りかこの乳がん体験記

 30代でみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。 4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった・・・。

2020年01月

自ら、“哀しみの世界”に飛び込む夜――。

きのうの早朝から降りはじめた雪

今日の夕方から本格的に吹雪きはじめ、
積雪は1日半で軽く30cmを越えた

あすの正午まであと20~30cm降るようだが、
予報していた80cmにはなりそうにない


そして私は本日も、
左腕の痛みと痺れと
乳房の痒みに悩まされるのだ

きっともう、収まることはないのだろう



そして私は、またもや“哀しみの世界”へと、
自ら飛び込んでしまう

それは、
“もう二度と更新されることのないブログ”を
開いてしまうことだ


私がこのブログを立ち上げてから10か月後、
あるランキングサイトの存在を知り、登録をした

たくさんの乳がん仲間と知り合うことができたのは、
そのサイトがあったお蔭だ

その頃、このブログに、
同じ乳がんブログを開設している人たちが
たくさん来てくれた

お互いにやり取りをして、
一番楽しかった時期だ



...が、がんは、
そんな仲間たちを奪っていった

年月が経つごとに、ひとつ、またひとつと、
更新されなくなったブログが増えてゆく

中にはご家族や友人が
訃報を伝えているものもあった

それは、
現実を直視しなければならない時間だった

何度、パソコンの前で固まったかわからない

「こうして悲しい現実を知った方がよいのか、
 それとも更新されずに時が止まったまま、
 気持ちの逃げ道があった方がいいのか...」


“現実”は、“現実”として受け止めなければならない

が、心のどこかで、

「きっと元気にしている」

そう思いたい自分もいる

  ...と、同時に、
  この『りかこの乳がん体験記』の終わりも
  考えさせられるのだ



今もパソコンの“お気に入り”に入ったままの、
彼女たちのブログ

そんな彼女たちのブログは、
まさに生きてきた証

つらく哀しいが、
時々彼女たちに無性に会いに行きたくなるのは、
そこの彼女たちの温もりを感じられるから

彼女たちの声が聴こえてきそうだから



私は歳をとり、時代は変わってゆく

あれからどんどん月日は流れている

が、そこにはずっと変わることのない、
そのままの彼女たちがいる――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


何をどこまで我慢すれば...

  とうとうやってきた春の嵐

  今季、ほとんど積雪がなかったこの街も、
  真っ白な雪にすっぽりと埋もれてしまった

  少し遅い、冬の訪れである




さて、今日は、少し愚痴を吐くとしよう


左腕が痺れるようになって約2年

放射線を受けた左乳房が
痒みを帯びるようになって、約1年半――


「この痺れと痒みは、いつまで続くのか...」


そんな嫌気がさしてきた


茶碗も持てず、携帯も持てず、
就寝の姿勢も制限が出る“痺れ”は、
ときに、怠さや痛みを伴う

かと言って、リンパ浮腫になる気配もない

  なるのであれば、とっくになっているだろう


乳房の痒みは、
切除部分に当てた放射線が影響しているのか

だとしたら、なぜ、今さら...

放射線治療には、稀ではあるが、
“晩発性副作用(晩発性障害)”なるものがある

が、さすがに治療から12年経っての痒みは、
考えづらい気がするのだ


では、この“痺れ”と“痒み”は、一体なんなのか


そして、この“痺れ”と“痒み”は、
いつまで我慢すればよいのか


その先に、“治る日”は来るのか...



何にしても、
“原因がわからない”というのは不安なものである




  窓の外は雪明かり

  あす夕方まで、80cm積もるらしいが...


  とりあえず、あした一日は、
  家に缶詰めだな...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


それは“毒”。でも“薬”。

とかく、抗がん剤は嫌われ者だ

それはきっと、副作用が大きいから

「もっと簡単に、楽に治療ができたら...」

と思うのは、
多くのがん患者が抱いている願いだろう




『抗がん剤はするな』

『がんは放置しろ』――


そんな危険な持論を展開している医師がいる

  私には到底、
  “医師”とは思えないが...


そして、
そんな言葉を鵜呑みにする人たちがいるのも、
また事実なのだ



「だって、“抗がん剤”なんて“毒”なんでしょ?
 そんな“毒”を身体に入れるなんて...」

そう言う人もいる


確かに、“毒”だ

抗がん剤は、第一次世界大戦、
ドイツ軍が使用した毒ガスがきっかけで開発された

もう100年も前のことだ

が、その抗がん剤に
命を救われた多くの人たちがいるのも現実だ



薬はすべて、“毒”である

簡単に服用してしまう風邪薬も、
鎮痛剤も、

“適量”だからこそ、“薬”となる


それは、“食物”も同じだ

「身体にいい」と言われているものでも、
そればかりを食べていては、
身体に悪さをするというもの



がんであることがわかり、
抗がん剤をすることになると、
多くの患者は躊躇するものだ

初発の場合、
再発したとき...

と、その意味合いは違ってくるが、どちらも、

『大切な命を守るため』

であると、私は思う

  もちろん選択するのは、患者本人だが...



がん治療は、まさに、

『毒を以て毒を制す』

...ということなのかもしれない――



  がんは、そんなに甘くないからね...



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


Hawaiiみやげは、MADE IN...

先日いただいた、ハワイのおみやげ



2020/01/29 ハワイみやげ ①



木製の“コースター”




何気に裏を見てみると...



2020/01/29 ハワイみやげ ②



“MADE IN CHINA”の文字...



まぁ、世の中そんなもの...


