りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2018年06月

生命線

散々な一日がようやく終わろうとしている――


まずは、朝から痛んでいた左肩甲骨

ここは、
腋窩リンパ節郭清とつながっているのだろうか、

乳がんの手術後、一晩中、
おっぱいの切除よりも、
リンパ節郭清のわきの下よりも、
どこよりも痛んだ場所だ


今日はその左肩甲骨の痛みの影響で、
リンパ節郭清で麻痺した左の二の腕の皮膚が
まるで電気が走っているかのように
ピリピリと痛み...


「なんで今頃...」

やっぱり手術の影響は、
一生ものなのだろうか...




そして夜には...


2018/06/30 怪我


左の中指と人差し指を
すっぱりと切ってしまった...

  意外と不便である


リンパ節郭清をしていると、
怪我は感染症のリスクのひとつだ

細菌が入らないように
気をつけなければ...



そういえば、私の生命線...


2018/06/30 生命線


途中で切れて、2本に分かれている


昔、

「長生きできないのかも...」

そんなことを思っていた

「私の生命線は半分しかない。
 “人生80年”と考えれば、40代で死ぬのか...」



そして乳がんになる


「やっぱり、40代で死ぬのかもしれない」――




が、今、生きている

あと5年や10年で、
乳がんでは死ぬ気はしない



この2本に分かれた短い生命線

一体、なんなのだろう――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


月 光。

蒸し暑い朝


ようやく青空――


2018/06/30 朝


やっぱり青い空と眩しい陽射しは

気持ちがいいものだ




そして、昨夜――


就寝前の真っ暗な部屋に

仄かな光が差し込んでいた


カーテンを開けると

目の前にはほんのり赤く色づいた、

明るく輝く月


2018/06/30ストロベリームーン翌日 ①


ストロベリームーンには1日過ぎてしまったが、

それでもこうして観られたことがありがたい



夜空に浮かんでいる月


その姿は、どこか凛としている



そしてその横で瞬いている金星もまた、

赤く輝いていた


    2018/06/30ストロベリームーン翌日 ②

   2018/06/30ストロベリームーン翌日 ③
   もっとしっかり撮れるといいのだが...



宇宙のパワーを感じる、そんな夜――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


輸 血

“輸血”と聞くと、

  ○事故で大量に出血した場合
  ○手術で大量に血液を必要とした場合

...を思い浮かべる


が、意外にも、
輸血が一番多く使われているのはがん患者

輸血全体の約40%もの血液が、
がん患者の命をつないでいるのだ


そして、その輸血に必要な献血も、
私たちがん患者にはできない

理不尽さが残る...



人工的には造れない血液

献血に頼るしかない

が、どんどん増えているがん患者

それでなくても献血者は減っているというのに、
需要と供給のバランスは
取れているのだろうか



臓器提供、献血...

がんになってしまうと、できないことが増える

“ひとのため”に、何ができるのか...


こんな時、思い出すのは、
以前、友人の主治医が言っていたこんな言葉だ

「道端のごみを拾うだけでも、
 社会貢献はできるよ」――



これほどまでに進んでいる医療

いつか人工的に、
血液が作れる日が来るのだろうか――



  そして、

  “今の私にできること”

  を、考えてみる――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


“ちょっとだけ”な朝は――

今日も雨――


昨夜は満月、“ストロベリームーン”

が、こんな天候が続く空

観られるはずもなく...


とりあえず、
昨年の画像で満足してみる


ストロベリームーン翌日


が、実は、
昨年のストロベリームーンの当日も
雲に阻まれてしまった

これは、その翌日の写真

なので、“ちょっとだけ”右側が欠けている



そんな朝は、“ちょっとだけ”気怠い朝


2018/06/29 朝


“ちょっとだけ”観戦するはずが、
結局、最後まで観てしまい...


「“結果”にこだわれば、それもありか...」

  もちろん、リスクも併せ持った判断ではあるが...

と、“ちょっとだけ”消化不良...



さ、

“ちょっとだけ”寝不足な身体には、

“ちょっとだけ”濃い目にコーヒーを淹れて――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


口 癖。

もともと私の口癖は、

『時間が勿体ない』

だった


何かを待つ、ほんの数分...

いつもより、
ちょっとだけ遠回りする時間...



これが、
乳がんになる前からよく口にしていたのだから
不思議なものである

当然のことながら、
乳がんがわかったときは、

「ほら、やっぱり私には時間がなかったんだ」

と、

今まで“時間が勿体ない”と感じてきたことが、
まるで短い命を暗示していたかのように思えた



そんなことだから、
乳がんになってからは、さらに、

「時間が勿体ない」

そう思うようになってしまった


「いつまで生きられるかわからない。
 無駄に時間を過ごしたくない」


と...


でもすべての時間を
きっちり遣い切ることなんてできない

“無駄”だと思われる時間も
必要な時間なのだ



が、最近、

「時間が勿体ない」

と、
前ほど言わなくなったような気がするのである

生きることに、余裕でも生まれたのか...



そして最近の口癖は、

「なんか美味しいものが食べたい」

に、打って変わった


“美味しいもの”が何なのか、
自分でもよくわからないほど漠然としている


が、とにかく、“美味しいもの”が食べたいのだ



“食べること”は、本当に大切だ

そして、何より楽しい

“生きるため”だけではなく、
味わうことも、楽しむことも、
ひとに与えられた感情なのだと思う



つくづく思うのだ

元気に食べられることの幸せを、

美味しく味わえることの楽しさを



「食べられなくなったら終わりだ」


そう口癖のように言っていた母

亡くなる数時間前まで、
必死に食べていた

その一口一口に、
きっと命をつないでいたのだろう



そんなことを、ふと思う――


  みんなは、
  どんな口癖があるのだろう...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール

★2009年5月より、医療機関開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍自費出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』FPとの対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、講演、ピンクリボン運動など啓発活動

★取得している国家資格:調理師免許(食と健康を考える乳がん患者)

メッセージはこちらへ
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
 左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
 視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
 左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
 左乳房のしこり一部切除
  (外科的生検)

★2006年11月28日(火)
 乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
 左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
 局所再発の疑いで、
 細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
 対側(右)乳がんの疑い
 (前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
 右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)
  (化学療法・放射線が効かない稀ながん細胞)
 ・非浸潤性乳管がん

 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・乳房扇状部分切除(4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤、
  4週間毎、2年間(23回)投与
 ・抗エストロゲン剤(クエン酸タモキシフェン)、
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。