りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2018年09月

「がんでよかった」と、思えたり思えなかったり...

がんになんて、
ならない方がいいに決まってる

病気になんて、
本当はなりたくなんかない


がんになって、
どれほどのことを諦め、

どれほどのものを失ったか...


手術をしても、
治療を終えても、

元には戻らない身体

元には戻らない生活



が、得たものも多いのも事実だ

生きることの意味、

命の尊さ、

ひとの温もり...


「乳がんになってよかった」


...のかどうかはわからないが...

  よくはないか...


それでも、
たくさんのことを考えさせられたのは、
紛れもない事実なのだ



そしてもうひとつ、
「がんでよかった」と思うことがある

それは、“死”だ


ある、
がん看護専門看護師の方に言われたことがある


「私は死ぬなら“がん”がいい」

と...


「がん患者の前で、
 何を言っているのだろう...」

と、思った


が、彼女はこう付け加えた

「だって、死ぬ準備できるでしょ。
 交通事故や
 ほかの病気で突然...なんてなったら、
 家の中ぐちゃぐちゃだもん。
 預金はないからいいんだけど、
 子どものこともあるしね」


それは、がん患者である私たちへの
励ましの言葉だったのかもしれない

いや、
がん患者を何百人と見てきたからこそ
言える言葉なのかもしれない



それまで私は、
がんになってしまったことを憂いていた

哀しくて、つらくて、苦しい闘病

いつ終わるともわからないがんとの闘い...


が、看護師さんの、
はっきりと言い放った言葉を聞いて、
心に変化を感じた

この世には、
数えきれないほどの病気が存在する

がんだけが特別でもなければ、
がんだけが先を悲観する病ではない

身体が動かなくなるわけでもない

記憶が失われるわけでもない

手や足も使える

食べ物を食べることも、
物を見たり、聞いたりすることもできる

がんだって、
何十年も生きられるかもしれない

生きていくには充分すぎる


私は、たくさんの人たちが
ほかの病と闘っていることすら
忘れていたのだ

病気に、
何が良くて、何が悪いなんて、
比較はできない

が、とりあえず、

「“がん”でよかった」――


そう思うことにしておこう


  確かに、
  数え上げればキリがないほど、

  乳がんになってからの私の人生は
  充実している


    治療の副作用は、
    「死にたい」と思うほど
    つらいものだったが...




   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


台風が来る前に...

ひたひたと忍び寄ってきている、

大型台風24号


身体が重く気怠いのは

この低気圧のせいだろうか...



それにしてもこの時季に

すでに24個の台風とは...




年々、激甚化している自然災害


“数年に一度”と言われていた災害は、

これからは

“当たり前”になってゆくのだろう




さて、雨が降り出す前に、

食料品の買い出しに行かなくては――



  9月6日の、胆振東部地震

  北海道全土から灯りが消えたあの日


  滞った物流も

  ようやく回復してきたところではあるが、

  今回の台風で、

  再びスーパーの陳列棚が

  空にならなければいいのだが...


    パンやたまご、牛乳、納豆は、

    また買えない気がする...



    日本縦断が予想されている台風24号

    被害が大きくなりませんように――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


ホルモン補充療法のリスク。やっぱり“がん”は、我慢する病気。

30代で卵巣がんを経験し、
20年後、乳がんになった人がいる

乳がんの原因は、“エストロゲン”

卵巣を摘出したにもかかわらず、
“エストロゲン陽性”のがん細胞

理由は、卵巣摘出後に受けていた、
“ホルモン補充療法”である



30代での卵巣摘出は、
かなりつらい症状があったと想像する

私も乳がん治療で、
卵巣の働きを止める治療をしていたこともあり
そのつらさは容易に理解ができる

そして彼女は、10年、
ホルモン補充療法を続けた


その後、乳がん発症

長年のホルモン補充の影響だと思われる


女性ホルモンの補充は
乳がんのリスクを高めるとして、
“5年が原則”と、
何かで耳にしたことがある

“10年”は、
やっぱりリスクが大きすぎるのだろう

  

卵巣がんを克服し、
その影響による、
体調不良のためのホルモン補充

そして、乳がん――


そう簡単には受け入れられない現実だ



  私の、
  乳がん治療のホルモン療法ではじまった、
  生理時の大量出血


  乳がんをする以前から通っていた婦人科には、
  乳がんになったことも告げ、

  乳がん治療による、
  子宮体がんなどの副作用のため、
  定期的(半年ごと)に検査も受けていた

  にもかかわらず、
  何度も勧められるホルモン治療


  あり得ないことではあるが...

