貪欲になっていい

家族に...周りに、
たくさん甘えればいい



人生、たった1度きり

楽しんで、

泣いて、

笑って、

好きなことをして、

美味しいものを食べて...



「でもね、まだまだ生きるんだ。
 あと3年、生きられるかな...。
 データより生きるんだ」


そんな言葉が印象的だった――



  そう、データは、過去のもの

  私たちは、“今”を生きている

  私たちの命は、“未来のデータ”


  きっと、

  5年後、10年後の生存率は、

  今より確実に延びている――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


春の青。

清々しい青


白く輝く雲


2018/03/30 朝


胸いっぱいに春を吸い込みたくなる朝だ



気持ちのいい一日のはじまり――



  すべての人たちが

  “今日”という日を

  優しい心で過ごすことができますように...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


「あの人は、どうしているのだろう...」

9年2ヶ月、108回――

これまでに開催された、
がんサロンの年月と回数だ

この間に、
何人のがん患者さんと出会い、
いくつの人生に触れてきただろう


サロンに参加していなければ、
私の“乳がん人生”は
確実に違うものになっていた

おそらく、ここで、
こうしてブログを書いていることも
なかったかもしれない



この9年2ヶ月の間に、
残念ながら、「再発をした」という報告

そして、悲しい別れもあった

わかってはいても、

「がんサロンとはそういう場である」

ということを、現実のものとして
受け入れざるを得ないときも何度かあった


と、同時に、

「あの人、どうしているだろう...」

そう思う人も多い

「サロンに来ないということは、
 きっと元気にしているのだろう」

そんな理由もつけてみるが、
病気が病気なだけに、
心配の方が大きくなることもある


『知らせがないのは、元気な証拠』――


“がん”とは、
そうは思えない病気なのだ



この病気になってから、
新聞の死亡欄を見るのが少しつらくなった――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


黄色い朝。

朝の気温+2℃


ようやく暖かさが持続するようになってきた



そんな今日は黄砂が舞う朝


空がよどんでいる


なんとなく、呼吸も浅くなる




朝は青空を仰ぎ、陽を浴びながら、


清々しい空気を胸いっぱい吸い込みたいものだ




さ、今晩から、春物のパジャマに替えようか――



  電気毛布はまだ少し、お世話になろう...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール

★2009年5月より、医療機関開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍自費出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』FPとの対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、講演、ピンクリボン運動など啓発活動

★取得している国家資格:調理師免許(食と健康を考える乳がん患者)

メッセージはこちらへ
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
 左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
 視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
 左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
 左乳房のしこり一部切除
  (外科的生検)

★2006年11月28日(火)
 乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
 左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
 局所再発の疑いで、
 細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
 対側(右)乳がんの疑い
 (前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
 右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)
  (化学療法・放射線が効かない稀ながん細胞)
 ・非浸潤性乳管がん

 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・乳房扇状部分切除(4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤、
  4週間毎、2年間(23回)投与
 ・抗エストロゲン剤(クエン酸タモキシフェン)、
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。