  今では有名ブランドも、

  “MADE IN CHINA”であることも多い




そういえば、

観光で日本にいらしていた中国の方たち


「日本の物はいいのよ」

と、100円ショップで大量買い


が、その多くは、

“MADE IN CHINA”



あとでそのことに気づいた女性

「おー、なんてこと!?」

と、落胆を隠せない


「ま、いいわ

 日本で売られいるということは、

 “品物が良い”ということよね」


と、自分を納得させていた



...そんなことを思い出し――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


食べること。食べられること。

食欲に波がある

おいしく食べられることもあれば、
あまり食べられないことも

食事だけではすぐに体重が落ちてしまうので、
間食は必須だ


「甘いものはがんの餌になる」

「お菓子はがんを再発させる」


と、言う人もいるが、
口から摂取することがなにより大切だと思う

そんなことを言う人は、
きっと、元気なひと

本当に体調が悪くて
食べることもままならない人のことを
理解できないひと

...なのだと思う



がんになると、
食べ物に気を遣っている人は本当に多い

「牛乳はダメ」
「肉は食べない方がいい」
「野菜はオーガニック」

などと言う人もいる

そんなことを言っていたら、
この世の中に食べるものがなくなってしまう


食べてもいいんだよ

なんでも

バランスよく

過不足なく




...ということで、
夕食は、久し振りに肉


2020/01/28 夕 飯


豚丼――


おいしく食べられることは、
本当にありがたい

病気にならなければ、
そんなことにも気づいていなかったかもしれない




そんな今夜は、
金星と三日月が接近するらしい


2020/01/28 金星と三日月



乳がんにならなければ、
こんなに空を見上げることも
なかったかもしれないな...



すべてに感謝である――



   1日1回、応援のクリックお願いします
       日々の励みになります
  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓
   
  人気ブログランキング    にほんブログ村 


★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら

★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から


りかこプロフィール

★2009年5月より、医療機関開催『がんサロン』にて、体験記・エッセイ執筆
★2010年9月 市広報にて体験記掲載
★2011年8月31日 乳がん体験記『4分の3の乳房(ちぶさ)』書籍自費出版
★2012年1月21日 講演『乳がん闘病記 ~「ありがとう」と「感謝」の気持ちに至るまで~』
★2012年4月5日 FMオホーツク『乳がんについて』FPとの対談
★2012年4月 キーストーンアライアンス『百年シナリオ通信』記事掲載
★2013年6月より、サイト『ドクターズガイド』ブログ掲載
★2016年9月14日 フジテレビ『めざましテレビ ~がんの見落とし~』ブログ紹介・インタビュー放送
★その他、講演、ピンクリボン運動など啓発活動

★取得している国家資格:調理師免許(食と健康を考える乳がん患者)

メッセージはこちらへ
乳がん履歴
★2002年3月3日(日)
 左乳房にしこりをみつける  

★2002年3月4日(月)
 視触診の結果“良性”と診断

★2006年11月8日(水)
 左乳房のしこり再受診  

★2006年11月15日(水)
 左乳房のしこり一部切除
  (外科的生検)

★2006年11月28日(火)
 乳がん告知      

★2007年1月11日(木)
 左乳がん手術

★2008年7月8日(火)
 局所再発の疑いで、
 細胞診・組織診(結果は良性)

★2009年2月17日(火)
 対側(右)乳がんの疑い
 (前年からしこりあり)経過観察

★2010年2月16日(火)
 右乳房細胞診(結果は良性)
手術・治療の経緯
★がん細胞の種類(しこり3つ)
 ・明細胞がん(クリアセル)
  (化学療法・放射線が効かない稀ながん細胞)
 ・非浸潤性乳管がん

 ・核グレード 2
 ・ER 90%
 ・PgR 10%
 ・HER2 (-)

★術 式
 ・腋窩リンパ節郭清
 ・乳房扇状部分切除(4分の1強切除)

★治 療
 ・放射線23回照射
 ・LH-RHアゴニスト製剤、
  4週間毎、2年間(23回)投与
 ・抗エストロゲン剤(クエン酸タモキシフェン)、
  5年服用
ブログ記事検索
月別アーカイブ
たくさんの仲間のブログが見られます
Pinky Ring 黒


コメント欄について
★コメント欄は、2013年11月28日より認証制とさせていただきました。
 これまで通り投稿していただけますが、コメントが反映されるまでお時間をいただくこととなります。
 非公開希望の方は、その旨書き込んでいただけるとそのように対応いたします。

★また、2014年5月22日より、スマートフォンからのコメント投稿による誤送信を防ぐため、画像認証制を取り入れさせていただきました。認証英数字は“半角”での入力をお願いいたします。
 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

★営利目的だと思われるリンク、また、不当なリンクやコメントは削除させていただいています。また、個人を特定するものや商品名なども、編集・削除させていただく場合があります。

~~~~~~~~~~~~~~

≪2015年9月2日より、コメント欄を閉鎖させていただいております≫

~~~~~~~~~~~~~~

≪2016年11月2日分より、コメント欄を開放しております≫

★非公開希望には対応しかねますので、コメントの投稿を控えていただきますようお願いいたします。

★個人を特定するもの、商品の宣伝、不当なリンクなど、編集・削除させていただく場合があります。

★公開が原則となっています。良識のあるコメントをお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~


≪2016年12月3日分より、コメント欄を閉鎖させていただいています≫


~~~~~~~~~~~~~~


≪ランダムで開放しています≫


読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
著作権について
   © Rikako,2011

このブログの文章・画像などの無断使用を禁止いたします。