  あってはならないことではあるが...


  医師は、
  私が乳がんをしていることを忘れてのことだ



  つらい更年期様症状が出ても、
  何もできない、する術がない

  “がん”とは、やっぱり、
  “我慢しなければならない病気”

  なのだと思った


  「痛いときは、“痛い”」と言おう
  「つらいときは、”つらい”」と言おう


  今のがん治療は、そう言われているが、
  できないことはたくさんあるのだ――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


誰がなってもおかしくない“がん”。あなたがなったら、どうしますか。

今や、
“日本人の2人に1人以上が罹る”がん

もはや、
“誰がなってもおかしくない”

と、言えるだろう


“がん=死”というイメージも
払拭されつつある


“治療をしながら働ける”

そんな時代にもなった


いかに、

“がんと共存し、
 生活の質を保ちながら生きていくか”――



が、現実はどうだろう

“乳がん”と聞き、
興味本位で近づいてくる人...

ご近所さんと顔を合わせれば、
病気のことを根掘り葉掘り聞かれ、

「可哀想に...」

と、言わんばかりの表情



「なぜ真面に働けないような人と
 一緒に仕事をしなければならないの?」

と、職場で無視をする人


解雇を促され、

面接で、「がん」と言えば落とされ、
隠しながら働く人たち...



興味本位で近づいてくる人、

職場でがん患者に冷たくあたる人たちは、

自分ががんになったら、
どうするのだろう...

その時、はじめて、
がん患者が置かれている立場を
理解すすのだろうか

それとも、
それでも、
他人の痛みはわからないままなのだろうか


これほどまでに増え続けているがん患者

国も自治体も、
様々な取り組みがなされている

が、実際は、表面上だけ

根本は、
ほとんど変わっていないような気がするのだ

それは、地方になればなるほど
大きいのかもしれない



がんになると、世間は優しい


が、

がんになると、社会は厳しい



がんになると、
なにかと生きづらいものである――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


そろそろ定番の――

久し振りに出番のヒーター



2018/09/28 朝 ①



そろそろ朝晩の定番になりそうだ



9月6日に起きた胆振東部地震による、

北海道全土に及ぶ大停電


  まだ少し、節電が必要なのだが...



真冬にあの大事故が起こっていれば、

完全に暖は取れない


「さて、どうしたらいいものか...」



今の時代、便利な世の中ではある


が、

電気ひとつが止まってしまうと、

なにもできないのが現実だ



あさってには

超大型の台風も来るらしい


「なにかあったときのため――」


ではなく、


「なにかあると思って――」


に意識を変えて、

準備をしなくてはならない時代のようだ




そんなことを思いながら...



2018/09/28 朝 ②



涼しい朝に飲む熱いコーヒー


美味しい季節だ



が、冷めるのも早い季節――


  美味しい時間は短くて...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
  
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール

★2009年5月より、医療機関開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍自費出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』FPとの対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、講演、ピンクリボン運動など啓発活動

★取得している国家資格:調理師免許(食と健康を考える乳がん患者)

メッセージはこちらへ
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
 左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
 視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
 左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
 左乳房のしこり一部切除
  (外科的生検)

★2006年11月28日(火)
 乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
 左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
 局所再発の疑いで、
 細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
 対側(右)乳がんの疑い
 (前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
 右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)
  (化学療法・放射線が効かない稀ながん細胞)
 ・非浸潤性乳管がん

 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・乳房扇状部分切除(4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤、
  4週間毎、2年間(23回)投与
 ・抗エストロゲン剤(クエン酸タモキシフェン)、
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。